元カレに連絡したい女子必見!タイミングなどの注意点を解説!

別れてしまった元カレとやり直すために連絡したいと思う人も多いですが、いったいどのようなタイミングで、どのような注意点の元に連絡をすれば良いのでしょうか。そこで今回は、元カレに連絡したい人に必要な、様々な知識を紹介していきたいと思います。

元カレに連絡したい女子必見!タイミングなどの注意点を解説!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】元カレに連絡したくなるときがある
  2. 元カレに連絡したい元カレを振った人
  3. 【振った人編①元カレに連絡したい】振った時の状況
  4. 【振った人編②元カレに連絡したい】元カレからの連絡
  5. 【振った人編③元カレに連絡したい】反省を込める
  6. 【振った人編④元カレに連絡したい】用件を先に伝える
  7. 【振った人編⑤元カレに連絡したい】何が変わったのか
  8. 元カレに連絡したい元カレから振られた人
  9. 【振られた人編①元カレに連絡したい】振られた理由
  10. 【振られた人編②元カレに連絡したい】面倒にならない
  11. 【振られた人編③元カレに連絡したい】我慢も大事
  12. 【振られた人編④元カレに連絡したい】共通の友人を使う
  13. 【振られた人編⑤元カレに連絡したい】友達からやり直す
  14. 元カレに連絡したい人の注意点
  15. 【元カレに連絡したい人の注意点①】最初はメールから
  16. 【元カレに連絡したい人の注意点②】連絡のタイミング
  17. 【元カレに連絡したい人の注意点③】すぐに復縁は難しい
  18. 【元カレに連絡したい人の注意点④】連絡し過ぎは逆効果
  19. 【元カレに連絡したい人の注意点⑤】遊ばれないように
  20. 【まとめ】元カレに連絡したい気持ちを抑える

【はじめに】元カレに連絡したくなるときがある

恋人が付き合っていれば、ほとんどの場合、別れが訪れてしまいます。仕方のないことですが、それから月日が経つと、元カレに連絡したい、と思うようになる女性も多いでしょう。その心理のほとんどは、元カレとやり直したいというものです。

しかし、そのような心理が自分の中にあっても、元カレも同じ心理だとは限りません。もしかしたら、元カノであるあなたを恨んでいる可能性もありますので、そう簡単には連絡できませんし、無策でいることもできないでしょう。

元カレに連絡したいという心理になったら、連絡をしなければ気が済まず、新しい彼氏ができても、元カレのことばかりを考えてしまいます。そのため、連絡したい心理になったら、連絡をして何かしらの結論をそこで得るべきです。

とはいえ、どうせならば良い結果を残したいものですので、無策では挑みたくないものでしょう。いったい、どのような策を用いて、元カレに連絡すれば良いのでしょうか。

元カレに連絡したい元カレを振った人

元カレに連絡したい心理になったら、元カレに連絡するための作戦を考えなければなりません。何も考えずに連絡をしてしまうと、着信拒否をされるなどして、二度と連絡できない状態になってしまうこともあります。元恋人とはいえ、何かしらの要因によって別れた相手なのですから、悪い方向に転がってしまう可能性は高いです。慎重に行動しましょう。

元カレに連絡したい場合、その元カレを振ったのか、振られたのか、ということで、行うべき行動の内容が変わってきます。振った場合と振られた場合では、元カレのあなたに対する心理が、180度変わるからです。

では、まず元カレを振った人が行うべき行動の内容を紹介していきましょう。複数あるので、自分に当てはまった内容のものを選んで、実践するようにしてください。

【振った人編①元カレに連絡したい】振った時の状況

元カレを振った人が連絡したい場合は、振ったときの状況をまずはよく思い返すということが大切です。

振った、とは言っても、その内容は人それぞれで違います。相手の心理を傷つけないように優しい口調で振ったという人であれば、それほど問題はないのですが、問題は相手を傷つけたり、トラウマを当てるほどのきつい言葉を言ってしまったというような人です。

もしも振ったときの内容がきついものだと、元カレに連絡したいという気持ちがあっても、元カレは連絡して欲しくない、と思っているかもしれません。傷つけられたのですから、当然でしょう。

このような場合は、連絡したいという心理になっても、すぐに連絡をしてはいけません。ある程度、時間をおきましょう。そうしないと、元カレにトラウマや怒りが残った状態の時に連絡することになるため、良い結果は生まれません。タイミングを待つということが大切です。


◆関連記事:男性は元カノのこと気にしてるの?

振った元カノが気になる?復縁の可能性は?男の本音を調査!

【振った人編②元カレに連絡したい】元カレからの連絡

元カレを振ったにも関わらず、元カレに連絡したいという心理になったら、別れてから現在までの間に、元カレから一度でも連絡があったかどうか、ということを一つの指標として考えて行動すると良いです。

その内容にもよりますが、別れてから元カレから連絡があったということは、振ったことに対して、元カレはそれほど大きく傷ついていないということになります。もしかしたら、まだ好きな気持ちがあり、あなたに連絡したのかもしれないため、そのような心理であれば、すぐにでも連絡しても良いでしょう。

しかし、もしも連絡がないという場合は、連絡したいのにできないという心理の可能性もありますが、愛情が完全になくなっている可能性もあります。リスクが大きいため、このような場合は、よく考えて行動するべきなのです。

【振った人編③元カレに連絡したい】反省を込める

振った元カレに連絡したい心理になったら、連絡をする際には反省を込める、ということが大切になってきます。

元カレに連絡したいという心理になったとき、一番困るのが、どのような内容のメールを送るか、ということです。直接話すのは少し気まずいため、多くの人は最初にメールやラインを送るでしょう。しかし、どのような内容で送れば良いのか、迷ってしまいます。


このような時に大切なのは、振ったという事実を忘れないということです。振られた元カレの心理の中に、振ったあなたのことは良い存在として記憶されていないでしょう。場合によっては、最悪の思い出として、心理に焼きついている可能性もあります。

しかし、そこで振ったあなたの態度が急変し、反省を感じられるようなものであれば、元カレも振られたことを許して、返信してくれるかもしれません。

とはいえ、いきなり反省文のような内容のラインを送るというのも間違いです。おとなしい感じや落ち着いた感じで送ることで、反省しているというよりは、調子に乗っていない感じがでるため、そのような内容を送るようにしましょう。「最近、どうかな。元気にしてる?」程度が丁度良い内容となります。

【振った人編④元カレに連絡したい】用件を先に伝える

元カレに連絡したい心理になったら、用件を先に伝える、ということも大切です。これは時と場合によって、使うべきかどうかということが変わってくるため、使用するタイミングを考えるようにしましょう。

元カレはもらった連絡の内容によっては、ラインやメールを無視をしてしまう可能性があります。なぜ今さら連絡してくるのだろう、という気持ちを持っている可能性もありますし、あなたに対する未練を持っていたとしても、未練を断ち切るために連絡しない、という判断をする可能性もあるからです。

無視をしやすい内容のメールというのは、あまり内容がなく、返信する必要性のないメールです。そのため、用件を先に伝えたり、返信しやすい疑問文を送ると、無視される可能性が低くなります。ただし、いきなり復縁したいことを伝える内容はNGです。引かれてしまう可能性があるため、それ以外の用件を理由にしましょう。

【振った人編⑤元カレに連絡したい】何が変わったのか

振った元カレに連絡したい場合、何が変わったのか、ということを伝えるのも大事なことです。

あなたが振ったことで別れることになったわけですから、そのようなあなたからの連絡に対して、元カレは自分勝手だな、という思いを抱きます。当然のことです。

そして訳が分からない、という思いも持つでしょう。自分から振ったのに、なぜ連絡してきたのか、意味がわからず困惑することが考えられるのです。

そのような元カレの困惑を解消するために大切なのは、何が変わったのか、を伝えるということです。例えば、元カレの浮気を疑って別れたという場合は、あの時はそう思っていたけど今は勘違いだったと思っている、と伝えることで、あなたの思考が変化したことが伝わり、元カレも納得します。

つまりは、振ったにも関わらず連絡してくる、という矛盾を解消してあげるということが大切だということです。それぞれに別れた理由があるはずですので、その理由に沿った内容を考えるようにしましょう。


◆関連記事:見返したいあなたはこちらをチェック!

振られた女が振った男を見返す方法11選!絶対に後悔させよう!

元カレに連絡したい元カレから振られた人

振った人が元カレに連絡したいという気持ちになった際の方法を紹介してきましたが、振った人に比べると、振られた人のほうが連絡自体はしやすいはずです。自分が振ったわけではないため、罪悪感もないでしょう。ドキドキ感はあると思いますが、そういう意味での必要な勇気は、振られた人のほうがハードルとしては低いものなのです。

ただ、振られた人は振られた人なりの難しさというものがあります。連絡したい、という気持ちになっても、元カレに一度振られているわけですから、自分に対する愛情がない、ということがはっきりしています。振った人ならば、元カレに気持ちが残っている可能性もありますが、振られた人はその可能性が低いのです。

そこでここからは、元カレに振られた人が連絡したい気持ちになった時、どうするべきかということを紹介していきます。

【振られた人編①元カレに連絡したい】振られた理由

振られた元カレに連絡する場合、まずは振られた理由について、よく考えておかなければなりません。振られた時には、必ず何かしらの原因があるものです。その原因が、束縛がひどいという理由なのか、我慢できないほどの口の悪さが理由なのかわかりませんが、元カレはあなたのそのような部分に我慢できず、別れてしまった、ということになります。

元カレはあなたのことを、そのような我慢できない部分を持った女性、という記憶の仕方をしているでしょう。そのため、あなたが連絡したとしても、悪いイメージしかないため、返事をしようとはなかなか思わないものです。

そのため、振られた人は、振られた理由を改善したことをアピールしなければ、元カレからの返信はもらえないということになります。いきなり、そのような話をするのも難しいので、まずは「友達に戻りたい。もう嫌なことはしないから」とメールを送り、友達関係を築きましょう。その後、アピールをしていくと、元カレも許してくれるようになります。

【振られた人編②元カレに連絡したい】面倒にならない

振られた元カレに連絡する場合、面倒臭い女にならない、ということも重要なことです。

彼氏に振られた際には、その理由がはっきりすることもありますが、はっきりと理由がわからないこともあります。そうなると、女性としてはその理由を知りたくなってしまうものです。

しかし、そのような理由を元カレに聞くと、元カレからかなり面倒臭い女、というレッテルを貼られてしまいます。返信をもらえる可能性も低いでしょう。

そのため、聞きたいことがあっても我慢して、普通に会話をするということが、元カレに連絡する際には大切なことです。しつこく復縁を迫るのも、面倒臭い女と思われてしまうため、そのようなこともしないようにしましょう。

【振られた人編③元カレに連絡したい】我慢も大事

振られた元カレに連絡したい場合、もしかしたら元カレに既に新しい彼女がいる可能性もあります。もしも新しい彼女がいるときに、元カノであるあなたから連絡が来たら、そのまま着信拒否をしてしまう可能性もあるでしょう。もしかしたら、今の彼女に見つかってしまい、あなたの連絡が喧嘩の火種になる可能性もあります。

それを考えれば、振られた時期が最近の場合は、連絡をするのを我慢したほうが良いです。我慢できずに、別れて数ヶ月後に連絡をしてしまうと、無視される可能性が高いですし、相手の気持ちも変わっていないため、良い結果になるのは難しいでしょう。

そのため、半年、もしくは一年ほどは、連絡するのを我慢しましょう。それくらい時間が空いていれば、元カレの気持ちも変化したり、落ち着いている可能性が高いため、良い方向に話が進む可能性があります。連絡はタイミングが重要なため、我慢せずに、むやみやたらに連絡するのだけはやめましょう。

【振られた人編④元カレに連絡したい】共通の友人を使う

振られた元カレに連絡したい場合、共通の友人を使うというのも大切なことです。

振られた元カレに連絡したい、ということは、現時点で連絡がとれていないということでしょう。それを考えれば、現在元カレがどのような状況なのか、彼女がいるのか、あなたのことをどう思っているのか、まったくわからないということになります。

正直、このような状況で振られた元カレに連絡をするのは、危険です。あまりにも情報が少な過ぎます。

そこで活躍するのが共通の友人です。共通の友人がいれば、元カレが現在、どのような状況なのかどうかを、こっそり聞き出すことができます。新しい彼女とラブラブな状況であれば、連絡は我慢する必要がありますが、あなたに未練があるという情報があれば、我慢などする必要もなく、すぐに連絡できるはずです。信用できる共通の友人にお願いしてみましょう。

【振られた人編⑤元カレに連絡したい】友達からやり直す

振られた元カレに連絡したい人は、もちろん、恋人としてやり直すことを大前提としていることと思いますが、その勝負に出るのは、連絡を取ってすぐのタイミングではありません。そこは我慢しておかないと、元カレの気持ちは変わっていないことが多いため、結局、また振られてしまうことになります。

それを考えれば、元カレに最初に連絡する時には、友達関係を結ぶつもりで連絡すると良いです。付き合うどうこうという話は我慢しておき、いったんは友達に戻りましょう。そして我慢に我慢を続け、良きタイミングでもう一度やり直したい、という話をするのがベストな方法なのです。

振られた元カレとヨリを戻すためには、それなりに時間が必要となります。少なくても、連絡をし始めた段階は、ベストなタイミングではないため、最初は我慢をするということが大切です。まずは友達になりましょう。

元カレに連絡したい人の注意点

振った人や振られた人が元カレに連絡する方法を紹介してきましたが、それ以外にも、この両者に共通した、連絡を取る際の注意点が多く存在します。我慢に我慢を重ねて、そこそこの関係まで仲を修復させることができたのに、この注意点を守らなかったせいで、全て台無しになってしまうこともあるため、絶対にこれから紹介する注意点を守るようにしておきましょう。

元カレとヨリを戻すのは、本来、とても難しいことです。そのため、様々な注意点を守っておかなければ、二人がやり直すことはできないのです。

大変な作業ですので、面倒だと思うかもしれませんが、一度別れているという結果を考えれば、ここまでしないと二人の仲を修復することはできません。しっかりと勉強し、実践していくようにしましょう。

【元カレに連絡したい人の注意点①】最初はメールから

元カレに連絡するタイミングには注意しておくべきことがあります。それは、最初は必ずメールやラインのメッセージで連絡をし、通話での連絡はしないということです。

この注意点が大切なのは、通話をいきなりしてしまうと、高い確率で無視されてしまうからです。別れた相手からの通話というのは、元カレからすれば恐怖を覚えることもあります。用件がわかりませんし、彼女ではないのですから出る必要もないため、無視しようという結果が生まれやすいのです。

さらに通話できたとしても問題があります。通話だと言葉を考えて言うことができず、ボロが出てしまうことがあるのです。そうなると元カレは、こいつ変わってないな、と判断してしまうので、ヨリを戻すことがかなり難しくなってしまうというわけです。

そのため、連絡をする際には、必ずメールかラインで行うようにしましょう。そして、文章をしっかりと考えて、相手が不快に思わないようにするということも、大切な注意点です。

【元カレに連絡したい人の注意点②】連絡のタイミング

元カレに連絡する上での注意点としては、連絡するタイミングという注意点もあります。連絡するタイミングは意外と重要です。あまりにも早いタイミングで連絡してしまうと、それだけで二人の関係が完全に終わってしまうこともあります。

連絡をするタイミングとしてのベストは、思い出に変わったタイミングです。人は嫌なことでも、思い出に変わることで、その内容を美化する傾向があります。嫌なことを忘れ、良い記憶だけを切り取り、思い出として記憶するのです。


逆に言えば、思い出に切り替わる前のタイミングで連絡すると、元カレにはまだ嫌な思い出が残っているということになります。そのタイミングで連絡しても、良い結果は残らないでしょう。

思い出に変わるタイミングは、だいたい一年を目処にしておくと良いです。そんな長期間我慢できない、と思うかもしれませんが、我慢することが、成功させるための鍵ですので、思い出に変わるタイミングまで焦らず待つようにしましょう。

【元カレに連絡したい人の注意点③】すぐに復縁は難しい

元カレに連絡したい女性は、時間をかけることを覚悟しておく、という注意点も守っておかなければなりません。この注意点が大切な理由は、復縁は時間をかけて行うものであり、短期間での復縁は難しいからです。

一度別れるという決断をしたということは、元カレ、もしくは元カノであるあなたに不満があるということになります。その不満は、長い期間の中で形成されてきたもののため、解消していくためには、また長い時間が必要となるのです。

稀に、別れてすぐにヨリを戻すカップルも存在しますが、そのようなカップルはまたすぐに別れてしまいます。期間が短いと、やり直すことはできても、長続きしにくいのです。

そのため、長続きさせたい人は、元カレとの復縁には時間をかける、という注意点を守るようにしましょう。この注意点を守るかどうかで、今後の人生が変わることもあり得ます。忘れないでください。

【元カレに連絡したい人の注意点④】連絡し過ぎは逆効果

元カレに連絡する時の注意点としては、連絡をし過ぎないようにする、という注意点もあります。

あなたは元カレとコンタクトが取れて嬉しいかもしれませんが、元カレはそれほど乗り気ではないことも多いです。その温度差の中で、何度も連絡をしてしまうと、元カレは離れていってしまうこともあります。

そのため、最初は週に一回程度の連絡に留めておきましょう。時間が経ってから、徐々に増やしていく、という作戦がベストとなります。

【元カレに連絡したい人の注意点⑤】遊ばれないように

元カレに連絡する時の注意点としては、遊ばれないようにする、という注意点もあります。

あなたが元カレとやり直したくても、もしかしたら元カレは、あなたを性欲を満たすだけの道具としてしか見ない可能性もあります。そのような男性は、やり直せるような雰囲気だけ匂わせて、体を求めてくるため、都合の良い女にならないようにする、という注意点が大切になってくるのです。

【まとめ】元カレに連絡したい気持ちを抑える

元カレに連絡したいという気持ちがあっても、その気持ちのまま、真っ直ぐに行動してしまうと、目的を達成することはできません。そのため、元カレに連絡したい気持ちを一旦、ぐっと抑えて、冷静に作戦を考えるようにしましょう。そうすることで、ヨリを戻しやすくなります。

もっと元カレに関する情報を知りたいアナタへ!

別れた後の連絡頻度で復縁の可能性がわかる?うまくいくのはこれ!
元カレの誕生日にLINEやメールするならこれ!お祝いの仕方7選!
元カレと復縁する方法13選!彼を諦められない人必見!
喧嘩別れ後に復縁する方法!後悔しないように!男性心理も解説!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ