妊娠中の膀胱炎の症状は?治療法は?薬を飲んでも大丈夫?

妊娠中は膀胱炎になりやすいといわれていますが実際、妊婦で膀胱炎になってる方は大勢います。なぜ妊婦は膀胱炎になりやすいのでしょう?膀胱炎のつらい症状や対策・予防法、膀胱炎になる原因など解説しています。妊娠中の薬への不安も解決。

妊娠中の膀胱炎の症状は?治療法は?薬を飲んでも大丈夫?のイメージ

目次

  1. 妊娠中は膀胱炎になりやすい?
  2. 膀胱炎は菌が入り炎症を起こすのが原因
  3. 妊娠しなくても女性の方が膀胱炎になりやすい理由
  4. 妊婦の膀胱炎症状①頻尿
  5. 妊婦の膀胱炎症状②残尿感
  6. 妊婦の膀胱炎症状③痛み
  7. 妊婦の膀胱炎症状④出血
  8. 妊婦の膀胱炎症状⑤尿が白濁する
  9. 妊婦の膀胱炎症状⑥腰痛
  10. 妊婦の膀胱炎原因①免疫力の低下
  11. 妊婦の膀胱炎原因②トイレを我慢する
  12. 妊婦の膀胱炎原因③おりものの増加
  13. 妊婦が膀胱炎になりやすいのはいつ?
  14. 膀胱炎と同じ症状の妊婦に怖い病気
  15. 妊婦の膀胱炎治療
  16. 妊娠中の膀胱炎対処法①水分を摂る
  17. 妊娠中の膀胱炎予防法②トイレを我慢しない
  18. 妊娠中の膀胱炎予防法③清潔にする
  19. 妊娠中の膀胱炎予防法④栄養バランスを良くする
  20. 妊娠中の膀胱炎予防法⑤睡眠をたっぷり取る
  21. 妊娠中の膀胱炎予防法⑥性交渉の前後はシャワーを
  22. 妊娠中の膀胱炎予防法⑦体を温める
  23. 妊娠中の膀胱炎予防方⑧細菌が入らないように拭く
  24. 妊娠中の膀胱炎で胎児に影響!?
  25. ストレスは妊娠中は特にNG
  26. 妊娠中の人の20%が経験してる膀胱炎

妊娠中は膀胱炎になりやすい?

妊娠すると何かと病気になりやすくなります。妊娠中の膀胱炎もそのひとつ。女性の方が男性より膀胱炎になりやすいと言われていますがそれはなぜなのでしょうか?実際に妊娠する前に膀胱炎になったことがある人も多いのではないでしょうか。では、なぜ女性の方が膀胱炎になりやすいのか。膀胱炎の原因から見ていきましょう。

膀胱炎は菌が入り炎症を起こすのが原因

膀胱炎は主に大腸菌が尿道に入りこみ膀胱が炎症を起こすことから膀胱炎といいます。膀胱炎になると様々な症状が現れひどくなると日常生活が困難になるほどの影響を及ぼします。膀胱炎には「急性膀胱炎」と「慢性膀胱炎」があり、一般的に女性がなりやすいのが「急性膀胱炎」です。頻繁に膀胱炎を繰り返す場合は「慢性膀胱炎」の可能性もあります。「慢性膀胱炎」は男性に多く、何かの病気を併発している場合が多くみられます。

妊娠しなくても女性の方が膀胱炎になりやすい理由

女性の方が男性より圧倒的に膀胱炎にかかりやすい理由として尿道の長さの差があります。一般的に男性の尿道の長さは16~18㎝あり菌が中まで入りにくいので膀胱炎になりにくのです。また尿道が体外に出ていることも膀胱炎になりにくい要因だともいわれています。

それに比べて女性の尿道の長さは3㎝と短いので菌が中に入りやすく膀胱炎になりやすいということです。もうひとつは女性の尿道口は体内にあるので尿道口の付近に菌が繁殖しやすく膀胱炎になりやすいという理由もあります。

妊婦の膀胱炎症状①頻尿

膀胱炎の症状で1番分かりやすいのが頻尿です。さっき行ったのにまた!?と思うくらいトイレが近くなるのですが、妊婦は妊娠したからだと勘違いしやすいです。妊娠中は妊娠初期でも子宮が妊娠する前より大きくなるので大きくなった子宮に膀胱が圧迫され尿意を感じやすくなり、膀胱炎のせいか妊娠したからなのか判断がつきにくいですが、頻繁に行く割に1回の量が少なすぎる時は膀胱炎の可能性が高いです。

妊婦の膀胱炎症状②残尿感

頻尿の次に分かりやすい症状としては残尿感があります。トイレに行ってちゃんとしたのに、まだ残ってる感じ、もしくはまだ出そうな感じがします。用を足して下着を上げたのに残尿感を感じてまた下着を降ろして便座に座るなんてこともしばしば起きます。この不快感は何回トイレに行っても同じように感じ、膀胱炎が完治するまで続くことがほとんどです。

妊婦の膀胱炎症状③痛み

膀胱炎になると、排尿時に痛みを感じることがあります。痛みを感じるところは尿道口で、排尿時にピリピリと痛みを感じたり、ジーンと熱くなるような痛みを感じたりします。排尿後にジンジンするような痛みを感じる時もあります。また、お腹の張りや下腹部に痛みを感じる時もあります。妊娠中は膀胱炎以外でもお腹の張りや下腹部の痛みを感じる時はありますが、排尿の時に痛みを感じた時は膀胱炎を疑ってかかりつけの産婦人科で診てもらってください。

妊婦の膀胱炎症状④出血

膀胱炎が進んでくると血尿がでる場合があります。妊娠中は不正出血などもあり、出血に敏感になっていると思いますが、尿に血が混ざった時は尿全体に満遍なく混ざるのでピンク色の尿の時は血尿の可能性が高いです。目に見えて色はついていないけど、検尿してみると血液の成分が混ざっていて血尿の検査結果を見ることもあります。膀胱炎にせよ、不正出血にせよ、出血は良くないことなので早めの受診をおすすめします。

妊婦の膀胱炎症状⑤尿が白濁する

膀胱炎になると尿が白く濁ったり、尿の匂いがいつもと違い強い・臭いと感じることがあります。また炎症が進んで尿道が化膿してくると尿と一緒に膿がでてくることもあり、尿にとろみが出ます。膀胱炎の初期段階ではここまでの症状がみられることはあまりないですが、こういった症状が現れた時は早急に治療が必要ですので、すぐかかりつけの産婦人科に行ってください。

妊婦の膀胱炎症状⑥腰痛

膀胱炎が進み、細菌が膀胱から腎臓などの臓器にまで進行した時は腎盂腎炎(じんうじんえん)という病気になります。腎盂腎炎は腎臓が細菌感染してしまってなる病気で、腎機能が低下してしまうので早急な対処が必要です。膀胱炎の症状だけでなく発熱や腰やわき腹に激しい痛みが発生する時は腎盂腎炎を疑って、早急にかかりつけの産婦人科で受診してください。

妊婦の膀胱炎原因①免疫力の低下

ストレスや疲れ、睡眠不足などが続くと免疫力が低下し、尿道に入ってきた細菌を退治することが出来ず膀胱炎になります。妊娠すると免疫力が低下します。妊婦の免疫力の低下は赤ちゃんを攻撃しないようにという意味があるのですが、免疫力が低下すると他の細菌などに対する抵抗力も下がるので膀胱炎になりやすいです。

妊婦の膀胱炎原因②トイレを我慢する

妊娠中は比較的早い時期からトイレが近くなる人が多いですが、トイレ回数が多いと恥ずかしいと思ったり、面倒だと感じてトイレを我慢していると膀胱に尿が溜まっている状態になります。尿道に侵入した細菌が膀胱に溜まっている尿と一緒に膀胱内に留まることになり炎症を起こす引き金となります。

妊婦の膀胱炎原因③おりものの増加

妊娠すると赤ちゃんを守るため、膣内に細菌を入れないようおりものが増えます。
体内には強い味方のおりものも一旦体外に出れば細菌の温床になるため、膀胱炎の原因になります。

■関連記事:おりものに関連する記事についてはこちらもチェック!

おりものとは?おりものが体の変化のサインってほんと?

妊婦が膀胱炎になりやすいのはいつ?

膀胱炎は「妊娠の初期症状のひとつ」とも言われますが、膀胱炎は妊娠していなくても女性はなりやすい病気です。膀胱炎になりやすい妊婦ですが、特に妊娠中期からの子宮が急速に大きくなってくる時期から膀胱炎になる妊婦は増えてくるようです。

膀胱炎と同じ症状の妊婦に怖い病気

膀胱炎はほとんどの場合、大腸菌が原因ですが稀にカンジタ菌やクラミジアが原因の時があります。カンジタ菌やクラミジアは出産時に母子感染する危険があるので病院でもこまめに検査してくれますが、原因が違うだけで危険度も随分違ってくるので膀胱炎かなと思ったら早めに受診しましょう。

妊婦の膀胱炎治療

妊娠前なら泌尿器科に行き治療してもらいますが、妊娠中はかかりつけの産婦人科で治療してもらいます。その他の風邪などの治療も妊娠中は全てかかりつけの産婦人科で治療してもらうのが母子に安全です。もし、かかりつけの産婦人科以外で治療してもらう時は、妊娠中である旨をしっかり伝えて治療してもらってください。

膀胱炎治療は主に抗生剤による服薬治療になります。妊娠中でも赤ちゃんに影響のない抗生剤を処方してもらい薬で膀胱炎の治療をします。薬を飲み始めると1~2日ほどで痛みがひいてきますので、自然治癒を待たず早めに受診して治療しましょう。その他に、痛みがひどい時や膀胱炎の状態によっては尿道口に直接塗る塗布薬が処方される時もあります。塗布薬が処方された時はトイレに置いておき、用を済ませたら清潔にして薬をぬりましょう。ビデがある場合はちょっと洗うと更に清潔に保つことが出来ます。

薬を飲むことに抵抗のある人は漢方薬での治療を医師に伝えてみましょう。元々漢方薬を主体としている産婦人科も多いので、症状にあった漢方薬で治療してくれるはずです。薬に抵抗があるからと自然治癒に頼っていると悪化することもありますので、自然治癒を待たず薬に対しての不安な気持ちを医師に伝えてみましょう。

膀胱炎の初期で免疫力の高い時なら自然治癒する事もありますが、妊娠中の免疫力の低下している時期は自然治癒はあまり期待出来ませんし、痛みが続き辛いので早めに受診しましょう。自然治癒を待って放置していると腎盂腎炎などの怖い病気になってしまったりします。

妊娠中の膀胱炎対処法①水分を摂る

膀胱炎は尿道に細菌が入って炎症を起こしているので、出来るだけ水分を摂って排尿するようにしましょう。そうすれば細菌も一緒に流れ出て自然治癒も早くなります。こまめにトイレに行くことによって膀胱炎の予防にもなります。

妊娠中の膀胱炎予防法②トイレを我慢しない

尿意が頻繁だからといってトイレを我慢してはいけません。膀胱炎の原因にも書いてあるとおりトイレを我慢すると膀胱炎になりやすくなります。尿意を感じたら、我慢せずトイレに行くことを優先してください。尿を溜めずに全部出し切ることが膀胱炎の最大の予防になります。

妊娠中の膀胱炎予防法③清潔にする

妊娠中はおりものが増えて不衛生になりがちです。体内(膣内)のおりものは細菌などの侵入を防ぐために大切なものですが、体外に出たおりものはトイレに行った時にキレイにして外陰部を清潔に保つようにして膀胱炎を予防しましょう。パンティーライナーなどおりもの専用シートを使用してこまめに交換するのも膀胱炎の予防になります。

下着もナイロン素材などではなく通気性のよい綿素材に変えた方がより効果的です。締め付けのつよい下着は通気性も悪い上に血流の妨げにもなるので、マタニティーショーツなど、肌に優しく通気性のよい下着を身に付けることでより膀胱炎の予防にも繋がります。

妊娠中の膀胱炎予防法④栄養バランスを良くする

妊娠中は赤ちゃんに栄養をもっていかれるのでそれでなくても不足しがちです。毎日の食事なので大変かもしれませんが、栄養バランスがよくなるような献立を考えて食事しましょう。キャベツやブロッコリー完熟バナナなどは免疫細胞を増やしてくれる成分が含まれているので積極的にメニューに取り入れて免疫力を高めましょう。

妊娠中の膀胱炎予防法⑤睡眠をたっぷり取る

睡眠不足は自律神経の働きを弱めたり色んな弊害を生みます。妊娠中は普段より疲れやすくなっていますから、こまめな休息をとり夜は夜更かしせずしっかり睡眠を取るようにしましょう。体の疲れを効果的にとるには22時~2時のゴールデンタイムに睡眠をとるといいとされています。ゴールデンタイムの睡眠はお肌にもいいので、妊娠中で荒れたお肌もキレイにしてくれます。

妊娠中の膀胱炎予防法⑥性交渉の前後はシャワーを

性交渉は細菌感染しやすくなりますので、性交渉の前後にはパートナーとシャワーを浴びるなど出来るだけ清潔に保てるようにしましょう。膀胱炎は尿道に細菌が侵入するため起こるので、性交渉の後には排尿するようにすると細菌の侵入を防ぐこともできるので予防になります。

■関連記事:妊娠中の性行為についてはこちらもチェック!

妊娠中のセックスは問題ない?胎児への影響を解説!

妊娠中の膀胱炎予防法⑦体を温める

体の冷えは万病の元と言うくらい体にとって悪影響を及ぼします。体が冷えると血行が悪くなり、内蔵の機能も低下しがち。秋冬の寒い時期は腹巻やレッグウォーマーなどで冷え対策を。夏場も暑いからと冷たいものばかり飲んでいると冷えの原因になります。体を温かく保つことで自然治癒の力も発揮されますので、妊娠中は特に体を冷やさないように心がけましょう。

妊娠中の膀胱炎予防方⑧細菌が入らないように拭く

トイレが終わった時に大腸菌が尿道口や膣に入るのを防ぐために、便をした時は肛門を前から後ろにティッシュで拭くようにして、大腸菌が尿道口付近にこないようにします。尿が終わった時は、こするような拭き方ではなくポンポンと押し当てるように優しく拭きます。あまり強く拭くと尿道口に傷が出来てそこから感染しやすくなってしまいます。

妊娠中の膀胱炎で胎児に影響!?

膀胱炎になったからといって即胎児に影響があるわけではありません。が、様々な理由(自然治癒を待って放置する・ただの頻尿だと思って放置する)などで対処が遅れ尿道に侵入した細菌が逆流して腎臓などの内臓にまで侵入した時は、流産や早産の危険性が出てきます。

軽い膀胱炎で自然治癒で治った事のある人はつい今回も自然治癒するだろうと放置しがちですが、毎回自然治癒するとは限りません。放置してる間に悪化した・・・ということもあります。あまり間隔を開けずすぐ膀胱炎になる場合は自然治癒したと思っていた膀胱炎が実は治りきっていなかった可能性もありますので、素人判断はせず、必ず医師の受診を受けてください。

ストレスは妊娠中は特にNG

膀胱炎による痛みや不快感でストレスを感じてしまうと赤ちゃんにもストレスが伝わります。ストレスをあまり感じると胎教に悪い影響が出るとされていますので、出来るだけストレスの元は作らず、早急に解消するようにしましょう。

妊娠中の人の20%が経験してる膀胱炎

妊娠していなくてもかかりやすい膀胱炎は、免疫力が下がった妊婦では15%~20%の人が膀胱炎になっていると言われています。膀胱炎になってからの頻尿はそれまでとはくらべものにならないくらいの回数になります。少量しか出ないのにしょっちゅうトイレに行きたくなって頻繁にトイレに通うのは大変です。

トイレに行く頻度と共に残尿感もあり、1回のトイレの時間もおのずと増えてきます。膀胱炎になる原因にトイレの我慢がありますが、この二つの不快感だけとってみてもトイレにこまめに行って膀胱炎を予防したいと思えるのではないでしょうか。

膀胱炎にならないように日頃からトイレを我慢しない・免疫力を高める栄養バランスのとれた食事・質の良い睡眠をたくさんとる・清潔に保つなどの予防法を徹底して、それでもなってしまった時は自然治癒だけに頼らず早めにかかりつけの産婦人科で診てもらって、水分をたくさん摂って細菌を体外に出すようにするなどの対策を取り自然治癒力を助けて早く治しましょう。

もっと妊娠中のトラブルについて気になるあなたへ!

妊婦の便秘解消法とは?妊娠初期になりやすい原因は?妊娠中の女性必見
妊娠中のストレスの赤ちゃんへの影響は?発散法と旦那の注意点も!
妊娠初期に太る原因と対策は?妊娠初期の体重増加でダイエットすべき?
妊娠初期はイライラする!原因と解消法は?胎児に影響も?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ