おフェロメイクのやり方とは?これで簡単にできる!【女子必見】

女子の間で大人気の「おフェロメイク」をご存知ですか?内から湧き出るような色気をメイクで表現できる「おフェロメイク」は可愛いものが好きな女子にもおすすめのメイクです♪今回はおフェロって何?という大まかな説明や、簡単に実践できるおフェロメイクの方法をご紹介します!

おフェロメイクのやり方とは?これで簡単にできる!【女子必見】のイメージ

目次

  1. おフェロってどんな意味??
  2. おフェロメイクとは♡メイクのポイントは?
  3. おフェロメイク♡おすすめの化粧品
  4. おフェロメイク♡メイクのやり方をご紹介
  5. 【おフェロメイク】①透明感のあるベースメイク
  6. 【おフェロメイク】②ハイライトでさらに明るく
  7. 【おフェロメイク】③アイメイクにもこだわって
  8. 【おフェロメイク】④眉毛メイクはナチュラルに
  9. 【おフェロメイク】⑤チークで頬を蒸気させる
  10. 【おフェロメイク】⑥カラコンは使わないorブラウン系
  11. 【おフェロメイク】⑦唇は潤いと色づきがポイント
  12. 【まとめ】おフェロメイクで色気を纏う♡

おフェロってどんな意味??

おフェロという言葉の意味がいまいちわからないという方もいるようなので

その意味をご紹介しようと思います。

おフェロとは、お洒落&フェロモンが合わさった造語なんです♪

火付け役は雑誌「ar(アール)」で、透明感がありナチュラルなのにセクシー

可愛いだけではない色気のある顔のことをいいます。

おフェロとは、ただのセクシーさとは違います。

おしゃれ感があり、フェロモンが溢れるような「抜け感」がポイントです。

おフェロ顔とは、森絵梨佳さんのような雰囲気をいうそうです。

このarの表紙では、普段は正統派メイクの石原さとみさんが

「おフェロメイク」で登場しています。抜け感がよくわかりますね。

森絵梨佳さんのarの表紙です。内側から湧き出るような

透明感のある色気がとても可愛いメイクですね。

流行に敏感な女性に評価され、メディアや雑誌で特集も組まれる人気メイクなんです。

おフェロの発信源は「イガリメイク」

そもそも、おフェロメイクとはarなどで活躍するメイクアップアーティスト

イガリ シノブさんがほどこすメイクが発信源です。

そのため、おフェロメイクとは=イガリメイクとも呼ばれているのです。

イガリメイクは、血色メイクとも呼ばれ蒸気したような色気が魅力となっています。

◆関連記事 色気についてもっと知りたい!他の記事はココから!

フェロモンとは?フェロモンを出して色気たっぷりの女になる方法!
色気はメイクで出せる!大人のお色気メイクの方法まとめ

おフェロメイクとは♡メイクのポイントは?

おフェロメイクはまずポイントを覚えることで簡単にできるようになります。

ポイントとして覚えておきたい基本を学べば

応用して、自分なりのおフェロメイクも楽しめるようになりますよ♪

①透明感のある艶肌のベースメイク

おフェロメイクの透明感を出すには、ベースメイクのやり方が大切です。

ベースは、素肌感を残してナチュラルに仕上げるのがポイントです。

艶感のでるファンデーションや下地でベースづくりをすることで

水分をたたえたような色気のあるお肌が完成します。

ベースメイク前のスキンケアで潤いUP

ベースメイクをはじめる前にたっぷりの水に浸したコットンを軽くしぼり

化粧水をまんべんなくしみこませて5~10分ほどコットンパックしましょう♪

そのあと、セラミドやコラーゲンなど潤いを与える美容液やオイル、クリームで保湿します。

下地は塗っても塗らなくてもOKでリキッドファンデやCCクリームのみで仕上げます。

②おフェロメイクは、うるうるの唇が基本

おフェロメイクの自然なフェロモン感をだすには

唇の質感をぷるぷるツヤツヤにみせてくれる化粧品を選びましょう。

べたっとしたグロスではなく、ティントグロスをつかったり

オイル系のグロスの上に、艶リップを滑らせるだけで簡単におフェロリップができます。

③自然で艶のある目元が魅力

おフェロメイクは、色やラインで現すメイクというより

ラメやきらめき、艶感などで目元を彩るのが基本です。

いつもより、しっとりした質感のアイシャドウを選んだり

アイラインやマスカラもナチュラルな感じがでるよう控えめにします。

おフェロメイク♡おすすめの化粧品

おフェロメイクの詳しいやり方をご紹介する前に

アイシャドウやベースメイク、チーク、カラコンなどおすすめの化粧品をご紹介します。

化粧品の質感や塗り方を工夫することで、おフェロメイクは再現しやすくなりますよ♪

ETVOS クリーミータップミネラルファンデーション

ETVOSの化粧品は肌に優しいミネラル成分が人気です。

こちらのベースメイク化粧品は、カバー力をキープしながら

アルガンオイルなどのオイルが艶肌を叶えてくれます。

イプサ リキッドファウンデイション

おフェロメイクのベースにおすすめなのは薄付きでありながら

肌を均一に魅せて透明感をだすイプサのファンデーションです。

素肌感を強調したい方やさらにナチュラルな肌に魅せたい方におすすめ。

ジルスチュアートのミックスブラッシュ

イノセントなメイクを叶える化粧品の代表ブランドともいえる

ジルスチュアートのミックスブラッシュコンパクトNは

セミマットでフォギーな質感で、おフェロな頬を再現します。

キャンメイクのクリームチークティント

プチプラ化粧品として人気のキャンメイクは

おフェロメイクにぴったりのアイテムが豊富。

クリームチークティントならオイルがみずみずしい艶を演出して

内側からにじみ出るような血色チークになれちゃいます。

唇にもチークにもOK!クリニークの「ポップオイル」

クリニークの化粧品はメイクアイテムも優秀。

ポップオイルなら、オイルのべたつきもないのに

艶ぷるの唇になれます。チークとしても使える化粧品なので

1つ持っていると何かと役立つアイテムでしょう。

キャンメイク ステインオンバームルージュ

リップクリームのような塗り心地が軽い

ステインオンバームルージュは自然な血色と艶を叶えます。

赤系のカラーを選べば、ほんのり色づき自然な色気を演出できますね。

おフェロメイク♡メイクのやり方をご紹介

おフェロメイクのやり方は意外と簡単です。

眉毛メイクのやり方やチークなどポイントを抑えて

ナチュラルなのに色気のある顔を再現していきましょう!

【おフェロメイク】①透明感のあるベースメイク

下地は薄ピンクからパープル、ブルーなどを選びましょう。

透明感のある肌には潤いが大切なので、クリームかリキッドファンデーションを使います。

厚塗りにならないように肌に均一に伸ばしたら

最後に軽く抑える程度にパウダーをはたきます。

この時、上品なラメやパール入りだとより艶感がまして可愛いです。

◆関連記事 透明感ベースメイクをもっと知りたい方はココから!

透明感はメイクで作れる!ベースメイクがピュア肌演出のポイント!

【おフェロメイク】②ハイライトでさらに明るく

ハイライトをのせるやり方は、Tゾーンにのせるのではなく

上唇の上部分や目頭、鼻の付け根の辺りに軽くのせるようにして光を集めます。

目尻などのピュアゾーンには大ぶりのブラシでサッと塗ると自然な輝きがでます。

【おフェロメイク】③アイメイクにもこだわって

アイメイクは、ナチュラルでパールやラメがきらめく目元がおすすめです。

赤系のアイシャドウを薄く塗ってからラメパウダーをプラスしてもOK。

キャンメイクのパーフェクトスタイリストアイズ「アンティークルビー」はおすすめです。

ステインオンバームルージュの赤系をアイシャドウとして瞼に薄く塗り

その上から赤系アイシャドウをぼかします。

そしてブラウンのアイシャドウで薄くラインをひきます。

アイライナーは細くまつ毛の隙間を埋める感じで引きます。

できればブラウン系の優しいカラーを選ぶ方がナチュラルになりますよ。

目元はふんわりさせたいのですが、印象を強めるためにもリキッドを使ってもOKです。

目の形に添うように、目尻を跳ね上げたりしないように描きます。

アイシャドウを選ぶときには上品で控えめなパール感を意識しましょう。

ギラギラしたパールやラメのアイシャドウを塗ると厚塗りにみえたり

ギャルメイクのようになってしまいます。

きめ細かいしっとりした質感のパールアイシャドウを、薄くぼかすだけでも

おフェロメイクのアイメイクは簡単に叶います。

下まぶたにもラメやパールでほんのり輝きを与えましょう。

【おフェロメイク】④眉毛メイクはナチュラルに

眉毛のメイクのやり方は、あくまでナチュラルに

うぶ毛のような質感に整えられるとおフェロメイクに合います。

自分の眉毛より薄いパウダーで全体を柔らかく描き

眉ブラシで整えたら、最後に眉マスカラでトーンを上げて明るめの眉毛に仕上げてください。

眉毛が濃くてきりっとした形の方は

眉頭から描いてしまうと、ふんわり感が消えてしまうので気をつけましょう。

産毛のような「うぶ眉」という眉毛がおフェロメイクにはぴったりです。

太さも細くしすぎないように、太めで短めの眉毛にします。

【おフェロメイク】⑤チークで頬を蒸気させる

おフェロメイクといえば「チーク」に特徴があります。

カラーはどんな色でも、自分の肌の血色を良く見せてくれる色を選んでください。

入れる位置は、目の下辺りというのがポイントです♪

クリームチークはリキッドファンデの下に仕込んでも自然な血色がでますよ。

目の下にぼかしたら、横長に馴染ませるとひきしめ効果もあります。

【おフェロメイク】⑥カラコンは使わないorブラウン系

おフェロメイクというと、色素が薄いイメージもあるのですが

やはりその「ナチュラルなセクシーさ」が本来の魅力です。

その特徴を再現するためにも、カラコンはないままでも十分でしょう。

もしカラコンをする場合は、自分の目が自然に見えるような柔らかいブラウンを選びます。

カラコンは縁ありタイプだととても不自然に見えてしまうので

フチなしのタイプを選ぶのも大切です。

おすすめのカラコンは、フランニーのカラコンで

つけているのか気づかれないような大人可愛い目元をつくれます。

こちらのカラコンは、大きさも選べますがおフェロメイクには

本来の瞳より大きいものより自然な大きさのものを選びましょう。

【おフェロメイク】⑦唇は潤いと色づきがポイント

おフェロメイクの唇に乾燥は厳禁です。

最初にオイルやリップクリームでたっぷり保湿しておきましょう。

口紅なら、適度な艶感のものを指にとるか直接ポンポンとのせていきます。

また、ティントタイプなら落ちにくいのでおすすめです。

【まとめ】おフェロメイクで色気を纏う♡

おフェロメイクについてご紹介しましたが如何でしたか?

しっかりメイクやマットな赤リップも美しいですが

ナチュラルな抜け感があるおフェロメイクなら、また違った自分に出会えるかもしれません。

メイクについてもっと情報を知りたいアナタに!

自分に似合うメイクの見つけ方!顔タイプ診断を利用しよう!
美人メイクはナチュラルが基本?コツをおさえよう!【女性必見】
オルチャンメイクのやり方!眉毛・アイシャドウ・アイラインなど!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ