パンツの線やショーツライン防止方法10選&おすすめのショーツ5選

パンツの線が目立って、恥ずかしい思いをしたことはありませんか?自分では後姿を見ることはなかなかないかもしれませんが、「もしかしたらパンツの線が透けているかも?」と不安になることも多いですよね。パンツの線やショーツライン防止方法、おすすめのショーツもご紹介します。

パンツの線やショーツライン防止方法10選&おすすめのショーツ5選のイメージ

目次

  1. パンツの線・ショーツラインは消せる?
  2. パンツの線・ショーツラインの防止方法10選!
  3. ショーツラインを消すおすすめのパンツ5選!アウターに響かないショーツを選ぼう!
  4. おすすめのショーツや防止方法を駆使してパンツの線を消そう!

パンツの線・ショーツラインは消せる?

パンツの線やショーツラインが気になる人もいるのではないでしょうか。ショーツラインは、パンツやスカートを履いた時に、パンツの線が目立ったり、パンツの色が透けてしまうことを言います。

後ろ姿を見ないと、パンツの線やショーツラインが目立っているか気づかないことも多いです。女性よりも男性の方が、実はお尻に目がいきやすいのです。意外と見ているものなんですよね。

パンツの線だけではなく、ショーツが食い込んで肉がはみ出てしまうこともあります。何とか防止する方法はないのか考えることもあるのではないでしょうか。パンツの線やショーツラインを消すためにはどうしたら良いか見ていきましょう。

基本的に柄物や濃い色はNG

ショーツに柄物や濃い色は、基本的NGです。柄物や色付きのショーツかわいいですよね。無地では物足りなく、かわいいショーツを選びたいものです。

しかし、柄物や濃い色のショーツを履いて、パンツやスカートを履くと、パンツの線だけではなく、ショーツの柄や色まで透けてしまいます。

ショーツの色よりも、濃い色のパンツやスカートを履くことで悩みは解消されますが、白など淡い色のパンツやスカートを履くと、より透け感が気になることでしょう。パンツの色も柄もわかってしまうので、恥ずかしいですよね。

白など淡い色のパンツやスカートを履く時は、ショーツも似たような色を選ぶと、気になることはありません。

Tバックでも完全には消せない

Tバックは、ショーツラインが出ないのでおすすめです。しかし、Tバックを履くことによって、ショーツラインはわかりませんが、お尻の肉が丸見えの状態のため、お尻のたるみや大きさなどが目立ってしまうことがあります。

Tバックなら消せるだろうと履く人も多いかもしれませんが、Tバックでも完全には消せないのです。

パンツの線・ショーツラインの防止方法10選!

パンツの線やショーツラインをできるだけ目立たないようにしたいですよね。どのようにしたら目立たないようにできるのでしょうか。パンツの線・ショーツラインの防止方法をご紹介します。

①きついパンツをはかない

きついパンツを履くと、お尻がキュッと上がって綺麗に見えますが、お尻の肉が食い込みやすいです。体重の増減が激しかったり、むくみが気になる人は、サイズも気にしながら選ぶと良いですね。

パンツのメーカーによっても、サイズや使用感など全く違うでしょう。デザイン重視だときつめのパンツが多かったり、逆に機能性を重視すると好みのパンツがあまりなかったりするかもしれません。

ショーツラインが気になる場合は、デザインよりも機能性を重視して選んでみてください。また、パンツを購入する時は、きついパンツを履かずに、少し余裕のあるパンツを履くと良いです。

②きついボトムスをはかない

きついボトムスは、パンツの線やショーツラインが目立ちやすいです。特に前かがみになったり、しゃがむと、余計に目立ってしまうので注意が必要です。固いジーンズ素材のものなら、パンツの線やショーツラインが目立ちません。

しかし、ジーンズでも柔らかい素材のものや、レギンスパンツはパンツの線やショーツラインがくっきり目立ちます。レギンスパンツは伸縮性もあり、動きやすさを重視しています。

履きやすくて良いですが、体にフィットする作りもあり、かがむと余計ラインが目立つため、注意が必要です。きついボトムスを履きたい場合は、トップスをお尻の隠れるものにすると目立たなくなって良いですね。

タイトスカートは、ピッタリしているので他のボトムス以上に、パンツの線やショーツラインが目立ってしまいます。タイトスカートは、体のラインを綺麗に見せてくれ、スタイル良く見えるスカートです。

しかし、フィット感が強すぎて、前かがみになったり、しゃがんだりしなくてもパンツの線やショーツラインが目立つのです。ですから、パンツの線やショーツラインが気になる場合は、タイトスカートは避けた方が良いでしょう。

③Tバックをはく

Tバックは、パンツの線やショーツラインが目立ちにくいです。Tバックを普段から履いている人なら問題なく履けるので、パンツの線やショーツラインを目立たなくするにはおすすめです。

しかし、Tバックを履いたことがない人にとっては、気持ち悪く感じてしまいます。どうしてもパンツの線やショーツラインが目立つのが気になるという人は、一度Tバックを履いて慣れてから、長時間履くようにした方が良いでしょう。

④濃い色のショーツをはかない

ショーツの色やデザインにはさまざまあり、濃い色のショーツも履いてみたいなと思うこともありますよね。濃い色のショーツは、パンツの色が透けて見えてしまいます。

ボトムスの色にもよりますが、白や淡い色のボトムスを履くと、パンツの色がわかるくらい透けるのです。男性は、女性のパンツの色が透けて見えていると、目のやり場に困ってしまうでしょう。

だからといって、「パンツの色透けてますよ」とは言えないのです。濃い色のショーツを履きたい時は、パンツの色よりもボトムスの方が濃い色を選ぶことが大切です。

⑤ガードルをはく

ガードルを履くことも、パンツの線やショーツラインを防止できます。ガードルを履くことで、お尻のラインを綺麗に見せるだけではなく、パンツの線やショーツラインも気にならなくなるでしょう。

ガードルでもパンツタイプのものは、普通のパンツ同様、線が目立ってしまいます。

しかし、太ももまであるようなガードルを履くことで、パンツの線やショーツラインはもちろんのこと、お尻をキュッと引き締めてくれる効果もあります。ベージュのガードルを履くと、どの色のボトムスにも防止できますよ。

◆ガードルについてはこちらもチェック!

ユニクロのガードルの効果や口コミは?【超優秀】

⑥デニールの高いストッキングをはく

デニールの高いストッキングを履くのも、パンツの線やショーツライン防止に繋がります。薄いストッキングでは、パンツの線やショーツラインがくっきり見えてしまいますが、できるだけデニールの高いストッキングを選びましょう。

デニールの高いストッキングを履くことで、厚みができるため、パンツの線やショーツラインが響きにくくなります。

スカートを履いている場合、足を綺麗に見せる目的で、中にストッキングを履くことも多いでしょう。

ボトムスの中にも履けますが、デニール数が高いと厚みもあるため、きつめのボトムスを履いている場合履けないこともあるかもしれません。少し余裕のあるボトムスを持っていれば履けるので、冬の寒い日に試してみるのも暖かくて良いのではないでしょうか。

⑦ショーツとストッキング一体型のものを使用する

ショーツとストッキングが一体化しているものが発売されています。一体型のものがあれば、ショーツを履かなくて良いという優れものです。

日本では一体型のものは見かけることが少ないかもしれません。ネットで購入できるものは、主にイタリア製のものが多いようですね。海外では、ショーツを履かずにこのストッキングを愛用するのが主流のようです。


一体型のものを履くと、肌も綺麗に見え、美脚を作ることができると評判です。パンツの線やショーツラインが響きにくいため、薄いボトムスでも、かがんだり、しゃがんだりしても目立ちにくいです。ショーツによっては、デザインのあるものやないものがあります。

ショーツとストッキング一体型のものがあると初めて知った人もいるのではないでしょうか。興味があったら、購入してみてくださいね。

⑧ヘム仕様のショーツとパンティストッキングをはく

パンツの線やショーツラインが目立つというのは、やはり縫い目の部分があるから目立つという場合もあります。ヘム仕様とは、折り返し縫いがないタイプで、縫い目がなく、パンツの線やショーツラインを目立たなくすることができます。

同じヘム仕様のパンティストッキングもあるようなので、一緒に履くことで、更なる効果を得ることができるでしょう。パンツの線やショーツラインが気になる人は、W効果で防止がより期待できます。

⑨リボンやレースが付いているものをはかない

パンツの線やショーツラインを目立たなくするためには、リボンやレースが付いているものは履かないことです。リボンやレースが付いているものは、女の子らしくてかわいいですよね。やはり、下着はかわいいものを履きたいと思うものです。

しかし、リボンやレースが付いているものは、凹凸面が多いため、ぴったりしたボトムスではくっきりラインが見えてしまいます。パンツの線やショーツラインを目立たなくするには、何もついていないショーツを選ぶことが大切です。

⑩パンツスーツの場合にはストッキングをはく

仕事でパンツスーツを履くことがある人もいるでしょう。パンツスーツは、素材がサラサラして柔らかいため、パンツの線やショーツラインがくっきり見えてしまいます。パンツスーツ着用時に履くストッキングには、膝丈のストッキングもあります。

しかし、ストッキングを履くなら、お尻まであるストッキングを履くことで、パンツの線やショーツラインを目立ちにくくすることができるでしょう。程よく引き締めてくれるストッキングもあるので、お尻のラインも綺麗に見せることができます。

ショーツラインを消すおすすめのパンツ5選!アウターに響かないショーツを選ぼう!

ショーツラインを消すためには、パンツ選びが重要です。できるだけアウターに響かないショーツを選びたいですよね。ショーツラインを消すおすすめのパンツをご紹介します。

ショーツラインを消すおすすめのパンツ1.ユニクロ ウルトラシームレスショーツ

パンツの線やショーツラインが目立つのは、縫い目があったり、凹凸面があるからです。このユニクロウルトラシームレスショーツは、生地端の縫い目が全くなく、切りっぱなしの状態になっています。アウターに響くことなく、快適に過ごすことができるでしょう。

ユニクロウルトラシームレスショーツは、薄い素材でシルクのようになめらかな手触りです。ブラとのセットアップも可能なようなので、ブラの線が見えるのが気になる人は、セットで使用してみてはいかがでしょうか。

ショーツラインを消すおすすめのパンツ2.ワコール SUHADA


【エントリーでP5倍! 2/9 20:00〜2/16 1:59まで】25%OFF ワコール SUHADA ONE スハダワン スタンダードショーツ コーディネイトショーツ M・Lサイズ PRA101

ワコールは下着ブランドで有名です。ワコールから出ているSUHADAは、ハイレグになっているショーツです。花とレースがついていて、いろいろなデザインも揃っていてかわいいですね。

柔らかく伸びる素材で履き心地も良く、アウターに響きづらいです。SUHADAという名の通り、素肌感覚でつけられるショーツです。ブラとセットで購入すると、オシャレで女子力もアップです。

ショーツラインを消すおすすめのパンツ3.トリンプ sloggi


【お買い物マラソン・50%OFF】【メール便(13)】 (トリンプ)Triumph スロギー ムーブ sloggi mOve【Briefs ブリーフ】ヒップスター レギュラー ショーツ 単品 レディース [ ひびきにくい ひびかない シームレス ] tri-sln

トリンプ sloggiは、生地端が切りっぱなしで縫い目ゼロのショーツです。丈は浅めのヒップハンガータイプになっています。普段深めのショーツを愛用していて、浅めのショーツが慣れていない人は、履きづらく感じることもあるかもしれません。

マチも入っていないため、アウターに響きにくい構造になっています。肌ざわりも良く、色も豊富でかわいいです。いろいろな色を揃えて、気分によってショーツを楽しみたいですね。

ショーツラインを消すおすすめのパンツ4.エメフィール ノーライン プレーンショーツ


ショーツ 女性 ユニカラーフラワー ノーライン プレーン(下着 シームレスショーツ パンティ パンツ かわいい 響かない レース パンティー シンプル 花柄 ショーツ ひびかない レースショーツ 可愛い)【メール便(ネコポス)可】

エメフィールといえば、かわいいデザインの下着が豊富にあるので有名ですよね。エメフィール ノーライン プレーンショーツは、花柄でレースもついているので、女性らしさもあり、オシャレなショーツです。

レースが付いているものは凹凸面があるため、アウターに響きやすいのですが、エメフィール ノーライン プレーンショーツは伸縮性のある生地で、フィット感も抜群です。ボトムスにも響きにくく、快適に過ごせます。

ショーツラインを消すおすすめのパンツ5.グンゼシームレスショーツ


送料無料5枚セット Tuche トゥシェ 完全無縫製 縫い目0 ゼロ ハーフショーツ グンゼ GUNZE 日本製 パンツ|レディースインナー ショーツ ひびかない 響かない 切りっぱなし レディース 下着 まとめ買い 女性 無縫製 シームレス インナー パンティー セット レディースショーツ

グンゼシームレスショーツは、縫い目が全くなく、アウターに響きにくいです。ショーツを選ぶ時に、お尻の肉が食い込むのが気になるという人もいるのではないでしょうか。

グンゼシームレスショーツは、はきこみ口も深めで、お尻をしっかりと包み込み、フィット感も抜群です。まるで何もつけていないような履き心地で、パンツの線やショーツラインが気になる人にはおすすめの商品です。

カラーも豊富で、無地は落ち着いた色のショーツが多いです。花柄のデザインは、カラフルでかわいいですね。

おすすめのショーツや防止方法を駆使してパンツの線を消そう!

パンツの線やショーツラインが移るのを気にしている人もいるでしょう。意外と周りは見ているものです。ショーツの構造上、線が出てしまうのは仕方がないことですが、ショーツやボトムスの素材や色を変えることで、対策することができます。

オシャレなショーツを履きたいのに、移るのを気にして履けない人もいるかもしれません。アウターに響かないオシャレなショーツも売っているので、購入時にはデザインや機能性などに注目して、見てみると良いでしょう。

パンツの線やショーツラインを完全に消すということは難しいですが、防止することは可能です。できるだけ移らないようにしたいものですね。おすすめのショーツや防止方法を駆使して、パンツの線を消しましょう!

もっとボトムスについて知りたい方はこちらへ!

大人のデニムパンツコーデ31選!デザイン・カラーのトレンドは?
ワイドパンツ着こなし27選!アイテム選びのコツや季節別コーデ紹介!
ロングスカートコーデ集【冬】アウターなどアイテムとの合わせ方も!
着回し抜群!オフィスカジュアルに最適スカート&コーデ15選

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ