水晶ドクロはすべて偽物?【マヤのオーパーツの真実】

水晶ドクロといえばマヤ文明の不思議を体現しているといっても過言ではない有名なオーパーツです。長らく水晶ドクロは、過去の人類にはつくることができないものだと言われていました。ですが近年、遂にその謎が解き明かされました!果たして本物のオーパーツ?それとも偽物?

水晶ドクロはすべて偽物?【マヤのオーパーツの真実】のイメージ

目次

  1. 【はじめに】水晶ドクロって?
  2. 水晶ドクロの謎【そもそもオーパーツって何?】
  3. 水晶ドクロはどこがすごいの?① 300年かかる?
  4. 水晶ドクロはどこがすごいの?② そもそも加工できない?
  5. 水晶ドクロにまつわる伝承
  6. 水晶ドクロにまつわる都市伝説①
  7. 水晶ドクロにまつわる都市伝説②
  8. 水晶ドクロの出自は?
  9. 水晶ドクロの謎【おかしな点も?】
  10. 他にはどんな水晶ドクロがあるの?
  11. 結局水晶ドクロは本物?
  12. 本当は水晶ドクロはどうやってみつかった?①
  13. 本当は水晶ドクロはどうやってみつかった?②
  14. 本当は水晶ドクロはどうやってみつかった?③
  15. 水晶ドクロの時系列でわかるおもしろいこと
  16. 水晶ドクロに残る謎
  17. 水晶ドクロは今どこにあるの?
  18. 水晶ドクロの他にはどんなオーパーツがあるの?①ヴォイニッチ手稿
  19. 水晶ドクロの他にはどんなオーパーツがあるの?②黄金シャトル
  20. 【おわりに】水晶ドクロの夢

【はじめに】水晶ドクロって?

みなさんは水晶ドクロというオーパーツの存在を聞いたことがありますか?聞いた事すらないという人もいれば名前だけは聞いたことあるという人も多いかもしれません。
水晶ドクロがオーパーツということは聞いたことがあっても詳しくどんなものかまで聞いたことある人は少ないのではないでしょうか。

水晶ドクロは1920年代にマヤ文明の遺跡で発掘されたとされる水晶でつくられた人の頭蓋骨のことをさします。英語だとクリスタルスカルと呼ばれていますね。
明らかな人工物であることは一目でわかるため、いつだれがどんな目的でつくったのか長いこと議論されてきました。

マヤ文明が残した古代遺産なのではないかという期待も大きかったのですが一方で発見した探検家たちの話も少し疑問が残る点を持っていました。ここでは水晶ドクロ、別名クリスタルスカルの発見経緯や他のオーパーツやパワーストーンの話もまじえて結局水晶ドクロとはなんだったのかをまとめてみました。

水晶ドクロの謎【そもそもオーパーツって何?】

水晶ドクロはオーパーツの中でもかなり有名な存在でした。他の有名なオーパーツにはアンティキティラ島の機械やコスタリカの石球などがあります。
ですがそもそもオーパーツの定義とはなんでしょうか。マヤ文明などの単語が絡んでくることもあって少しスピリチュアルな響きを感じますよね。

オーパーツは「Out-Of-Place ARTifactS」の略で日本語では「場違いな工芸品」という意味になります。正式な考古学用語ではないのですが一般的に広く普及している単語なのできいたことある方も多いのではないでしょうか。
オーパーツの特徴は「いつなぜつくられたのか、どうやってつくられたのか」が年代測定器などを用いて調べてみても分からないことにあります。

どこからがオーパーツであるという明確な定義はないのですが物品に使われることが多く、工芸品という単語の意味からもパワーストーンなどに近いです。ナスカの地上絵やストーンヘンジなどは厳密にはオーパーツとは少し異なります。古代文明の遺産ではないかとよく言われますが残念なことに偽物も多いです・・・。まぁ予想通りですよね。


◆関連記事:水晶院ってご存知ですか?

水晶院の評判・口コミまとめ!怪しい?効果は本当にある?

水晶ドクロはどこがすごいの?① 300年かかる?

見つかった経緯については後に詳しくまとめますがこのクリスタルスカルは発見当時謎だらけであり、多くの専門家の頭を悩ませました。
1970年代後半に分析がなされたのですがクリスタルスカルには工具を使った後がみつからなかったのです。更に驚くべきことにもし工具なしの場合仕上げるまでに300年の歳月を要するとの結果が出ました。

マヤ文明の遺跡から出土したオーパーツとして世界でもトップクラスに有名になったクリスタルスカルですが非常に緻密につくられていたことでも話題を集めました。
人体の骨格や解剖学にも精通した人間がつくったのではないかと言われており、1970年当時のテクノロジーでは詳細まで解明することはかなわなかったこともスピリチュアルな印象を高めています。

ここまでの説明だと世界に1つしかないように思われますが実は世界に10数個発見されています。ですが大抵クリスタルスカルといえばヘッジススカルと呼ばれるものを指すことが多いです。
発見者の名前をとってつけられたこのヘッジススカルがダントツで有名であり、偽物かどうかの議論のやり玉にあげられるのも大抵がこのヘッジススカルです。

水晶ドクロはどこがすごいの?② そもそも加工できない?

その他にもこのクリスタルスカルは1つの水晶からつくられていることが分かっており、下顎骨の部分は取り外しが可能だったことが分かっています。
クリスタルスカル発見当時の技術では水晶は割れやすく加工が難しいとされていたため、マヤのオーパーツであるという主張を後押ししました。

1970年代当時の分析ではこのクリスタルスカルの制作年代が分からなかったため、古代人がつくりあげた祭具であると主張する者やパワーストーンの一種だと考える人も多くいました。
太陽の光を浴びると全体が美しい虹色に光るなどスピリチュアルな面も多く噂されました。が、実際は水晶の特徴によるもので特殊なパワーストーンだから光るという仮説は否定されています。

また、1970年代当時から大きく話題になっていた特徴の1つとして「水晶の石目を無視して加工されている」ことがありました。
壊れやすい水晶の石目を無視してつくることには非常に高い技術を要するのと同時に何のメリットもないと当時言われていました。こういった当時の事情を知るとパワーストーンであるとかマヤ文明の残したスピリチュアルなオーパーツであるという主張も納得できます。

水晶ドクロにまつわる伝承

このようにさもいわくありげなクリスタルスカルですがアメリカ先住民の言い伝えによればパワーストーンの一種とされており
「世界に13あるクリスタルスカルをすべて集めた時、人類の起源や謎、目的が解き明かされるであろう」
といわれています。うわぁ、すごいですね。いかに孫悟空でもさすがに13個のパワーストーンは集める前に連載が終了してしまうのではないでしょうか。

先述したヘッジススカルもこの13個のうちの1つに入っています。
ですが1920年代に発見される以前にもこの伝承があったという証拠はもちろんないため、少し眉唾ものっぽく聞こえてしまう人がいても不思議ではありません。取材などの名目で人気が出ればアメリカ先住民の土地にも何かしらの恩恵はありますしね。

結局のところクリスタルスカルが昔から存在した事実を裏付けるような文献や証拠は発見されず、その信憑性が薄いものになってしまったのは残念なことです。
ですが他のスピリチュアルなオーパーツ同様、クリスタルスカルも偽物と断定するには不可思議な点が多くそういった点がより魅力を引き立たせたのも事実です。


◆関連記事:水晶の浄化方法について知りたいアナタはこちらもチェック

水晶の浄化方法・お手入れの仕方11選!

水晶ドクロにまつわる都市伝説①

こういった太古の遺跡にまつわるオーパーツにはスピリチュアルな噂がつきものですよね。クリスタルスカルにおいても都市伝説めいたものは囁かれていました。
先ほども少し触れましたが、太陽の光で虹色に光ったりするほかにもドクロの下から光をあてると燃えるような赤色に輝いたり目にあたる部分が光ると言われていました。神秘のパワーストーン的な印象ですね。

また、何かを記した紙の上にクリスタルスカルを置くと目の部分から文字が拡大されて見えるなど、オーパーツらしいスピリチュアルな都市伝説がいくつもありました。
陽光を浴びたクリスタルスカルの目をずっと見ていると1分半で80%の人間は催眠状態におちいるという統計結果もあるとかないとか。

「いったいどこでそんな統計とったんだ・・・。」
という感じの話ですがこういったスピリチュアルを越えて多少うさんくさく感じるパワーストーン話の1つ2つがついているのもオーパーツの醍醐味ではないでしょうか。
もしかしたら催眠にかかった人たちが都市伝説を吹聴しているのかもしれませんね。そう考えるとロマンある話です。

水晶ドクロにまつわる都市伝説②

また、2008年のクリスタルスカルの分析に関わったスミソニアン博物館と関連する都市伝説も噂されており、クリスタルスカルの知名度をうかがい知ることができます。
「スミソニアン博物館の地下に厳重に保管されている幻のスカルは一般公開されておらず、元の持ち主のメキシコ大統領はフリーメイソンのメンバーであった。」と一部では言われています。

「ワシントンDCやスミソニアン博物館もフリーメイソンによってつくられており、2008年の研究結果は本当に隠しておきたい地下の幻のスカルから目を背けさせるためのブラフである。スミソニアン博物館の地下には今でも人類の歴史に関わる重要な機密が隠されている。」とされています。

すごいですね・・・もし本当だとしたらこれをリークした人は大丈夫だったのでしょうか。こちらで言及されている水晶ドクロは有名なヘッジススカルではなく、完全に人目に晒されてない別の水晶ドクロがあるということでした。
何かとスピリチュアルな噂が絶えないクリスタルスカルですが案外こういったトンデモ噂の中に真実が隠されていることも・・・?

水晶ドクロの出自は?

では実際の水晶ドクロはどういった経緯で見つかったのでしょうか。いくつもの水晶ドクロが後追いで発見されたため、こういった後発物は偽物と断定するまで長くはかかりませんでした。ここでは1番有名でマヤの遺跡で最初に発見されたとされるヘッジススカルについて解説します。

1927年、ミッチェル・ヘッジスと娘のアンナがマヤ文明の遺跡を発掘していました。ルバントゥンと呼ばれる街の遺跡を掘っていた時、見つかったのがクリスタルスカルでした。
それはあまりに精巧にできていて、発見した時一目で何かすごいものを見つけたことを確信できるほどでした。

この時みつかったクリスタルスカルが後にヘッジススカルと名づけられるわけですが、この日はなんと娘のアンナの誕生日でもありました。
うーん・・・すごい偶然ですね。マヤ文明からの粋な計らいかもしれません。何はともあれ、こうしてクリスタルスカルは発見され脚光をあびることになりました。

水晶ドクロの謎【おかしな点も?】

このように多くのスピリチュアルなエピソードを持つクリスタルスカルですが同時に数多くの疑問点も浮上していました。その中でも大きくわけて2つの疑わしい点がクリスタルスカルを見つけた探検隊に対して指摘されており、偽物ではないかという説が支持されはじめました。

1つはヘッジス探検隊一行がクリスタルスカルを発見したのは1927年と発表されていますが記録紙によって1926年にイギリスに帰国したことが分かっています。
もし実際に1926年に既に帰国していたのであればその1年後にマヤで発掘をしていた記録自体がそもそも怪しいですよね。

もう1つは発見した際の記録写真などクリスタルスカルを証明するものが何1つなかったことです。本来探検隊であれば何か歴史的な物品を発見した際に備えて記録できるものを用意するはずですよね、この時代だとカメラが1番ポピュラーでしょう。
ですが探検隊の公表した写真にはクリスタルスカルは一切写っていませんでした。


◆関連記事:本物の水晶かどうかの見分け方はこちら!

水晶玉が天然の本物かガラス玉の偽物か見分ける方法!

他にはどんな水晶ドクロがあるの?

ヘッジススカルと呼ばれるもっとも有名なクリスタルスカルについて主に説明してきましたが他にはどのようなクリスタルスカルが存在するのでしょうか。
先住民族の話では13個のパワーストーンとしてクリスタルスカルが存在するという話でしたがどこからが水晶ドクロかという線引きがないため実際のところは厳密な数は分かっていません。

有名なものではブリティッシュスカルがあります。こちらはジョン・エヴァンズという人物が1897年に大英博物館に売却したもので今でも大英博物館に飾られています。
残念ながら1996年に実施された分析により、偽物であることが判明しています。こちらも13個あるパワーストーンの1つです。

もう1つ有名なのがE.T.スカル。こちらもいわゆる13個ある伝説のパワーストーンの1つで映画のE.T.に似ていたためそう名付けられました。
伝説のパワーストーンではありますがロサンゼルスのディーラーから買ったものということです。筆者はこの説明を初めて読んだ時つい笑ってしまいました。進行形で伝説をつくってよいのでしょうか・・・?

結局水晶ドクロは本物?

最初の解析は1970年代、ヒューレットパッカード社によって行われましたがその時は当時の技術の限界もあり、真相を解き明かすことはできませんでした。
真相が解明されたのは2008年、アメリカのスミソニアン博物館の研究機関により調査が行われたためです。こうしてみるとかなり最初の分析から期間があいてるんですね。

走査電子顕微鏡による表面の分析が行われた結果、水晶自体に鋭い直線が刻まれていることが分かりました。
明らかに手によってつけられたものではないその傷跡と、それが19世紀末に登場した研磨機械を使った際にできる傷跡と一致したためクリスタルスカルはマヤ文明のスピリチュアルなオーパーツではなく偽物と結論付けられました。

また世界に10数個あると言われていた他のクリスタルスカルにおいても同じく分析がなされ、そのどれもが同じ19世紀末に登場した研磨機械によってつくられたものであることが証明されました。
残念な事に水晶でつくられた頭蓋骨を模したドクロは偽物だったのです。当時の最先端の科学と研究が遂にクリスタルスカルの謎を解き明かした瞬間でした。

本当は水晶ドクロはどうやってみつかった?①

本来歴史的な価値があると分かる工芸品は発見された後すみやかにしかるべき場所に保存されますよね。現代であれば博物館や国の研究機関でしょうか。
ですがスピリチュアルなオーパーツとしても少々疑わしく思われていたクリスタルスカルにはそういったことはありませんでした。それにもし偽物だった場合ヘッジス探検隊がどうやって入手したのかも気になりますよね。

実際のところは発見までに少々難儀な過程をたどっています。でどころを突き止めることが難しかったこともクリスタルスカルがすぐに偽物とは断定されなかった要素の1つであったことは間違いありません。
19世紀末にフランス・パリの古美術商であったユージン・ボバンという人物が大きくかかわっていて、彼は当時の古代文明の発掘ブームに乗じて密かに偽造品を売りさばいていました。

彼はメキシコ皇帝とも仲が良かったためメキシコで入手した古代遺跡品という名目で数々の発掘品をパリで売っており、その中の1つにクリスタルスカルもあったとされています。
もともとマヤ遺跡から直接出土したものではなかった上、当時はインターネットなども当然なかったため国をまたいだ品の鑑定は難しかったのでしょうね。

本当は水晶ドクロはどうやってみつかった?②

では古美術商ユージン・ボバンはどうやってクリスタルスカルを入手したのでしょうか。ドイツ中西部のイーダー・オーバーシュタインと呼ばれる街にその秘密はありました。
ここは石の加工場として有名な街で小さいながらもヨーロッパで有数の宝石の加工場でした。ここでユージン・ボバンは宝石職人にクリスタルスカルをつくらせたのです。

この街の宝石職人たちは長い伝統の中で顧客の情報を外に漏らさないというルールを徹底していたと言われます。
1度の取引が高価になりやすい宝石商とのやりとりなのでそういったルールには特に厳格だったのでしょうね、街自体が宝石の加工に依存した環境だったこともそれに拍車をかけていました。

また19世紀末という通信手段が発達していなかった時代のため、誰がつくったのか名乗り出るものは当然いませんでした。
「ドイツでつくられた水晶ドクロがフランスに渡った後マヤ文明で出土したと言われイギリスで有名になった」わけですから無理もありませんね。それほど人の手を長く渡っていたということもおどろきです。

本当は水晶ドクロはどうやってみつかった?③

その後イギリスで同じく古美術商をしていたシドニー・バーニーという人物が1933年にクリスタルスカルを購入し、彼はその後11年に渡り保有していました。
高値で売りたいとは思っていたようですがなかなか買い手がつかなかったのでしょうね、純粋な伝統工芸品とも呼べないため売却が難しかったのだと予想されます。

1943年にバーニーから購入したのが探検隊を率いていたヘッジスでした。ちなみに彼が購入する1年前にはオークションにも出されており、バーニーも手放したかったことがうかがえます。
こちらは公式記録としても残っているため確実とみなされています。実際にヘッジスがクリスタルスカルの実物を手にしたのは随分後だったのですね。

このようにスピリチュアルな現象とはある種無縁な来歴を持つクリスタルスカルですが19世紀末につくられた工芸品が人の手を渡りに渡った結果今でも保管されているというのはおもしろいですよね。
100年近くにも渡り都市伝説愛好者や考古学者の興味の対象となり続けていたクリスタルスカル。そう考えると解明されてしまったことが少し残念に思えるかも・・・?

水晶ドクロの時系列でわかるおもしろいこと

こうした形でスピリチュアルなオーパーツやパワーストーンなどの神秘的な力とは全く関係がなかったことが明らかにされました。
偽物であることが判明したクリスタルスカルでしたがここで時系列を少し整理してみるとおもしろいことが分かります。もともと1927年にミッチェル・ヘッジスとアンナ・ヘッジスがマヤの遺跡を発掘している際に見つけたとされていました。

ですが実際には1943年にミッチェル・ヘッジスが古美術商から買ったため、時系列的に見てみると少しおかしいですよね。20年弱ものあいだ現物を手にしていないことになります。
実はこのクリスタルスカル、1950年代になってようやく娘のアンナ・ヘッジスによって公表されたものでした。

1950年代になってから「私が17歳の誕生日にこんなものが発掘されたんです!」というおばさんがいきなりあらわれたのです。前述したように当時の証拠写真などは一切なく、あるのは現物のみ。
これではパワーストーンのようなスピリチュアルな感覚もオーパーツとしての神秘性も薄らいでしまうのは仕方ないことかもしれません。でもすごい度胸ですよね・・・。

水晶ドクロに残る謎

残念ながら偽物であるという結論がでたクリスタルスカルですが実はいくつかの謎を今も残しています。
こういった解決した後に残る謎というのもオーパーツにありがちですが非常に魅力的ですよね、もしかしたら結論が間違っていたのかもしれないという気分になることもあります。

オーパーツの持つスピリチュアル性とは縁遠い結果に終わってしまいましたが、クリスタルスカルの特徴である「水晶の石目を無視してつくられている」という要素については今も謎のままです。
他にも小さな謎はいくつかあるのですが記録があやふやだったり証拠がなかったりするためここでは割愛させていただきます。

19世紀末の加工技術によってつくられたと結論付けられたクリスタルスカルですが実は当時の技術では石目を無視してここまで細密なものをつくりあげるのは不可能だといわれています。
もちろん当時の宝石加工職人独自の技術やツールが伝達されぬまま歴史に埋もれてしまった可能性もおおいにあるため、「当時の技術でつくることは100%不可能だった」とは言えませんがおもしろい現象ですよね。

水晶ドクロは今どこにあるの?

「クリスタルスカルの持ち主は代々謎の死を遂げ、本物のクリスタルスカルの所持者は誰なのか分かっていない」
などと一部の都市伝説では言われていますが全くそんなことはありません。
1943年に古美術商からミッチェル・ヘッジスが買い取った後、彼は亡くなる1959年までクリスタルスカルを所持していました。

その後は娘のアンナが引き取り、2007年4月の彼女がなくなるまでずっと彼女が保管していました。
現在はアンナの元夫のビル・ホーマン氏が所持しているということです。言いようによっては代々の所持者が亡くなっていると言えないこともない・・・?

スミソニアン博物館での分析が2008年だったことを考えるとビル・ホーマン氏はかつての妻であったアンナが亡くなるまで鑑定には出さなかったことがうかがえます。
もしかしたら彼は鑑定結果をあらかじめ知っていてその上でアンナを気遣って存命中は分析させなかった・・・というのは考えすぎでしょうか。

水晶ドクロの他にはどんなオーパーツがあるの?①ヴォイニッチ手稿

ここまでクリスタルスカルをとりあげてきましたが世界にはほかにどんなオーパーツがあるのでしょうか。有名なものの1つにヴォイニッチ手稿と呼ばれるオーパーツがあります。
こちらは1912年イタリアで発見されたものなのですがどこの国の言語にも属さない文字で書かれており、また挿絵もふんだんに使われています。

放射性炭素年代測定器によって1400年代初期の羊皮紙にかかれていることと、挿絵から恐らく植物についての解説なのではないかという憶測がなされています。
ですがこの植物もどれも現存するものではないため、大方の予想は暇な誰かのイタズラで偽物ではないかというものでした。

ですが使用された羊皮紙、文字、挿絵そのどれもがあまりに膨大なことと言語学や暗号解読の観点から「適切な文法、単語にのっとってかかれている」との結論がくだされたため、非常に有名なオーパーツです。
今では電子書籍化されており、だれもが213ページ全てをフリーでダウンロードできる状態になっているため暗号解読に自信がある方は是非読んでみてください!

水晶ドクロの他にはどんなオーパーツがあるの?②黄金シャトル

2つ目は黄金シャトルと呼ばれるオーパーツです。こちらは西暦500年~800年頃のコロンビア北部でつくられてものだといわれている直径5cmほどの黄金の装飾品です。
驚くべきはその形で完全に現代の飛行機のような形をしているのが特徴です。あまりにも機械的なその造形は発見当時から多くの学者の興味をひきました。

有力な主張としては「後年につくられた偽物ではないが、魚か鳥をモチーフに独自につくられた装飾品だろう」というものです。
モチーフになった動物の具体例としてはトビウオや南米のナマズなどがあげられており、確かに言われてみるとたまたま機械的に見えるようなデザインだったのかもしれません。

しかし1960年代、動物学者のサンダーソン博士が航空力学の専門家に調査を依頼したところ、この黄金シャトルは飛ぶための航空力学にかなっていることが判明しました。
実際に1990年代には黄金シャトルの模型の飛行に成功しており、やはり鳥や魚のモチーフではなく古代文明の飛行機の模型ではないかと言われています。

【おわりに】水晶ドクロの夢

水晶ドクロ、別名クリスタルスカルについてここまでまとめてみました。現代の発達したテクノロジーの前では「古代文明の遺産」や「マヤ文明のパワーストーン」などの少しオカルトめいた単語が忌避される傾向があるのは残念ながらいなめないことかもしれません。
事実多くのオーパーツが偽物であることが既に分かっています。

その一方で、そういったオーパーツが本物なのかどうか解明しようという人たちがいたからこそ現代の技術によってその正体が明らかになったものもおおく、一概にオカルトも科学技術もどちらかを否定してしまうのは惜しいことだと思います。

残念ながらクリスタルスカルは偽物という結論が出ましたが、世界にはまだまだオーパーツはたくさんありわくわくするような話が多く載せられています。
この記事を通して少しでも興味が沸いた方がいたらぜひ他のオーパーツについても調べてみてはいかがでしょうか。
ここまでみてくださりありがとうございました!!

パワーストーンについて知りたいアナタはこちらもチェック

パワーストーンの浄化方法は?頻度など解説します
アゼツライトの意味・効果・浄化方法を解説!【パワーストーン】
アクアマリンの意味・効果・浄化方法まとめ【パワーストーン】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ