事実婚とは?メリットとデメリット解説!同棲との違いは?

夫婦だけれど婚姻届を出さない『事実婚』。欧米では以前から一般的でしたが、日本でも最近この形の結婚を選ぶカップルが増えてきました。 けれどまだまだ、日本の制度に馴染んでいない面も。 事実婚を考えているあなたのために、事実婚のメリットとデメリット、解説します。

事実婚とは?メリットとデメリット解説!同棲との違いは?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】事実婚ってなに?
  2. 事実婚と法律婚
  3. 事実婚のメリット①姓を変えなくてもいい
  4. 事実婚のメリット②別れても戸籍に記録が残らない
  5. 事実婚のメリット③親きょうだいが反対しても結婚できる
  6. 事実婚のメリット④男性の家に入るイメージがない
  7. 事実婚のメリット⑤タイミングを選んで入籍できる
  8. 事実婚のデメリットとは?
  9. 事実婚のデメリット①子供の姓の問題
  10. 事実婚のデメリット②税金・保険などの問題
  11. 事実婚のデメリット③相続の問題
  12. 事実婚のデメリット④世間体の問題
  13. 事実婚のデメリット⑤将来の不安
  14. 事実婚契約書って?
  15. 【まとめ】事実婚と法律婚 どっちを選ぶ?

【はじめに】事実婚ってなに?

はじめに、事実婚とは何か、その意味について説明します。
男性と女性が結婚をすると、一般的には、市役所等に婚姻届を提出し、ふたりで同じ戸籍に入ります。
これに対して、結婚をするという事実は同じで、周囲にも夫婦と名のるけれど、あえて婚姻届を出さないでいる。これが事実婚の意味です。
事実婚の関係は内縁関係とも呼ばれ、夫は内縁の夫、妻は内縁の妻と呼ばれます。

婚姻届を出さない、入籍をしないという点では同棲と似ていますが、お互いを夫婦と認め、普通に子供もつくる、という点が大きく異なります。また事実婚をすると、夫婦お互いや、自分の子供に対して扶養する義務も生まれます。つまり事実婚とは、法的な意味では夫婦ではないけれど、事実上、夫婦として一緒に暮らして行くことなのです。


事実婚には、婚姻届を出す結婚(区別するため、法律婚、届出婚と呼ばれます)にはないメリット、自由度があるため、様々な事情から法律婚ができない、踏み切れないカップルには、救いの手になるかも知れません。
しかしそこには当然、デメリットもある。このかたちの結婚をえらぶなら、事実婚とはどんなメリット、デメリットを持つものなのか、その意味を詳しく知っておく必要があります。

事実婚と法律婚

この問題の特徴は、どうしても法律や税金、社会など、めんどくさい話が絡んでくる点です。たとえば、前述の通り、事実婚の夫婦は、内縁の夫、内縁の妻と呼ばれますが、これは法律用語です。扶養(養い、面倒を見ること)ということばもよく登場します。

ネット上でもこの問題を扱うサイトは少なくありませんが、どうしても堅苦しく分かりにくい話になりがち。そこでこの記事では、なるべく簡単に頭に入るよう、意味の分かりにくいことばを使わないよう気をつけて、お話ししていきたいと思います。

さて、事実婚と法律婚。どちらを選んでも、夫婦が普通に平穏に暮らしている時は、大きな違いはありません。
共働きなら生活費を出し合い、ひとりが働くならもう一人は主婦(主夫)として家庭を守る。子供はふたりで協力して愛情をもって扶養する。
事実婚とは同棲などとは違い、結婚のひとつのかたちなのですから、あたりまえですよね。

それが、夫婦どちらかの都合やわがままで、しない、できないということになった時、責任や義務のあるなし、場合によっては裁判とか損害賠償といった問題になるのです。

将来こうした問題が出てくる可能性も踏まえながら、事実婚とはどのようなメリットを持つものか、見ていきましょう。

事実婚のメリット①姓を変えなくてもいい

事実婚のメリットその①は、結婚しても姓(苗字)を変えなくてもいいことです。

婚姻届を提出して法律上の夫婦になると、男性か女性、どちらかの姓(苗字)をふたりで名のることになります。
社会人男性が、結婚を機に苗字を変えると奇異な目で見られる風潮が今日でもあるため、女性が男性の苗字になるのが一般的ですね。
けれどこれが、女性の仕事の障害になるのです。

どんな仕事でも、他の会社と取引や交渉をする場面がありますが、特に営業系やサービス業では、相手に自分の名前を覚えてもらうことが非常に重要です。なのに法律婚では、せっかく覚えてもらった名前を、結婚したからといって変更しなければならないのです。

法律婚の夫婦が別姓を名のることは、今の日本の法律では許されておらず、国会で見直しの動きもありますが、まだまだ時間がかかりそうです。

事実婚なら、結婚して内縁の妻と呼ばれるようになっても、苗字は結婚前のまま。働き盛りの時期に名前を変えなければならないというデメリットを避け、ふたりとも結婚前の名前で仕事を続けられる。これが、多くの働く女性が事実婚にメリットを感じる理由です。

■参考記事:高学歴女子は結婚しにくい?コチラも参照!

高学歴女子は結婚できない?恋愛傾向は?モテない理由も解説

事実婚のメリット②別れても戸籍に記録が残らない


事実婚のメリットその②は、結婚をしてもし別れることになっても、その記録が残らないこと。

法律婚で入籍して、そのあと離婚して籍を抜くと、昔は戸籍に×を付けられたことから、離婚歴のある人のことを×1、×2などと呼びますね。
このように、離婚をした人の戸籍を調べると、離婚歴があることが分かってしまいます。

一方事実婚で、法的には内縁の妻と呼ばれる立場になり、夫の扶養家族になっていても、戸籍などの記録には残りません。(逆に、事実婚夫婦であることを公的な書類で証明したい時は、住民票の続柄欄に妻(未届)と書いてもらうことができます)
事実婚とは、事実上は夫婦でも、法律上は同棲と同じように扱いになるため、このようなことが起こるのです。

今の時代、離婚歴があることを隠して再婚しようと思う人がどれほどいるか分かりませんが、それでも公的書面に記録が残るのは心理的にプレッシャーですよね。

まだ若いカップルだと、今の関係がずっと続くのか自信がないなどの理由で、事実婚にメリットを感じる場合があるようです。

■参考記事:スピード離婚の原因って?コチラも参照!

スピード離婚の原因17選!すぐ別れる夫婦の特徴はなに?

事実婚のメリット③親きょうだいが反対しても結婚できる

事実婚のメリットその③は、親きょうだいが結婚に反対している場合でも、結婚生活が始められるということです。

成人の男女が婚姻届を出す場合、親の同意は不要です。つまり、親やきょうだいがいくら反対しても、それを理由に結婚できないということはない。それは事実婚でも法律婚でも同じです。


しかし実際には、親が反対している相手と婚姻届を出し、苗字まで変えてしまうことは、かなり抵抗を感じるのではないでしょうか。
それを勝手にするということは、親との関係が決定的に破綻することを意味するからです。

最初にも書いたように、事実婚とはただの同棲と異なり、お互いに扶養の義務があり、一方的に関係を壊した場合は慰謝料、子供をつくった場合は養育費を払わなければならないなど、実態は法律婚とほとんど変わらないのですが、このような制度に馴染みがない親世代には、同棲と同じようなものに見えるかもしれません。

入籍、挙式など、形式的なケジメにこだわる親世代を刺激しないという意味あいで、事実婚にメリットを感じる人は多いようです。

事実婚のメリット④男性の家に入るイメージがない


事実婚のメリットその④は、結婚しても夫となる人の『家に入る』というイメージを持たずに済むこと。

結婚をすると、女性は男性の家に入り、夫の両親などと同居し、『嫁』と呼ばれる… ほんの数十年前まではこれが当たり前でした。

結婚をしたら新居で夫婦だけで暮らし始めるのが一般的な今日では、こうしたイメージは薄くなりましたが、それでも女性は入籍、挙式をすると、『自分は嫁なんだ』と思い知らされる場面が出てきます。

たとえば、法事などでの夫の親戚との付き合い。特に田舎の方だと、年配の男性が何人も集まり、あなたは姑など他の女性たちと食事やお酒の世話。動きが悪いとイヤミを言われ、男性たちからは『子供はまだか』など、無遠慮な質問を浴びせられる。そんな昭和のドラマのような光景が現実に繰り広げられるのです。

そうした煩わしさを避けられるというのも、事実婚にメリットを感じる理由です。
事実婚とは、親戚づきあいを一切しないこという意味ではありませんが、事実婚に馴染みのない世代には、内縁の妻は単なる同棲相手のようにも見えるので、これを利用して避けることができます。
逆に入籍、挙式までした場合、親戚との交流は避けがたくなるでしょう。

ただ、親戚付き合いを一切しないと、将来子供ができても正月にお年玉をくれる人がほとんどいない、というデメリットも覚悟しなければなりませんね。

事実婚のメリット⑤タイミングを選んで入籍できる

事実婚をして内縁の妻となり、夫の扶養家族となるなど、実質的に結婚生活を始めたからといって、ずっとそのままの関係を続けなければならないということはありません。ふたりが同意できれば、人生のどこかの段階で、入籍して法律婚に移行することができますが、その逆は、基本的にはあり得ません。結婚生活を続けながら、タイミングを選んで入籍できる。これが事実婚のメリットその⑤です。

タイミングを選ばなければならない理由は、メリット①~④にも関連します。具体的には、事実婚を数年続け、夫婦の信頼関係が強まり、双方の親きょうだいにも夫婦と認められるようになったタイミングで入籍に踏み切るケース。女性の仕事が落ち着き、苗字を変えてもあまり支障がなくなった段階で入籍するケース。そして子供ができたタイミングで入籍するケースなどです。
こうしたことができるという意味あいで、事実婚とは法律婚よりも自由度が高いしくみだと言えます。

一方、事実婚を長年続けてもそうしたきっかけが訪れず、または法律婚という制度に馴染めずに、晩年になるまで事実婚を続けるカップルもいます。
すると、後半で紹介するような、年金や相続といった点でのデメリットが、問題となってくるのです。

事実婚のデメリットとは?


ここまでの説明でお分かりと思いますが、事実婚とは同棲と異なり、事実上ほとんど法律婚と変わりありませんが、それでも全く同じにはなり得ません。何故なら、日本の社会や法律がまだまだ整っておらず、その意味も、世間一般に、正確には理解されていないからです。
世間には、事実婚とはごく一部の人だけが選ぶ特殊なものとだと考えたり、実質的に同棲と同じものだと考えたりする人が、まだまだたくさんいるのです。

そのデメリット、不利益は、税金とか扶養、年金や相続といった、日本の社会制度によって起こるのですが、現在は不十分ながら、そのデメリットを内輪にする方法ができてきました。

そこで後半の事実婚のデメリットの紹介では、そのデメリットを少なくする方法についても、あわせてお話して行くことにしましょう。

事実婚のデメリット①子供の姓の問題

事実婚の夫婦の間に子供が生まれると、その子供は母親の姓を名のることしかできません。これが、事実婚のメリットその①です。

事実婚の場合、子供には母親の姓を名乗らせ、父親はその子を認知します。つまり、実際には家庭に両親と子供がそろって、家族として暮らしているのに、父親とは苗字が違う。この点だけ見ると、事実婚の夫婦は同棲カップルと大差ないようにも見えます。
そしてこのことが、子供が成長すると、友達にからかわれたり奇異な目で見られたり、といった問題に繋がるのです。


両親は自分達の考え方や都合で、事実婚という道を選ぶのですが、それによるデメリットを子供に負わせるのはかわいそう と考える人は多いでしょう。かといってまだ幼い子供の友達に、ひとりひとり事情を説明し、理解を求めることなど不可能です。

どうしても事実婚のまま、父親の姓を名乗らせたい場合は家庭裁判所に申し立てをすれば可能ですが、そうすると今度は母親と違う姓になるので解決にはならないかも知れません。
そのため、このデメリットを理由に、子供ができた段階で入籍、法律婚に移行する夫婦も多いようです。

事実婚のデメリット②税金・保険などの問題


事実婚の夫婦の場合でも、厚生年金や健康保険などの社会保険においては法律婚の夫婦と同様、働いていない妻は扶養家族として扱われますが、税金の上では、配偶者控除が受けられないなどの差が出てきます。これが事実婚のデメリットその②です。

税金や年金、健康保険の問題は、とても複雑で未婚の女性には聞きなれない言葉も多くなるので、ここではあえて大掴みな説明をします。
ここで説明するデメリットは、要するにお金を損する話です。気になる点がありましたら、税務署や市区町村などの相談窓口で詳しく聞いてみてください。

配偶者控除とは、夫婦のどちらかが主な働き手となり、もう片方が専業主婦(主夫)は無収入か、パートなどで収入が少ない場合、扶養家族と認められ、主な働き手の払う所得税を少なくしてもらえる制度です。事実婚の、内縁の妻(夫)の場合、これが受けられない。つまり、税金を多く納めることになります。
この点については、お金を損するだけならその分一生懸命働いて稼げばすむこと、と考える人と、ちゃんとした夫婦なのに同棲カップルみたいに扱われて不愉快だと感じる人と、意見が分かれるでしょう。


一方年金では、例えば夫が会社で厚生年金に入っていて、妻の収入が一定以下なら、妻は3号被保険者と呼ばれ、年金保険料を払わなくて済むようになります。健康保険も同様に、夫の扶養家族として届け出れば、保険料を払わなくてもお医者さんに安く診てもらえます。

ただ具体的には、年金や健康保険で事実婚の妻(内縁の妻)を扶養親族として届け出る場合、夫の勤め先の人事部などが窓口になり、そこの担当者が慣れていないと色々と説明させられたり、証明書の提出を求められたりすることも。そうした煩わしさも、事実婚のデメリットと言えるでしょう。

事実婚のデメリット③相続の問題


事実婚の妻、内縁の妻には相続権がない。これが、事実婚のデメリットその③です。

相続なんて、一部の資産家やお年寄り以外、関係ないと思われるかもしれません。もちろん、まだふたりが若い内は、このことが問題になる確率は低いでしょう。でもまったくあり得ない話ではありません。

あまり知られていませんが、人が亡くなるとその人の預金口座からは、お金がおろせなくなります。わずか数万円しか残っていない口座でも、同じです。
つまり、夫が不慮の事故等で亡くなったりすると、家族の生活費が夫名義の口座に残っていても使えなくなるのです。

これをおろすには、相続人全員の同意書が必要ですが、内縁の妻には相続権がないため、夫の親やきょうだいの実印での承認が必要になります。

またたとえば、ふたりで働いてローンを払っていたマンション。でも名義が夫のものになっていたら、相続権がない内縁の妻はこれを引き継ぐことができない。最悪は夫の親きょうだいの物になってしまいます。

こうしたデメリットをなくすには、遺言書を残しておくなどの方法がありますが、まだ若く元気なうちから遺言を残すのは抵抗があるでしょうし、またその手続きも結構面倒です。

この手続き、対処の難しさこそが、この問題での事実婚の最大のデメリットかもしれません。

事実婚のデメリット④世間体の問題


日本の社会では、まだまだ事実婚を選ぶ人への偏見が根強く、変わり者扱いされたり好奇の目で見られたりします。これが、事実婚のデメリットその④です。

事実婚はただの同棲と異なり、れっきとした夫婦になることですので、友人知人にも、ご近所付き合いでも、お互いを『夫です』『妻です』と紹介することになります。でも苗字は別々。するとそれを知った知人やご近所は、あなたたちがなぜそんな『変わったこと』をしているのか知りたがります。無遠慮に質問して来るかも知れません。

また、デメリット②でも書いたように、夫が主な働き手で妻が専業主婦などの場合、年金や健康保険で扶養扱いしてもらうため、会社で手続きをしてもらいますが、この時も妻が事実婚の内縁の妻だと、人事部の担当者がめんどくさがり、イヤミを言われたりします。『なんでそんな中途半端なことをやってるんだ?』なんて怒り出す上司もいるかも。

夫が公務員や大手企業の社員なら、事実婚という選択を尊重してくれるようですが、それでもある程度の説明や煩わしさがつきまとうことは覚悟しておくべきでしょう。

事実婚のデメリット⑤将来の不安


ここまでで説明したように、事実婚を選び、内縁の夫、内縁の妻という立場で長く一緒に暮らしても、法律婚に比べて関係の不安定さはずっと続きます。これが、事実婚のデメリット⑤です。

また、想像したくない話ですが、もし夫に他に好きな人ができた場合、法律婚をしている夫婦だと、妻に離婚を同意してもらい、離婚届を出した後でないと、新しい恋人と夫婦になることはできません。妻が納得しなければ離婚調停などに発展する場合も。

ところが事実婚の場合、夫は結婚を解消したいと思えば家を出てしまえばいいのです。そしてその翌日にでも、その女性を入籍させ、法律婚をすることができます。

もちろん、こんな風に一方的に結婚生活を終わらせたら、妻は夫に慰謝料や財産分与を請求できます。でもそれは、請求する権利があると言うだけで、夫が責任を認めなければ、裁判を起こし、裁判所にふたりが事実婚の夫婦だったという証拠を出さなければなりません。

こうした立場の不安定さというデメリットを完全になくす方法は、今のところありませんが、せめてもの対策として、ふたりが事実婚の関係にあることを契約書に残しておく、という方法があります。

事実婚契約書って?

事実婚でも、法律婚でも。結婚はある意味、契約のひとつとも言えます。
法律婚の場合、婚姻届を出した夫婦の関係は民法などの法律で強く保護されているため、わざわざ契約書をつくる必要はありませんが、事実婚ではそれがありませんので、最低限の約束ごとを契約書の形にしておくことをおすすめします。

この契約は『事実婚契約』『内縁関係契約』などと呼ばれ、現在では弁護士、司法書士、行政書士などの法律家が作成してくれます。(ネットのサイトで解説しているところもあります)


ふたりが夫婦であることが、法律家が作った契約書に書いてあることは大きな安心感になりますし、またデメリット⑤で書いたように、ふたりの間に争いが生じ、裁判になったときには証拠にもなります。

契約書だなんて、最初からお互いのことを疑っているようでイメージが悪いと思うかもしれませんが、いまはラブラブのふたりでも、長い間にはどんなことが起こるかなど、誰にもわかりません。
これから事実婚の夫婦になろうと考えているあなた。夫となる人と、ぜひ一度、この事について話し合ってみてください。

【まとめ】事実婚と法律婚 どっちを選ぶ?

以上で説明した通り、事実婚と法律婚、そのどちらにもメリットとデメリットがあり、何かを優先すれば、何かを犠牲にしなければなりません。

何を優先させるかは、ふたりで話し合って決めるしかありませんが、人生の時期によって、メリット、デメリットの重さ、意味合いもまた変わってきます。
たとえば、今、営業的な仕事をしている女性が、やがて退職したり事務的な仕事に異動になったりして、姓を変えてもそれほどデメリットにならなくなる場合もあります。仕事を辞めて、夫の扶養家族になることも。
また子供ができる前と後では、ふたりの関係も大きく変わります。

今は激しく反対している親きょうだいも、ふたりが事実婚の、内縁の夫、内縁の妻として長く仲良く暮らしているのを見て、やがて態度を軟化させるかもしれません。

そこで、事実婚契約書に、『子供ができたときは』とか『親の許しが得られたときは』などの前提で、法律婚に移る時期を明記しておくこともできます。

いずれにしても、今目の前の状況だけで安易に決断するのは禁物です。
先々のことまでよく考えて、ふたりにとって一番いい方法を選択できるように、がんばってください。

結婚・同棲についてもっと情報を知りたいアナタに!

結婚式を挙げないナシ婚の理由!メリット・デメリットは?後悔する?
結婚前の同棲の理想の期間やタイミング!決めるべきルールまとめ
結婚とは何か?結婚する意味をあらためて考えよう
結婚を後悔する理由9選!後悔しないためにすべきことって?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ