生きている意味が分からない時元気になる方法9選!

生きている意味が分からない時元気になる方法9選!

生きている意味が分からない。そういう時ってありますよね。気分がうつっぽくなって、自分は天涯孤独で誰も助けてくれないような気持になってしまいます。そういう生きている意味が分からない時に元気になる方法についてこの記事ではお伝えしたいと思います。

記事の目次

  1. 1.生きている意味が分からない時もありますよね…
  2. 2.どうして生きている意味が分からないなんてことが?
  3. 3.【生きている意味が分からない時とは?①】挫折した時
  4. 4.【生きている意味が分からない時とは?②】未来への不安
  5. 5.【生きている意味が分からない時とは?③】過去への後悔
  6. 6.【生きている意味が分からない時とは?④】絶望した時
  7. 7.【生きている意味が分からない時とは?⑤】単調な毎日に飽きた
  8. 8.【生きている意味が分からない時とは?⑥】人間関係の挫折
  9. 9.【生きている意味が分からない時とは?⑦】年齢的なものも
  10. 10.生きている意味が分からない時に元気を出すには?
  11. 11.【生きている意味が分からない時には!①】人のために!
  12. 12.【生きている意味が分からない時には!②】あなたの使命は?
  13. 13.【生きている意味が分からない時には!③】大丈夫を口癖に!
  14. 14.【生きている意味が分からない時には!④】前向きな人に会う
  15. 15.【生きている意味が分からない時には!⑤】人生の目的を考える
  16. 16.【生きている意味が分からない時には!⑥】好きなことをする
  17. 17.【生きている意味が分からない時には!⑦】環境を変える
  18. 18.【生きている意味が分からない時には!⑧】チャレンジする
  19. 19.【生きている意味が分からない時には!⑨】今だけを生きる
  20. 20.あなたがいま生きている、これこそが本当に尊いのです!!

生きている意味が分からなくなってしまう原因の3つ目には、過去への深い後悔があります。

誰でも、ある程度、長い時間を生きていると、過去に失敗したことがいくつかあるものですよね。

過去の失敗も笑い飛ばせるものならいいのですが、いつまでも心に残り続けて、気持ちを締め付ける後悔もあるものです。

自分が損をしたり、みんなの笑いものになってしまったような後悔ならまだいいかもしれませんが、高校生や大学生という人生で一番多感な時期に、人を深く傷つけてしまったようなことがあると、それが忘れようにも忘れられずに、心を苦しめ続けるものです。

一度は忘れたと思って、就職して仕事をしていたら、思いがけずにその時の相手と再会するようなこともあり、途端に心が苦しくなってしまう人もいます。

そんな時に相談できる相手もいないと、自分が天涯孤独になってしまったような気持になって、生きている意味が分からない、ということにもなってしまうのです。

でもそんな後悔ばかりの過去だっていいじゃないかと思えるような名言を一つ!

ムダな過去など何ひとつない。過去をムダにしておるだけじゃ

【生きている意味が分からない時とは?④】絶望した時

生きている意味が分からなくなってしまう原因の4つ目には、何らかの出来事によって、深く心が絶望してしまったことが挙げられます。

生きていると、高校生の大学受験でも、大学生の就職活動でも、就職してからの仕事でも、恋愛でも、どこかで必ず上手くいかない壁にぶつかってしまい、深い絶望を感じる経験というのは誰でもするものですよね。

そういった辛い絶望の淵に立たされてしまうような出来事というのは、誰でも経験することがあって、必ず頑張れば乗り越えることができることが多いのですが、高校生や大学生くらいの若い人にとっては、人生の全てが終わってしまったと感じるような、出来事になってしまうこともあります。

そんな時に相談に乗って支えてくれる人が周りにいればいいのですが、そういう人がいないと、天涯孤独になったような感じがしてしまい、生きている意味が分からなくなってしまう人もいるものです。

でもどんな絶望にも必ず何か希望はあると感じさせてくれる名言を一つ!

オレは絶望していた。でも、その絶望の先にあるものを見付けたんだ…

【生きている意味が分からない時とは?⑤】単調な毎日に飽きた

生きている意味が分からなくなってしまう原因の5つ目には、単調な毎日に飽きてしまった、ということも考えられます。

深い絶望をしたり、とんでもない後悔にさいなまれるようなドラマチックな出来事があったわけでもなく、ただ淡々と平和な毎日が過ぎていくだけなのに、なぜか生きている意味が分からない、と言い始めた人がいたら、その人の毎日の生活が単調すぎるのではないか、疑ってみた方がいいでしょう。

人間の脳というのは、絶えず新しい刺激を求めています。

特に高校生や大学生くらいの若い人にとっては、毎日がちょっと刺激的な方がいいくらいかもしれません。

それなのに毎日同じことをしていると、どうしても脳が飽きを感じてしまいます。

飽きているのを感じながらも、それをだましだまし続けていると、最後には生きている意味が分からなくなってしまい、生活に対する意欲までなくなってしまうものです。

毎日同じ仕事をしなくてはいけない人も多い事でしょうが、休日や仕事終わりには天涯孤独やうつっぽい気分を感じる必要がないような気分転換も大切ですよね!!

単調な毎日を変える名言を一つ!

単調な言葉を使っていれば、単調な毎日になる。しかし、楽しい言葉を使うようにすれば、楽しい日々を送ることができる。

■関連記事:毎日がつまらないと感じている方はこちらもチェック!

毎日がつまらない人へ!憂鬱な人生を楽しく変える方法9選! | Lovely[ラブリー]のイメージ
毎日がつまらない人へ!憂鬱な人生を楽しく変える方法9選! | Lovely[ラブリー]
窓の外からまるでフィルターがかかったように毎日の生活をつまらないと感じる人は周りの楽しそうな顔を見ていると自分だけ取り残されたような気持になりますよね。しかし、毎日がつまらないと感じている人は意外と多いため、憂鬱な人生を変える方法をご紹介します。

【生きている意味が分からない時とは?⑥】人間関係の挫折

生きている意味が分からなくなってしまう原因の6つ目には、人間関係で大きな挫折を経験することも挙げられます。

特にとても信頼していた人に裏切られるような経験をしてしまうと、本当に誰も信じることができなくなってしまって、相談することも支えてもらうこともできずに、天涯孤独になったような気分になってしまうこともあります。

仕事や恋愛などで、信頼していた取引先や友人に裏切られてしまう、ということも生きていればあるでしょう。

しかし、オカルトやスピリチュアルっぽい考え方をすれば、この世は因果応報で出来ています。

あなたを裏切って良い思いをした人には、やがて巡り巡ってあなたの苦しみ以上のモノが与えられる、そう思って乗り切るしかありませんよね。

そんな人たちのために鬱みたいな心の病気になるのって、正直バカらしくありませんか?

人間関係で落ち込んだ時に元気が出る名言を一つ!

次のページ

【生きている意味が分からない時とは?⑦】年齢的なものも

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely