独占欲が強い男性・女性の心理とは!独占欲を克服するには?

あなたの周りに、独占欲の強い人はいますか?相手のことがとても好きなことは分かるのですが、独占欲が強すぎて、束縛し過ぎている場合もありますよね。独占欲が強い人は何を考えているのでしょうか…。この記事では独占欲が強い人の心理や克服法などについてお伝えします。

独占欲が強い男性・女性の心理とは!独占欲を克服するには?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】独占欲が強すぎる人って…
  2. 独占欲の正体とは?!
  3. 独占欲の現れ方は男女によって違いがある!
  4. 【独占欲の強い人の心理①】見捨てられる不安
  5. 【独占欲の強い人の心理②】自分が必要だと思い込む
  6. 【独占欲の強い人の心理③】自己愛が強すぎる
  7. 【独占欲の強い人の心理④】自分をもっていない
  8. 【独占欲の強い男性の心理①】相手のことが好きすぎる
  9. 【独占欲の強い男性の心理②】彼女の全ては自分のもの!
  10. 【独占欲の強い男性の心理③】警戒心が強すぎる
  11. 【独占欲の強い男性の心理④】彼女を見せびらかしたい
  12. 【独占欲の強い男性の心理⑤】自分は絶対に正しい
  13. 【独占欲の強い女性の心理①】自分は必要な存在
  14. 【独占欲の強い女性の心理②】責任転嫁
  15. 【独占欲の強い女性の心理③】人格攻撃
  16. 【独占欲の強い女性の心理④】自分の不快感をみせつける
  17. 【独占欲の強い女性の心理⑤】相手の自立を妨げる
  18. 独占欲は友達にも!!
  19. 独占欲は克服できる?!
  20. 【独占欲を克服するには①】不安と向き合う
  21. 【独占欲を克服するには②】自分に自信を持つ
  22. 【独占欲を克服するには③】友達を増やす
  23. 【独占欲を克服するには④】束縛が迷惑だと気付く
  24. 【独占欲を克服するには⑤】自分との違いを認める
  25. 【独占欲を克服するには⑥】自立する
  26. 【独占欲を克服するには⑦】自分を磨く
  27. 【独占欲を克服するには⑧】信じる努力をする
  28. 独占欲は悪い事ばかりではない!!
  29. 【まとめ】独占欲を持つ人の心理や克服法

【はじめに】独占欲が強すぎる人って…

独占欲が強すぎる人っていますよね。

しかも男女関係なく、嫉妬や独占欲の塊みたいに見える人がいます。

相手のことが好きなのはとても良い事なんですが、あまりにも独占欲が強すぎて、嫉妬や束縛がひどすぎると感じることもあります。

しかも彼氏彼女の関係だけではなく、友達関係まで嫉妬して独占したい人もいるみたいです。

独占欲の塊になっているような人の心理状態には、どうやら共通点があるみたいです。

この記事では男性女性別の独占欲の特徴や心理についてお伝えした後、独占欲を克服して、相手を束縛し過ぎずにいい関係を構築するためにはどうしたらいいのか、ということについてお伝えします。

独占欲の正体とは?!

まず強烈に独占欲が強い人の心理の底にはいったいどんなものがあるのかを見ておきましょう。

それがわかっていれば、独占欲が強い人の強烈な嫉妬に駆られた行動や特徴の意味がよくわかります。

嫉妬心や独占欲が強ぎすぎる人の心理の奥底にあるものは、強い不安感と依存心です。

自分以外の誰かに寄りかかって、依存していないと不安になってしまうことが、強烈な独占欲となり、他の人から見ると異常とも思える行動を取ってしまう原因となってしまうのです。

独占欲の現れ方は男女によって違いがある!

独占欲の根底にあるモノが不安感と依存心だと言うことがわかったところで、独占欲が強い人の心理や特徴を細かく見ていきたいと思います。

彼氏や彼女、友達や家族に対する嫉妬心や独占欲が強い人に共通する心理や特徴には、男女共通ものや、男性に特有なもの、女性に特有なものがあります。

それぞれの行動にはその人なりの意味があるのですが、他の人からみると不可解に思うことが良くあります。

しかし、ここからお伝えする心理や特徴を把握してから観察してみると、その行動の意味が分かることもあるのでよく頭に入れて下さい。

【独占欲の強い人の心理①】見捨てられる不安

まず男女に共通する独占欲が強い人の心理や特徴の1つ目は、見捨てられる不安が強いということです。

嫉妬心や独占欲が強すぎる人の不安感の正体は、見捨てられることへの不安です。

これは子供の頃から、ちゃんとしていないと見捨てるよ、という意味のメッセージを何らかの形で親から受け続けていたり、信頼しきっていた恩師や友人、恋人に裏切られて、その後のリカバリーに失敗した人に良く見られます。

見捨てられることへの不安から、相手に異常に嫉妬して執着する様になってしまい、束縛するような行動を彼氏や彼女に対して取ってしまうのです。

この見捨てられる不安の克服は素人には難しいことがあるので、対処に困ると思ったら、心療内科などに相談することをお勧めします。

【独占欲の強い人の心理②】自分が必要だと思い込む

男女に共通する独占欲が強い人の心理や特徴の2つ目は、相手にとって自分が絶対に必要な存在なのだと、思い込むことです。

これは自分の存在感に強い不安を抱いているために、相手にとって自分が必要とされているのだと思い込むことで、自分の存在に意味や正当性を持たせようとしているのです。

相手のためだと言いながら、彼氏や彼女、友達の自由を奪うような行動をすることがよくあります。

場合によってはモラハラになる場合も多く有るので、危険だと思ったらその人から距離を置くことが大切です。

【独占欲の強い人の心理③】自己愛が強すぎる

男女に共通する独占欲が強い人の心理や特徴の3つ目は、自分は愛されて当然だ、と思い込んでいることです。

彼氏や彼女は自分のことを大切にして当たり前で、自分のためだけに行動して尽くすことは当然のことだと思い込んでいます。

しかし、恋愛関係は対等なものなので、彼氏も彼女も相手に一方的に尽くすことはできませんし、恋人以外の友人関係や仕事や学校の関係もあります。

しかし、自己愛が強すぎる人は自分以外の人に彼氏や彼女が興味を持つと意味も分からず異常に嫉妬をして邪魔をしてきます。

【独占欲の強い人の心理④】自分をもっていない

男女に共通する独占欲が強い人の心理や特徴の4つ目は、自分自身の軸がないということです。

彼氏や彼女、友達に異常に独占欲を持つ必要がない人というのは、何があっても揺るがない自分自身の軸を持っています。

だから失恋してショックを受けても立ち直ることができて、友人と喧嘩をしても自分が悪ければ素直に謝って関係を修復できます。

しかし、独占欲が強い人には自分自身の軸がなく、いつも心の奥底の不安や依存心に突き動かされているので、彼氏や彼女、友達に異常に心理的に依存しています。

そのことが他の人から見ると意味が分からない行動となって現われるのです。

【独占欲の強い男性の心理①】相手のことが好きすぎる

男女に共通する独占欲が強い人の心理や特徴を見て来ました。

次に男女別に見ていきたいと思います。

まずは男性の独占欲が強い人の心理や特徴の1つ目は、相手のことが好きすぎる、ということです。

彼女のことが好きすぎて、彼女が他の男性と話しているだけでも以上に嫉妬してしまいます。

酷い場合になると、お店でレジの男性と軽く会話をしただけで嫉妬して、後から罵声を浴びせるなど意味不明な行動をすることがあります。

こういった場合の好きというのは、彼女のことを恋愛対象として対等に愛する対象としているのではなく、心の奥底の不安と依存心に駆られて彼女に寄りかかっているだけなのです。

自分の不安感を彼女の存在に依存することで感じないようにしているために、彼女が他の男性と話をすることで見捨てられたような気持になってしまうのです。

【独占欲の強い男性の心理②】彼女の全ては自分のもの!

独占欲が強い男性の心理や特徴の2つ目は、彼女の全てを自分のものだと思い込む、ということです。

独占欲が強い男性は、自分自身の軸がない代わりに、自分の存在の軸を恋愛対象の彼女にしてしまうことがあります。

自分の存在の軸が彼女ですから、彼女の全てが自分のモノ、という意味の解釈を当然のようにします。

その結果、彼女の行動はすべて自分のためであるべきだと思い込んでしまうのです。

彼氏の嫉妬が異常に強すぎると感じる場合には、逃げるための方法を考えることをお勧めします。

【独占欲の強い男性の心理③】警戒心が強すぎる

独占欲が強い男性の心理や特徴の3つ目は、警戒心が強すぎる、ということです。

これは過去の恋愛で、大好きだった彼女を他の男に奪われてしまった男性によくみられることです。

普通の心理をしている人なら、彼女が選んだ男性よりも自分には足りなかったところがあるのだと考えて、頑張って前以上の男になるために自分を磨きます。

しかし独占欲が強い男性は、見捨てられたくない不安感が強すぎるために、自分磨きをするよりも、新しい彼女が奪われないように異常に警戒心と嫉妬心を強めて、彼女の行動を束縛します。

新しい彼女も、最初はそんな彼氏のことが頼もしく見えますが、束縛の意味が段々とわかってくると心が離れていくことが多いようです。

【独占欲の強い男性の心理④】彼女を見せびらかしたい

独占欲が強い男性の心理や特徴の4つ目は、彼女を見せびらかしたい、というものです。

これは彼女に嫉妬をして行動を束縛するのではなく、他の男性から素晴らしい彼女を持っていると言うことを見せびらかして、嫉妬して欲しいと思っているのです。

これは独占欲とは違うように感じてしまいますが、やはり心理の根底にある意味は、依存心や不安感です。

自分自身の存在に軸がないことから、自分以上の彼女を持ってアクセサリーのようにすることで、自分自身の存在の意味を保つのです。

もちろん自分のアクセサリーである彼女が他の男に心を一瞬でも奪われるようなことがあれば、異常な嫉妬心や執着心を見せることは言うまでもありません。

【独占欲の強い男性の心理⑤】自分は絶対に正しい

独占欲が強い男性の心理や特徴の5つ目は、自分は絶対に正しいと思い、他の人の意見を受け入れられないことです。

独占欲が強い男性は、自分自身に軸がないので、自分が依存している存在以外の人からの助言や意見を受け入れることは、自分の敗北を受け入れることと同じになってしまいます。

そのために、行動や行っていることの意味が間違っていても、他の人からの意見を受け入れられないので、正しい方向へ修正することができずに、どんどんと間違えた方向へ進んでいってしまいます。

【独占欲の強い女性の心理①】自分は必要な存在

ここまで独占欲が強い男性の心理や特徴についてみてきました。

次に独占欲が強い女性の心理や特徴について見ていきたいと思います。

独占欲が強い女性の心理や特徴の1つ目は、自分は相手にとって絶対に必要な存在だと思い込んでいることです。

そしてこの思い込みがこれから説明する、独占欲が強い女性の心理の根本にあるモノになります。

自分自身の存在の軸がない独占欲が強い女性は、自分は相手にとって必要な存在であると思い込むことで、自分自身の存在の意味を埋めようとします。

その対象は、彼氏や夫、子供や友達にまで及びます。

自分の存在が相手にとって絶対必要でなくてはならないと言う思い込みから、相手に対して以上に干渉して、束縛する行動を取るのが特徴です。

【独占欲の強い女性の心理②】責任転嫁

独占欲が強い女性の心理や特徴の2つ目は、よく責任転嫁をする、ということです。

自分の不安の原因を、彼氏や家族、友達のせいにするのです。

彼氏や家族、友達にこれだけ尽くしているのに、どうして私のことを不安にさせるの!!

独占欲が強すぎる女性はいつもこうやって意味もなく怒っています。

しかし、その不安感というのは、自分の存在の軸がないことに起因しているものなので、責められている人がいくら行動で誠意を示して埋めようとしても埋まるモノではありません。

場合によっては酷いモラハラに発展することもあるので要注意です。

【独占欲の強い女性の心理③】人格攻撃

独占欲が強い女性の心理や特徴の3つ目は、あなたのためにと言いながら、人格攻撃をしてくることです。

あなたのためになることだから、と言っていろいろなことを尽くしてくれるのですが、その行動の多くが彼氏や家族、友達にとっては自分のために意味があることではなく、ありがた迷惑なことが多いのが特徴です。

というのは、独占欲が強い女性にとって、彼氏や家族、友達のために尽くすということは、相手のためを思い遣ってのことではなく、自分の不安感を鎮めて、自分自身が満足するためだからです。

でも自分が相手のことを思い遣っているはずなのに、相手がそれを受け入れてくれない時には、相手の人格攻撃を始めて自分のコントロール下に置こうとします。

独占欲からくる人格攻撃はモラハラの可能性が高いので、おかしいと思ったら周囲の人に相談するなど、早めに対策を取ることをお勧めします。

【独占欲の強い女性の心理④】自分の不快感をみせつける

独占欲が強い女性の心理や特徴の4つ目は、相手をコントロールするために、わざと相手の前でため息をついてみたりして、自分がいかに不快に思っているのかを見せつける、ということです。

自分が彼氏や友達のためを思ってやっているはずのことを、彼氏や友達が自分が思うように受け取ってくれないと、その反応では自分は満足できないんだよ、ということを見せつけます。

正常な判断力がある人なら、そのような行動には意味がないと相手にしないのですが、そういった彼女の行動に影響を受けてしまっていると、いちいち反応してしまいます。

たまに喧嘩をした時に自分の感情をぶつけてくるのは構いませんが、頻繁に自分の不快感を表に出して、周りの空気を悪くするような人とは距離を置いて付き合うことをお勧めします。

【独占欲の強い女性の心理⑤】相手の自立を妨げる

独占欲が強い女性の心理や特徴の5つ目は、相手の自立を妨げるということです。

ここに挙げた2つ目から4つ目までの行動の根底には、1つ目に挙げた自分が必要とされていたい、という気持ちが強くあります。

自分が必要とされるためには、相手に自立をしてもらっては困るのです。


ですから、とにかく2つ目から4つ目の行動を無意識のうちにとって、相手を精神的にコントロール下に置こうとします。

友達なら距離がおけますが、彼氏だとマインドコントロールされてしまうこともあります。

また母親がこのような心理で子供の自立を妨げることもあります。

完全にマインドコントロールされてしまうと抜け出すのは至難の業です。

独占欲は友達にも!!

ここまで独占欲が強い人の特徴を見てきました。

ここまでにも書いてきたように、独占欲が強い人が束縛する相手というのは、家族や恋愛関係にある彼氏や彼女だけではなく、友達関係にも及ぶことがあります。

独占欲が強い人には自分の軸がなく、不安感が強くて依存する相手をいつも求めています。


彼氏彼女がいない時には、友達もそのターゲットになってしまうことがありますが、独占欲が強い人に縛られると何かとエネルギーを吸い取られてしまいます。

おかしいと思ったら出来るだけ離れるようにした方が無難かもしれません。

独占欲は克服できる?!

独占欲が強すぎることが原因で、今までに人間関係でトラブルを起こしてきた覚えがある人も中にはいることでしょう。

独占欲が強すぎることを克服して、正常な人間関係を構築することは可能なのでしょうか?!

独占欲が強すぎることが原因で人間関係が作れない、周りの人が自分の思うように動いてくれない、という自覚が出来ているのなら、克服することも可能です。

なかなか独占欲が強い人が自分の問題点を認識して直して克服することは難しいのですが、それでも不可能なことではありません。

ここからは独占欲を克服するために必要なことをいくつか挙げていきます。

しかしこれからご紹介する対策には限界もあります。

場合によってはカウンセラーや心療内科などの専門家に相談することをお勧めします。

【独占欲を克服するには①】不安と向き合う

独占欲が強すぎる人の克服法の1つ目は、自分の不安な気持ちと徹底的に向き合うことです。

独占欲というのは、人に過度に依存したいという気持ちの表れです。

そしてその過度に依存したいと思う気持ちの底には、自分の存在への不安があります。

この不安に気が付いて、不安な気持ちを他の人への依存で埋めようとするのではなく、自分自身で向き合って克服する努力をすることが大切です。

場合によっては自分一人ではきつすぎることもあるので、カウンセリングを受けたりすることも良いでしょう。

【独占欲を克服するには②】自分に自信を持つ

独占欲が強すぎる人の克服法の2つ目は、自分自身に自信が持てるように努力をする、ということです。

独占欲が強すぎる人の心の底には強い不安感があります。

この不安感を感じなくて済むようにするためには、自分自身の存在に自信を持てるようになればいいのです。

どんなことでもいいので、何か1つ自分に自信が持てるモノを持つことで、人への過度の依存から脱却することができるかもしれません。

【独占欲を克服するには③】友達を増やす

独占欲が強すぎる人の克服法の3つ目は、友達を増やすことです。

友達を増やして、いろいろな人との付き合いを広げることで、特定の人への束縛を少しでも和らげることができるようになります。

なかなか独占欲が強い人が交友関係を広げることは難しいのですが、自分の視野を広げて成長するためにもぜひ頑張って欲しいところです。

【独占欲を克服するには④】束縛が迷惑だと気付く

独占欲が強すぎる人の克服法の4つ目は、自分がしている強烈な束縛が、相手にとってはありがたくて為になることではなく、ありがた迷惑なんだ、ということに気が付くことです。

なかなか心に重い傷を負っている独占欲が強すぎる人にとっては、自分の好意が有難迷惑だと認めることは難しいことです。

しかし、繰り返される人間関係でのトラブルを改善して、普通の人間関係を構築したいと思うのなら、自分の行動に問題があるということに気が付くことも大切です。

【独占欲を克服するには⑤】自分との違いを認める

独占欲が強すぎる人の克服法の5つ目は、自分と相手とは違う存在なんだということを認めることです。

独占欲が強すぎる人は、相手も自分と同じ思考をしていると思いがちな傾向があります。

しかし、全く考え方や価値観がぴったりと合う人は世界中どこを探してもいるわけがありませんよね。

相手は自分とは違う人格で、違う考えを持っているのだ、ということに気が付くことが大切です。

【独占欲を克服するには⑥】自立する

独占欲が強すぎる人の克服法の6つ目は、依存をやめ自立する努力をすることです。

強すぎる独占欲の裏側には不安で自分の存在を誰かに完全に依存したい気持ちがあります。

その自分の心の中にある依存心に気が付いて、本当に自立するための努力を始めた時に、あなたは独占欲が強すぎて束縛し過ぎる人から一歩成長が出来るようになるのです。

【独占欲を克服するには⑦】自分を磨く

独占欲が強すぎる人の克服法の7つ目は、自分を磨くことです。

独占欲が強すぎる人は、自分に軸がなく自信がありません。

だから自分に自信を付けるために、徹底的に自分を磨くことをお勧めします。

人は自分自身で何でもいいので頑張って努力をしていると、他の人のことがどうでもよくなってしまうのものです。

他の人に依存して独占欲に悶えるエネルギーを、自分磨きに使ったら、あなたはとても素敵な人に成長できるのではないでしょうか?!

■関連記事:魅力的な人になりたい方はこちらもチェック!

魅力的な人の特徴13選!皆に好かれる人になるにはどうすればいい?
魅力的な女性の特徴・条件7選!素敵な女性になるには?

【独占欲を克服するには⑧】信じる努力をする

独占欲が強すぎる人の克服法の8つ目は、相手を信じる努力をすることです。

独占欲が強すぎる人は、基本的に相手のことが信じられません。

それは自分に軸がなくて、自分自身を信じられないから、相手のことを信じられない、という自分自身の心の問題から起因していることです。

でも相手のことを信じられないと、健全な人間関係を構築することはできませんよね。

何があっても相手のことを信じる努力をすることが、人間関係を健全にするはじめの一歩になります。

独占欲は悪い事ばかりではない!!

さて、ここまで独占欲の特徴や克服法についてみてきました。

ここまで見てくると、独占欲が悪いもののように見えますよね。

しかし決して独占欲は悪いものではありません。

適度な独占欲は大切なものを守るためのパワーになるのです。

例えば、家族に何があっても守るというお父さんの心意気や、子供に何があっても守り抜くというお母さんの決意というのは、ある意味、独占欲の表れともいえます。

独占欲というのも適度なものであれば、このように健全な力になる大切なものです。

ただ、ストーカーになってしまったり、過度に相手を束縛するほどの独占欲は良くありませんよね。

健全な独占欲を持つことができるように努力することも大切です。

【まとめ】独占欲を持つ人の心理や克服法

この記事では独占欲の特徴や克服法についてみてきましたがいかがでしたか?
あなた自身が独占欲が強い人ではなくても、あなたの周りには何人かはこういった人がいますよね。
ストーカー事件とまではいかないまでも、独占欲が強い人というのは世間に多いものです。
この記事でご紹介した克服法で克服できる人もいるでしょうが、なかなか難しいのが現実です。
手に負えないと思ったら、心療内科やカウンセラーに相談してみることをお勧めします。

さらに独占欲が強い人について知りたいあなたへ!

ヤンデレ男子の特徴7つ!彼氏にすると束縛が強くて大変?
束縛男の特徴11選!こんな彼氏は要注意!
束縛彼女の心理と特徴!彼女たちへの男性の本音を調査!
嫉妬深い女性の心理・特徴9選!対処方法も解説!【必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ