結婚資金は平均でいくら準備すべき?貯金はどれくらいいる?

結婚を考えているカップルにとって、結婚式、ハネムーン、夫婦の新居など、結婚にかかる資金が平均いくら準備すべきかは切実な問題です。貯金は平均いくら必要か、資金の貯め方、また資金がない場合はどうすればよいかなど、包み隠さずお話しします。

結婚資金は平均でいくら準備すべき?貯金はどれくらいいる?のイメージ

目次

  1. 結婚資金の平均が知りたい!なくても結婚できる?
  2. 結婚資金の平均額ってぶっちゃけいくら?
  3. 結婚資金のためにみんな平均どのぐらい貯金してる?
  4. 平均資金を目指す!効率的な結婚資金の貯め方1
  5. 平均資金を目指す!効率的な結婚資金の貯め方2
  6. 平均資金を目指す!効率的な結婚資金の貯め方3
  7. 平均結婚資金がなくても結婚する方法1
  8. 平均結婚資金がなくても結婚する方法2
  9. 平均結婚資金がなくても結婚する方法3
  10. 結婚資金は女性も準備すべき?
  11. 結婚資金がいくら必要かはふたりで決めよう!

結婚資金の平均が知りたい!なくても結婚できる?

プロポーズをして、おたがい結婚の意志も確認できた!うれしいことは確かだけど、結婚式やハネムーン、夫婦の新居のことを考えたら、全然お金が足りない気がする…。

せっかく入籍して結婚するのなら、やっぱり結婚式は挙げたいし、ハネムーンも行きたい。それって、当然のことながらお金がかかるんですよね…。

weddingnews_editorさんの投稿
20838804 165761173990419 5244332210047156224 n

結婚を考え始めてから貯金をしていたのでは、とてもじゃないけど準備万端とは言えません。でも、実は資金がなくても、結婚式を挙げたり、結婚生活をスタートさせることは可能なんですよ。

そんな悩めるカップルたちのために、平均的な結婚資金や貯金の目安、そして資金がなくても結婚する方法を教えちゃいます!

幸せな結婚生活をスタートさせるために、ぜひ知っておきましょう!

jpee088さんの投稿
20838929 820822244752333 8191989031458832384 n

結婚資金の平均額ってぶっちゃけいくら?

そもそも結婚資金って、何のことか知ってますか?

結婚資金とは、指輪や結納、結婚式や披露宴の挙式、ハネムーン、結婚生活をスタートさせるために必要な費用すべてを指します。

地域によっても異なりますが、日本全国では大体500万~600万円ほどかかると言われています。そのうち結婚式や披露宴が360万円ほどとされています。

perte_weddingさんの投稿
20838871 140108473254144 2975226925154304 n

つまり結婚資金というのは、挙式にかかる費用がほとんどを占めているんですね。

料理や写真、ウェディングドレスなど、内容を演出をどうするかによって、当然挙式の費用は全般的に変わってきます。

他にも指輪や結納、ハネムーンでも結婚資金を削れるポイントはいくらでもあります。「え~!思ったより高い!」と思ったあなた、あくまで平均だということをお忘れなく。

emarie_weddingさんの投稿
20838565 128487144438371 7291939765128003584 n

■参考記事:結婚相手の理想の年収は?コチラも参照

結婚相手の年収の理想は?男性・女性別に調査!

結婚資金のためにみんな平均どのぐらい貯金してる?

首都圏の平均貯金は、男性が270万ほど、女性が260万ほどとされています。20代の夫婦であれば、「意外に多いな~」というのが正直なところではないでしょうか?

20代であれば、コツコツと5年ほどかけて、しっかりと結婚プランを練りながら、ふたり合算して500万以上の貯金を貯める…ということも不可能ではないでしょう。

実家暮らしや仕事一筋だと、意識せずとも、自然と貯金が増えていくケースもあるようです。

oluoakさんの投稿
20838559 1967299233512545 8624532000973258752 n

また、晩婚化が進む現代では、結婚資金を自分で貯めるという意識も薄らいできているようです。

「結婚を意識していたわけではないけど、他に使うところもなかったので、貯金だけがどんどん増えていった」という声もあれば、逆に、「婚活で突然結婚相手が見つかって、貯金なんてする暇がなかった!」という声もあります。

その場合は、貯金が100万円以下であることもめずらしくありません。貯金がしっかりできる夫婦とそうでない夫婦と、両極端に分かれるようですね。

■参考記事:お金がない彼氏とは結婚しないべき?コチラも参照

お金がない彼氏とは結婚しないべき!その理由を徹底解説!

平均資金を目指す!効率的な結婚資金の貯め方1

【結婚資金を入れるための口座をつくる】

夫婦どちらかが極端にお金持ちでない限り、結婚資金はある程度ふたりで出していくものだと思います。その際必要不可欠なのが、結婚資金を入れるための口座です。

いちばんおすすめは、ふたりでその都度いくら入金されているか確認できる『共同貯金』をすることです。

erikosonodaさんの投稿
20838822 2345398842352406 8206882655191433216 n

共同貯金とは、毎月決まった金額を口座に入れていく貯め方です。ふたりの収入にバラつきがあるなら、それぞれが毎月入金する金額を、収入に対する目安で決めるといいでしょう。

目標資金を最初に設定し、その額に達するまでふたりでがんばるのです。希望と現実がかけ離れているのはよくないですが、結婚に向けてふたりの絆が深まること間違いなしです!

e.masahiroさんの投稿
12276990 167872126897318 517160946 n

平均資金を目指す!効率的な結婚資金の貯め方2

【家計簿やクレジットカードを活用する】

少し古典的とも言える貯め方ですが、自分たちが使っているお金を可視化することは節約の目安になり、効率的に貯金するのに有効です。

以前の家計簿と言えば、ノートや帳簿に書き込んでいくものでしたが、最近はスマホやパソコンと連動した家計簿アプリもあり、使ったその瞬間に家計簿をつけられるようになっています。

sunko.hausさんの投稿
20766872 1839294843066440 6805408983688413184 n

またクレジットカードを使うと、請求が上がった分に関しては毎月明細書が届きます。その明細書をそのまま家計簿として転用し、次回からどこを削るべきかという見直しや目安がわかります。

いつもコンビニでランチを買うならお弁当にする、あまり考えずに何でも買い物カゴに入れていたなら、買い物に行く前に買うべきものをリストアップしておくなど、生活の中で貯め方を見つめ直す方法はいくらでもあります。

生活全般を見直して、賢い貯め方を実践できるといいですね!

la_cantinetta_tamagawaさんの投稿
20837561 129108801042453 3114894468436721664 n

平均資金を目指す!効率的な結婚資金の貯め方3

【貯金に励みながらも、合い間に息抜きタイムを設ける】

結婚資金を貯めるとなると、貯金だ節約だと、貯め方に意識が傾きがちです。ただ、数ヶ月で目安の資金に到達する目処があるならともかく、そうでなければどんどん苦行になっていきます。

効率的な貯め方を実践するには、合い間に息抜きタイムを設ける必要があります。週1回程度お金を気にせず、外食したり遊んだりしてパーッと使うのです。

hana.87.yumeさんの投稿
20902177 1453554504712360 4640297003199234048 n

そうすることで気持ちにメリハリがつき、「楽しんだ後でまた貯金に励む」といういいサイクルを作ることができます。資金を準備するには必要なサイクルです。

がむしゃらに目安資金に向かってがんばるのもいいですが、継続的、かつ効率的な貯め方をするには、メリハリのついた生活を実践することも必要ですよ。

decohage1さんの投稿
20905138 127951074491534 4876092288297598976 n

平均結婚資金がなくても結婚する方法1

【親からカンパしてもらう】

実は70%以上の人が、貯金がさほどなくても結婚しているという事実があります。その最大の理由として、「親や親戚の援助があった」ことが挙げられます。

とあるブライダル業界の調査によると、親や親戚の結婚資金援助額は約180万円とされています。

y_bikinさんの投稿
17881494 402938816728267 6437356438477078528 n

自分たちである程度の目安の結婚資金は出したい!という思いはあっても、足りない額が出てくるのは仕方がないことです。

特に晩婚夫婦となれば、親や親戚もせっかく決まった結婚を、結婚資金でおじゃんにしたくないという思いがあるのでしょう。あまり抵抗なく援助する親たちが多いようです。

mihoko_fkさんの投稿
20837423 1436277246438565 7394121963427332096 n

平均結婚資金がなくても結婚する方法2

【自分たちで納得のいく挙式プランを選ぶ】

結婚資金の大半を占める挙式準備を安く上げることができれば、相当資金は少なくできます。近年、結婚式や披露宴の形態は多様化しており、必ずしも大金をはたいて挙式する必要はなくなったのです。

最近話題の挙式プランとしては、「スマ婚」や「フォトウェディング」、「ナイトウェディング」などがあります。

alolea.weddingさんの投稿
20968815 340054589774538 5745079857222516736 n

「スマ婚」はムダなマージンを大幅カットすることで、低予算で行える結婚式のこと。「フォトウェディング」は、文字通りウェディングドレスを着た写真だけを撮るプラン。「ナイトウェディング」は夜に挙式を行うプランです。

自分たちですることはほとんどなく、準備プランも費用の目安も考えなくていいのがうれしいポイントです。

さらに、親や親戚、友人からご祝儀を頂ければ、自分たちで出すべき資金はあまりないかもしれませんね。

alolea.weddingさんの投稿
20838854 1951615828440581 6985435634571673600 n

平均結婚資金がなくても結婚する方法3

【独身の時の家具やインテリアを新居で活用する】

挙式の資金を大幅カットしても、結婚資金として切り離せないのが新居の準備です。敷金・礼金・月々の家賃は、固定費として必ずかかってくるものです。

ふたりの新居には新しい家具やインテリアを準備したい…という気持ちはとてもよくわかりますが、まだまだお金が必要な場面は出てきます。

mujihouseさんの投稿
20837660 341387669640562 1015378758955171840 n

少しでも貯金を残しておくためにも、最初は独身時代に使っていた物を利用するのがいちばんです。

家計がどのくらいかかるかなどの目安がわかってくれば、ふたりでゆっくり新しい家具やインテリアを加えていきましょう。

また、現在は「ブライダルローン」と呼ばれるものがあり、新居の敷金・礼金、そして家具の購入にも利用することができます。

自分たちの収入を目安にローンを組めるので、「資金も貯金もゼロ」という夫婦も気軽に相談してみてはいかがでしょうか?

mi_kukkaさんの投稿
20838679 551772821880549 789904258794258432 n

■参考記事:結婚前に同棲ってアリ?コチラも参照

結婚前に同棲する意味やメリット・デメリットを解説!

結婚資金は女性も準備すべき?

ひと昔前は、結婚する女性本人が結婚資金を出すことはなく、女性側の親や親戚が調達してくるものでした。

現在もその風潮は引き継がれているようで、貯金額0円という女性はなんと30%ほどにも上っています。次点は20%ほどで100万円です。

また、実際に女性が払った結婚資金の平均は約68万円という結果もあります。

yuinaushioさんの投稿
20838595 131583590790579 7574719424054165504 n

社会的には男女平等が謳われていたとしても、実際の給与には格差があるのが現状です。また、結婚を機に仕事をやめる女性もいるので、その後貯金が増えるのは見込めないでしょう。

男性で多いのは、「女性より多めに出したい」もしくは「半々ずつがいい」という意見です。

結婚資金を完全に折半するのか、女性の分を少なめにするのか、それとも男性がすべて出すのかはそれぞれの夫婦が決めるべきこと。

男性も女性も、おたがいが納得できる資金準備ができるといいですね。

aino_weddingさんの投稿
19367864 101257017167542 2699298894411464704 n

結婚資金がいくら必要かはふたりで決めよう!

結婚は人生の一大イベント。そのための準備資金をふたりで考えることは、いっしょに舵をとって、人生という名の海を渡っていくことでもあります。

そんな広大な海を渡るには、ふたり力を合わせることが必要です。

ふたりいっしょに決めて、納得のいく結婚ができることを祈っています!

結婚前、もっと情報を知りたいアナタに!

結婚で妥協してよい条件ランキング上位7つ!ここは妥協して大丈夫!
早く結婚したい!彼にプロポーズさせるための行動とは?
結婚に迷いがあるなら一度立ち止まって確認すべき7つのこと!

関連するまとめ

ななみささみ
ななみささみ
恋愛に結婚に生活に…共感できる記事を書いていければと思っています。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ