コストコの法人会員のメリットや年会費は?個人会員との違いは?

コストコは年会費を支払う必要がありますが、個人会員よりも法人会員の方が年会費が安いってご存知ですか?自分でビジネスをされているのであれば、コストコの法人会員には特典やメリットもあるんです!この記事では暮らしに役立つコストコのお得な法人会員についてお伝えします。

コストコの法人会員のメリットや年会費は?個人会員との違いは?のイメージ

目次

  1. コストコには個人会員だけではなくて法人会員がある!
  2. コストコの法人会員の年会費はいくら?!
  3. コストコの法人会員になれるのはどんな人?!
  4. コストコの法人会員になるための必要書類は?
  5. コストコの法人会員で追加できる人数は?!
  6. コストコの法人会員は個人会員と何が違うの?!
  7. コストコの法人会員は特典やメリットがあるの?!
  8. 【コストコの法人会員の特典①】法人会員専用のスタッフ
  9. 【コストコの法人会員の特典②】ビジネス配送サービス
  10. 小さくても自分で事業をしているのなら法人会員がお得!
  11. コストコの法人会員について【おわりに】

コストコには個人会員だけではなくて法人会員がある!

私たちの暮らしに欠かせない商品を、何でも得な値段で購入することができる便利なコストコ。

暮らしが豊かになるコストコに入店するためには、年会費を支払ってコストコ会員になる必要があります。

実は、コストコには会員には個人会員のほかに法人会員というものがあるのはご存知ですか。

コストコの個人会員の年会費がちょっと高いなと感じている人も少なくないでしょうが、実はコストコでは法人会員の方が年会費が少し安くなるのです。

この記事では、暮らしに役立つ商品が多いコストコの法人会員になれるのはどんな人なのか、法人会員になるためにはどのような必要書類がいるのか、法人会員の登録で会員カードを作ることができる人数、個人会員ではなくて法人会員になることの特典やメリットなどについて、法人会員についていろいろと気になることについてお伝えします。

コストコの法人会員の年会費はいくら?!

コストコでは個人会員の年会費は税抜き4400円となっているところ、法人会員の年会費は税抜きで3850円となっています。

個人会員よりも法人会員の方が、コストコでは年会費が550円お得になるという計算ですね。

特に、自分でビジネスをされている人にとっては、年会費もお得な方を選んで、1円でも経費は安くして利益を上げたいものです。

法人会員になる資格を持っているのであれば、個人会員ではなくて、少しでも年会費が安い法人会員を選んだ方がいいですね!

■参考記事:コストコ個人会員の入会方法はコチラも参照!

コストコ会員の登録・入会方法やカード1枚で入れる人数を解説!

コストコの法人会員になれるのはどんな人?!

コストコの法人会員の方が個人会員よりも年会費がお得なことはわかりましたが、かといって全ての人が法人会員になれるわけではありません。

コストコで、法人会員として登録できるのはいったいどのような人なのでしょうか。

コストコのホームページにはビジネスメンバー(法人会員)について次のように書かれています。

ビジネスメンバーはすべての事業所、自営業、非営利団体、官公庁等の事業主、または事業主に相当する方が対象です。

これをもっと砕いて翻訳してみると、

会社経営者
個人事業主
自営業者
NPO法人
お役所

これらを経営している人や代表者、代表者とみなすことができる人であれば、ビジネス会員になることができるということですね。

会社や役所、NPO法人などで事務用品を購入するのに、コストコを利用することも出来ますし、飲食店を経営している人などは、お店の仕入れにコストコを利用している人もいるでしょう。

また最近では副業を始める人も少なくありませんが、副業でも個人事業主としての必要書類が揃えられれば法人会員として登録することが出来ます。

もしも自分に法人会員として登録する資格があるかもと思ったら、店舗で効いてみるのも良いでしょう。


コストコの法人会員になるための必要書類は?

コストコで個人会員として登録するためには、必要書類は免許証などの身分を証明するものだけでよかったのですが、法人会員として登録するためには、身分証明書のほかに必要書類があります。

法人会員としてコストコに会員登録するための必要書類というのは、つまり、事業を行っていると証明できる書類が必要書類になります。



事業を行っていると証明できる書類というのは、事業所の屋号、代表者の氏名、会社の所在地を記した名刺、公共料金の請求書、農家証明書、登記簿(複製可)のいずれかとなります。

屋号がない場合には、このほかに営業許可証などの提示を求められることもあります。

必要書類は名刺でもOKなんですね!個人事業主の人や、副業で名刺を作っている人も、名刺を持っていけば法人会員として登録することができるので、ぜひ法人会員として登録してみましょう!

コストコの法人会員で追加できる人数は?!

コストコの個人会員では、同じ住所に住んでいる家族が1名まで人数追加することが出来ました。

法人会員でも、追加できる人数があるのでしょうか。

コストコの法人会員の場合には、家族カードが1枚人数追加できます。

また、この他には従業員6名までの人数に限り1人当たり3500円で入会することが出来ますが、人数追加したこちらのカードには家族カードはつかないようです。

従業員のカードを作る時には、法人会員の名義となっている人が直接申し込みカウンターへ行く必要があります。

この時には、従業員本人が一緒に行くのがいいのですが、行けない場合には、代表者の人が本人を確認できる書類を持っていけばOKです。

従業員の人を連れて仕入れに行くときには、何人分かの人数で従業員のカードを作っておくと良いですね!

■参考記事:コストコの家族会員についてはコチラも参照!

コストコ家族会員は無料?更新方法や家族カードの作り方解説!

コストコの法人会員は個人会員と何が違うの?!

ところで、コストコの法人会員と個人会員の間には、いったい何か大きな違いがあるのでしょうか。

年会費がお得になる以上の違いが何かあるのであれば、法人会員になる資格がある人は、法人会員になったほうがいいのでしょうが、個人会員と法人会員にはどんな違いがあるのでしょうか。

実際にお買い物をするときには、正直なところそれほど大きな違いはありません。


店頭で購入する時には、法人会員用のレジなども特にないので、一般の個人会員の人と同じように並ばなくてはいけません。

しかし、例えば飲食店や事業所を開店するときの備品を購入する、小さな個人商店や飲食店が食材を仕入れにコストコの商品を使ってるときには、一般の家庭よりもはるかに大量に購入しますよね。

そんな時には、法人会員なら割引を受けることも出来ます。

法人会員が大量購入する場合の割引については、購入しようと思っている倉庫店で相談すると、そのお店のスタッフがいろいろと相談にのってくれるそうです。

コストコの法人会員は特典やメリットがあるの?!

法人会員の場合は、大量購入をする時には割引を受けられるほかに、個人会員にはない特典やメリットがあると言われています。

コストコの法人会になることによって、得られる特典やメリットにはどのようなものがあるのか、ここからみていきましょう。

【コストコの法人会員の特典①】法人会員専用のスタッフ

コストコで法人会員になる特典やメリットの1つには、法人会員専用のスタッフがいるということです。

飲食店や個人商店でコストコを仕入れに利用しているお店であれば、個人会員よりも一度の購入金額ははるかに大きくなりますからね!コストコ側としても専用スタッフを配置して応援したいという気持ちもよくわかりますね。


法人会員専用スタッフに相談することの特典やメリットとして、、ビジネスに合った商品を提案してくれたり、コストコの精肉部門やベーカリー部門、タイヤセンターなどの専門部門の情報提供、それぞれの法人会員にあった商品リストの作成を行ってくれます。

また、1回の購入金額が税込みで3万円以上になるのであれば、 FAXやe-mailでの注文も受け付けてくれるのも忙しい法人会員には嬉しい特典やメリットですね!

【コストコの法人会員の特典②】ビジネス配送サービス

法人会員の特典やメリットの1つに、ビジネス配送サービスを利用できるというのもあります。

暮らしにコストコを生かしている個人会員向けにも配送サービスもありますが、昨今の宅配業者の労働環境の悪化の影響を受けて、料金が高くなってしまいましたよね。

しかし、大量仕入れをする法人会員の場合には、個人会員の配送サービスよりもお得な料金でビジネス配送サービスを利用することができるのが、大きな特典やメリットになっています。

ビジネス配送サービスの特典やメリットを受けられるのは、1回の購入金額が税込みで3万円を超える場合に限ります。

ビジネス配送サービスを利用すると、注文してから3日以内に出荷してくれます。

配送料は距離や量によって変わるようなので、ビジネス配送サービスを利用したい事業者の人は、一度お近くの倉庫店で相談してみると良いでしょう。

小さくても自分で事業をしているのなら法人会員がお得!

最近では、自宅で副業を始める人も増えてきました。どうやら政府の方針で、今後サラリーマンの副業が正式に認められるようになる日も近いようです。

また自宅でサロンや手作り品の販売などの小規模ビジネスを始める女性も多くなってきました。

飲食店や個人商店の仕入れなどで、ビジネス配送サービスを利用できるほど大量購入をしている法人会員の人も少なくないでしょうが、仕事のためではなくて、毎日の暮らしのためにコストコを利用しているママさん事業者でも、名刺だけ持っていけば、法人会員になることが出来ます。



また小規模なサロンや手作り品の販売などでも、コストコで販売しているものを使うのであれば、仕入れ先をそちらにした方が安い場合もありますよね。

法人会員であっても、仕事のためだけに使う必要はありません。毎日の暮らしの買い物に使っても大丈夫なので、ぜひ法人会員になる資格を持っている人は、お得な法人会員になって、仕事に暮らしに役立ててはいかがでしょうか?!

コストコの法人会員について【おわりに】

いかがでしたでしょうか。
個人会員よりも費用が安いのがメリットですが、ご自分のビジネスでコストコ利用が合っているかどうかじっくり検討してみて下さい。
法人会員として上手にコストコを利用できると、経費削減など大きなメリットにもつながるはずです。
お仕事の面でも、暮らしに役立つコストコ。「お得かも」と思ったらぜひ味方につけて下さいね!

法人会員に役立つコストコ商品、もっと情報を知りたいアナタに!

コストコの文房具のおすすめ14選!ペン・シール・ノートの値段は?
コストコのおすすめ日用品ランキングTOP35!便利商品はどれ?
コストコの冷凍食品おすすめランキングTOP21!【美味しい】
コストコのおすすめ食べ物・食品ランキングTOP35!【人気】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ