生きている意味が分からない時元気になる方法9選!

生きている意味が分からない時元気になる方法9選!

生きている意味が分からない。そういう時ってありますよね。気分がうつっぽくなって、自分は天涯孤独で誰も助けてくれないような気持になってしまいます。そういう生きている意味が分からない時に元気になる方法についてこの記事ではお伝えしたいと思います。

記事の目次

  1. 1.生きている意味が分からない時もありますよね…
  2. 2.どうして生きている意味が分からないなんてことが?
  3. 3.【生きている意味が分からない時とは?①】挫折した時
  4. 4.【生きている意味が分からない時とは?②】未来への不安
  5. 5.【生きている意味が分からない時とは?③】過去への後悔
  6. 6.【生きている意味が分からない時とは?④】絶望した時
  7. 7.【生きている意味が分からない時とは?⑤】単調な毎日に飽きた
  8. 8.【生きている意味が分からない時とは?⑥】人間関係の挫折
  9. 9.【生きている意味が分からない時とは?⑦】年齢的なものも
  10. 10.生きている意味が分からない時に元気を出すには?
  11. 11.【生きている意味が分からない時には!①】人のために!
  12. 12.【生きている意味が分からない時には!②】あなたの使命は?
  13. 13.【生きている意味が分からない時には!③】大丈夫を口癖に!
  14. 14.【生きている意味が分からない時には!④】前向きな人に会う
  15. 15.【生きている意味が分からない時には!⑤】人生の目的を考える
  16. 16.【生きている意味が分からない時には!⑥】好きなことをする
  17. 17.【生きている意味が分からない時には!⑦】環境を変える
  18. 18.【生きている意味が分からない時には!⑧】チャレンジする
  19. 19.【生きている意味が分からない時には!⑨】今だけを生きる
  20. 20.あなたがいま生きている、これこそが本当に尊いのです!!

友達に好かれようなどと思わず、
友達から孤立してもいいと腹をきめて、
自分を貫いていけば、
本当の意味でみんなに喜ばれる人間になれる。

【生きている意味が分からない時とは?⑦】年齢的なものも

生きている意味が分からなくなってしまう原因の7つ目には、年齢的なものもあります。

中学生から、高校生の思春期、就職に向けて世界が広がっていく大学生くらいの多感な若者の中には、いろいろなことを感じて考えすぎてしまって、自分の生きている意味が分からなくなってしまう人も出てきてしまいます。

またその若い時期の心の危機を乗り越えたとしても、40代から50代になると、再び心の危機がやってきて、うつ病などの心の病気になり、生きている意味が分からないことに悩む人が出てきてしまいます。

どちらの年代も共通しているのが、社会的な位置づけが大きく変わる年代だということと、身体と心の大きな変化がやってくる年代だということです。

中学生から高校生、大学生というのは、大人に守られていた子供から自分自身が社会的な責任ある大人へと成長しなくてはいけない時期になります。

また身体も子供の身体から大人の身体へと大きく変化する時期です。

40代から50代というのも、更年期があり、青年の身体から中高年の身体へと大きく身体が変化する時期に加えて、子供の自立や会社での地位が上がるなどの変化が出てくる時期です。

この年代には心の危機が訪れやすいことは頭に入れておけば、周りの人達も対処がしやすいのではないでしょうか。

思春期の子供たちに元気が出ると話題の名言はこちら!

運命が明日なにを決定するかを問うな。瞬間こそ我々のものである。さあ、瞬間を味わおうではないか!

生きている意味が分からない時に元気を出すには?

ここまで生きている意味が分からなくなってしまう原因についていろいろと見てきました。

最近、ちょっと落ち込みが激しい人が仕事仲間などで周りにいたら、何か思い当たる原因はあったでしょうか?!

生きている意味が分からないと感じるほど、酷く落ち込んでしまっている時に、鬱などの病気が考えられる場合には、ちゃんと病院へ連れて行って、正しい診断や治療を受ける必要がありますよね。

でもうつ等の病気とまではいかない時には、自分や周りの力で何とか回復したいものです。

生きている意味が分からない時に、元気を出す方法にはいったいどんなものがあるのか、ここから9つの方法をお伝えします。

【生きている意味が分からない時には!①】人のために!

生きている意味が分からない時に元気を出す方法1つ目は、考え方を変えて、人のために自分が生きる意味を見つけることです。

人は自分自身のためだけに生きていると、どうしても生きている意味を見失いがちになってしまいます。

仕事でも勉強でも、身近な大切な誰かの力になるため、と考えると不思議と今まで感じたことがなかった力が湧いてくるものです。

身近に助けたいと思う人がいない人でも、自分が成し遂げる仕事が、世界のどこかの人を救う、世のため人のためになる仕事だと考えることができると、不思議と天涯孤独な気持ちが薄れていき、自分の生きる意味を感じられるようになってきます。

どんなにつまらないと思うような仕事にも必ず人の役に立つ意味があります。

自分の仕事が社会や人のためにどんな意味を持っているのかを考えてみたらいかがですか?

世のため人のためになることの大切さがわかる名言はこちら!

人間は多かれ少なかれ、世の中の役に立つべきであり、世の中の役に立つことをやるべきだという思いは昔からありました。「世のため人のためになること」を成すのが、人間として最高の行為であり、自分の人生はそのためにあるのだと信じて生きてきたつもりです。それが私のいう「大義」です。事業の展開を図るときも、つねにこれをベースにして考えてきましたので、大義は私にとって非常に大切な言葉です。

【生きている意味が分からない時には!②】あなたの使命は?

生きている意味が分からない時に元気を出す方法2つ目は、自分が生まれてきた意味や使命を考えてみる、ということです。

特にスピリチュアルに興味がある人がよく言っていることですが、この世に人として生まれてきたということは、必ず、何らかの意味や使命を持っているのだ、という人がいます。

目に見えない世界の話なので、これが本当かどうかは分かりません。

しかし、例えば重い障害を持って生まれてきたり、寝たきりの病気になってしまい、何も仕事ができないのに、深い感動を世界に与えている、という人は世界中にたくさんいます。

自分が生きている意味が分からないと、うつみたいな病気になりそうだと思ったら、そんな自分でも何か神様から与えられた使命や意味があるのではないか、考えてみてはいかがでしょうか。

誰にでも使命が与えられているということがわかる名言はこちら!

次のページ

【生きている意味が分からない時には!③】大丈夫を口癖に!

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely