お月見2017年はいつ?十五夜の意味・由来や楽しみ方を解説!

日本古来の風習でもあるお月見ですが、若い世代にはあまり馴染みのないものになってきましたね。たまには風流なお月見を頼むのも素敵です。お月見とはいつを指すのでしょう。いつどこで何をどうすればいいかわからない方のために徹底解説いたします。

お月見2017年はいつ?十五夜の意味・由来や楽しみ方を解説!のイメージ

目次

  1. お月見とは
  2. 2017年のお月見はいつすればいい?
  3. お月見をする意味とは
  4. お月見をいつどこで楽しむ?
  5. お月見の日は毎年異なる
  6. お月見で言う十五夜って満月?
  7. 中秋の名月とは
  8. お月見団子を飾ろう
  9. お月見に団子を手作りしてみよう
  10. お月見団子の飾り方
  11. お月見デートはいつがいい?
  12. 【おわりに】お月見でのうさぎの由来と伝説

お月見とは

お月見というと、思い浮かべるのは満月、すすき、月見団子にうさぎのもちつきでしょうか。ざっくりとしたイメージしか持っていないという方のほうが多いことでしょう。日本古来の風習ではありますが、実際にご家庭でお月見を楽しむことは少なくなっていますね。しかし、せっかく素敵で風流な風習を絶やすのはもったいないです。

日本古来の風習ではありますが、いったいいつから行われるようになったのでしょう。
歴史は古く、由来としては平安時代からお月見の風習があったとされています。空気の澄んだ秋、美しい月を眺める宴として浸透し、江戸時代になると収穫祭として更に広く民に浸透していったと言われています。

■関連記事:意外と知らない、イベントの由来や意味。こちらもチェック!

ハロウィンとは?意味や由来は?仮装・かぼちゃの起源はなに?

2017年のお月見はいつすればいい?

いざお月見をしようとしても、いつすればいいかわからないという方。2017年の中秋の名月は10月4日になります。何月かもわからなかった方も、せめて何月何日なのかわかれば今から準備ができますね。
中秋の名月というのは、俗にいう十五夜の事です。十三夜、十日夜というものもありますが、一般的に十五夜にお月見を楽しみますよね。2017年はそれぞれの楽しみ方で由来や意味を思い浮かべながらお月見を楽しみましょう。

十五夜が近づくと、お店はうさぎのグッズが並び始めます。何月くらいから並び始めるかは店によりますが、9月に入るとたくさん並びますよね。そして月でうさぎが餅つきをしている様子のものが多いですね。穏やかであたたかいグッズが多く、それらはお月見をグッと引き立ててくれます。家でお月見というのも、大人のデートには最適です。是非試してみてはいかがでしょう。

お月見をする意味とは

江戸時代から収穫祭として行われてきたことは冒頭で話しましたが、ちょっと掘り下げてみましょう。
月の満ち欠けは、人々の暮らしに大きく関わってきました。月が満ちることと生命を繋げて考え、満月には祖先を敬う風習ができたのです。そして収穫物に対しても、無事収穫ができたことを祖先に報告し、祖先に対し生きていることの感謝を述べたとされています。

お月見をいつどこで楽しむ?

いつどこで誰と楽しむか

お子さんがいるご家庭では、是非お月見を一年のイベントに組み込んでほしいものです。何月であってもイベントは何かしらあるものですが、子供の頃から日本の風習に触れあえることはとても幸せなことです。デジタル社会化し、日本古来のものや風習が薄れてきている時代だからこそ、それを残すのは大人の手にかかっています。お月見は次世代に残してあげたい風習ですので、2017年は子どもたちと共にお月見を楽しんでみてください。

子どもたちとのお月見は、楽しみ方がたくさんありますね。縁側や窓辺に月見団子を飾るだけでもお月見気分になりますし、すすきを採りに行くことも楽しみ方のひとつでしょう。うさぎの絵を描いたり、部屋に飾りを作ってみたり、楽しみ方はたくさんあります。月見団子をお子さんと一緒に作ってみるのも楽しみ方のひとつですね。お月見が済んでも、何月になっても記憶に残るのではないでしょうか。

それぞれの家庭でできる範囲の楽しみ方でやれば、きっと2017年以降も毎年お子さんはお月見を楽しみにしてくれるはずです。お月見をただ月を眺めるだけのイベントにせず、楽しみ方を探してみんなで楽しめるようにすれば、きっとお子さんが大人になってもお月見を楽しんでくれるはずですね。

このように、感謝の気持ちと祈りの心がお月見の由来となっています。意味と由来を知れば、より一層お月見を身近に感じられるのではないでしょうか。
月は古来よりいろいろな言い伝えがあります。それだけ人々は月を神聖なものとしてきたわけですね。風流の代名詞ともいえる月も、意味や由来を知ったほうが神秘的で美しく見えてくるものですよね。

お月見の日は毎年異なる

いつが十五夜なのか知っておこう

2017年の十五夜は10月4日ですが、毎年10月4日なわけではありません。十五夜は毎年日付が異なります。一日二日ずれるというのではないので、今年はいつなのかと毎年チェックが必要です。
2017年…10月4日
2018年…9月24日
2019年…9月13日
このように、時期的には幅があります。何月にあるかだけでも覚えておくといいですね。

お月見で言う十五夜って満月?

十五夜をイメージすると満月を思い浮かべますよね。しかし、いつもいつも十五夜が満月なのかと言われると答えに詰まってしまうのではないでしょうか。
新月から満月になるまでの日数には幅があり、14日~16日となっています。よって、十五夜に当たる日がいつもいつも満月であるとは限らないのです。せっかく十五夜にお月見をするなら満月であってほしいですが、こればかりはどうしようもないですね。

中秋の名月とは

いつに当たるのか詳しく知りたい

現代において秋というといつ頃を思い浮かべるでしょう。旧暦では7月~9月が秋とされています。今でしたら夏真っ盛りの時期ですね。「中秋」はその真ん中の8月15日をさします。ですから、中秋の名月がいつかというと8月15日の月ということになるのです。
ちなみに「中秋」ではなく「仲秋」と書く場合もあります。字の通り、仲秋とは7月~9月の真ん中である8月そのものをさします。
よって、十五夜では中秋の名月と書くことが一般的となっています。

お月見団子を飾ろう

お月見団子はいつ用意する?

お月見に欠かせないのがお団子ですよね。生ものですから、何日も置いておくわけにはいきませんね。お月見の夜までに準備しておき、飾ったらみんなで食べながら月を眺めるのが最も良いでしょう。お月見用のお団子は、簡単に手作りできますから、2017年はお団子も手作りしてみませんか?

お月見に団子を手作りしてみよう

お団子の形は、4.5㎝の丸い形が縁起がよいのですが、これにも意味があります。十五夜ということで十五にちなみ一寸五分=4.5㎝になるわけです。
丸の形も、真ん丸というわけではなく、少し潰し気味に作るのが習わしとなっています。真ん丸は死者の枕に通じるものがあって縁起が悪いという由来がありますので、作る際は念頭に置いておきましょう。

十五夜にお供えするお団子は、その数通り15個です。
3段重ねにしていくので、1段目には9個、2段目には4個、3段目には2個重ねていきます。これで、イメージする月見団子の完成となります。お月見といえばこれ、という月見団子でお月見を華やかにしましょう。

お月見団子の飾り方

いつどこに飾ればいい?

まず器についてですが、三方と呼ばれる柏木で出来たものの上に十五夜の夜に飾るのがよいのですが、三方が無いお宅の方が多いでしょう。その際には半紙などの白い紙をお皿の上に敷き、その上にお団子を乗せてお供えしましょう。正式なスタイルをとらなくても、お供えする気持ちが大事ですので、かたちにとらわれ過ぎず楽しむのがいいのではないでしょうか。

お供えする場所ですが、床の間か、もしくは月の見える場所にお供えしましょう。せっかく月を見て楽しむイベントなのですから、そばに置いておきたいですよね。月を見ながら、傍らにお団子が供えてあるという感じのイメージです。
並べ方にも古来から伝わるものがあります。お供えした時に、月から見て右に月見団子を、左にススキや野菜などを置くのが良いとされています。位置として左側が上位とされているので、左側には自然界のもの、右側には人工的なものを置くという意味があります。

お月見デートはいつがいい?

最適なのはいつ?

大人のデートなら、十五夜のような和のイベントに風情を持ちたいものです。オシャレなレストランを予約するよりも、十五夜の夜らしく和食の美味しいお店を選ぶのが大人のデートらしいですよね。普段めったに食べる機会のない懐石料理や、自宅での大人のデートならば人気の甘味などを用意するのが風情もあっていいのではないでしょうか。

楽しい場所ではしゃぐのもいいですが、和のイベントのときは、大人のデートは大人のデートらしくしっとり落ち着いた雰囲気が好ましいです。普段見受けられない相手の意外な一面を見ることが出来るかもしれませんよ。
そして、お月見の意味や由来、十五夜の意味や由来など、普段では話さないような内容の話題も大人のデートならではです。
2017年は大人のデートを楽しんでみましょう。

【おわりに】お月見でのうさぎの由来と伝説

子供の頃、月にはうさぎがいると絵本で呼んだことはないでしょうか。月に見える影がまるでうさぎが餅つきをしているように見えることから、月にはうさぎがいるということになったわけですが、さすがにある程度成長するとただの物語だとわかってしまいます。
でも、お月見のうさぎには、ひとつの伝説があるのです。

昔、食べ物を乞う老人のために、うさぎときつねとさるは食べ物を探しに行きました。
さるは山で木の実を、きつねは川でさかなをとってきましたが、うさぎはどんなに探しても食べ物を見つけることができませんでした。
そしてうさぎは、「わたしを食べてください」と、我が身を火に投じたのでした。
その老人の正体は帝釈天という神様で、うさぎを哀れに思い、うさぎを月に蘇らせたのでした。

切ない伝説ですが、十五夜の夜に月を見上げたら、うさぎの姿をさがしてみてはどうでしょう。何月にお月見するのかもわからなかった方でも、少しは興味をもたれたでしょうか。これからは、何月何日が十五夜だよ、と答えられるといいですね。

もっとイベントについて知りたいあなたへ!

ハロウィンは日本ではいつ?2017年は何月何日?
記念日デートのおすすめデートプラン・スポット35選教えます!
好きな人の誕生日にすべきこと13選!片思いから両想いに!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ