結婚とは何か?結婚する意味をあらためて考えよう

結婚とは何か?結婚する意味をあらためて考えよう

結婚とは何か考えたことがありますか?
いつかは結婚して幸せになりたい!そう願う女性は少なくないはずです。
けれど結婚すればどのような幸せが待っているのでしょうか?辛いことはないのでしょうか?改めて結婚とは何か。その本当の意味を考えてみたいと思います。

記事の目次

  1. 1.結婚とは何か一言で言えますか?
  2. 2.結婚とは何か?それは子孫を残すこと
  3. 3.結婚とは何か?それ経済的な安定をもたらすこと
  4. 4.結婚とは何か?それは世間体のため
  5. 5.結婚とは何か?それは愛する人と一緒に暮らすこと
  6. 6.結婚とは何か?それは心の安定
  7. 7.結婚とは何か?新しい家族を作ること
  8. 8.結婚とは何か?それは他人との共同生活
  9. 9.結婚とは何か?それは忍耐
  10. 10.結婚とは何かについてのまとめ

結婚とは何か一言で言えますか?

人は生まれて成長して大人になります。そして、結婚して子供を産み育て、またその子供が大人になり、結婚して子をもうける・・そのような繰り返してを経て人口が増えて今のような社会ができました。
言葉にすると一文で終わってしまうこの人生の中で、今結婚という意義に注目が集まっています。

あなたは結婚とは何か、その意義とは何かと言われたら一言で何と答えますか?結婚に意義なんてあるの?と戸惑うかもしれませんよね。

ちなみにドイツの詩人であるハイネは「結婚とはいかなる羅針盤もかつて航路を発見したことのない荒海」という格言を残しています。何か荒波とか言われると楽しそうじゃないのかなと感じますよね。

では、実際の結婚の意味って何なのでしょうか?今回はその8つの答えを紹介したいと思います。

結婚とは何か?それは子孫を残すこと

子孫を残すことはその種が滅ばないために大切なことです。人間も動物なので子孫を残すことが本能的に組み込まれているのではないでしょうか。

特に、女性は子供を産む能力を兼ね備えています。女性は自分が欲しいと思う男性の遺伝子を後世に残すためにもその男性と婚姻関係を結んで夫婦となり子を産み育てたいと願うのかもしれません。

その証拠に女性の中には「子供が欲しいから結婚したい」「タイムリミットまでには出産したいから結婚したい」と言う人も多いです。やはり女性にとって子供を持ちたいという意思が結婚の意義になっていると考えられます。

結婚とは何か?それ経済的な安定をもたらすこと

現代の女性は男性と同じように仕事をすることができお給料をもらい自立することが可能です。けれども昔はそれが困難なことが一般的でした。
女性は一人で自活していくことは無理なので結婚して旦那に養ってもらっていました。女性にとって結婚する意味は生きていくためだったのです。

男女雇用機会均等法が成立して多くの女性が自立することができましたが、それでもやはり結婚して旦那さんに養ってもらい専業主婦でいたいと考えている方は少なくありません。

いくら男女が平等になったとされていても、女性の平均年収は男性に比べると低いです。このような現実から経済的にも安定した生活を送りたいために結婚するのです。

また、近年は男性の方も仕事をしている女性と結婚したいという方も増加しています。その理由はダブルインカムになれば収入も2倍になり経済的に安定するからだと言います。

■参考記事:結婚にまつわるお金のあれこれ、コチラも参照!

結婚資金は平均でいくら準備すべき?貯金はどれくらいいる? | Lovely[ラブリー]のイメージ
結婚資金は平均でいくら準備すべき?貯金はどれくらいいる? | Lovely[ラブリー]
結婚を考えているカップルにとって、結婚式、ハネムーン、夫婦の新居など、結婚にかかる資金が平均いくら準備すべきかは切実な問題です。貯金は平均いくら必要か、資金の貯め方、また資金がない場合はどうすればよいかなど、包み隠さずお話しします。
結婚相手の年収の理想は?男性・女性別に調査! | Lovely[ラブリー]のイメージ
結婚相手の年収の理想は?男性・女性別に調査! | Lovely[ラブリー]
いつの時代も問われる、結婚における理想の年収。特に男性の年収は結婚後の生活に大きな影響を与えます。しかしいくら理想を掲げても、現実とのギャップはあるもの。今回は結婚相手への理想の年収を、男女別に調査してみました。ふたを開けると、驚きの結果があるかもしれません。

結婚とは何か?それは世間体のため

「誰かいい人いないの?」「まだ結婚しないの?」なんて親や親戚、既婚者に言われたことありませんか?「夫婦っていいもんだよ」なんて言われると「ほっといてよ」と思いますよね。

「どうしてもみんなそんなに結婚させたいの!?」「結婚なんてして意味あるの?」とイライラした経験がある独身女性も少なくないのではないでしょうか。

「親ももう年だし・・」「友達もほとんど結婚しちゃったしな」なんて自分ではなく世間からの目を気にしてしまうようになります。
なんとなく親や親戚を安心させたい、既婚の友人と同等にならなければいけない年齢だと思うようになり婚活を開始します。

結局、結婚は自分のためではなく周囲のためになっていることも多々とあるのです。

自分の人生なのに、本当は自分の好きなように生きていいはずなんです。それでもこの結婚という世間の重圧に押しつぶされそうになることがあるのです。

次のページ

結婚とは何か?それは愛する人と一緒に暮らすこと

関連記事

人気の記事