内弁慶の心理・特徴13選と治す方法とは?内弁慶の意味も解説!

家では威張っているのに外では借りてきた猫のようにおとなしい。こんな典型的な内弁慶タイプの人、あなたの周りにいませんか?子供や彼氏、夫など、内弁慶で困ってるのよね。という人の為に内弁慶の心理と特徴、原因をまとめました。内弁慶を治す方法も参考にしてくださいね。

内弁慶の心理・特徴13選と治す方法とは?内弁慶の意味も解説!のイメージ

目次

  1. どうして内弁慶になるの?
  2. 内弁慶の意味
  3. 内弁慶の心理と特徴①家では好き放題
  4. 内弁慶の心理と特徴②人の評価を気にする
  5. 内弁慶の心理と特徴③プライドが妙に高い
  6. 内弁慶の心理と特徴④自信がない
  7. 内弁慶の心理と特徴⑤間違いを嫌う
  8. 内弁慶の心理と特徴⑥親に可愛がられてきた
  9. 内弁慶の心理と特徴⑦理想が高い
  10. 内弁慶の心理と特徴⑧人前が苦手
  11. 内弁慶の心理と特徴⑨まじめ
  12. 内弁慶の心理と特徴⑩周囲に期待されてきた
  13. 内弁慶の心理と特徴⑪人の粗探しが多い
  14. 内弁慶の心理と特徴⑫シャイ
  15. 内弁慶の心理と特徴⑬ストレスに弱い
  16. 内弁慶って治るの?
  17. 大人の内弁慶を治す方法①自信を付ける
  18. 大人の内弁慶を治す方法②自分を認めてあげる
  19. 大人の内弁慶を治す方法③自分の気持ちを声に出す
  20. 子供の内弁慶を治す方法①失敗を笑い飛ばす
  21. 子供の内弁慶を治す方法②できたことを具体的に褒める
  22. 子供の内弁慶を治す方法③人と触れ合う時間をたくさん作る
  23. 内弁慶がエスカレートするとおこる危険性~DV~
  24. 内弁慶ーまとめー

どうして内弁慶になるの?

「うちの子、内弁慶なのよねぇ」

こんな言葉、子育てしているとよく聞くものです。
自分の子供が内弁慶の場合もあれば、ママ友のお子さんが内弁慶の事もあるでしょう。
内弁慶ってよくある子供の特徴です。

家では兄弟げんかなんか当たり前。
自分が欲求は我慢せずに伝えることができるし、主張も強い。
でも、外に出るとなぜか急におとなしくなって

「大人しいね」
「おりこうさんだね」

なんて言われちゃう...典型的な内弁慶パターンです。
典型的な内弁慶は成長する段階で少しずつ薄れていき、大人になっていくわけですが、時には内弁慶のまま大人になる人も当然います。
今回は内弁慶の特徴と心理に注目して話を進めていきましょう。
内弁慶を治す方法ものせてありますから、内弁慶で困っているという人は参考にしてくださいね。

内弁慶の意味

内弁慶ってよく聞く言葉ですが、意味はなんでしょう?

内弁慶は2つの言葉を組み合わせたものです。
一つ目は「内」
そしてもうひとつ目は「弁慶」

この場合「内」は家、もしくは親しい人の間という意味。
そして「弁慶」はかの源義経がお供に連れていた強い僧兵「武蔵坊弁慶(むさしぼうべんけい)」のこと。

弁慶はまさに強い人の象徴としてよく例えられるのですが、この弁慶に「内」がつくことで「家や親しい人の間では威張っている(強い)が、外ではからきし」という人という意味になります。

それではその意味を頭において、内弁慶の心理と特徴、そして原因を考えていきましょう。

内弁慶の心理と特徴①家では好き放題

まず一番に頭に思い浮かぶ「内弁慶」の特徴は

「家で好き放題」しているという印象ではないでしょうか?

まさに内弁慶の意味そのものの人が頭にパッと浮かびます。
外では大人しいのに家では好き放題する人ですね。

子供には多い特徴ですが、内弁慶のまま育ってしまうと大人でもこんな特徴を抱えたままに。

こうなると彼女や奥さんは大変。
付き合い始めたころは優しくて、大人しい感じの男性でそんな控えめな所に惹かれたとしても、だんだんと本性を現してきます。
気を許し始めるとだんだん威張ってきて、今まで彼女優先だったのに徐々に亭主関白系男子に変貌!

「あれをしろ」「これをしろ」「ダメだなぁ」なんて人のすることにことごとくケチをつけ始めます。

内弁慶の心理と特徴②人の評価を気にする

内弁慶の人は火との評価を気にしすぎる人がいます。
まさに内弁慶になる原因なのですが、いつも人からどう思われているかが気になってしまい自分の意見を言えないのです。

本当は「それ違うんじゃない?」と思っていても、はっきり意見を言う事ができず、黙ってしまいます。
反対意見なのに、同意する事だってあります。

反対することで、嫌われたくないという気持ちが強いのでしょう。

だからいつもちょっと控えめで、意見を求められたときにもはっきりという事ができません。
まず人が何を求めているか...を考えてから、求められた意見を述べます。
でもこれは自分の本当の気持ちではない事が多く、ストレスをためる原因になります。

内弁慶の心理と特徴③プライドが妙に高い

内弁慶の人ってプライドが妙に高いという特徴があります。
全員がプライドが高いわけではありませんが、プライドが高いタイプの内弁慶は大人になってからこじらせる傾向にあるので要注意です。

というのも、プライドが高いので常に自分を自分の能力以上に見せようとある意味恰好を付けるからです。

子供のころは「外ではいい子」という印象ですが、大人になるとプライドが邪魔をしてつい恰好を付けます。
自分のアラを上手に隠し、「素敵な人」と思われるのをヨシとし、自分の素はなかなか見せません。
あえて悪く言うのであれば「取り繕うのがうまい」人です。

子供のころから周りの大人からの評価が高かったため、挫折を知らずプライドの高い性格になっていったのでしょう。

内弁慶の心理と特徴④自信がない

プライドが高い人とは逆に自信がない子供も内弁慶になります。
またプライドが高い人は実は深く知っていくと根本的に自信がないこともあります。

自信がない人は当然自分の主張を自信をもって人前で言う事はできません。
自信がないから意見を言う時に

「私は正しい事を言っている?」

と常にドキドキしてしまうのです。

実はプライドが高い内弁慶さんも同じようなところがあって...
成長段階で自分をうまく取り繕いながら周りの「ウケ」ばかりを狙っていい子にしていると、本当の自分を隠して評価されているので、プライドに根拠がありません。

だから1対1の人間関係で深くなると「本当の自分」を受け入れてもらえるのか自信がない場合があります。
内弁慶にもいろいろな性格がありますが、自信は根拠があってこそモノを言うのです。


◆関連記事:逆にプライドが高い人もいますよね

プライドが高い人の特徴11選と心理!

内弁慶の心理と特徴⑤間違いを嫌う

プライドが高い人。
いい子だと言われて育ってきた人。
自信がない人。

みんなつい失敗を恐れてしまいます。

内弁慶ではない人は間違いを恐れません。
逆に失敗しても、笑い飛ばせる性格であったり、失敗したことで次は!と努力を続ける性格だったりします。
こうやって人は成長していくのですが、内弁慶の人は間違いを恐れるので、行動力にかけてしまいます。

行動力に欠けると成長するために必要な機会を逃してしまうので、自信のないまま大人になるリスクが高くなるのですね。

内弁慶の心理と特徴⑥親に可愛がられてきた

親に可愛がられてきた人も内弁慶になりやすい傾向があります。

でも誤解しないでくださいね。
親に可愛がられるのはとても素晴らしい事。
子供はどんどんかわいがってください。

内弁慶になる原因は「根拠のない称賛」です。

「かわいいね」
「いい子だね」
「おりこうさん」

と褒め言葉をシャワーのように浴びせます。
これも素敵な事ですが、子供が成長するのは「根拠のある」褒め言葉をもらう時です。
具体的に褒めてあげないと、子供はよくわかりません。
具体的にどこが良いのか分からないと、結果よく分からないから家では好き放題、外ではどう行動していいのか分からないからおとなしい性格になってしまうのです。

内弁慶の心理と特徴⑦理想が高い

内弁慶の人は理想が高い特長もあります。
自分が求める理想が高すぎるために、自分を理想に近づけようと努力します。
これは素晴らしい事ですよね?

でも、自分に対する理想が高すぎると、

「ダメな自分」

だと思い込んでしまいます。
また、理想が高いと周りにも自分の理想を押し付けがち。
心の中で「あの人はこんなところがダメだ」なんてケチをつけて「私だったらこうするのに」なんて思ってしまいます。
でも、言いません。

それがストレスになって気を許した人にはワガママになってしまう事があります。

内弁慶の心理と特徴⑧人前が苦手

人前が苦手だという原因も考えられます。
元々の性格が内気で、人前ではつい緊張してしまう。

人前で緊張すると当然ですが、自分の意見を言うことはできません。

でも自分の意見をずっと心に閉まっているなんてできませんから、気の許せる友達や彼女、妻には自分の素を出してしまいます。
素を見せる相手がいるという事は良い事ですが、できれば人前でも素でいてほしいものですよね。

人前が苦手な人は多いですが、克服するととても楽になるはずです。

内弁慶の心理と特徴⑨まじめ

真面目な人は自分に与えられた役割をきっちりと果そうとします。

求められる事に応えようとする姿勢は素晴らしいですが、真面目過ぎるあまり内弁慶になってしまいます。
真面目な人は人との衝突を嫌う性格をしています。
そして真面目な性格の人は我慢も努力も上手です。

だから真面目な人はストレスを貯めやすい傾向にあります。

外でストレスをためてくると発散するのは結局「家」
家ではせめて素でいたい。
真面目な自分を忘れたい。

というところでしょう。
そういう感情が内弁慶になる原因になるのですね。


◆関連記事:真面目系くず!?

真面目系クズの特徴まとめ!改善する方法はある?

内弁慶の心理と特徴⑩周囲に期待されてきた

周囲の人に期待されて育ってきた人は内弁慶になる傾向があります。
周囲に期待されてくる人って

・頭が良い
・スポーツができる
・才能がある

などなどいろいろな素質が考えられますが、これも根拠のない自信の原因になることがあります。

確かに子供のころ他の子供より何かの素質に恵まれてきたのかもしれません。
でも、そのままスクスク育って挫折を味わいながら成長して才能を開花するタイプと、

「期待されている事をただこなしてきたタイプ」

に分かれます。
周囲の期待に応えて頑張るけど、それはあくまで周囲の期待であって別に自分が燃えている事ではない。
そうなってくると本当の自分を隠して、期待に応えるだけ繕うという事を覚えます。
結局本当の自分を隠しているので、内弁慶になってしまいます。

内弁慶の心理と特徴⑪人の粗探しが多い

内弁慶の人って人の荒探しがうまいと思いませんか?

モラハラ夫になるパターンです。
外面はとってもよくって

「素敵な旦那様ね」」
「ご主人優しくて素敵ねぇ」

なんて言われるけど、家では亭主関白で料理から掃除までイチイチ文句をつける...
内弁慶夫の典型です。

自分が外で大人しく良い夫を演じている分、その反動が家で開花するパターン。

真面目で外面がよくて...
でもそれはあくまで作っている自分。
自分の理想を演じているだけです。

演技なので当然家では素の自分に戻ります。
自分に求めるものも高いので、人の粗も目につくんですよね。

内弁慶の心理と特徴⑫シャイ

シャイな人。
これも内弁慶の原因になります。

シャイだから人前で緊張してうまく喋れない。
初対面の人と話すことは苦手。

でももともとの性格がシャイであまり知らない人と話をすることが苦手なだけで、気が知れる仲になれば素の自分を出せるようになります。

シャイなだけという人は内弁慶とも言われますが、内弁慶というよりは親しくなるまで時間がかかるだけです。

だから親しくなると結構ぞんざいな態度をとることもあるので、内弁慶だと思われます。
でも仲良くなる時間が長いか、短いかというだけ。
なかなか初対面でガツガツ喋ってくる人は日本人には少ないのではないでしょうか?
こう考えると日本人は内弁慶の人が多いような気がしてしまいます。

内弁慶の心理と特徴⑬ストレスに弱い

ストレスをためやすい性格。
またはストレスに弱い性格の人は内弁慶になりやすい傾向があります。

だれでもストレスを抱えて生きているもの。
生活していればある程度の心的ストレスは経験するものです。

ストレスと上手く付き合える人は例えば気心の知れた友達に愚痴るとか、お酒を飲みに行ってストレスを発散するなど、自分なりのストレス解消法を持っているものです。

でもストレスを上手に解消できない人、ストレスを過剰に感じてしまう人は抱え込んでしまいます。
そして家で当たり散らしたり、過剰にワガママになる原因になります。
家だと何をしても受け入れてもらえるという間違った認識があるのでしょうが、当たり散らされる方になってみるとたまったものではありませんね。

内弁慶って治るの?

ここまで内弁慶の人の心理と特徴を紹介してきましたが、問題は内弁慶を治す方法はあるのか?
という一点です。

内弁慶にもレベルがあると思うのですが、前項でも述べたようにシャイな性格だというくらいならその人の性格なので、そこまで気にする必要はありません。
問題は素の自分を出せなくて苦しんでいる場合です。
内弁慶の人は多かれ少なかれ自分の性格をどうにかしたい、あまり人の事を気にせず生活したいと思っているはずです。

その気持ちが強いとストレスになりますから、自分でも何とかしたい!と思っている人、また内弁慶のパートナーに困っている人の為に治す方法もポイント別にまとめてみました。

大人の内弁慶を治す方法①自信を付ける

まず、大人の内弁慶を治す方法から考えていきます。

大人の内弁慶は自分で治すしか方法はありません。
周りからの支えはある方が良いでしょうが、最終的には自分です。
そして内弁慶の人に一番大切な事は「自信を付ける」事。

そもそも自分にあまり自信のない人はもちろん、根拠のない自信に焦っている内弁慶タイプの人もまずはしっかりした自信を付けなければいけません。

仕事でも学業でも、趣味でも構いません。
新しく自分が興味を持てる事に挑戦するのも良いでしょう。
内弁慶の性格の人は新しい環境に身を置くことも苦手なのですが、自信を付けるためにあえて新しい事にチャレンジすることは荒療治にもなります。

できないと思っていたことができる快感
仕事を自分の力でやりとげた快感

そういう快感を一つずつ積み重ねて自信を積み上げていく。
これが内弁慶を治す方法です。

大人の内弁慶を治す方法②自分を認めてあげる

自分を認めてあげる事も大切です。

内弁慶の性格はなかなか治りませんが、「こんな事言わない方がいいだろう」「こんな事したら変だと思われるかな?」と人の意見を気にしすぎる事が内弁慶の原因になります。
それは言ってしまえば、自分に自信がなくて自分を否定している行為です。

「できない自分」は「悪い自分」ではない事を理解しましょう。

きれいごとだと言うかもしれませんが、欠点は長所でもあるという言葉を聞いたことがありませんか?
短所は個性です。
できない事は少しずつなくしていけばいい。
今できないからと言って何の問題もありません。

今の自分を認めてあげる。
これが大人の内弁慶を治す方法です。
肩の力を抜いて、自分の意見を否定されてもいいくらいの気持ちを持ちましょう。
案外周りの人って違う意見も認めてくれるものです。

大人の内弁慶を治す方法③自分の気持ちを声に出す

自分の気持ちを遠慮せず口に出すことも内弁慶を治す方法です。

気持ちにいつも蓋をしていてはストレスがたまります!
ムカっとしたときに「怒れ!」と言っているわけではありません。
ただ素直に気持ちを言える友達やパートナーを持ちましょう。

いつも我慢しているから、上手な気持ちのはけ口がなく心を許した人にあたったり、威張ったりするのです。
気持ちを言う事が苦手なのですね。

少しずつで良いので、嫌な事は嫌、やりたい事はしたい!と気持ちを口にすることでストレスは少しずつ緩和されます。
内弁慶の人は自分の気持ちをいう事が苦手ですが、ため込みすぎると変な形で出てしまいますから、「嫌」という意思表示もできるところから始めてみましょう。
ぐっと楽になるはずです。

子供の内弁慶を治す方法①失敗を笑い飛ばす

では子供の内弁慶を治す方法はどうか?

子供の内弁慶を治す方法は大人、特に親が変わらなければいけません。
子供は何もできないゼロから始まります。
スポンジが水を吸収するように知識を増やし、経験を増やしいろいろな事ができるようになっていきます。
それには失敗がつきもの。

失敗したらかわいそうだから
転んでけがをしたら大変!

なんて子供が失敗しないように先回りしているのならそれが内弁慶の原因です。
失敗する経験が少ないと、失敗を恐れる子供になります。
失敗する経験が少ないと、間違った自信を付けてしまいます。

失敗するのは当たり前。
子供が失敗したら笑い飛ばすくらいの親になりましょう。
失敗を恐れなくなば、どんどん積極的になります。
先回りしておぜん立てをしてあげることは決して子供のためにはなりません。

子供の内弁慶を治す方法②できたことを具体的に褒める

子供に正しい自信を付けてあげたいなら具体的に褒めてあげましょう。
ばくぜんと褒めるのでは子供は何が良かったのか意味が分かりません。

結果手探りで「なんとなく良いのだろう」という感覚を元に行動することを覚えてしまいます。
内弁慶の原因ですね。

具体的に褒めることで子供は自信をつけます。
具体的に褒めると、もっと褒められたい!という欲求が出ます。

具体的に褒めるという事は、正しく良い事と悪い事を教えるという意味にもつながります。

ここが良かった。
前はここができなかったけど、今できたね。
昨日は喧嘩しちゃったけど、今日は仲良くできたね。

など、具体的に褒めることでしていい事、悪い事、良かったところが分かりますし、自分の自信につながります。
自信のある子どもは絶対に内弁慶にはなりません。
自信のなさが子供の内弁慶の大きな原因です。

子供の内弁慶を治す方法③人と触れ合う時間をたくさん作る

内弁慶=シャイ

という意味で言うのであれば、人と触れ合う時間をたくさん作ってあげましょう。
子育て中、面倒だからと家でばかり遊ばせていては社交性を育てる事はできません。

そんなのは幼稚園や学校で自然に身につくこと!と思わないでください。
社交的な親の子供はやっぱり社交的です。

小さなころからいろんな人と接する機会のある子供は自然と社交的に育ちます。
内弁慶で、もっと積極的になってほしい...と思っているのなら、まずは親も社交的にならないと!

子供と一緒に成長していくという意味でも、公園やコミュニティの子育ての集まりなど積極的にお出かけしましょう。
内弁慶もあっという間に治ってしまいます。

内弁慶がエスカレートするとおこる危険性~DV~

内弁慶で困る...

と言っている間は大丈夫。
でも、内弁慶を大人になっても引きずっていると、内弁慶という意味が大きく変わることもあります。
それがDVやモラハラ男。

こういう内弁慶は周りからは決して分かりません。
外では良い顔をしているからです。
そして自分が素を見せないことでたまってしまったストレスをパートナーである女性、もしくは男性にぶつけてしまうとDVやモラハラにつながります。

意味をはき違えてはいけません。
もちろん内弁慶はDVと同じ意味ではありません。
けれど内弁慶をこじらせてしまうと、自分のパートナーに手を出したり、精神的ストレスの原因となるようなダメ出しをずっとするような人になります。

結局自分が外では言えない事、できない事を家で解放してパートナーにぶつけるのですが、内弁慶の人が周りの目を気にしすぎると結果DVの原因になることがあるので注意しましょう。

内弁慶ーまとめー

誰でも知らない人と話をする事や新しい環境に飛び込んでいくことを恐れるものです。
子供のころは特にそう。

でも、その恐れや緊張も周りの接し方で興奮や好奇心に意味を変えることができます。
内弁慶の子供にはぜひその好奇心と興奮を教えてあげて下さい。

内弁慶のまま大人になってしまってもし苦しいのなら、自分の気持ちに蓋をしないでください。
ありのままの自分を認めてあげましょう。

内弁慶はべつに悪い事でもなんでもありません。
でも、自分が変わりたいと思うのなら、まずは自分の事を好きになることが一番の近道ではないでしょうか?

もっと性格について知りたいアナタはこちら

怒りっぽい人の特徴と性格!原因と治す方法も解説!
外面がいい男の特徴・性格7選!【要注意】
真ん中っ子の恋愛あるある9選と性格の特徴11選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ