攻撃的な人の心理と特徴!上手な対処法7選も解説

職場や身の回りに攻撃的な人って何人かいますよね。理不尽にいつでも他人を攻撃している攻撃的な人はどんな心理をしているのでしょうか?!この記事では攻撃的な人の心理や特徴、攻撃されてもストレスを溜めないようにするための対処法についてお伝えします。

攻撃的な人の心理と特徴!上手な対処法7選も解説のイメージ

目次

  1. 攻撃的な人って怖いですよね…
  2. 【攻撃的な人の心理的特徴①】支配欲がある
  3. 【攻撃的な人の心理的特徴②】攻撃しやすい人を狙う
  4. 【攻撃的な人の心理的特徴③】本当は自信がない
  5. 【攻撃的な人の心理的特徴④】情緒不安定
  6. 攻撃的な性格になる病気もある!!
  7. 攻撃的な人との付き合い方や対処法は?!
  8. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法①】受け流す
  9. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法②】反応しない
  10. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法③】パワハラとして報告
  11. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法④】労基へ通報
  12. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法⑤】自分でストレス解消
  13. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法⑥】受診させる
  14. 【攻撃的な人との付き合い方や対処法⑦】哀れな人だと思う
  15. 攻撃的な人にはきちんと対処して自分の心を守りましょう!!

攻撃的な人って怖いですよね…

攻撃的な人というのは、男性でも女性でも職場や趣味のサークルなどには必ず1人はいるものですよね。

自分が攻撃されて、いい感じがする人はいないものですよね。

他人を平気で攻撃する攻撃的な人がいると、その場がギスギスしたり、自分が攻撃を受けないように下手に出る人も現れたりして、あまりいい雰囲気にならないものです。

スピリチュアル的にも負のエネルギーを出していて、こちらのスピリチュアルパワーも吸い取られる感じがします。

攻撃的な人のターゲットにされてしまったら、とんでもないことにもなりますよね。


職場などで他人を平気で攻撃する攻撃的な人に、理不尽に攻撃をされてしまったために、スピリチュアルパワーも吸い取られて鬱になって休職や退職に追い込まれてしまう人もいます。

攻撃的な人というのはいったいどんな心理をしているために、他人に攻撃的な態度で接してくるのでしょうか?!

この記事では攻撃的な人に悩んでいる人のために、攻撃的な人の心理的特徴を見た後で、付き合い方や対処法についてみていきたいと思います。

【攻撃的な人の心理的特徴①】支配欲がある

まずは攻撃的な人の心理的特徴についてみていきましょう。

攻撃的な人の心理的特徴の1つ目は、支配欲がある、ということです。

いろいろな大義名分はあっても、戦争で他の国に攻撃を仕掛けるのは、相手の国を打ち負かして、自分の国が優位な立場に立って、支配することを一番の目的としているからですよね。

これは国同士の関係だけではなく、人間関係での攻撃にも同じことが言えるのです。

相手よりも優位な立場に立つためには、人徳で相手を納得させるよりも、攻撃を仕掛けて相手を心理的に自分の支配下に置いた方が簡単なのです。

攻撃的な人というのは、男性でも女性でも相手よりも優位な立場に立って支配したいという心理を強くもあっているものです。

男性でも女性でも、支配欲にまみれている性格の人は支配するために、激しく相手を攻撃して自分の支配下に置こうとするのです。

人を支配したいという欲に支配されると、スピリチュアル的なエネルギーも負のエネルギーとなるので、存在の芯からエネルギーを吸い取られてしまうのです。

【攻撃的な人の心理的特徴②】攻撃しやすい人を狙う

攻撃的な人の心理的特徴の2つ目は、自分が攻撃しやすい人を狙う、ということです。

攻撃的な人は、強きを助け弱きをくじく人です。

正義の味方の正反対にある人ですね。

自分の目上の人や、自分よりも力がある人に攻撃を仕掛けるような真似は決してしません。

自分よりも気が弱かったり、いつも1人でいることを好んで相談する友達がいなかったり、オドオドした態度でいたりする人をターゲットに絞って攻撃していきます。

そういった人はスピリチュアル的なエネルギーもとても弱いものです。

攻撃的な人のスピリチュアル的な負のエネルギーの餌食に簡単になってしまうのです。

ターゲットにされた人の多くは、鬱などの精神的な病気を患って休職や退職に追い込まれてしまいますが、攻撃的な人は上司に対してはとても人当たりがよく、仕事もできる人も多いことから、あまり問題にはされないことが多いのが現状です。

自分が攻撃されていると感じて、泣き寝入りをしたくないと思うのなら、音声を録音するなど、証拠を残すことが大切です。

■参考記事:負のオーラ、出しすぎていない?コチラも参照!

負のオーラを持つ人の特徴11選!オーラを消す方法は?

【攻撃的な人の心理的特徴③】本当は自信がない

攻撃的な人の心理的特徴の3つ目は、本当は自分に自信がない人が多い、ということです。

本当に自分に自信があって、心に余裕がある人というのは、男性でも女性でも他人を支配下に置く必要はありません。

スピリチュアル的にも良いエネルギーに満ち溢れていて、みんなの幸せを願うことができるのです。

それよりも、他の人と助け合って、よりみんなが豊かに幸せになることで、自分の幸せも増えていくことを良くわかっています。

ところが自分に自信がない人というのは、男性でも女性でも、自信がないということを、何か他のことで埋めようとします。

もともとはスピリチュアル的なパワーも弱かった人が多いのですが、努力の方向が間違えていたために、負のスピリチュアルパワーを溜め込んでしまったようです。

そして対人関係で自信のなさを埋めようとするときには、他人を心理的に支配下に置くことで、埋めようとするのです。

心理的に誰かを支配下に置くためには、やはり徹底的に攻撃をして、相手の気持ちを削ぐことが一番簡単な方法になります。

だから攻撃的な人は、ターゲットを絞ると、その人を徹底的に攻撃するのです。

【攻撃的な人の心理的特徴④】情緒不安定

攻撃的な人の心理的特徴の4つ目は、情緒が不安定な人もいます。

誰でも構わずに、上司や先輩など、自分の目上の人に対しても、攻撃して噛みついていくような性格の人は、情緒不安定だと思って間違いないでしょう。

特に女性の場合には、月経前症候群で情緒不安定になると、攻撃的になる人も多くいます。

また、失恋など、何か心理的にショックなことがあって、情緒が不安定になっている時に、他の人に対して攻撃的な態度を取ってしまう人もいますよね。

女性の月経前症候群の場合には、病気ではありませんがホルモンバランスなども関係してきます。

病院の婦人科や女性外来などで、月経前症候群を抑える軽い薬を処方してもらうこともできるので、月経前症候群のイライラや攻撃性があまり目に余る女性には受診を勧めてみた方がいいでしょう。

心理的なショックを受けて情緒不安定になっている人は、時間が経てば落ち着くので、温かい目で見守ってあげましょう。

攻撃的な性格になる病気もある!!

人に対して攻撃的な態度を取るのには、性格ではなく精神的な病気などの場合もあります。

病気の場合には、素人が対処しても、かえって病気が悪くなっていく場合もあります。

性格的に異常に攻撃的なところがある場合や、ある日突然、理由もないのに性格が攻撃的になってしまった場合などは、何らかの心の病気や脳の病気の可能性があるので、無理やり引っ張っていってでも病院へ連れて行く必要があります。

攻撃的な性格になる病気には次のようなものがあります。

・うつ病
うつ病は落ち込む病気なので、攻撃的になるイメージはありませんよね。しかし、疲労と焦りからイライラして周りに当たり散らして攻撃的になる場合もあります。

・躁うつ病
うつ病と混同しやすいのですが、意欲が低下してしまううつ病とは違い、脳の活動が低下する時と活発になりすぎる時と両極端に症状が現われるのが特徴です。躁状態の時に攻撃的になる人がいます。

・境界性人格障害
信頼関係に対して見捨てられるのではないかという不安が強く、相手を必要以上に束縛したり支配したりする人格障害です。一見すると華やかで仕事もできる人が多いのですが、ターゲットにロックオンされてしまうと、とことん攻撃されるので心理的に疲弊してしまいます。

この他にも自己愛性人格障害や発達障害、初期の認知症などでも人に対して攻撃的になりやすい病気や障害があります。

何かおかしいと思ったら、性格だからと諦めるのではなく、病気を疑ってとにかく受診して専門家の診断を仰ぎましょう。

■参考記事:病み期になってしまったら?コチラも参照!

病み期の心理的症状と3つの脱出法を解説!

攻撃的な人との付き合い方や対処法は?!

ここまで攻撃的な人の心理的な特徴や病気についてみてきました。

病気や人格障害などによって攻撃的な態度を人にとる人なら、専門家にお願いしなくてはいけませんが、単に性格的なものだった場合には、専門家の助けを得られないことも良くありますよね。

そういう根本的に性格が攻撃的な人からは、自分で何とか対処しなくてはいけません。

スピリチュアル的なパワーもどんどんと吸い取られていくので、しっかりと対処しないと生きる意欲が亡くなってしまいます。

攻撃的な人にロックオンされてしまった時には、付き合い方や対処法にはどんなものがあるのかここからみていきたいと思います。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法①】受け流す

攻撃的な人との付き合い方や対処法の1つ目は、攻撃をされても受け流すことです。

攻撃的な人に自分の悪口を言われたり、弱みを大げさに指摘されたりすると頭に来てしまいますよね。

しかし、攻撃的な人はどうしてあなたのことを攻撃しているのでしょうか?!

それはなぜかというと、心が弱い人だからです。

スピリチュアル的にも間違えた方向のパワーを持ってしまっているのです。

自分に自信があって余裕がある人なら、人のことをわざわざ攻撃して嫌な思いをさせる必要はありませんよね。

だって、他人を攻撃して嫌な思いをさせたら、相手も自分のことを嫌いになってしまうことが、普通の人ならわかっているものですから。

それを攻撃的な人はわかっていないのです。

ある意味では心が弱い可哀想な人だと思って、負のスピリチュアルパワーに負けずに、憐みの気持ちを持って接するようにしましょう。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法②】反応しない

攻撃的な人との付き合い方や対処法の2つ目は、攻撃されても反応しないことです。

攻撃的な人は、あなたが反応するとますます攻撃を強めてきます。

だから敢えて反応しないで、攻撃されても無視することを徹底しましょう。

仕事をする上で話をしなければいけない時でも、業務上必要最低限の会話にとどめておいて、それ以上の会話はしないように気を付けます。

攻撃的な人は、相手が反応しなければ、攻撃している意味がなくなってしまいます。

攻撃に対して反応することは、相手の攻撃したいという気持ちに、エネルギーを与えてしまうことになるのです。

ネガティブなスピリチュアルパワーに対して、餌を与えてしまうのと同じです。

精神的なステージで同じ土俵に立たなければ、攻撃のしようがありません。

攻撃に対して反応しなければ、自分は相手とは同じステージに立たない、ということを相手に無言で伝えることになります。

同じ土俵に立ってはいけません。

相手はちょっとおかしい人なのですから。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法③】パワハラとして報告

攻撃的な人との付き合い方や対処法の3つ目は、会社で上司や同僚から理不尽な攻撃を受けている場合には、しっかりと証拠を残した上で、パワハラとしてパワハラの対策部署へ報告をすることです。

攻撃的なパワハラをしてくる人の多くが、仕事自体はできる人が多いので、会社の中には味方が多くいます。

ですから、パワハラとして報告する場合には、暴言を録音したり、人格攻撃をしている内容のメールやLINEを残しておくなどして、証拠をしっかりと保全しておく必要があります。

味方でもかばいきれないほどの証拠を揃えた上で報告をすれば、会社の方も対策をせざるを得なくなります。

どうしても会社が動いてくれない場合には、人権派の弁護士にお願いするのも一つの手段です。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法④】労基へ通報

攻撃的な人との付き合い方や対処法の4つ目は、労働基準監督署に告発をするというものです。

会社の中にパワハラに対する対策部署がない場合や、会社にいくら訴えても対策をしてくれない時には、労働基準監督署に告発するのも良いでしょう。

労働基準監督署には、労働者の健康やメンタルを守るために、企業を監視する役割もあります。

精神的に追い詰められて、会社を辞めるしかないところまで行ってしまったと思ったら、辞表を出す前に労働基準監督署へ相談してみましょう。

相談は窓口まで行かなくても、電話やメールでも受け付けてくれます。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法⑤】自分でストレス解消

攻撃的な人との付き合い方や対処法の5つ目は、会社の嫌なことを忘れるくらい、思いっきりストレス解消をする方法を見つける、ということです。

攻撃されていると、その攻撃をされてしまう理由が自分にあったとしても、とにかくストレスが溜まります。

いろいろと証拠を集めるために、敢えて反論や口出しをしないで相手に好き勝手言わせている時でも、自分の悪口を聞いているのはストレスになるものです。

でもそこで心が折れてしまったら負けてしまいます。

溜まったストレスはとにかく他の場所で発散するように工夫しましょう。

カラオケで思いきり絶叫するのも良いですし、ボクシングジムへ通って、サンドバッグを嫌な上司の顔を思い浮かべながら殴るのもOKです。

嫌なことはその週のうちにすべて発散させるようにしましょう。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法⑥】受診させる

攻撃的な人との付き合い方や対処法の6つ目は、攻撃的な人をとにかく病院へ引っ張って行って受診させることです。

これは、もともと性格的に攻撃的な人ではなくて、ある日突然人格が変わってしまって攻撃的な人になってしまった人には大切なことです。

また女性で月経前症候群によって、毎月期間限定で攻撃的な人になってしまう人にも受診を勧めることは大切です。

女性でも男性でも攻撃的な人が他人をむやみやたらと攻撃することは、攻撃を受ける他人だけではなく、攻撃をしている人の心や人生にもダメージを与えるものです。

投薬や治療によって、攻撃的な人の性格が穏やかになって、平和な職場環境を作ることができるのなら、良いですよね。

攻撃的な人がこれ以上他人を攻撃しないように病院へ連れて行くことはとても大切なことです。

【攻撃的な人との付き合い方や対処法⑦】哀れな人だと思う

攻撃的な人との付き合い方や対処法の7つ目は、攻撃的な人のことを、他人を攻撃することでしか自分の精神を保つことができないような、心の狭い哀れな人だと、憐みの気持ちを持って接することです。

これは攻撃的な人が、攻撃を与えることで相手の上に立とうとするのと同じように、相手を憐みの目で見ることで、攻撃的な人のことを見下す視点を持つということになります。

しかし、憐みの目線で見るためには、攻撃的な人よりも精神的には高いレベルに立たないとできないことです。

心の底から攻撃的な人のことを可哀想な人だと思えた時には、あなたはもう攻撃的な人の支配から完全に逃れることが出ています。

かなりの高等テクニックですが、可哀想な人なんだ、という視線で明日から攻撃的な人のことを見てみてください。

きっとあなたの視線が変わったことに気が付いて、攻撃的な人も焦りはじめますよ!!

攻撃的な人にはきちんと対処して自分の心を守りましょう!!

ここまで他人を平気で攻撃する、攻撃的な人の心理や特徴、付き合い方や対処法についてみてきましたがいかがでしたか?

攻撃的な人というのはどこにでもいるものですが、攻撃的な人にロックオンされて攻撃をされてしまうと、メンタルを削がれるものです。

攻撃的な人からの攻撃から自分の心を守るためには、男性でも女性でも正しい対処法が必要になります。

闇雲に訴えたところで、スルーされてしまうのがオチなので、訴え出ることを考える場合には、しっかりとした証拠集めをするように頑張りましょう!!

また心を壊さないように自分の心を守ることもお忘れなく!!

どうしても攻撃をかわせないのなら、人生の終了ボタンを押したくなる前に、その場から逃げる、というのも大切な選択ですよ!!

攻撃的な人についてもっと情報を知りたいアナタに!

クレーマーの心理とは?なんで難癖をつけてくるの?
モラハラ彼氏の特徴は?別れ方・対処法教えます!【要注意】
思いやりのない人の特徴と性格9選!
文句ばかり言う人の特徴9選!悪口や愚痴ばかりの人の心理はこれ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ