茶色の作り方!絵の具で茶色はどうやったら作れるの?

子供のころは絵の具を使った美術の時間があったので色の作り方を教わることがありました。大人になるとそんな機会はありません。冬はカーキや茶色のアースカラーが使いたい!ジェルやリップの色調節で解らなくて困ることがあります。そこで今回は茶色の作り方を紹介します。

茶色の作り方!絵の具で茶色はどうやったら作れるの?のイメージ

目次

  1. 【茶色の作り方】冬の定番!アースカラーの茶色を作ろう
  2. 【茶色の作り方】色の構成を理解しよう!
  3. 【茶色の作り方】①原色とは?二次色とは?
  4. 【茶色の作り方】②補色とは?
  5. 【茶色の作り方】原色さえ用意すればどんな茶色も作れます!
  6. 【茶色の作り方】①オレンジ色+青色=茶色
  7. 【茶色の作り方】②緑色+赤色=茶色
  8. 【茶色の作り方】③紫色+黄色=茶色
  9. 【茶色の作り方】④赤色+青色+黄色=茶色
  10. 【茶色の作り方】⑤二次色+補色=茶色
  11. 【茶色の作り方】茶色で冬アースカラー「カーキ色」も作ろう!
  12. 【まとめ】自分で作れば好みの色に調節できる!

【茶色の作り方】冬の定番!アースカラーの茶色を作ろう

ジェルネイルやメイクを季節に合わせて楽しむ、暮らしの中で四季を感じて暮らしが豊かになります。
冬の暮らしを豊かにするジェルネイルやメイクはアースカラーが定番です。
その中でも茶色は欠かせないカラーです。

手元に茶色が無くても基本カラーを絵の具のように混ぜて作ることができます。
茶色を使うだけでなく絵の具のように混ぜて使うことがおすすめです。
赤に茶色を混ぜて「ボルドー」に変化させたり、オレンジに茶色を混ぜて「コーラルベージュ」に変化させたりと活用の幅は広いです。

この冬は目元をアイシャドウやラインで強調させた囲み目メイクも流行ですが、茶系の色でまとめると温かみのある柔らかな印象を与えながら目元を強調することができます。

ジェルネイルでは茶色の濃さを調節してこなれ感を出すことで大人っぽい雰囲気を印象付けることができますよ。
冬の暮らしを豊かにするジェルネイルやメイクに欠かせない茶色の作り方をご紹介します。

【茶色の作り方】色の構成を理解しよう!

子供のころは遊びながらぬりえをする機会も多かったです。
学校では図工や美術で色を塗ったり、色を付けたりする作業を多く行っていました。

大人になってからの日々の暮らしの中で色の構成を考えることは少ないですよね。
しかし、色の構成さえ理解すればジェルネイルやメイクのアレンジに役立ち暮らしが豊かになりますよ。

色の構成を理解することは部屋のコーディネートや洋服のコーディネートにも統一感を出したりアクセントをつける為の役に立ちますよ。

自然界にある色の構成は複雑です。
しかし、人間が作り出す色は色彩によって組み合わせが決まっています。
ここで説明する色の構成は小学校で習う内容なので難しい事はありません。
ちょっとした雑学ネタにもなるので覚えておくといいですよ。

今回は茶色の作り方で知っていておいてほしい用語である原色と二次色、補色についてご説明します。

【茶色の作り方】①原色とは?二次色とは?

「原色」とは他の色を作りだす色、元のままの色を意味します。
色彩としては赤色、青色、黄色の基本の三原色を指す意味になります。

ふたつの原色を混ぜてできる色は「二次色」と呼ばれます。
色空間の中で原色を混ぜ合わせて作られた色を意味しています。

光(RGB)、顔料(CMY)、伝統的な塗料方法(RYB)・・・などなどと、二次色の例を上げると複雑で難しくなってしまうので色を混ぜてできる二次色としてだけ紹介しますね。

原色を混ぜることで以下のような色を作ることができます。

1.赤色と青色を混ぜると二次色は紫色になります。
2.赤色と黄色を混ぜると二次色はオレンジ色になります。
3.青色と黄色を混ぜると二次色は緑色ができます。

【茶色の作り方】②補色とは?

色の相関を現すために円状に色を並べた「相環図」というものがあります。
相環図では混ぜ合わせた原色の間にこれらの二次色を配置して並べています。
相環図でそれぞれの色の反対側にある色は、その色の「補色」と呼ばれます。

補色は余色、対照色、反対色とも呼ばれたりします。
ある色とその補色を絵の具のように混ぜ合わせると灰色や黒色といった無彩色を作りだすことができます。


◆関連記事:緑に合う色は何色?

緑に合う色は?服の色別コーディネート特集【レディースファッション】

【茶色の作り方】原色さえ用意すればどんな茶色も作れます!

茶色の作り方は?と聞かれてもすぐに答えられる人は少ないでしょう。
小学校の図工で行った絵の具の色の作り方を参考にすれば簡単に茶色を作ることができますよ。

日々の暮らしで使うものはカラフルです。
暮らしの中のカラフルな色はすべて赤、青、黄色の色の三原色を基にすれば作ることができます。
濃い茶色、薄い茶色、あらゆる茶色も作ることができます。

こうした色の作り方はジェルネイルやメイクでも同じことです。
基本のカラーを絵の具のように混ぜることでどのような茶色も作ることができます。

色を作る時、複数の色を混ぜると落ち着いた自然な色になります。
徐々に濁った色になるからです。
混ぜてしまった後に明るい色に戻すことはできないので色を作る時は少しずつ量を調節しながら気に入る色に仕上げて行きましょう。
一度作った色をもう一度作ることは難しいので、その都度気分に合わせて楽しんでみてくださいね。

【茶色の作り方】①オレンジ色+青色=茶色

初めにオレンジ色の作り方です。
オレンジ色の作り方は「赤色」+「黄色」です。
絵の具のように混ぜればできあがりです。

ポイントは最初に赤色を多めに出すことです。
その後に少しだけ、赤色の1割程度の黄色を入れて下さい。
オレンジ色は夏のジェルネイルやメイクに使うと暮らしの中で季節を感じることができますよ。

次に「オレンジ色」+「青色」です。
絵の具のように混ぜると深みのあるチョコレートのような茶色ができあがります。

青色を混ぜる時は少しずつ、オレンジ色に対して1割程度混ぜて下さい。
色を濃くしたい時は青色を追加して調節します。
暗すぎると感じるのであればオレンジ色を追加して調節してください。


◆関連記事:赤に合う色は?

赤に合う色11選!色別にファッションコーデを紹介!服選びの参考に!

【茶色の作り方】②緑色+赤色=茶色

初めに緑色の作り方です。
緑色の作り方は「青色」+「黄色」です。
同量を絵の具のように混ぜるとできあがります。
緑色は春や夏のジェルネイルやメイクに使うと暮らしの中で季節を感じることができますよ。

次に「緑色」+「赤色」です。
絵の具のように混ぜると煉瓦のような赤みを帯びた茶色になります。
赤色は少しずつ加えて下さい。
赤色を多めに混ぜると暖かい茶色になります。

【茶色の作り方】③紫色+黄色=茶色

初めに紫色の作り方です。
紫色の作り方は「赤色」+「青色」です。
同量を絵の具のように混ぜるとできあがります。
赤色を多めにすると鮮やかな紫色、青色を多めにすると紺色に近い紫色になります。紫色は秋や冬のジェルネイルやメイクに使うと暮らしの中で季節を感じることができますよ。

次に「紫色」+「黄色」です。
黄色を少しずつ加えて下さい。
好みの明るさの茶色になるまで増やして調節して下さいね。

【茶色の作り方】④赤色+青色+黄色=茶色

色の基本である三原色である赤色、青色、黄色を混ぜることで茶色を作ることができます。
ただし、3色を混ぜるので2色を混ぜて作る茶色よりも色の調節が複雑で難しくなります。
この方法で色を作る時は新たな色の開発だと思って楽しみましょう。

赤色や青色が多いと暗い茶色になります。
黄色が多いと明るい茶色になります。

【茶色の作り方】⑤二次色+補色=茶色

二次色とその補色を絵の具のように混ぜることで茶色を作ることができます。

赤色と黄色を混ぜてできたオレンジ色に補色の青色を混ぜると茶色ができましたよね。
茶色の作り方の基本は二次色に補色を混ぜることといえます。
二次色にその補色を混ぜてできる茶色は明るい茶色色から暗い茶色まで幅広いです。

好みの色を探すためには三原色を混ぜて茶色を作りだす時と同様に調節が難しいので新たな色の開発だと思って楽しみましょう。

【茶色の作り方】茶色で冬アースカラー「カーキ色」も作ろう!

茶色からカーキ色の作り方はとても簡単です。

本来のカーキ色は「枯れ草色」と呼ばれます。
枯れ草色は黄色みがかったカーキ色で作り方は「黄色」+「茶色」です。
絵の具のように混ぜると鮮やかなカーキ色ができあがります。

冬の定番カラーとして使いたいカーキ色は少しくすみかかっている方が可愛いくこなれ感があります。
くすみがかったカーキ色は秋から冬にかけて重宝します。
くすんだカーキ色の作り方は「青色」+「黄色」+「茶色」です。
絵の具のように混ぜるとくすんだカーキ色ができあがります。
もう少し色合いを鮮やかにしたい時は「黄色」をさらに足して調節してみてくださいね。

【まとめ】自分で作れば好みの色に調節できる!

市販の色の中に好みの色が無い事は多いです。
そこで購入をあきらめた経験もあります。

もう少しくすんでいれば・・・
もう少し鮮やかであれば・・・
そんな時は自分で色を作りだせばよいのです。

色の三原色である赤色、青色、黄色を絵の具のように混ぜ合わせることで暮らしの中にあるカラフルな全ての色を作りだすことができます。
色の三原色を揃えて、自分の好みの色を作りだせばジェルネイルやメイクで活用できますよ。

茶色を作る時は赤色と青色が多すぎると思うような茶色にならないことが多いです。
赤色と青色は少量ずつ混ぜて調節するようにしましょう。
黄色が足りないと茶色を作るはずが黒色になってしまうことがあります。
これからジェルネイルやメイクで活用するために黄色の素材を購入するのであれば黄色は多めに用意して下さいね。

もっと茶色について知りたい方はこちら

茶色スカートコーデ70選!春夏秋冬別におしゃれなスタイル紹介!
茶色に合う色11選!色別コーデを紹介!【ファッションの基本】
茶色の種類はたくさん!名前と色見本まとめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ