結婚前に確認しておくべきこと15選!これだけは話し合おう!

結婚は人生の大きな転機。結婚前には思いつかなったトラブルだって起こることも。結婚前に互いの結婚観について話しあい、確認しておくことで、幸福な結婚生活を続けやすくなりますよ。結婚前に確認しておくべきこと15選を確認して長く続く結婚生活に備えてみませんか?

結婚前に確認しておくべきこと15選!これだけは話し合おう!のイメージ

目次

  1. 結婚生活は十人十色
  2. 結婚前に確認しておくこと1:プロポーズは?
  3. 結婚前に確認しておくこと2:家事の分担と家事能力は?
  4. 結婚前に確認しておくこと3:食の好みと酒タバコなどの嗜好品
  5. 結婚前に確認しておくこと4:ケンカした時の対処法
  6. 結婚前に確認しておくこと5:“仲良し”の相性や好み
  7. 結婚前に確認しておくこと6:家族計画から教育方針まで
  8. 結婚前に確認しておくこと7:家計の管理や金銭の取り決め
  9. 結婚前に確認しておくこと8:抱えているローンの有無
  10. 結婚前に確認しておくこと9:宗教観について
  11. 結婚前に確認しておくこと10:互いの両親や親族との関係
  12. 結婚前に確認しておくこと11:両親との同居や老後の介護
  13. 結婚前に確認しておくこと12:結納、結婚式、新婚旅行
  14. 結婚前に確認しておくこと13:相手の仕事のための引っ越し
  15. 結婚前に確認しておくこと14:互いの大切にしているもの
  16. 結婚前に確認しておくこと15:互いのプライベート空間
  17. ながーい結婚生活であるために

結婚生活は十人十色

あなたが想像する相手との結婚生活はどんなものでしょう?共働きですか?どこに住みますか?子供は?老後は?
同じ質問をしても、答えはきっと人それぞれでしょう。
色んな結婚生活があるように、あなたと相手が想像する結婚生活も異なっている可能性があります。お互いの価値観や結婚観をどれだけ知っているのでしょう。ズレがある部分はどのように折り合いをつけていくのでしょう。
ここでは特に大切な「結婚前に確認しておくこと15選」を紹介します。

結婚前に確認しておくこと1:プロポーズは?

結婚前のプロポーズはもう済ませましたか?結婚前の女性の多くは、きちんとプロポーズされたい願望があります。記念日が好きな女性はプロポーズされた(した)日をいつまでも覚えているものです。
お互いに言葉にするのが恥ずかしくて、何も無いままなんとなく結婚に向かっているということも珍しくはありません。だけどプロポーズは一生に一度の大きな告白です。「本当はちゃんとプロポーズされたかった」と思っても後の祭り。少しでも憧れがあるなら、プロポーズは済ませておきましょう。
女性から可愛く「プロポーズ欲しいな」でも「じゃあ私からプロポーズさせて」でも、なんでもOK。結婚生活の基本「言葉にすることの大切さ」をこの時から経験しましょう。


◆関連記事:プロポーズ、完璧にしたいならこちら!

プロポーズのタイミング!時期のベストは?誕生日?交際期間は?

結婚前に確認しておくこと2:家事の分担と家事能力は?

今は共働きの時代。男女とも家事能力が必要ですね。とはいえ実家暮らしが長かったり、とても忙しい職種であれば、男性女性を問わずに家事はできないという人も少なくありません。
得意な家事は何か、もしも覚えるなら何をするか、結婚前に話し合うことが大切です。
家事は片方が負担に感じると相当なストレスになります。具体的な家事の分担も大切ですし、なによりお互い「家事に完璧を求めないこと」を確認しておくのが、いつまでも相手を好きでいるコツなんです。
週末や連休にお泊りしてシミュレーションしてみるのもいいかも?

結婚前に確認しておくこと3:食の好みと酒タバコなどの嗜好品

食の好みはそのまま互いの相性にも直結しています。自分の好物が相手の苦手なものだったら喜びを分かち合うのは難しいですし、相手に好き嫌いが多くて料理する方が苦労するなんてこともありえます。
また、タバコやお酒も度が過ぎると健康と金銭に影響があり、女性が妊娠した時には控えないといけません。結婚すると毎晩一緒に過ごすわけですから、デートの最中だけタバコの臭いを我慢していた今までとはわけが違いますし、禁煙は場合によっては通院も考えなければなりません。結婚前に話し合うことが大切ですね。


◆関連記事:こんな女になってはいませんか?

酒癖が悪い女の特徴9選!酒を飲んだ後のこんな行動を男は嫌がる!

結婚前に確認しておくこと4:ケンカした時の対処法

いままで彼とケンカしたことは何回ありますか?仲直りの方法は?
結婚生活でケンカをすることは、実はとても大切なことなんです。思ったことを何も言わないということは、心に壁を作るということ。不満をため込み過ぎると壁がどんどん厚くなり、時間がたつごとに愛情が冷めてきます。感情をぶつけることも時には必要なんです。
ただ、結婚して子供が生まれるとケンカするのも難しいんです。子供の前で派手に言い争えますか?すぐに家を飛び出してしまっていたあなた、もしも小さな赤ちゃんがいたら置いていきますか?連れていきますか?
こんな風に、ケンカの内容とは別の部分で新たな罪悪感が生まれてしまうことも。

たとえば「ケンカしたらその場で必ず仲直りすること」「相手の言葉に耳を傾けて話し合うこと」「感情に任せて家を飛び出さない」「どうしてもだめな時は互いに別室で頭を冷やす。相手を置いて家を飛び出さない」など、ルールを決めておきましょう。
本人を前にするとどうしても感情的になってしまいのなら、別々の部屋からLINEやメールで話し合うこともおすすめです。

結婚前に確認しておくこと5:“仲良し”の相性や好み

夜の仲良しについて、特に女性はオープンに話し合うのは気が引けてしまうかもしれませんね。だけど仲良しの相性が良いほど、年をとっても円満な夫婦でいられます。
仲良しの好みに多少ズレがあっても、話し合うことで互いにできるところまで歩み寄ることも可能です。
夫婦間の仲良しでは満たされなくて、こっそり外で発散してくるなんてことがあったら、お互いどんな気持ちになるのでしょう。オープンでいる方が信頼感も増すのでは。

結婚前に確認しておくこと6:家族計画から教育方針まで

まだ結婚もしていないのに家族計画や教育方針なんて、想像がつかないと思う人もいるかもしれません。だけどこの話は結婚生活がスタートした時から始まるのです。
子供はすぐ欲しい?から始まって、何人欲しいのか、子供が希望すれば進学はどこまでできるのか、女性が妊娠出産の間やその後の仕事はどうするのか。最低限でもこのくらいは互いに話し合うことが大切です。

もちろん、人生思い通りにいくものではありません。家族計画について話し合っていた時には想定していなかったことも起こります。
だけど最初に話し合うことで二人の目標が明確になっていると、夫婦の絆は強くなっています。家族計画は夫婦間のことだけでなく、個人としての人生にも大きく影響するものなので、きちんと話し合いましょう。


◆関連記事:人生の墓場と思わせないために!

結婚が人生の墓場?男の本音とは?結婚によって得るものと失うもの!

結婚前に確認しておくこと7:家計の管理や金銭の取り決め

家計が同じになるということは夫婦と恋人で大きく差のあることのひとつです。金銭感覚の違いは家計を破たんさせることにもなりますし、家計の管理や金銭の取り決めを話し合うことは夫婦生活の大前提です。
各世帯で収入が異なるように、金銭の管理の仕方は各家庭で大きく異なります。共働きでそれぞれ決めた生活費を出し合う夫婦もいれば、収入を全部出し合ってそこから振り分ける夫婦も。女性が妊娠したら生活費はどうするかという部分まで決めておくと、トラブルも起こりにくくなります。

結婚前に確認しておくこと8:抱えているローンの有無

車のローンに奨学金のローン。借金を抱えている人は今の時代実は少なくありません。気まずくて隠してる、言う必要がなかった、なんてことはありませんか?結婚したら、ローンは必ず見つかってしまうものです。
金銭に関しては家族計画にも影響があり、信用にもかかわることなので、結婚前にきちんと話し合うことが大切です。

結婚前に確認しておくこと9:宗教観について

特に宗教に対して信仰の強い人は、結婚前にしっかりと話し合うことを忘れないでください。自分は無宗教だと思っている人も、実家が信仰している宗教があるなら他人事ではありません。
たとえば一方が毎日仏壇にご飯をお供えして手を合せる習慣があって、もう一方はそんなことに一切興味がない場合などは互いにストレスを感じてしまうことも。宗教観が違うと生活もまったく変わってしまうんです。
デートしているだけではわからない部分のひとつなので、きちんと話し合っておきましょう。

結婚前に確認しておくこと10:互いの両親や親族との関係

互いの両親や親族との関係や距離感は結婚生活に大きく影響します。今までそんな話は聞いていなかったのに、結婚した途端にほぼ毎週末、実家へ夫婦で訪問しないといけないなんて極端なことも。
互いの両親を尊敬していますか?親族とは結婚式やお披露目で初めて会うことは珍しくありません。結婚はふたりだけの出来事ではなく、家どうしがつながることでもあります。夫婦第一であることを前提に、親族とは気持ちのいい距離感で親戚づきあいが出来るのが理想ですね。

結婚前に確認しておくこと11:両親との同居や老後の介護

新婚生活では特に、両親と同居するか別居するかで生活が大きく変わります。同居の場合はトイレ、台所、風呂といった水周りだけは別々にすることが同居をうまくするコツです。
後に同居する場合も、どういう状況になったらどこで同居するか、話し合っておくといざという時にもめることがありません。
介護問題も同じです。できれば互いの兄弟もどういう考えを持っているのか把握しておきたいところです。

結婚前に確認しておくこと12:結納、結婚式、新婚旅行

今の時代、結納にこだわるのは当人同士より互いの親だったりするのですが、これから長い付き合いをしていくので、耳を傾ける必要はあります。結納と結婚式には互いの両親や親族を引き合わせたり今までの感謝の気持ちでもてなす面もあります。
結婚式の準備はとても忙しいんですよね。だけど結婚式をするカップルは離婚率が低いとも言われています。
また、結婚式は費用がかかるので行わず新婚旅行だけにしたり、旅行もやめて貯蓄にまわしたり家やマンションを買うカップルも最近では増えています。
とてもお金がかかる上に、あなたと彼の一生に一度の行事なので、きちんと話し合いましょう。


◆関連記事:最近は女子の方が結婚式をしたくないんだとか

結婚式したくない!そう思う女子の理由は?後悔しない?

結婚前に確認しておくこと13:相手の仕事のための引っ越し

互いに転勤のあり得る職場かどうか、転勤についていけるかどうかは結婚前にきちんと確認しておきましょう。引っ越しに慣れていない人は転勤についていって知らない土地に慣れるのに時間がかかる場合も。引っ越し先が都会か田舎かで、生活もがらりと変わってしまいます。子供がいたら単身赴任の可能性もありますね。
あなた自身が知らない土地でも馴染めるタイプかどうかも踏まえて、いざという時のために結婚前に話し合ってみましょう。

結婚前に確認しておくこと14:互いの大切にしているもの

互いに大切にしているものが何か知っていますか?記念日?友達付き合い?趣味?結婚するとプライバシーや個人の時間が大きく削られてしまいます。
彼が全く読んでない本を邪魔だから捨ててしまった。だけど、とても価値のあるコレクションだった!なんてことがあったら、夫婦関係に大きな亀裂が走ります。
互いの大切なものを知って、それを尊重することは夫婦生活では大切なことなんです。

結婚前に確認しておくこと15:互いのプライベート空間

毎日同じ場所に帰るということは、結婚前とは違って互いに一人になる時間が大きく減ってしまいます。新婚だからなんでも一緒!と思っていても、プライベートな空間が無いとすぐに新婚生活にストレスが溜まってしまいます。
個室があれば一番かもしれませんが、たとえば夫婦それぞれに机を買って部屋の隅に置いて、そこをプライベート空間にしてしまうなど、少しでも自分専用スペースを決めておきましょう。

ながーい結婚生活であるために

夢や希望がたっぷりの結婚生活!それが長く続くには、結婚前に話し合うことが必要なんです。大切なのは互いにため込まずオープンに話し合えること。そして個人の尊重。なにより、互いのことが大好きだという気持ちを忘れないこと。
ふたりが手をとりあって、ずーっと長い人生を歩めますように!

結婚についてもっと真剣に知りたい方はこちらもどうぞ

結婚とは何か?結婚する意味をあらためて考えよう
結婚が破断になる理由11選!【衝撃】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ