人徳のある人の特徴21選!【必見】

仕事でも趣味の場でも、「人徳がある」と思わせる人物はいませんか?もしくは、あなた自身がそう言われたことがあるかもしれませんね。人徳者と思わせる人たちには、ある特徴があります。この記事で、人望と人徳の意味の違い、人徳のある人の特徴を21コご紹介します。

人徳のある人の特徴21選!【必見】のイメージ

目次

  1. 人徳のある人=人望のある人?彼らにはどんな特徴がある?
  2. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴1
  3. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴2
  4. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴3
  5. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴4
  6. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴5
  7. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴6
  8. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴7
  9. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴8
  10. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴9
  11. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴10
  12. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴11
  13. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴12
  14. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴13
  15. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴14
  16. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴15
  17. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴16
  18. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴17
  19. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴18
  20. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴19
  21. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴20
  22. これぞ人徳者!人徳のある人の特徴21
  23. 人徳のある人は人望もある!

人徳のある人=人望のある人?彼らにはどんな特徴がある?

自然とまわりに人が寄ってくる人っていますよね?彼らはいわゆる人徳者であり、特にすごいことをしているわけではないにしても、たくさんの人に慕われています。

似たような意味を持つ言葉に「人望」があります。使い方が混乱しますが、ざっくり分けると、どちらも「いい人」であることに変わりはありません。

細かく分けると、人徳には「その人に本来備わっている徳」の意味があり、人望は「他人から寄せられる、期待や尊敬、崇拝の念」の意味があります。人徳は生まれつきの意味が強く、人望は他人からの評価で積み上げられる意味が強いですね。

普段の使い方としては、人徳も人望もそれほど差はないと考えていいでしょう。今回は、人徳のある人の特徴について触れていきます。

あなたのイメージする人徳者に、どれぐらい当てはまるでしょうか?

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴1

【自分よりも他人を優先する】

人徳のある人の特徴その1は、自分よりも他人を優先することです。

たとえどれほど自分が辛くとも、人の心に寄り添い、相手の立場に立って行動することを厭いません。人徳者としての精神性・崇高性がよく表れていますね。

人徳者にとって、他人のために行動するのは当然のことで、そこにエゴはほとんど見られません。

「他人を助けることを優先できるなら、自分はどうなっても構わない」という自己犠牲の精神と言い換えることもできます。

他人のために動くことで、その徳が自分の元に返ってくるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴2

【人好きのする性格・雰囲気】

人徳のある人の特徴その2は、人好きのする性格・雰囲気を持っていることです。

いつも穏やかな口調で、ニコニコ笑って話をする人や、仕事で凛とした品性を感じさせる人は、男女問わず多くの人を惹きつけます。

「道路に唾を吐いて歩くのが当然」というような人と、お近づきになりたい人はいないと思います。人としての品やマナーがある人は、多くの人に安心感を与えます。

安心感があるということは、警戒心を抱かずに済むということ。人好きのする人は他人に愛され、また自身も他人を愛するものなのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴3

【他人のことを悪く言わない】

人徳のある人の特徴その3は、他人のことを悪く言わないことです。

たとえ本人の目の前でなくとも、悪口を発している時点で気分のいいものではなく、負の感情を呼び起こしてしまいます。

人徳のある人は、そもそもそうした負の感情が湧き出てこないこともあり、他人のことを悪く言うことがありません。

また、そんな感情が沸き起こったとしても、悪口を言うことで、まわりを不快にさせるだけだとわかっているので、口を閉ざしていることが考えられます。

なんにせよ、負の感情をコントロールできるくらい、精神的に高い位置に自らを置いている人と言えます。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴4

【人の心の痛みがわかる】

人徳のある人の特徴その4は、人の心の痛みがわかることです。

他人のために行動すること、気遣いをすること、他人の気持ちを惹きつけること…これらは人の心の痛みがわからないとできないことです。

人徳のある人は、自身が過去に傷ついたり、挫折を味わったりした経験を持っているものです。

その経験があるからこそ、人の心の痛みを理解し、痛みに寄り添うことができます。人との関わり合いを、何よりも大切にしているのです。

一度作り上げられた人との絆は、簡単なことでは壊れません。こうして、人徳者はさらに徳を積み重ねていくのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴5

【ボランティア精神がある】

人徳のある人の特徴その5は、ボランティア精神があることです。

困っている人を見ると、手を差し伸べずにはいられない…介護や福祉関係の仕事で、仕事と割り切って他人を支える人は多くいますが、無償で他人のために何かをすることは、簡単なようでなかなかできないものです。

人徳のある人は、電車で高齢者や妊婦に席を譲る、目の見えない人の手を引いてあげる。日常の些細なことに、迷うことなく手を差し伸べられるのです。

そこに損得勘定はありません。だから、人望も自然に募っていくのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴6

【信頼感がある】

人徳のある人の特徴その6は、信頼感があるということです。

仕事でも学校でも、世の中は人と人との信頼関係で成り立っています。それは会社のネームバリューがあるという意味ではなく、人として頼られるに値することを意味します。

似たような使い方をする単語に「信用」がありますが、これは過去の実績から判断できるという意味で、「信頼」は過去の実績など関係なく、「この人は大丈夫だ」と期待する使い方です。

信頼の意味を感じさせる人こそ、まさに人徳者の証。それは全身からにじみ出る雰囲気、品格から感じ取れるものなのでしょう。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴7

【責任感がある】

人徳のある人の特徴その7は、責任感があるということです。

仕事や組織で活躍するには、個々人が責任を果たすことが求められます。実際、責任感を持って仕事や物事をこなせるかは、その人の力量にかかってきます。

大事な仕事なのに、部下にすべて任せっきりにするでは、「責任」という単語の使い方を完全に間違っていると言わざるを得ません。

たとえ自分の能力以上の仕事であっても、まわりの協力を仰いで成し遂げようとする。そして、何かあればすべて自分が責任を負う気概がある…これこそが人望や人徳の為せる業なのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴8

【誰に対しても態度が同じ】

人徳のある人の特徴その8は、誰に対しても態度が同じであることです。

人と人が関わりを持つ限り、その中にはどうしても気の合わない人や、イライラさせられる人など、いわゆる自分とそりの合わない人がいるものです。

人徳者は、相手が誰であっても、自分の感情で態度をコロッと変えることはありません。

大体の人は、無意識にイヤそうな顔をしたり、雰囲気を醸し出したりしてしまうものです。

人望があり、自然と人を惹きつける魅力のある人徳者は、自分の感情をコントロールすることにも長けています。自分の感情で、他人を不快にさせることはまずないのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴9

【全体の調和を重視する】

人徳のある人の特徴その9は、全体の調和を重視するということです。

大体の人は自分の考えに偏りがちで、全体をバランスよく見ることができないものです。無意識ながら、自分の都合で動いてしまうんですね。

人徳者は仕事でも何事においても、常に全体のバランスを意識しています。

自分一人が成果を上げたところで、まわりが置いてけぼりになるようであれば、その成果はなかったことにして、全体と調和をとるようにします。

その徹底的な姿勢がさらに信頼を呼び、まわりの人間をも動かすほどの影響力を及ぼすようになるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴10

【気遣いができる】

人徳のある人の特徴その10は、気遣いができるということです。

他人に気遣いをすることは、人間関係を良好にすることにつながります。これはサラッと口にすることはできますが、高い精神性やボランティア精神がないとできないことです。

つまり、見返りを求めず、ただひたすら他人に与えることを当然とする精神を意味します。

驕ることも思い上がることもない人柄こそが、さらに人望を集めることになるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴11

【自分を客観的に見ることができる】

人徳のある人の特徴その11は、自分を客観的に見ることができるということです。

自分を客観視することは、思いの外難しいことです。「自分はこんな人間だ」と思い込んでしまうのは、むしろ当たり前なのです。

人徳のある人は、自分を客観視し、自分という人間をよく理解しています。だからこそ、他人の気持ちを推し量ることができ、自然な気遣いが生まれるんですね。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴12

【常に冷静沈着】

人徳のある人の特徴その12は、常に冷静沈着であることです。

このタイプは一見クールで、近寄りがたい雰囲気かもしれませんが、冷静に物事を見つめているからこそ、後になってその人の真価がわかってきます。

言葉数少ないながらも、言葉の使い方や選び方はとても上手。場に合った発言ができるので、人望が集まりやすくなるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴13

【人の幸せを自分のことのように喜べる】

人徳のある人の特徴その13は、人の幸せを自分のことのように喜べることです。

人の心の中には、嫉妬心や妬み、嫉みが渦巻いています。表面的には「おめでとう!」と言えても、顔つきや雰囲気はまったく祝われてる感じがしない…ということがよくあります。

人の気持ちを考えられる人徳者は、どちらが幸せかなんて比較することはありません。まるで自分のことのように、心の底から人の幸せを喜べるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴14

【ストイックである】

人徳のある人の特徴その14は、ストイックであるということです。

仕事でもイベントに参加するにも、組織のために自分ができることを考え、コツコツとストイックに取り組みます。そこに、「人から評価を得たい」「利益を得たい」といった私利私欲はありません。

自分の時間の使い方、チームワークの大切さを認識して物事に取り組む姿勢は、いつの間にかまわりの心を揺り動かすのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴15

【常に前向き・心が広い】

人徳のある人の特徴その15は、常に前向きで、心が広いことです。

たとえトラブルがあっても、「これは自分を成長させてくれる試練だ」と捉え、次に経験として活かすことができます。

また、自分がひどい目にあっても、なぜ相手がそんなことをしたのか、その心情に思いを巡らせ、相手を許すことができます。

そうした心の広さが、さらに人望を広げていくのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴16

【妬みや嫉妬が少ない】

人徳のある人の特徴その16は、妬みや嫉妬が少ないことです。

人は妬みや嫉妬が湧き起こることで、さらに自分自身を不幸へと追いやってしまいます。こうした感情は、使い方次第で物事を成し遂げる原動力にもなるのですが、実際はコントロールできない人が多いのです。

人徳者は、自分を客観視し、まわりを気遣うことができる分、心に余裕があります。そのため、他人と比較して、妬みや嫉妬が湧き上がることもそうないのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴17

【正確に物事を捉えられる】

人徳のある人の特徴その17は、正確に物事を捉えられるということです。

仕事でも何でも、客観的に物事を見れる能力がないと、チーム全体のバランスを考えたり、物事を正確に捉えることはできません。

正確な判断を下せるようになるには、ある程度の訓練が必要です。その訓練をこなす心の強さがあるからこそ、全体を俯瞰することができるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴18

【誤りを指摘できる】

人徳のある人の特徴その18は、誤りを指摘できるということです。

人の誤りを指摘するには、同時に気遣いも求められます。言葉の使い方ひとつ間違えたり、感情の赴くままに怒鳴ったりすると、恨まれることにもなり兼ねません。

その人のためを思って注意できることこそが、人徳者たる所以と言えます。彼らは心に響く言葉の使い方を考えながら、相手に注意することができるんですね。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴19

【笑顔が多い】

人徳のある人の特徴その19は、笑顔が多いということです。

これに反対意見のある人はいないでしょう。笑顔は人に幸せな気分をもたらしこそすれ、嫌な気分にさせることは決してありません。

言葉の使い方がいまいちでも、笑顔いっぱいに一言「大丈夫!」と言われれば、元気が湧いてくるものです。いつも笑顔だと人が集まるのは、自然の真理と言えるのです。

■関連記事:いつも笑顔の人って素敵ですよね!こちらもチェック!

笑顔が可愛い女性がモテる理由って?素敵な笑顔の作り方解説!
可愛い笑い方とモテない笑い方!笑顔で男性の心を鷲掴みしちゃえ!

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴20

【他人への感謝を忘れない】

人徳のある人の特徴その20は、他人への感謝を忘れないことです。

人格者には、「今の自分があるのは、まわりが支えてくれたからだ」という思いがあります。「ありがとう」と表面的な使い方で感謝を伝えるだけでなく、根本心理としてその思いがあるんですね。

その思いがさらにいいサイクルを生み出すことになるのです。

これぞ人徳者!人徳のある人の特徴21

【当たり前のことをサラッとこなす】

人徳のある人の特徴その21は、当たり前のことをサラッとこなすことです。

人徳者は、時間を守る、リスクを考えて行動するなど、人と関わって生きていく上で当然のことを、他人に要求したり、いちいち意味付けしたりすることはありません。

でも、当たり前のことをすることが、実は何より難しいということを、人徳者はよくわかっているのです。

人徳のある人は人望もある!

人徳のある人は人望もあります。生きることは厳しいことも多く、それほど簡単に人徳者にはなれませんが、そうなろうと努めることで、人生も自分の心も高めることができます。

小さなことから徳を積んで、人徳者を目指してみましょう!

もっと素敵なあなたになるために!こちらもチェック!

「頭が切れる人」の意味と特徴!頭の切れる人になる方法も解説
人を見る目を養う方法9選!人を見る目がある人になろう
自分磨きで女を磨く方法17選!自分磨きノートの書き方やアプリ紹介
人生なんとかなるもの!気楽な精神で生きる方法35選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ