「めんどくさい」が口癖の人の性格や特徴・心理7選!

口を開けば「めんどくさい」。「何が?」と訊いても、彼らから明確な答えが返ってくることはありません。仕事でも恋愛でも「めんどくさい」が口癖になっている人は、どんな心理で「めんどくさい」と口にするのでしょうか?彼らの性格や特徴、心理を暴いていきます。

「めんどくさい」が口癖の人の性格や特徴・心理7選!のイメージ

目次

  1. 聞くだけでイラっとする「めんどくさい」。この口癖は直る?
  2. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理1【行動力がない】
  3. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理2【努力したくない】
  4. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理3【冷めている】
  5. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理4【子供っぽい】
  6. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理5【傷つくのが怖い】
  7. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理6【素直じゃない】
  8. めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理7【行動範囲が狭い】
  9. めんどくさいが口癖の人の改善法1【仕事にメリハリをつける】
  10. めんどくさいが口癖の人の改善法2【できることは今すぐやる】
  11. めんどくさいが口癖の人の改善法3【やることをリスト化する】
  12. めんどくさいが口癖の人の改善法4【自分の殻を破る】
  13. めんどくさいが口癖の人の改善法5【危機感をもつ】
  14. めんどくさいが口癖の人の改善法6【自分のキャパを知る】
  15. めんどくさいが口癖の人の改善法7【人を好きになる】
  16. めんどくさいが口癖の人の改善法8【素直に喜ぶ】
  17. めんどくさいが口癖の人の改善法9【「めんどくさい」と言わない】
  18. めんどくさいが口癖の人の長所1【発想が豊かなアイデアマン】
  19. めんどくさいが口癖の人の長所2【人の目を気にしない】
  20. めんどくさいが口癖の人の長所3【考え方がシンプル】
  21. めんどくさいが口癖の人の長所4【意見の押し付けをしない】
  22. めんどくさいが口癖の人の長所5【無駄なプライドがない】
  23. めんどくさいが口癖の人の長所6【相手に合わせられる】
  24. めんどくさいが口癖の人の性格や心理を知って、上手に付き合おう!

聞くだけでイラっとする「めんどくさい」。この口癖は直る?

決していい響きではない口癖「めんどくさい」。何をするにも腰が重く、ネガティブな印象を与える言葉であることは確実です。

仕事でも恋愛でも、誰しも「めんどくさい」と感じる状況に遭遇することはありますが、めんどくさいが口癖の人は、「めんどくさい」と言う頻度が半端ではありません。

時には、思わず「何がそんなにめんどくさいの?」とツッコミたくなることすらあります。

客観的に見てめんどくさいにしろ、そうでないにしろ、「めんどくさい」が口癖の人には、性格だけでない、特徴的な心理が隠されています。

はたしてその心理とは?今回、「めんどくさい」が口癖の性格や特徴、そして隠された心理を暴いていきます。また、一見短所だらけの、彼らの長所についても触れていきます。性格の捉え方は一面的ではない…ということがわかりますよ。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理1【行動力がない】

めんどくさいが口癖の人は、基本的に仕事でも恋愛でも、自ら率先して行動するパワーが湧いてきません。つまり、やる気がないのです。

仕事でやること盛りだくさんで、モチベーションを上げなければならないと思ってはいても、やる気がないので、つい出てくるセリフが「明日やればいいか」。

そう言い放っておいて、本当に明日にやり切ることはほぼありません。

ただ、裏を返せば楽観的で、何か問題が起こったとしても「なんとかなるさ」。いつまでもくよくよと悩むことがありません。

行動を起こさない分、「あの時こうしていたら…」「みんなどう思ってるの?」と考えること自体が無駄だと思っているのです。

見方によってはとても潔く、物事を引きずらない人と言えます。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理2【努力したくない】

めんどくさいことはできるだけ誰もしたくないものですが、「めんどくさい」と堂々と公言する人たちは、とりわけその心理が強いと言えます。

とにかく楽がしたくて、努力することを敬遠しているのです。それはつまり、自分を甘やかすことに他なりません。自分に厳しくなれないと、めんどくさいと感じることすべて、避けて通ってしまいます。

このタイプは「めんどくさい」と一言発すれば、誰かがやってくれていた可能性が高いです。「めんどくさい」という言葉は、彼らにとって自分を甘やかす格好のカモフラージュなのです。

自分で何もしないから成功体験を積むことができず、「自分がやっても失敗するだけだ」と、失敗への恐怖心だけが大きくなってしまいます。彼らはその心理をカモフラージュするために、「めんどくさい」と言い続けるのです。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理3【冷めている】

お気づきかと思いますが、「めんどくさい」が口癖の人は、基本テンションが高くなく、どこか冷めた雰囲気すら漂わせています。

そもそもテンションが上がって気分ノリノリの時に、「めんどくさい」と言う人なんてまずいませんよね。おもしろくない仕事や勉強に対して使うのはともかく、恋愛関係で言われてしまっては、相手もテンションが下がってしまいます。

本来楽しいはずの恋愛すらめんどくさいと感じるのなら、彼氏彼女としての付き合い方に問題が出てきます。それはそうですよね。一方は盛り上がっているのに、一方は冷めているなんて、こんな悲しい話はありません。

せめて、かなりの負のオーラをまとった「めんどくさい」という言葉を連発するのだけは、控えてほしいところです。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理4【子供っぽい】

思春期ともなると、親や口うるさい教師と話すのがイヤで、「うるさい!めんどくさい!」と、一言で会話を終わらせようとしたことはないですか?

俗に言う反抗期真っ盛りの子供であれば、「そういう時期だから」と周囲も理解しやすいし、大人になれば、自然と会話をしてお互いを知ろうとするものです。

ただ、思春期から成長しきれていない人は、どれだけ年齢を経ても「めんどくさい」の一言で事を済ませようとする特徴があります。

さらに悪いことに、自分は何もしていないのに関わらず、何かミスが起こると、すべて人のせいにしてしまいます。

本人は「やっても意味がない」と、カッコよくキメたつもりかもしれませんが、周囲からすると、どこまでも子供っぽい人にしか見えません。

事あるごとに「めんどくさい」を連発する人は、大人になりきれていない可能性が高いです。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理5【傷つくのが怖い】

仕事も恋愛も、何もしなければ、失敗することも傷つくこともありません。めげることなく、何度でも物事にチャレンジできる人はいいですが、大抵の人は及び腰になってしまいます。

「めんどくさいから、恋愛はしたくない」「めんどくさいから、簡単にできることなら何でもいい」…傷つきたくないがために発せられる言葉が、「めんどくさい」なのです。

とっさに否定的な言葉を発することで、逃げ道を作っておこうとする心理が働くのです。

「めんどくさい」は言い訳するためのツールであり、楽をして生きていきたいという人の欲望を叶えるのに、ぴったりの言葉と言えます。

仕事も恋愛も、人間関係を始めとする面倒なことばかり。「めんどくさい」と予防線を張ることで、自己防衛していると考えられます。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理6【素直じゃない】

実は、「めんどくさい」という言葉には、いろいろな意味や心理が込められています。特に、言葉で気持ちを表現するのが苦手な男性に多いのがこのタイプ。

「まあ、恋愛ってめんどくさいよな」「仕事で残業になっちゃって…ホントめんどくさい」これらは「相手に甘えたい」「逃げたい」という心理の表れなのです。

でも、「めんどくさい」とだけ聞かされると、言われた側はすぐに真意を読み取ることができません。よほど特徴的な性格で、阿吽の呼吸で相手の言わんとすることがわかるわけじゃなければ、まず無理です。

なんにせよ、「甘えたいんだ」「仕事イヤ!逃げたい!」と、本音を言ってしまった方が、相手も寄り添いやすくなるし、うれしく感じるものです。

自分の本音を、「めんどくさい」の一言に集約し過ぎないように注意しましょう。

めんどくさいが口癖の人の性格や特徴・心理7【行動範囲が狭い】

行動するのが面倒な人は、当然のごとく行動範囲は広くありません。

会話をするのは家族・身内だけ、仕事では自分のデスクからほぼ動かず、恋愛ではデートに行くのを渋って相手に怒られる…。

基本的に親密な人間関係を築くのを億劫だと考え、仕事でも恋愛でも、相手の性格に合わせて行動するのが面倒なのです。

また、このタイプは出不精になりがちで、いざ出かけようと思っても、実際に外出するまで相当の時間を要する特徴があります。よほど重要な用事でないと、わざわざ行動するメリットが感じられないのです。

おそらく親が何でもしてくれて、「面倒なことは誰かが代わりにやってくれる」という環境で育ったのかもしれません。慣れとは怖いものですね。

めんどくさいが口癖の人の改善法1【仕事にメリハリをつける】

めんどくさいが口癖の人は、仕事でも恋愛でも、何につけても同じテンション(大概の場合は低いテンション)で取り組む特徴があります。

そのため、傍から見ると思わず「やる気があるのか!」と、怒鳴りたくなるくらいダラダラとした態度をとり続けます。仕事とプライベートでの切り替えスイッチは存在しません。

ダラダラ物事をこなしていると、気持ちやモチベーションが上がらず、せっかくの休みもリセットができなくなり、疲れが溜まっていく一方です。

最初は面倒でも、とにかく何か趣味を持つようにし、休む時は休む、仕事の時はしっかり働くといったふうに、オンオフのメリハリをつけることが大切です。そうすると、俄然恋愛にも前向きに取り組めるってなもんです。

めんどくさいが口癖の人の改善法2【できることは今すぐやる】

めんどくさいからと言って、やるべき仕事を後回しにしていると、どんどんこなすべき仕事が積み重なっていき、ついにはキャパシティを超えてしまいます。

また、どんどん溜まっていく仕事を前にして、「どうなるんだろう…?」と先の見えない不安も積み重なっていきます。その不安を解消するには、できることは今すぐやるしかありません。

あまりに仕事量が多いのなら、「今日はあともう1コこなして、終わりにしよう!」と、小さな努力を積み重ねるようにしましょう。

そうすることで仕事をこなす効率やスピードがアップし、心地よい達成感と小さな自信を得ることができます。自信がついてくれば、「めんどくさい」と口にすることもなくなっているかもしれません。

めんどくさいが口癖の人の改善法3【やることをリスト化する】

仕事にも恋愛にも言えることですが、物事には優先順位があります。何かを成し遂げるには、今自分がやるべきことを、きちんと把握しておく必要があります。

そのためには、まずやるべきことを紙に書いて、リスト化してみましょう。書いているうちに、ごちゃごちゃした頭の中が整理されていくはずです。

忘れてしまっても、紙に書いて可視化することで、どこまでやったか、また次に何をすべきか、的確に把握することができます。

さらに大きなタスクは細かく分けて、少しずつこなしていくようにするといいでしょう。日々こなしていけるタスク数が増えると、やる気アップにもつながっていきます。

めんどくさいが口癖の人の改善法4【自分の殻を破る】

「めんどくさい」と言って行動しない人は、今いる場所が心地よく、そのままでいるのが楽な方法だと思っている反面、胸にくすぶったものがあるのでしょう。

「自分はこのままでいい」と言う割には、あまり幸せそうに見えないのが、そのことを如実に物語っています。本当は今の状態は心地よくなんかないのです。

結局は自分を甘やかしているという事実に蓋をしたいがために、最初から「自分にはできない」と予防線を張っているのです。

相反する気持ちを納得させるには、なんらかの行動を起こすしか方法はありません。まずは自分自身を信じて、自分の殻を破る覚悟で今の心地よさを捨てなければ、何も変わらないのは必至です。

めんどくさいが口癖の人の改善法5【危機感をもつ】

「明日でいいや」と言って先延ばしし続けている物事の中には、後々自分の首を絞めるような内容のものがあります。

「めんどくさい」が口癖の人は、先延ばしすることで未来に起こり得る危機的状況について、イメージするのが得意ではありません。

たとえば、期限が決まっている仕事をギリギリまで手をつけないでおくと、直前になって別のトラブルが起こり、徹夜で仕上げなければならない事態になるかもしれません。

また、恋愛でも「言わなくてもいいや」と放置することで、あらぬ誤解を生むかもしれません。

事態が大きく膨れ上がっていないうちに手を打てば、物事はスムーズに進むようになります。

それに、「めんどくさい」と思っていたことに限って、やってみれば「大したことなかった」というのはよくある話です。


◆関連記事:めんどくさいおんなになってませんか?

めんどくさい女の特徴15選!こんな女に男はうんざりしている!

めんどくさいが口癖の人の改善法6【自分のキャパを知る】

「めんどくさい」と口にする人ほど、自分のキャパシティを把握していない可能性が高いです。キャパシティとは、自分が物事を行うのに負担に感じない範囲のことを意味します。

人はキャパシティをオーバーするといっぱいいっぱいになり、本来できるはずのことでも、「もうイヤ!」とすべて捨て去りたくなります。

最初から自分にできる範囲を知ることで、突然のキャパシティオーバーを防ぐことができ、取り組む前から「めんどくさい」と言い放つことも減るでしょう。

「前はここまで行けたけど、かなりしんどかったから、今度はこれくらいに設定してみよう」というふうに、自分のキャパシティを少しずつ探っていきましょう。

めんどくさいが口癖の人の改善法7【人を好きになる】

ネガティブ発言、素直になれない、家にこもる。それらはすべて人間関係が発端で起こっていることです。「めんどくさい」が口癖の人は、基本的に人が好きではありません。

家族や友人、仕事に恋愛…人間関係は複雑で、一筋縄ではいかないことがほとんどです。たとえ人が好きという人でも、面倒くさく思ってしまうことがあるくらいです。

それでも、一人孤独に生きたい人はまずいないと思います。孤独にならないためにも、まずは人を好きになる努力をすることから始めましょう。

できるだけ外出するようにし、触れ合う人たちの長所を見つけ、少しずつ他人を認めていくのです。新しい空気感に触れることで、いつしか「人って悪くないな」と思えるようになるでしょう。

めんどくさいが口癖の人の改善法8【素直に喜ぶ】

「めんどくさい」が口癖で、物事に取り組むことを億劫と感じる人は、根本的問題として、素直に喜べない性格になってしまっています。

周囲がうれしそうにしていても、「それが何?」「そんなにおもしろい?」と言わんばかりの顔をしていることもザラです。

しかし、ちょっとしたことに喜びを感じられないのは寂しいことです。

自分で自分の人生を塞いでしまっているようなものです。

まずは、「めんどくさい」が口癖の人本人が何かをしたら、大げさなくらいに褒めてあげるようにしましょう。そして「うれしくない?」と言って、強引にでもいっしょに喜んでもらうのです。

「喜ぶ」ことを積み重ねることで、少しずつ達成感が得られ、着実にその人を変えていってくれるでしょう。

めんどくさいが口癖の人の改善法9【「めんどくさい」と言わない】

「めんどくさい」という言葉を耳にして、気分のよくなる人はまずいません。この言葉は非常にネガティブな印象を人に与え、全体の士気を下げるほどの威力があります。

言葉には力があります。不思議なことに、その言葉を口にすることで、自身が望む望まないに関わらず、本当にその通りになる特徴があるのです。

つまり、「めんどくさい」と口にすることで、無意識ながら、自ら面倒くささを助長させることになってしまうのです。

意識を変えるためには、まずは「めんどくさい」という言葉そのものを使わないように心がけましょう。日々己に言い聞かせるだけでも、ずいぶんと口癖は減ってくるはずです。

これまで「めんどくさい」が口癖の人の性格や特徴として、ずいぶんネガティブなことばかり挙げてきました。「彼らにはデメリットしかないのではないか?」と感じた人もいるでしょう。

でも、性格とは不思議なもので、見方をちょっと変えるだけで、長所にも短所にもなり得ます。ここからは長所を挙げていきます。


◆関連記事:めんどくさがり屋を治したい!

めんどくさがりを治す方法は?面倒くさがり屋の性格と特徴も解説!

めんどくさいが口癖の人の長所1【発想が豊かなアイデアマン】

物事に対して「めんどくさい」と感じることは、ある種別の捉え方ができるアンテナになり得ます。

実際に口に出して「めんどくさい」と言い切る分、面倒くささを解消すべく、発想豊かに新しいアイデアを生み出そうとするのです。

ぶっちゃけ言ってしまえば、「イヤなものはイヤ」なのです。

それまで当然のこととして行っていたことに対して、「それって必要なこと?」と疑問を投げかけ、周囲をハッとさせるのは、実は「めんどくさい」が口癖の人だったりします。

効率的に物事を行うのをよしとするため、あまり固定観念がなく、結果を出すための最短ルートを見つけやすい人と言えます。

めんどくさいが口癖の人の長所2【人の目を気にしない】

仕事でも恋愛でも、多くの人は人間関係を気にして、できるだけ周囲の空気を壊さないように気を遣って生きています。

「めんどくさい」と言い放ってしまえる人は、その言葉ひとつでどれだけ周囲の雰囲気をぶち壊すか気づいていません。それは裏を返せば、人の目を気にしていないからと言えます。

いわゆる「空気を読まない、鈍感な人」は、人間関係で多大なストレスを感じがちな世の中において、大きな武器になるでしょう。

めんどくさいが口癖の人の長所3【考え方がシンプル】

真面目な人ほど、いろいろなことを深く考え過ぎて、さらにドツボにはまっていく傾向があります。また、人からどう見られているかを気にしてしまいます。

反対に「めんどくさい」が口癖の人は、考え方がとてもシンプルで、「必要であるか、そうでないか」「好きか嫌いか」といったシンプルな判断基準を持っています。

だから何かに縛られるということもないし、思考回路がスッキリとして、変にクヨクヨすることはほぼありません。

めんどくさいが口癖の人の長所4【意見の押し付けをしない】

たとえ頭の中に自分の意見があったとしても、「わざわざ説明してまで、わかってもらおうとは思わない」と思うのが「めんどくさい」が口癖の人です。

人に理解してもらう、共感してもらう、自分の意見を通すというのは、ある程度エネルギーや熱意が必要です。

彼らは自分の意見を押し付けることもなければ、その分人の意見に反発することもないのです。

めんどくさいが口癖の人の長所5【無駄なプライドがない】

「人に弱みを見せるのはイヤだ」「何としても自分の力だけでやり遂げてみせる!」物事で成果を出すには、ある程度のプライドが必要ですが、時にそれが足かせになってしまうこともあります。

プライドの高さが邪魔をして、人に助けを求められなかったり、キャパシティオーバーになってしまっては元も子もありません。

「めんどくさい」が口癖の人は、無駄なプライドがない分、「しんどいから助けて」と比較的あっさりと他人の力を借りることができます。その結果、物事がスムーズに進むのですから、周囲も御の字です。

めんどくさいが口癖の人の長所6【相手に合わせられる】

そもそも「めんどくさい」と言えるのは、物事に対してあまりこだわりがないからです。そのため「自分で決めるよりは、誰か決めてくれるならそれでいい」と考えている節があります。

彼氏なら、何をするにしても「何でもいい」と言われ、最初こそ不満を感じるかもしれません。でも、自身がこだわりのあるタイプなら、自分の好き勝手に連れ回すことができ、とても楽な相手になるでしょう。

意見がぶつかり合うことがないので、主張やこだわりの強い人には最適な相手と言えます。

めんどくさいが口癖の人の性格や心理を知って、上手に付き合おう!

「めんどくさい」が口癖の人の性格や特徴、心理を知れば、「なんだ、そうだったのか!」と納得がいった人もいるのではないでしょうか?

見方によっては、思いのほか快適な人間関係を築けるかもしれません。相手の性格や心理を知って、上手に付き合っていきましょう!

もっとめんどくさい性格について知りたい方はこちら

嫉妬深い彼氏の心理とは?めんどくさい彼氏の対処法解説!
めんどくさい人の特徴7つと対処法11選!
めんどくさい男の特徴9選と対処法!こんな男はイヤッ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ