おりものに血が混じる原因と対処法!妊娠かも?

おりものは女性の健康チェックに欠かせないものですが、生理ではないのに血が混じることがあります。おりものに血が混じる時には妊娠していることもあるとか、更年期でも血が混じるとか言いますが、いったいどういうことなのでしょうか?この記事ではいろいろとまとめてみました。

おりものに血が混じる原因と対処法!妊娠かも?のイメージ

目次

  1. おりものに血が混じる!心配はないの?!
  2. おりものに血が混じる!おりものとは何?
  3. おりものに血が混じる!おりものの正常な状態とは?
  4. おりものに血が混じる!その原因とは?
  5. おりものに血が混じる!心配はいらない原因とは?
  6. 【おりものに血が混じる原因①】生理前後
  7. 【おりものに血が混じる原因②】排卵期
  8. おりものに血が混じる!妊娠が原因な場合とは?
  9. 【おりものに血が混じる原因③】着床出血
  10. 【おりものに血が混じる原因④】絨毛膜下血腫
  11. 【おりものに血が混じる原因⑤】切迫流産
  12. 【おりものに血が混じる原因⑥】子宮外妊娠
  13. 思春期や更年期に見られるホルモンの乱れによる不正出血
  14. 【おりものに血が混じる原因⑦】無排卵月経
  15. 【おりものに血が混じる原因⑧】黄体機能不全
  16. 何らかの病気が原因で不正出血が起きる場合
  17. 【おりものに血が混じる原因⑨】子宮がん
  18. 【おりものに血が混じる原因⑩】卵巣がん
  19. 【おりものに血が混じる原因⑪】子宮筋腫
  20. 【おりものに血が混じる原因⑫】子宮頚部びらん
  21. 【おりものに血が混じる原因⑬】膣炎
  22. 【おりものに血が混じる原因⑭】子宮頸管ポリープ
  23. 【おりものに血が混じる原因⑮】クラミジア性子宮頸管炎
  24. 不正出血に自己判断は危険!すぐに病院へ!!

おりものに血が混じる!心配はないの?!

おりものというのは、女性の体にとってなくてはならないものなのですが、下着を汚したりして、時としてちょっと面倒くさいものでもありますよね。

しかし、女性にとっては、おりものをしっかりと毎日観察して、異常を見つけることは、時として若い命を奪うこともある婦人科系の疾患や、不妊症にもつながる性感染症を早期に発見するのにとても大切なことです。

そんな、おりものの状態の中で、特に心配になってしまうのが、生理ではないのに鮮血がまじったり不正出血が合ったりすることです。

鮮血でも茶色っぽいものでも、おりものに血がまじっていると、心配になってパニックになってしまう人もいるかもしれませんね。

鮮血でも茶色でも出血があると心配になってしまうものですが、実は、病気などの異常のある不正出血ではない出血の場合もあるのです。

この記事では、ちょっと心配になってしまう鮮血や茶色など、おりものに血が混じったときの原因についていろいろと見ていきたいと思います。

おりものに血が混じる!おりものとは何?

おりものに鮮血や茶色などの血が混じると何かと心配になってしまいますが、そもそもおりものというのはどういうものなのでしょうか。

おりものというのは、子宮の内部や膣の中から分泌される分泌液が身体の外に流れ出てきたものです。

生理周期で量や状態が変わり、時として生理ではないのに下着を汚すほど出ることもあり、おりものシートなどでの対策を面倒くさいと思っている人もいるのではないでしょうか。

時として面倒くさいものでもあるのですが、おりものにはとても大切な役割があります。

おりものには、膣や子宮の中に潤いを保ち、細菌が侵入するのを防いでくれています。

また妊娠するときに精子がスムーズに動けるように手助けをする役割もあります。

大切な女性の身体を守り、妊娠するためのとても大切な役割を果たしてくれているのが売りものなのです。

おりものに血が混じる!おりものの正常な状態とは?

おりものに血が混じる原因についてみていく前に、正常なおりものの状態とはどのようなものなのかを少し見ていきましょう。

生理が終わってから次の生理が来るまでの女性の身体というのは、排卵に向けて卵子が準備される卵胞期、卵子が排卵される排卵期、着床の準備が進む生理前にあたる黄体期の3つの時期に分かれます。

生理前の黄体期に着床がないと、妊娠が成立せずに子宮内膜が剥がれ落ちて次の生理が始まるのです。

おりものの状態も、それぞれの時期に合わせて、生理直後、排卵期、生理前と変化をしていきます。


まず、生理前、生理後は若干の経血が混じって、茶色っぽいおりものになることが多いです。

生理が終わって卵胞期に入ると、いったんおりものの量は落ち着いて、サラサラとした感じのものになります。

排卵期が近付いてくると、量と粘り気が増えて行きます。

そして排卵期にはドロッとした透明に近いのゼリー状のおりものが大量に出るようになります。

黄体期に入ると、再びさらっとした感じのおりものになり、色も透明から白濁した感じになります。

そして生理前になると再びおりものの量が増えていき、生理前直前になると経血が混じることもあります。

おりものに血が混じる!その原因とは?

生理ではないのに、おりものに血が混じると、何が病気になったのではないかと心配になってしまうこともありますよね。

家族や親戚に、婦人科系の疾患を持っている人がいたり、妊娠中の人は特に鮮血や茶色いおりものの不正出血が、病気や流産の兆候なのではないかと不安になってしまう人も多いことでしょう。

おりものに鮮血や茶色などの血が混じるのには一体どのような原因があるのか、ここから鮮血や茶色の織物など、おりものの出血についていろいろと見ていきたいと思います。


◆関連記事:産後もおりものに悩まされる・・・?

産後のおりものの量が多いしにおいも臭い!これって大丈夫?

おりものに血が混じる!心配はいらない原因とは?

おりものに血が混じる事が合っても、実は、心配は要らない場合もあります。

一体、どんな時におりものに血が混じっていても心配はないのか、ここから、心配がない出血について見ていきたいと思います。

【おりものに血が混じる原因①】生理前後

ここに病気などの心配をする必要がない出血には、生理前と生理後におりものに経血が混じることがあります。

生理前になると、子宮内膜が剥がれる準備が始まります。そのために生理前には若干の出血が見られることがあり、その生理前のおりものが茶色のおりものとなることがあります。

生理前だけではなく生理の後に、おりものに茶色いものが混じることがありますが、これは生理前と同じように経血がほんの少しだけ混ざってるを意味しています。

生理が正常に来て正常に終わっていれば、生理前後の多少の出血は特に心配は要らないので大丈夫です。

【おりものに血が混じる原因②】排卵期

ここに病気などの心配をする必要がない出血には、生理前後の出血の他に、排卵期に見られる出血もあります。

あまり知られていませんが、排卵期に、エストロゲンが一時的に低下したり、排卵によって卵巣の表面が傷付けられることによって、出血が起こることがあります。

これを中間期出血と言います。

これは、特に病気や異常が合って起こる出血ではないので心配する必要はありません。

排卵期出血なのかどうかを調べるためには、基礎体温を毎日計ることをお勧めします。

其体温を測って、排卵日と思われる日の前後に出血があるようであれば、それは中間期出血なので心配する必要はありません。

おりものに血が混じる!妊娠が原因な場合とは?

おりものに血が混じることは、妊娠していることが原因で起こることもあります。

妊娠が原因で起こる出血には、妊娠初期に起こる特有な心配の要らないものもあれば、妊娠初期から後期に掛けていつ起きてもおかしくはない、すぐに対処しなければいけないものもあります。

妊娠が原因で起きる出血にはどのようなものがあるのか、ここからみていきましょう。

【おりものに血が混じる原因③】着床出血

妊娠が原因で起きる出血には、着床出血があります。

着床出血というのは、妊娠初期に受精卵が子宮に着床するときに、子宮内膜に根を下ろして子宮内膜傷つけることで起きる出血です。

着床出血があるタイミングというのは、妊娠初期でも生理がやってくるタイミングとほとんど同じなので、生理の出血なのかどうか、見分けが難しいものです。

まだ妊娠初期でも妊娠に気づいていない時期なので、実は妊婦さんの数1%から2%程度しか着床出血には気付かないと言われているので、妊娠初期でもほとんどの人が経験しないか、気付かないでいるものです。


出血の状態は、おりものに茶色いものが混じる程度の人から、生理のように鮮血が大量に出たという人もいて、個人差が大きいのが特徴です。

しかし、生理の時の濃い赤や茶色の出血よりも、薄い茶色からピンクの鮮血のことが多いようなので、生理の時よりも色が薄い出血が続くと思ったら、妊娠を疑った対処法を取ることをお勧めします。


◆関連記事:おりものがいつもと違う!そんなときは

おりものが黄緑なのは病気?無臭でも気をつけて!

【おりものに血が混じる原因④】絨毛膜下血腫

妊娠が原因で起きる出血には、絨毛膜下血腫もあります。

こちらも妊娠初期に起こりやすい出血になります。

同じ妊娠初期の出血でも、着床出血とは違い、安静にすることを勧められますが、心配がなくなるまで安静にしていれば、良くなることが多く、妊娠初期の出血でも、流産や早産の危険はそれほど高くない出血なります。

絨毛というのは、妊娠初期に受精卵が着床してから、お母さんの体から栄養をもらうために、子宮内膜におろす根っこのことになります。

この絨毛が張り巡らされて膜状になったものが絨毛膜と言い、胎盤が完成するまでは、赤ちゃんが育つための重要な生命線となります。

絨毛膜下血腫というのは、この絨毛膜と、子宮の内膜から脱落した脱落膜との間に出血が起きてしまうこといます。

妊娠初期でも安静にすることで、良くなることが多いのですが、出血の量や状態によっては即入院を勧められることもあります。

【おりものに血が混じる原因⑤】切迫流産

妊娠が原因で起きる出血には、切迫流産があります。

切迫流産というのは、妊娠初期から妊娠22週未満までに、流産しかけてしまう状態を言います。

完全に流産してお腹の赤ちゃんの命が失われたわけではなく、お腹の赤ちゃんはまだ生きているのですが、いつ流産してもおかしくはない状態で、とても危険な状態になります。

切迫流産の兆候としては、妊娠初期に少量の不正出血と軽い下腹部痛が起こることが多いと言われています。

ただし、妊娠初期には、不正出血も軽い下腹部痛も何も異常がなくても起こりやすいものなので、そういったものだと勘違いをして放置していたために、流産という悲しい結果になってしまう人もいます。

妊娠初期に何らかの出血が合った場合には、とりあえずまずはお医者さんに診断してもらうことが大切です。

切迫流産の治療法はありません。唯一といっても良い対処法は、安静にすることです。

お腹の中の赤ちゃんを守るためにも、唯一の対処法である安静をしっかりと守ることが大切です。

【おりものに血が混じる原因⑥】子宮外妊娠

妊娠が原因で起きる出血には、子宮外妊娠があります。

子宮外妊娠というのは、何らかの原因で受精卵が子宮以外の場所に着床してしまうことです。

卵巣と子宮をつなぐ 卵管で起こることが多いのですが、まれに腹膜や卵巣、子宮頸管でも起こることがあります。

妊娠初期の妊娠6週目ぐらいから出血し始めて、徐々に下腹部痛と出血の量が増えてきます。

ほとんどの場合は、妊娠8週目までに流産になってしまうことが多いのですが、卵管破裂などを引き起こしてしまうこともあります。

卵管破裂が起きてしまうと、大量の出血により、ショック状態に陥り、最悪の場合には命の危険もあるので注意が必要です。

思春期や更年期に見られるホルモンの乱れによる不正出血

おりものに血が混じる状態には、思春期や更年期によく見られるホルモンバランスの乱れにより引き起こされる不正出血もあります。

ホルモンバランスが特に乱れやすいのは、生理が始まったばかりの思春期の頃や、閉経する直前の更年期の頃に多いものです。

生理など、女性に特有の現象をつかさどるホルモンというのは、脳下垂体や卵巣などが関係していると言われていますが、ホルモンバランスの乱れによって不正出血が引き起こされる時には、脳下垂体や卵巣の働きが混乱したり、低下したりすることが考えられます。

特に、生理が始まったばかりの思春期や、もうすぐ生理が終わってしまう更年期には脳下垂体や卵巣の働きも乱れるために、不正出血が起こりやすくなると考えられます。

それでは思春期や更年期に見られるホルモンバランスの乱れによって引き起こされる不正出血にはどのようなものがあるのか、更年期などに見られるホルモンバランスの変化による出血についてここからみていきましょう。

【おりものに血が混じる原因⑦】無排卵月経

ホルモンバランスの乱れによって引き起こされる不正出血には、無排卵月経があります。

排卵がないのに、生理だけやってくる状態なのですが、生理周期がバラバラになり、生理の出血がだらだらと長く続くことが特徴です。

ホルモンバランスの乱れが生じやすい、思春期や更年期に起こりやすい症状ですが、近年では、思春期や更年期だけではなく、妊娠適齢期の女性にも増えていることで問題になっています。

年代的にホルモンバランスが乱れやすい思春期や更年期だけではなく、妊娠適齢期の女性でも無排卵月経が起こりやすい原因には、ストレスや過剰なダイエットなどが考えられます。


無排卵月経では、妊娠することができません。対処法としては、ストレスを溜めない生活を心がけたり、漢方薬での体質改善、ホルモン剤でホルモンバランスを整えるといったことがあります。

どうしても妊娠を望む場合には、排卵誘発剤を使うこともあります。

更年期での無排卵月経は、体調不良を引き起こすこともあるので、あまり辛い時には、更年期でも婦人科で相談することも対処法として大切になります。

【おりものに血が混じる原因⑧】黄体機能不全

更年期などに見られるホルモンバランスの乱れによって引き起こされる不正出血には、黄体機能不全もあります。

黄体というのは、排卵後に卵胞が変化したもので、黄体ホルモンや卵胞ホルモンを分泌して、子宮内膜を厚くしたりやわらかくして、着床しやすい状態を作る働きを持っています。

黄体機能不全というのは、このホルモンの分泌量が低下することで、体に様々な症状が出てしまう状態になります。

黄体機能不全を診断するためには、基礎体温をチェックすることが大切なります。

高温期が10日に満たない時には、黄体機能不全が考えられます。

妊娠を望んでいる人の場合には、不妊や流産の危険性が高くなるので、対処法としては早期に治療が必要になります。

更年期にも起こりやすい症状です。

対処法としては、漢方薬を使った体質改善や、投薬による治療などの対処法があります。

何らかの病気が原因で不正出血が起きる場合

おりものに血が混じるような不正出血には、更年期のホルモンバランスの変化の他にも、何らかの病気が原因で起こる不正出血もあります。

一体、どのような病気で、おりものに血が混じるような不正出血が起こるものなのか、ここからその原因を、みていきましょう。

【おりものに血が混じる原因⑨】子宮がん

おりものに血が混じる病気には、子宮がんがあります。

子宮がんには子宮頚がんと子宮体がんがありますが、どちらも症状としては、不正出血が見られることが少なくありません。

子宮頚がんは、性行為後にピンクや茶褐色のおりものが出ることが特徴です。

子宮体がんは、おりものに褐色や茶褐色の血液が混じることが特徴です。

子宮頚がんも子宮体がんも、初期症状にはほとんど自覚症状はありませんが、子宮頚がんは検診で早期発見することが可能です。

不正出血が起きた時では、がんがかなり進行した状態になります。

何かおかしいと思ったら早期に受診することをお勧めします。

【おりものに血が混じる原因⑩】卵巣がん

おりものに血が混じる病気には、卵巣がんがあります。

卵巣がんも子宮がんと同じように、自覚症状がなくて、不正出血が起きた時にはかなり進行している状態になります。

下腹部にしこりを感じたり、ウエスト周りが太くなったと感じたり、生理不順や不正出血、食欲の低下や、腰痛、足のむくみ、排尿痛や頻尿を感じる様になったら、卵巣がんの可能性があります。

対処法としては、手術による腫瘍の切除が一番大切になりますが、卵巣がんはリンパ節などに転移しやすいのが特徴で、転移してしまったら、抗がん剤や放射線の治療が必要になります。

【おりものに血が混じる原因⑪】子宮筋腫

おりものに血が混じる病気には、子宮筋腫があります。

子宮筋腫というのは、地球の中に腫瘍ができる病気ですが、子宮筋腫はがんとは違い良性なので、転移することはありません。

女性の4人に1人がなると言われていて、30代から40代の女性に多くみられるものです。

子宮筋腫に特有の症状としては、生理が長く10日以上続いたり、下腹部痛や腰痛が起きることが挙げられます。

おりものにも、変化があり、水っぽいおりものが増えたり、血が混じったり茶色や黄色っぽいおりものになったりすることがあります。

子宮がんや卵巣がんの症状と似たような症状が出ることもあるので、一度きちんと検査をすることが大切です。

対処法としては、まずは鎮痛剤などで対処療法を行いながら、経過観察をすることがほとんどです。

時にはホルモン剤で筋腫を小さくする対処法もあります。

筋腫が大きくなりすぎたら、手術で取り除くのが一般的な対処法です。

【おりものに血が混じる原因⑫】子宮頚部びらん

おりものに血が混じる病気には、子宮頚部びらんがあります。

びらんというのは、ただれていることを言いますが、子宮頚部びらんというのは、子宮頚部がただれているように見えたり、実際にただれている状態をいいます。

子宮頚部びらんができる原因は、女性ホルモンのエストロゲンの影響によるものだと考えられています。


子宮頚部びらん自体に自覚症状などはないのですが、性行為や排尿、排便といった外部からの刺激によって、出血しやすいのが特徴です。

対処法は特に必要ないのですが、子宮がんと区別がつかないこともあるので、定期的に検査することが大切です。

またただれが大きくなりすぎたり、不正出血が増えすぎた場合には、薬を使ったり、冷凍療法や電気メス、レーザーメスでびらんを焼く治療を対処法として行うこともあります。

【おりものに血が混じる原因⑬】膣炎

おりものに血が混じる病気には、膣炎もあります。

膣炎というのは、何らかの原因によって、膣の中に炎症が起きてしまい、赤くはれたり、ヒリヒリとした痛みやかゆみを感じるようになることをいいます。

膣炎になる原因としては、性行為の際に何らかの細菌や真菌に感染することが一番多くあります。

膣炎の対処法としては、膣炎そのものを治すというよりも、原因となっている病気を治療することが大切になります。

性行為が原因の場合には、パートナーと一緒に治療をしないと、ピンポン感染を繰り返すことになります。

【おりものに血が混じる原因⑭】子宮頸管ポリープ

おりものに血が混じる病気には、子宮頸管ポリープもあります。

子宮頸管ポリープの出欠の特徴としては、量は多くないのですが、鮮血の出血が出ることがあります。

子宮頸管ポリープは、子宮頸管の粘膜が増殖してポリープとなってしまうものですが、良性の腫瘍なので、大きくならずに鮮血の出血の量が増えなければ、経過観察で様子を見ることがほとんどです。

鮮血の出血量が増えていくようなら、対処法として切除することが一般的です。

外来で簡単にできる手術なので、痛みもほとんどありませんが、手術後はしばらく鮮血の出血が続く場合があります。

【おりものに血が混じる原因⑮】クラミジア性子宮頸管炎

おりものに血が混じる病気には、クラミジア子宮頸管炎もあります。

性感染症の1つのクラミジアが、子宮頚部に感染して炎症を起こした病気が、クラミジア子宮頸管炎になります。

症状としては、腹痛や性交痛の他におりものに血が混じることがあります。

将来的に、不妊症になってしまう可能性も高いので、治療を早めに始めることが大切になります。

不正出血に自己判断は危険!すぐに病院へ!!

ここまで、おりものに血が混じる原因とその対処法についていろいろと見て来ましがいかがでしたか。

思春期から更年期、閉経まで、女性の身体というのは、生理周期とともにあり、生理前や生理の後の体調の変化に大きく振り回されてしまいますよね。

そんな中で鮮血でも茶色いおりものでも、不正出血が何らかの形であったら、どうしても不安に感じてしまうものです。

心配の要らない不正出血もいろいろとありますが、子宮がんや卵巣がんなどの、手遅れになると恐ろしい結果が待っている病気もあります。

鮮血でも茶色でも、不正出血があった時には自己判断せずに、すぐに婦人科を受診して、正確な診断を仰ぐようにしましょう。

おりものについてもっと知りたいアナタはこちらもチェック

おりものが大量にでるのは病気?原因は何なの?
【おりものの変化】妊娠超初期・着床後はおりものがどう変わる?
おりもののかたまりは排卵のサイン?ゼリー状のおりものは病気かも?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ