女の幸せとは?女の幸せ13選

女の幸せとは?女の幸せ13選

女の幸せってなんだろう? そんなふうに考えたことはありませんか? おいしいものを食べたり、楽しい時間を過ごしたり、リラックスをしたり、男女関係なく幸せに感じる瞬間はありますが、あえて「女の幸せ」を考えると、いろいろな幸せの形が見えてきますよ。

記事の目次

  1. 1.幸せの定義とは?
  2. 2.男女関係なく幸せに感じること
  3. 3.女の幸せとして特別なものは?
  4. 4.女の幸せ その1:ときめきいっぱいの恋愛
  5. 5.女の幸せ その2:仕事での成功
  6. 6.女の幸せ その3:個性を尊重されること
  7. 7.女の幸せ その4:良い友達に恵まれる
  8. 8.女の幸せ その5:好きなものが買える!裕福な暮らし
  9. 9.女の幸せ その6:美人・かわいくいられること
  10. 10.女の幸せ その7:モテる
  11. 11.女の幸せ その8:性的欲求が満たされること
  12. 12.女の幸せ その9:心から愛せる人との結婚
  13. 13.女の幸せ その10:出産、子育て
  14. 14.女の幸せ その11:とにかく安心して暮らせること
  15. 15.女の幸せ その12:いろんなものを愛せること
  16. 16.女の幸せ その13:男を幸せにできる女でいること
  17. 17.女の幸せは男の幸せ?
  18. 18.女の幸せを掴み取るために必要なことって?
  19. 19.何が幸せだからまだわからないときは?
  20. 20.どんなものも女の幸せだと感じれるようになりましょう

幸せの定義とは?

女の幸せとは?を考える前に、幸せってなんなのか考えてみましょう。
女の幸せも、男の幸せも、共通していることは「他人の存在」です。

自分が幸せに感じることも、それを「幸せなんだ」と認識できなければ、幸せには感じません。
つまり、比べる対象が必要だということ。

もし、世界で一人っきりだとしたら…
きっと、何が幸せで、何が幸せでないかわからないでしょう。

おいしいものを食べても、大自然の中自由に遊びまわれるとしてもです。

そう考えると、男の幸せもあり、女の幸せもあるというのは、「幸せとは?」を考える上で、大切な比較要素だとも言えます。

男女関係なく幸せに感じること

男の幸せが何か。
女の幸せって何か。
それぞれ特別に感じるものはありますが、男女関係ない幸せに感じることもあるでしょう。

たとえば、どんなものが思い浮かびますか?

おいしいものを食べたとき。
安心してぐっすり眠れる夜。
気分が盛り上がる音楽を聴いたり、遊んだりしたとき。

病気をして、回復したときに、健康なのは幸せだと感じることもあるでしょう。
そういったことは、男女関係なく幸せに思いますよね。

では、男の幸せには無い、女の幸せとしてはなにがあるでしょうか?

女の幸せとして特別なものは?

男の幸せとは少し違う、女の幸せ。
それは、女だからこそ味わえるもの、感じれるもの。

本能や価値観に左右されることです。

逆に言えば、対照的な存在である男次第で、幸せにも不幸にも感じることが、女の幸せには含まれるかもしれません。

また、仕事や結婚、出産といった、人生の節目に大きくかかわる事柄もあるでしょう。
仕事や結婚、出産などは、男の幸せにも入るものの、昔とは時代が変わっているので、女の幸せとして仕事や結婚、出産は、「どんな幸せ要素になるのか」というのは変わっています。

女の幸せだと思えるものを13コご紹介します!

女の幸せ その1:ときめきいっぱいの恋愛

女の幸せって何?
と考えて思い浮かぶものに、まず恋愛があるかもしれません。

女子会での恋バナは定番であるように、男の幸せよりも、女の幸せに関して、「恋愛」のウエイトは重いのかもしれません。

とはいえ、幸せな恋愛ができるかどうかは、男次第という部分もありますよね。
男次第では、幸せどころか、不幸な結果になることもあり、自分一人の力でどうにかなるものでもありません。

ただ、恋愛は、仕事をしながらでもできますし、男の幸せとリンクしている部分もあるので、恋愛を選べば、他の幸せを逃してしまうようなものでもありません。
ゆくゆくは結婚や出産を考えているなら、その過程で恋愛の幸せを味わうこともできます。

女の幸せ その2:仕事での成功

次のページ

女の幸せ その3:個性を尊重されること

関連記事

人気の記事