幸せな結婚って?結婚して幸せになれる相手となれない相手5つの違い

幸せな結婚って?結婚して幸せになれる相手となれない相手5つの違い

現代はバリバリ仕事をこなし、経済的・精神的に独立している女性も多く存在します。「独身=不幸せ」なんて社会風潮も変わり、独身を貫く女性も増加傾向。せっかく結婚を選ぶなら、今以上の幸せを望みたいはず。「結婚=不幸せ」なんてまっぴら!相手の見極め方を伝授します!

記事の目次

  1. 1.結婚の幸せ・不幸せは相手で決まる!
  2. 2.不幸せな結婚生活ってどんなもの?
  3. 3.彼と幸せな結婚生活を送れる自信はある?
  4. 4.結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(1)
  5. 5.結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(2)
  6. 6.結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(3)
  7. 7.結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(4)
  8. 8.結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(5)
  9. 9.他人と比べず、自分の生き方・考え方を大切にしよう
  10. 10.幸せな結婚のために!

結婚の幸せ・不幸せは相手で決まる!

男性並みに仕事をこなす、現代のアラサー、アラフォー女性たち。
自立しているので、独身を貫けないことはないけれど、「やっぱりそろそろ結婚したい!」
と焦っている人も多いと思います。
でも、ちょっと待って。大事なのは「結婚すること」ではなく「"幸せな"結婚をすること」です。

近年は益々離婚カップルが増え、現在の日本では、3組に1組が離婚をしているとも言われます。
これだけ離婚が多いのは、「"不幸な"結婚はできている」ということです。

結婚はゴールではありません。生涯のパートナーとして選んだ男性がどんな人で、
あなたとどんな生活を築いていけるかが重要です。

不幸せな結婚生活ってどんなもの?

不幸せな結婚生活では、男性・女性どちらかの我慢が多くなったり、
言い争いが絶えなくなったりします。
せっかくプロポーズを受けて、結婚生活に入り、良い条件で結婚できたと思っても、
幸せになれなければ結婚の意味がありません。

葛藤のある家庭では、もし子供がいれば、子供の育成にも大きな悪影響を与えてしまいます。
誰にとっても、夫婦仲は良いに越したことはないのです。

彼と幸せな結婚生活を送れる自信はある?

もし今、あなたとの結婚を考えている男性がいたり、付き合ってはいないけれど
意中の男性がいるとしたら、その男性と幸せな結婚生活を送れる自信はあるでしょうか?
「結婚」の2文字を前にすると、時に盲目になることもありますが、
今こそ冷静になり、慎重に結婚を検討する時です。

結婚して幸せになれる相手となれない相手の違いは何なのでしょうか?
その違いを探っていきます!

結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(1)

大切な人・ものへの態度にいつも温かみがある

相手の男性にとっての大切な人。
それはすなわち、第一にパートナーであるあなたであってほしいものです。

2人で過ごすときに、彼からの優しさ、温かさを感じられているでしょうか?
時として空気がピリッと凍るような、冷たさを感じることはないでしょうか?

違和感を感じたときはサインだと思って、プロポーズを受けても即答は避け、
少し考える時間を設けても良いでしょう。

あなただけではなく、彼の家族に対する態度やペットなどに対する態度にも注目してみましょう。
機会があれば、彼が両親と電話をする際に耳を澄ませてみてください。

身内だからとつっけんどんな態度をとっていたり、
相手が幸せになれない、傷つくような言葉をかけてはいないでしょうか。
言葉に温かみはあるでしょうか。

これが先々の、彼のあなたに対する態度となります。

もし状況が許されるならば、結婚前に数か月ほど、同棲してみることをおすすめします。
もちろん同棲が全てではないですが、同じ空間で暮らすことによって
これまでのデートでは気づけない、彼の生活態度や本音を知ることができます。

もしくは、できれば海外がおすすめですが、長期旅行に2人で行ってみてください。
旅行は本音が出やすいので、普段とは違う環境で彼がどんな態度を示すかを見てみると、
幸せな結婚生活のイメージがわきやすくなります。

次のページ

結婚して幸せになれる相手となれない相手の違い(2)

関連記事

人気の記事