「好きだけど付き合いたくない」と男が思う心理10選【男の本音】

確実に両想いなのに男性が告白してくれない…そんな悩みを抱えていませんか?もしかしたら相手の男性は、「好きだけど付き合いたくない」という心理に陥っているかもしれません。今回は、「好きだけど付き合いたくない」と感じてしまう男性心理について紹介します。

「好きだけど付き合いたくない」と男が思う心理10選【男の本音】のイメージ

目次

  1. 「好きだけど付き合いたくない」複雑な男の心理とは?!
  2. どうしても彼を振り向かせたい!効果的な方法は?
  3. 気持ちに正直に、二人で幸せをつかもう♡

「好きだけど付き合いたくない」複雑な男の心理とは?!

「彼女のことは好きだけど、付き合いたいとは思わない。」そんな風に考えている男性は、意外と少なくありません。

相手の女性からすれば、「私のことを好きだというならどうして付き合ってくれないの?」と理由が分からず、モヤモヤしてしまいますよね。

「好きだけど付き合えないよ」などと言われると、好きじゃないと言われるよりある意味辛いですし、その理由や心理、本音が分からないままだと女性も困ってしまいます。

「もしかして、スキとか言っておきながらキープなのでは?」と理由を変に勘ぐってしまう女性も少なくありません。

でも、実はキープしているつもりではなくても、「好きだけど付き合えない」「好きだけど付き合いたくない」という男の本音は意外と存在するものなのです。

①仕事が忙しい

男性女性関わらず、今の日本社会では激務に追われている社会人の方は沢山いますよね。仕事に行って帰ってくるというだけの行動が、とても辛い状況に追い込まれているのも事実です。

そんな、ただでさえ辛い状況の中、新しい好きな人ができたとしても、すぐに「じゃあ付き合おう」となれるでしょうか。

新しい恋愛は、ウキウキする気分と同時に、他人と信頼関係を築いていくために少なからず体力を使います。年齢を重ねれば重ねるほど、その恋愛への体力は減っていき、正直辛いと思う男性の本音もちらほら。

仕事に行くだけでも、体力的に限界なのに、いくら好きな人ができたからと言って彼女を作る気には到底慣れないという本音や心理を抱く男性は、少なくありません。

特に、仕事がハードであればあるほど、その本音は濃くなっていく傾向にあります。

もし、仕事が忙しいという理由でお付き合いできないという状態であれば、その男性の本音や辛いという心理をくみ取ってあげましょう。

仕事が落ち着く時期はあるのか、落ち着いたら付き合える望みはあるのか、といった方向にシフト変更していきましょう。

②やるべきことがある

社会人として働いている人でも、夢や目標をもって学生している人でも、本気で目指すものがある、学業や仕事に専念したいと思っている人は、「好きだけど付き合いたくない」という本音があります。


恋愛が、学業や仕事の妨げになってしまうと感じる人は、その二つを天秤にかけたときに、やっぱり自分の夢や目標を選択するのは当然の心理ですよね。

仕事をしながら、転職を目指して資格試験の勉強をしている人など、本当に毎日ハードで辛いことと思います。

そんな中、さらに辛い状況になると分かっていながら新しい彼女を作る気持ちには到底慣れないというのが、男性の本音です。

勿論、新しい恋愛は辛いことばかりではありませんが、やっぱり幸せなことがあった後は辛い気持ちになりがちです。

デートの後は、また会いたくなってしまって勉強や仕事に手が付けられなかったり、物理的にデートなどに時間を割くことによって勉強が疎かになってしまったり…

自分の気持ちや彼女との板挟み状態になり、正直言って辛い!と感じてしまうのです。

楽しいはずの恋愛が、辛いものであると初めから分かっているなら、「好きだけど付き合いたくない」という選択肢も出てきて当然の心理です。

③価値観が違いすぎる

「彼女のこういうところは好きだけど、こういうところは理解できない、どうしても好きになれない」ということも充分にあり得ることですよね。

その「好きになれない」部分が、許せる範囲だったり、お互いに歩み寄ることで解決が出来るものであればいいのですが、その「好きになれない」部分が価値観の違いになる場合もあります。

どうしても歩み寄ることが出来ないものだと分かっている場合も「好きだけど付き合いたくない」と感じてしまいます。

付き合っても、うまくいかないのが目に見えているからです。「好きという気持ちだけで付き合ってもうまくいかない、相性も大切だ」と感じ、「好きだけど付き合いたくない」という選択をしてしまうのです。

育ってきた環境だったり、人それぞれの考え方など、価値観は様々ですよね。

その価値観が似ている人とは恋愛が進展しやすいと言いますが、逆に価値観が合わない人とはななかなか恋愛や夫婦関係が長続きしない傾向にあります。

極端に価値観が違う場合、「付き合ったらケンカばかりになるのが目に見えている」というケースも。

価値観の違いが理由で離婚する夫婦が、離婚理由のトップを占める時代ですから、この価値観の違いというのは非常に大切なものなのです。

価値観が違う相手でも、恋に落ちることはざらにありますが、カップルとしてうまくいくかと言ったら実際問題難しい壁が沢山出てきます。

「価値観が違うな」と感じたシーンによって、その価値観の壁の大小は異なります。

壁が大きければ大きいほど、「好きだけど付き合いたくない」という心理が大きく、強い決意へと変わっていってしまうのです。

④幸せにする自信がない

今の世の中、激務に追われている男性や、転勤が多い仕事の男性、低賃金や非正規雇用で働かざるを得ない人たちなど、たくさん存在します。

そんな状況に置かれた男性たちは、どうしても「彼女を生涯幸せにしていく自信がない」と感じてしまいがちです。

女性からすれば、「今時は共働き世帯は当たり前だし、低賃金なことなんて気にしないでいい」という女性もたくさんいますよね。皆が皆、「結婚するなら高年収じゃないと」だなんて思っていません。

でも、男性にもいい意味でプライドがありますし、責任感を持っています。それに、もし結婚して彼女が妊娠したら、そのあとお金がかかるのに、彼女が仕事を続けられるかどうかわからない…という不安もありますよね。

育休制度の整った会社だとしても、無事に出産して母子ともに健康かどうかは分かりません。

出産は命がけですから、万が一出産を機に仕事を辞めることになったら…などと考えだすと、男性の「幸せにできるかどうか自信がない」という悩みは底をつきません。

こういった理由で、「付き合って幸せにしてあげたいが、実際問題、幸せにする自信はない」と新しい恋を諦めてしまうのです。

⑤結婚願望への温度差

同級生の男女に多くありがちですが、「すぐにでも結婚を視野に入れて付き合いたいと思っている女性」と、「結婚はまだまだ先で…」と考えている男性。

この二人がどんなに好きあっていたとしても、やっぱり「好きだけど付き合いたくない」という結論に至ってしまいます。

男性はまだ結婚したくない、もしくはお金などの関係からまだ結婚できる時期ではないと感じている。

一方で、彼女は「もう適齢期だから早く結婚したい。タイミングを逃すと売れ残る!」と焦っているような状態だと、どうしてもそこに温度差が生まれてしまいます。

残念ながら彼女の時間だけを止めることは出来ないので、こういった場合も、「好きだけど付き合いたくない」という理由でフラれてしまったり、恋がフェードアウトしてしまう可能性が高くあります。

男性の方が、結婚はゆっくり「30歳手前くらいで…」と考えている人が多いですから、彼氏彼女との年齢差は4~5歳くらいがちょうどいいと言われる理由が分かりますよね。

25歳同士の男女が、どんなに好き合っていても、25歳の男性にいきなり結婚を迫るのは、一般的には無理がありますし、かといって25歳の女性に「30歳になったら結婚しよう」というのも、なかなか無理な話です。

女性からしたら出産のタイムリミットもありますし、本当に結婚してくれるのかどうかも怖いですし、うまくいくとは思い難いのです。

⑥人に紹介出来ない

人に紹介をためらうような女性との付き合いも、どんなに好きであっても付き合うのを躊躇してしまう傾向にあります。

例えばですが、見た目がとっても派手だったり個性的だったり、などの万人から理解されがたい場合など。

「自分はその人の、もっと人間的なところを知っていて、好きになったけど、周りの人はそうではないよな」と感じるのです。

人はまず初めての人を見るときに、どうしても外見から入りますよね。だから、外見がとっても奇抜な女性とは「好きだけど付き合いたくない」という心理になりがちなのです。

「外見ばかり気にしてしょうもない男性だ」と思うかもしれませんが、やっぱり結婚適齢期が近づいてくると、親を安心させてあげたいという気持ちもあるでしょう。

もし結婚などをしたら会社の付き合いで、夫婦そろって参加しないといけないときもあります。

こういったときに、自分の嫁を自信をもって紹介できるのか否か、というのは意外と大切なことなのです。

⑦結婚に向いてない女性

お互い結婚適齢期で、これから付き合うのであれば結婚を前提としたお付き合いが自然な流れであるような状況の時、あまりにも相手が結婚に向いていない女性であると、男性も付き合うのをためらってしまいます。

そうすると「好きだけど付き合いたくない」という心理になってしまいます。

結婚というのは人生の大きなイベントですから、出来ればみんな失敗したくないと思うのは当然ですよね。

「この子と結婚した時に、結婚生活はうまくいくかな?」と冷静に考えたときに、到底うまくいかない…と思ったら、「好きだけど付き合いたくない」という心理になってしまいます。

例えばですが、30歳近くなっても実家暮らししかしたことがなく、実家に居ながら家事はしたことがないだとか、お金を家に入れていないから自分の為に使い放題。

そういう状態の女性だといくら好きでも結婚は考えにくいです。

そのほか、エステやバッグなど自己投資の金額がものすごく高いなどといったことも理由に挙げられます。

人は生活の水準を落とすことはなかなか難しい傾向にありますから、女性がいくら「結婚したらもっと質素な生活でいい」と言っても、なかなか現実には難しいです。

男性もそれを分かっていて、わざわざ苦労するような、結婚に不向きのタイプの女性と付き合いたいとは思わないのです。

こういった場合も、「好きだけど付き合いたくない」という結論に至りがちです。

⑧相手の事が好きすぎる

たまに、相手のことが好きすぎる場合も「好きだけど付き合いたくない」という結論に至ることがあります。

相手のことが好きすぎるあまりに、自分が壊れていくような感覚に陥るため、恋から逃げ出してしまうという心理です。

比較的若いときに多いのが特徴ですが、惚れっぽい男性に多い特徴として挙げられます。

相手のことを大好きになれる気持ちはとても素敵ですし、それほどに愛される女性はうらやましくもありますが、「好きすぎて自分がだめになる」と感じるような恋愛は、正直したくないもの。

付き合う前からそれが目に見えていたら、男性も「好きだけど付き合いたくない」という結論に至るのです。

⑨トラウマを抱えている

過去、大好きだった彼女に裏切られた、信じていた彼女が浮気をしていたなどの理由で、大好きだった人に裏切られることにトラウマを抱えている場合もあります。

そうすると好きだという自覚はありながらも、付き合うという状況にステップアップするのをためらう傾向があります。

新しい彼女が浮気をするとも限りませんし、それは男性本人もわかってはいますが、トラウマはなかなか簡単に克服できるものではありません。

ましてや、大好きな人から裏切られたことによるトラウマを抱えている男性にとっては、今いい感じになっている女性のことが好きであればあるほど、恐怖心が大きくなり拒絶反応が出てしまいます。

こういった場合はまずは、お友達からはじめ、前の彼女のような人間ではないと信じてもらうほかありません。

⑩今の関係がちょうどいい

性格やライフスタイルの問題で、「付き合ったらきっとうまくいかない」という男女の関係もありますよね。

「好きだけど付き合いたくない」という結論に至るパターンには、「今くらいのお互い好きって気持ちは分かり合ってはいるけれど、付き合ったら絶対にうまくいかなくなる」という心理からくるものもあります。

実際に、長らく友達の期間を経て、お互いの性格を分かり切ったつもりで付き合ったカップルでも、すぐに別れてしまっているカップルって意外と多いですよね。

それだけ、彼氏彼女の関係って本当に特別な関係なんですよね。

付き合う前や、友達の期間に二人で過ごしてうまくいっているからと言って彼氏彼女になったときにうまくいくかというのはまた別問題なのです。

どうしても彼を振り向かせたい!効果的な方法は?

彼に「好きだけど付き合いたくはない」と言われても、好きだからこそ、その言葉では引き返せないですよね。

そんな彼に対して、どんなアプローチをすると効果的か、それぞれ5つ紹介します。

①期間限定で付き合う

どうしても「好きだけど付き合いたくない」と言われたら、期間限定で付き合ってみることを提案するのがいいでしょう。

そこで、自分と相手の価値観や、何故付き合いたくないのか、実際に距離を近くしながら付き合うことが一番の手です。

そこで大丈夫だとお互い安心できれば付き合うことができます。逆に、どうしても駄目だったらすぐ切り替えていくのも手です。

②彼への気持ちを伝え続ける

相手と初めから真剣にお付き合いをしたいなら、相手の性格にもよりますが、相手への思いを伝え続けることが効果的です。

押しきれれば付き合うことができる可能性があります。ですが相手の意見を尊重するやり方ではないので、できれば取りたくはない手段です。

ただし、彼への気持ちをただ言葉にするだけでは成功率は高まりません。相手の趣味や、嗜好をそれとなく情報として得ておいて、相手が興味を示す話題や機会を提供できるように準備しましょう。

③今の距離感を保つ

今の距離感を保ち、彼の意見を尊重してそのままの関係でいることもひとつの手です。

相手が、恋愛を求めるタイミングとなったときに、改めて積極的にアプローチするということです。

このままや良好な関係を保つ続けていれば彼の考えが変わる可能性もあります。ここでも彼がなぜ付き合いたくないのかを探って解決すれば、スピーディーに付き合える可能性が高まりますよ。

誰しも、恋愛をしたいタイミングと、仕事や友人、趣味など他のことを優先したいタイミングなど、恋愛モードではない瞬間を経験されたことはあるのではないでしょうか。相手が、恋愛をしたいタイミングではないのであれば、そこは尊重してあげつつ、距離感が離れないように関係は保っておきましょう。

④女性としての魅力を見せる

好きだけど付き合いたくないのは、異性として見れていない可能性もあります。そのような場合は、女性としての魅力を積極的に見せていきましょう。

外見も大切ですが、相手好みの性格であることを示していくことも大切ですよ。好みのタイプを知っておくということです。ここで注意しなければいけないことは、相手の言葉を信じすぎないことです。優しい人が好き、といっても友人や母親など身近な人を想像して話しているだけかもしれません。

恋愛対象としての好みのタイプを知るには、聞き方にもコツがあります。例えば、「どきっとした仕草は何?」などです。

例えば、料理に関する仕草なのであれば、その仕草をさりげなく取り入れて料理を作ったりしてあげると「付き合いたい」と思わせることができるかもしれません。

⑤付き合えない理由を聞く

正直に「なぜ付き合えないのか」を聞いてみることもオススメです。勇気がいりますが、信頼関係を築くいちばんの近道です。

結局のところ、彼の表情など、率直な反応を観察したりすることが、お互いの相性を測る意味でも大事なのです。お互いに我慢しあって付き合っていても、幸せになれないかもしれません。

意見を言い合えないと結婚してからも上手くいきません。いっそ大胆に聞いてしまうほうがいいです。

気持ちに正直に、二人で幸せをつかもう♡

お互い正直になって、自分の意見を言い合えるような仲になれれば最高ですよね。

意見を言い合える関係となるには、一歩踏み出す勇気も必要です。気持ちに正直になっていき、言葉や行動を通して信頼を積み重ねていくと、相手のなかであなたという存在がより大きなものになっていくのではないでしょうか。

素敵なお付き合いを通して、その先の幸せを掴んで貰えれば幸いです。

もっと男性の気持ちを知りたいあなたへ

彼氏いるの?って聞く男性心理は?モテる答え方も解説!【納得】
キープの女?それとも本命?状況をしっかり見抜こう!【男性心理】
美人とかわいいの違いは?どっちがモテる?男性の基準を調査!
デートの脈ありサインを見抜く方法!男性の好意は行動に出る!

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ