【凛】と【凜】の意味・由来を知って名前に取り入れよう|子供の名づけをお助け!

「凛」、または「凜」という漢字は人名としてよく使われている漢字として知られていますが、その意味や由来は何なのでしょうか?今回は、「凛」「凜」の漢字の意味や由来、そして人名に使った際のイメージや、実際に人名への組み合わせ例についてご覧ください。

【凛】と【凜】の意味・由来を知って名前に取り入れよう|子供の名づけをお助け!のイメージ

目次

  1. 【凛】と【凜】について
  2. 【凛】・【凜】に込められる想いとは
  3. 【凛】・【凜】の組み合わせ名前5選|男の子
  4. 【凛】・【凜】の組み合わせ名前5選|女の子
  5. 【凛】・【凜】がつく有名人
  6. きりっとした【凛】・【凜】を名前に入れよう!

【凛】と【凜】について

近年名前として使われることが多い漢字として、「凛」「凜」のふたつが挙げられます。元々は女の子の名前としては比較的一般的だった漢字ですが、実は近年では男の子の名前としても人気が出てきています。

今回は、「凛」「凜」の意味や由来、そして実際の「凛」「凜」の人名への使用例についてご紹介していきます。

読み方

「凛」「凜」の読みは共通しており、どちらも「りん」と読まれ、これ単体で名前として使われることも多いですが、近年では他の漢字と組み合わせることも多く、その場合、名前の響きを優先して「り」と読む場合もあります。

実は漢字としては「寒い」「厳しい」という意味もあり、その意味から人名では使われることはほとんどありませんが、訓読み「さむ(い)」というのも存在します。

画数

「凛」「凜」は、どちらも画数は15画です。名前をつける上で、画数についても重要ですよね。15画は、字画数としては吉、比較的良い字画数だと言えます。

15画は穏やかで協調性のある人物が多く、人付き合いが上手いので、周囲の人々をまとめ上げるリーダーに向いた人格の方が多いです。その優れた人格から、心優しい人、平和主義な人、という印象を持たれる方も多いです。

ただ、その心優しさが合間って、気弱で引っ込み思案な方が多い字画でもあります。

由来

「凛」「凜」の由来は、「りん」という読みを表す「禀」という漢字に対して、氷や冷たいものを表す「冫(にすい)」が付けられることで誕生しました。

冷たい、さむいという意味合いから転じて、近年では物理的な冷たさだけでなく、心身が引き締まる、キリッとした、という場面で使われることも多いです。

意味

その由来どおり、「凛」「凜」の意味は「さむい・冷たい」の他に、「心身が引き締まる」という意味もあります。特に小説などを読んでみると、その登場人物を表す言葉として「凛とした」「凛々しい」という言葉が使われますよね。

その言葉どおり、キリッとした、引き締まった心身を持つ人を表現する上で「凛」「凜」という言葉を使うことが多いです。

違い

これまで、「凛」「凜」と2種類の漢字についてご紹介してきましたが、この2つの漢字にはどのような違いがあるのでしょうか。画数も同じとなると、人名で使う上ではどちらを使って良いのか迷ってしまう方が多いです。

実は、現在では「凛」「凜」、どちらも同じで使われています。どちらも冬の寒さや心身の厳しさを表す言葉ですが、現在国語辞典的な分類では、「凛」が俗字、「凜」が正字として分類されています。

正字というのは公用語として採用されている漢字、俗字が一般的に広く使われ昔から存在している漢字です。ただ、この正字と俗字の分類は常用漢字との分類とは異なり、現在では新字体は「凛」、旧字体は「凜」としての認識が最も強いです。

人名の場合はどちらの漢字を使っても良いですが、近年ではパソコンを使用して文字入力をする方も多いです。パソコンなどで入力してみると、まず新字体である「凛」が出ることが多く、入力の簡単さから「凛」を使う方が多いです。

イメージ

「凛」「凜」のイメージは、「凛とした」「凛々しい」という言葉どおり、キリッとした、神経が研ぎ澄まされた冷静で知性溢れる人物をイメージする方が多いです。また、本来の「凛」「凜」の意味である「さむい」から、寒い、冬、というイメージを持つ方もいます。

特に女性に使われることが多い理由は「りん」という響きの可愛らしさにもあります。女の子らしい、可愛い響きの名前は呼ばれる時はもちろん、名乗るときも可愛らしく、素敵な印象になりますよね。

【凛】・【凜】に込められる想いとは

それでは、「凛」「凜」という漢字を名付けることには、どのような願いや想いを込めることができるのでしょうか?ここで、「凛」「凜」に込められる想いについてご紹介していきます。

まっすぐと芯の通った上品で気品のある人になってほしい

「凛とした」という言葉の通り、まっすぐと、芯の通った綺麗な人になってほしい、という気持ちが込められています。上品で気品溢れる人物は、他人から見てもとても素敵で魅力的な人物ですよね。

透き通った心の綺麗な人になってほしい

また、冬や寒さを印象付ける「凛」「凜」は、冬の澄み渡った綺麗な空気のように、透き通った綺麗な心の持ち主になってほしい、という意味で込められることも多いです。

知性溢れる聡明な人になってほしい

冷たい、寒いとそのままの意味で捉えると名前としては不向きなように見えますが、冷たい、という意味から転じて人名では「冷静」という意味で捉えることが多いです。そこから冷静沈着な人、賢く聡明な人になってほしいと考えて「凛」「凜」を名前に入れる方も多いです。

特に賢い人になってほしいと考えている方にも人気が高い漢字ですね。

【凛】・【凜】の組み合わせ名前5選|男の子

それでは、ここで「凛」「凜」という漢字を使った男の子の名前についてご紹介していきます。

・凛太郎(リンタロウ)28画:賢く、心優しい人になってほしい
・凛之介(リンノスケ)22画:優しく、古風でかっこいい人になってほしい
・凛人(リヒト)17画:キリッとした、人を思いやれる人になってほしい
・勇凛(ユウリ)24画:賢く、勇ましい人になってほしい
・凛翔(リト)27画:健やかに賢く育ち、大きく羽ばたいてほしい

【凛】・【凜】の組み合わせ名前5選|女の子

ここで「凛」「凜」という漢字を使った女の子の名前についてもご紹介していきます。

・凛花(リンカ)25画:花のように美しく、聡明な人になってほしい
・美凛(ミリ)24画:見た目も中身も美しい女性になってほしい
・咲凛(サリ)24画:聡明ながら朗らかで愛される女性になってほしい
・凛乃(リノ)17画:上品で美しいながら、慎まやかな心も持つ人になってほしい
・莉凛(リリ)25画:美しく、思いやりがあり人に好かれる人になってほしい

【凛】・【凜】がつく有名人

以上のように、「凛」「凜」は男性女性問わず人名に使われる人気の感じとして知られており、芸能人や有名人の名前としても多く使われています。ここで、「凛」「凜」の付く芸能人・有名人の名前についてご紹介していきます。

・本田真凜(フィギュアスケート)
・伊原凛(キャスター)
・大谷凛香(モデル)
・木幡花凛(タレント)
・石井凛太朗(タレント)

以上のように、「凛」「凜」を使った人名は多く、単体で「凛」を使うものはもちろん、他の感じと組み合わせる方も多く、特にフィギュアスケートの本田真凛さんは有名ですよね。「マリン」という響きから海をイメージさせ、女性名としても人気です。

特に近年では国際化も進んでおり、海外でも馴染みやすい名前の人気が高まっており、それら海外の人名とも馴染みやすいことでも、「凛」「凜」という漢字は人気が高いです。

きりっとした【凛】・【凜】を名前に入れよう!

今回は「凛」「凜」の意味や由来、そして「凛」「凜」を使った名前の種類についてもご紹介してきました。近年特に男性女性ともに人気の高い人名漢字として支持されている「凛」「凜」。これから生まれてくる赤ちゃんのために名前を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

生まれてくる子に素敵な名前を付けてあげたい!

【赤ちゃんの名前】名付け本ランキング2019!漢字選びにも役立つ◎
【女の子】海外でも通じる名前25選!外国語で意味のある名前も◎
【7~8月】夏生まれの女の子につけたい「夏らしい」名前120選♡
モテる名前ランキング!誕生日や趣味などモテる人に多い特徴って?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ