女性が喜ぶ言葉まとめ!褒め言葉を駆使してモテるようになろう!

世の中にはモテる男子とモテない男子がいます。モテる男子の要素の1つに褒め上手という要素があります。女性が喜ぶ言葉を知っていて、会話の中に褒め言葉をうまく散りばめているのです。この女性が喜ぶ言葉と褒め言葉を理解して、モテる男子を目指しましょう。

女性が喜ぶ言葉まとめ!褒め言葉を駆使してモテるようになろう!のイメージ

目次

  1. 女性が喜ぶ言葉を知ってモテる男になろう
  2. 女性が喜ぶ言葉を使いこなそう
  3. 女性が喜ぶ言葉は直接伝えるとは限らない
  4. 中学生から大人の駆け引きへ
  5. 女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(1)
  6. 女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(2)
  7. 女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(3)
  8. 女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(4)
  9. 女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(5)
  10. 女性が喜ぶ言葉は伝えないと意味がない

女性が喜ぶ言葉を知ってモテる男になろう

男性であれば誰しもが望む願望があります。それはモテたいという欲求です。世の中にはモテる男子とモテない男子がいます。このモテる男子と、モテない男子はどのような違いがあるのでしょうか?

その違いは様々な要素が絡むため、確定的な要素をはじき出すことはできません。しかし、モテる男子の要素の1つに褒め上手という要素があります。女性が喜ぶ言葉を知っていて、会話の中に褒め言葉をうまく散りばめているのです。この女性が喜ぶ言葉と褒め言葉を理解して、モテる男子を目指しましょう。

女性が喜ぶ言葉を使いこなそう

上記で述べた通り、モテる男子へのヒントは女性が喜ぶ言葉と褒め言葉です。この2つの言葉の使い方をすることで恋愛上手への道が開けるかもしれません。また、この2つの言葉は大人の女性はもちろん、女子中学生でも効果があると考えられます。女性は中学生頃から考え方が大人に近づいてきます。ぜひともモテる男子になれるよう頑張りましょう。

女性が喜ぶ誉め方 5位

ここからは女性が喜ぶ言葉、誉め方、褒め言葉などを効果的な順にランキング形式で話しを進めたいと思います。まずは、ランキングの5位ですが「褒め言葉はその場ですぐに伝える」ようにしましょう。女性は誰に褒められたいとも思わずに、周囲に気配りをします。男子はそんな気配りをしている女性を何度も目にしているはずです。しかし、そんな場面を見かけても、心の中で「偉いなぁ。」と呟くだけで終わっていませんか?

モテる男子は違います。モテる男子はそんな場面を見たら、すかさず「偉いですね。」と言葉にして、その女性に伝えます。女性は褒められようと思っていなかったので、急に褒め言葉が飛んできたことで最初は驚きの言葉として受けますが、次の瞬間には女性が喜ぶ言葉に変わります。

女性は褒められるような行動も、誰かに褒められようとしてやっているわけではないので、後で「あのときは偉いと思いました。」と伝えても女性からは「何のこと?」と思われてしまいます。褒める言葉が有効なのは一瞬なので、そのタイミングを逃さないのがモテる男子です。

女性が喜ぶ誉め方 4位

これができるのはモテる男子の素質を持っているかに関わりますが、「女性の小さな変化に気づく」ことがランキングの4位です。まだわかりやすいのは髪を切ったときです。わかりやすいと言っても女性が髪を切ることと、男子が髪を切る感覚は違います。男子は髪を切ったときは見た目の変化が大きいです。しかし、女性の場合は少しだけ切って、毛先を整える程度だったりすると、その変化は男子にはわかりにくいです。女性の目線であればすぐに気がつくのですが、不思議なものです。

他にもネイルであったり、新しい服であったり、メイクであったりと男子は気が付かないかもしれませんが女性からすると大きな変化でありますし、一生懸命頑張っているにも関わらず気が付かない男子なんてあり得ません。

しかし、モテる男子はそこに気が付くのです。さらに、上記で述べたように気が付いたらすぐにその場で褒めるのです。中には、女性がこれは気が付いてもらえなくてもしょうがないと思っているような小さいことでも、モテる男子は気が付くのです。そして、またその場で女性が喜ぶ言葉や褒め言葉をサラッと言ってしまうのです。

女性が喜ぶ誉め方 3位

この辺りからは難易度が上がります。ランキングの3位は「あえてコンプレックスを褒める」ことです。女性は何かしらコンプレックスを持っています。周囲から見ればチャームポイントとも思える部分を自分ではコンプレックスと思っている場合すらあります。コンプレックスは本人の気持ちの問題でもあるので、他人がどうのこうの思うことは関係ないのかもしれません。

しかし、周囲から見ればチャームポイントであることも場合によってはあります。身長が低いことをコンプレックスに思う女性がいても、小柄な女性が好みの男性もいます。逆に身長が高いことがコンプレックスの女性でも、モデルのようなスマートな女性が好みの男性もいます。

このように、コンプレックスはとらえ方でチャームポイントになります。モテる男子は女性のコンプレックスを、相手がうまく嫌に思わないように、「私はチャームポイントだと思う」というような内容を伝えます。その女性が喜んでくれれば、短所と思っていた部分が、いきなり長所に変わるので、これ以上の女性が喜ぶ言葉、褒め言葉はないでしょう。

ただ、うまく伝えないと単に女性のコンプレックスに触れるだけでなく、その女性が嫌な思いをしてしまいます。とても難しい誉め方なのです。

女性が喜ぶ誉め方 2位

これは女性の喜ぶ言葉をピンポイントで突かなければならない難易度の高い誉め方です。ランキングの2位は「女性の内面を具体的に褒める」ことです。ランキングの2位まできて、急に定番が出てきたと思った男子は考えが甘いです。

女性は確かに、「優しい」や「明るくて元気」などの褒め言葉を言われると嬉しくは思います。しかし、それでは一歩足りません。もう少し踏み込んで「あのときこんな行動取ってたね。あれは見ていてこう思ったから、あなたのことをすごく優しいと思った。」のように具体的に「何があって」、「どうなって」、「そう思ったのか」まで答えなければなりません。しかも、その女性が「そんなところ見ていてくれたのか」と喜ぶ場面でないといけないオマケ付きです。

よく、男性が女性を褒めようとして「優しい」と言うと「どのへんが?」と返されています。具体的な内容が返せなかったり、その女性が喜ぶ場面でないと、そっけなく「そんなことないよ」と一言であしらわれている場面を見かけますよね。

女性が喜ぶ誉め方 1位

女性が喜ぶ誉め方のランキング1位はストレートに「女性が自分自身で自信を持っている部分を褒める」ことです。結局、見た目を褒め言葉にすることがランキングのトップか、と思われそうですが、実はその通りです。女性は自信を持っている部分にはより良くするために努力をしています。

女性の自信を持っている部分を褒め言葉に持ってくるということは、その女性の努力を理解して魅力に気が付いていることを伝えているのです。しかし、女性のこだわりと努力は性別の違いから、どうしても男子には理解できない部分があります。その壁を乗り越えて褒め言葉にすることは男子にとっては高いハードルです。

女性が喜ぶ言葉は直接伝えるとは限らない

ここまでは女性を直接会っていることが前提で話しを進めてきましたが、今ではLINEなどのメッセージで会話をすることも多いです。特に中学生くらいがそろそろ大人の恋愛の駆け引きを始める段階で、「直接褒めることは恥ずかしいけど、LINEでなら何とか冗談っぽく伝えられるかも。」と思う男子中学生もいるかもしれません。

中学生から大人の駆け引きへ

上記で述べた、その答えはある意味、正しいです。やはり直接伝える誉め方とLINEなどもメッセージでの誉め方は少しニュアンスが変わってきます。ここからはLINEで伝える誉め言葉について話したいと思います。頑張って中学生恋愛から大人の恋愛に切り替えましょう。

女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(1)

直接会話をしている場合は、その場で褒める瞬発力が大事でしたが、LINEの場合は返信の内容を考える時間があるので、大事なのは会話の流れをコントロールすることです。会話のコントロールは大人でも難しいのですが、あまり不自然な流れで誉め言葉を出すと、LINEのやりとりの仕方が下手な人だと勘違いされてしまいます。

女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(2)

中学生にとって男女関係なく嬉しい言葉は「面白いね」ではないでしょうか?恋愛感情を持つ相手にいきなりハードルが高い言葉を送る前に、無難にこのくらいから練習しましょう。この言葉は相手が少しでも面白いことを言ってきたときであれば、いつでも使えるので気軽な言葉です。

気軽に使える割には相手喜んでくれるので、どんどん使いましょう。

女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(3)

中学生のときは「好き」という言葉は冗談でも言われると相手も意識してしまうので、次は冗談混じりで「そういうところ嫌いじゃない 笑」のように濁した伝え方をしてみて、恋愛相手の感情を観察してみましょう。ここからは恋愛の駆け引きになってくるので、少し大人の恋愛に近づいてきます。

メッセージのあとにスタンプなどで冗談さを強調しておきましょう。文字だけだと相手に重たくとらえられる可能性があります。

女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(4)

ここまできたらもう一歩踏み込んで様子を見てみましょう。上記では「嫌いではない」と濁した伝え方でしたが、今度は「好き」という言葉を入れてみましょう。中学生であればそろそろハードルは高めになってきています。しかし、この段階では本人に好きであることを伝えるわけではありません。

会話で流れを作って、「その考え方は好きだ」、「あのときの行動は好きだ」のように恋愛相手の言動などを褒めてみましょう。スタンプや絵文字はもういりません。直接本人を好きと言ったわけではないですが、中学生であれば好きという言葉に意識してしまうはずです。その意識したときの反応を観察してみましょう。

女性が喜ぶ言葉をLINEで送る(5)

ここまで来れたらもう大人の恋愛駆け引きと変わりありません。これまでのLINEで悪くない反応が返ってきていて、脈ありを感じているのであればストレートに「最近、可愛くなった」、「前の服は可愛かった」など、褒めてみましょう。直接は言いにくいこともLINEであれば、まだ伝えやすいです。

ここでも悪くない反応であれば、ここからはLINEではなく、次は直接行動でアプローチをかけるステップに進みましょう。

女性が喜ぶ言葉は伝えないと意味がない

女性には言われると喜べる言葉がいくつかあります。その嬉しい感情には大人も中学生も関係ありません。しかし、そんな言葉も女性に伝えなければ喜んでもらえません。本当に思ったことを伝えるだけで、何も悪いことは言ってないので、恋愛に奥手な草食系男子もどんどん女性が喜ぶ言葉を伝えましょう。

モテる人についてもっと気になるあなたはこちら!

清潔感のある男性になってモテる方法!【髪型・服装】
女を惚れさせる方法!これであなたもモテる男性に!
優しすぎる男はモテない?物足りない男!と女性が思った瞬間11選
モテる人の13の特徴と共通点とは?モテない人との違いはこれだ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ