天才の特徴・性格21選!凡人との違いは何?

天才と凡人の決定的な違いとは何でしょう?天才には凡人とは違い、ある特徴があります。凡人と天才とを分ける特徴とはなんでしょうか?今回は天才とは何なのか?そんな永遠のテーマともいえる問題について迫っていきます。天才の特徴とは?そして才能とは?

天才の特徴・性格21選!凡人との違いは何?のイメージ

目次

  1. 天才とは何か?
  2. 【天才の特徴】①幼少期から特異な行動
  3. 【天才の特徴】②感覚が優れている
  4. 【天才の特徴】③驚くほどの集中力
  5. 【天才の特徴】④集中力に欠ける
  6. 【天才の特徴】⑤ルールに縛られない
  7. 【天才の特徴】⑥個性的な考え方
  8. 【天才の特徴】⑦誤解されやすい
  9. 【天才の特徴】⑧直感
  10. 【天才の特徴】⑨片付けが苦手
  11. 【天才の特徴】⑩頑固
  12. 【天才の特徴】⑪柔軟性
  13. 【天才の特徴】⑫理解してもらえない心の傷
  14. 【天才の特徴】⑬理解できない凡人の生活
  15. 【天才の特徴】⑭感じている疎外感
  16. 【天才の特徴】⑮努力
  17. 【天才の特徴】⑯開拓者
  18. 【天才の特徴】⑰非常識
  19. 【天才の特徴】⑱固い意志
  20. 【天才の特徴】⑲理解者が必要
  21. 【天才の特徴】⑳天才と天才肌は違う
  22. 【天才の特徴】㉑天才は天才のみが理解する
  23. 【天才の特徴】天才は偏差値ではない

天才とは何か?

天才とは何か?
どんな人の事を言うのか?

そんな問いに一言で回答できる人はいないでしょう。
なぜなら天才とはあまりにも漠然とした言葉だからです。

天才とは一つの事に特に長けている人の事をいい、そして
天才とは凡人とは違い、一風変わった人の事をいい...

ただ頭の良い人なら秀才と呼びます。

凡人の私たちが、どこか違う、人よりも素晴らしく秀でた才能・能力を持っている人の事を「天才」と名付けはしましたが、天才にもいろんな種類の天才がいます。

彼らの特徴はみな同じなのでしょうか?

天才と言われる人たちの性格や特徴を21個にまとめてみました。

【天才の特徴】①幼少期から特異な行動

天才は生まれたときから天才です。
幼少期からその才能は発揮されますが、幼少期から天才だと理解される子もいれば、性格悪い変わった子だと敬遠される子もいます。

それは天才独特の行動から「変わった子」だという烙印を張られるからなのですが、天才は人と違う考え方をするから天才なのであって、それは幼少期といえども同じこと。

幼少期から一つの才能に秀でていて、天才児だと言われ、モーツアルトのように才能の開花を見守ってくれる人が周りにいれば別、
後に天才と呼ばれる人たちは、自分の才能がどこに向いているか分からない間は残念ながら「一風変わった子」と言われます。

天才と周りが認めてくれればその特異な行動も「天才だから」という事でまるく収まりますが、天才の子供は幼少期、周りから「性格悪い」など、良い顔をされず受け入れられないことで心理的に傷つくことが多いようです。

その特異な行動も、天才ならではの視点で周りの人がその考え方、行動についていけないだけなのですが、いかんせん幼少期は性格悪いと理解されにくいようです。

【天才の特徴】②感覚が優れている

天才は幼少期から特に感覚が優れています。
どのような感覚かといえば天才一人ひとり、秀でているところが違いますから、一口にいう事はできません。
ただ、画家であれば色彩感覚、物の捉え方。
スポーツ選手であれば体の動かし方、物の動きに対する感覚。

凡人がその技を、知識がどこから来るのか教えてくれと頼んだところで、天才の彼らにしてみれば

「なぜ分かってもらえないのか?」

と、理解できません。
こんな不思議顔が時に天才は凡人を蔑む→性格悪いと言われてしまう理由かもしれません。

『音楽は感覚の数学であり、数学は理性の音楽である。』 Music is the mathematics of sense , mathematics is the music of reason. ──Sylvester (シルベスター) / 1814~1897年

数学者のシルベスターが言った言葉です。
もはや数学が「美」に見える「音楽」に聞こえるその感覚は、同じ天才同士でしか理解しえないものかもしれません。

天才肌は良いコーチ、教師になれないと言うのも、凡人との感覚の違いからでしょう。
感覚の違いから天才はどれだけ頭が良くても凡人には教えることができないのです。


◆関連記事:頭のいい人の特徴はこちらからも読めます!

頭が切れる人の特徴と違い9選!頭が切れるの意味ってそもそも何?

【天才の特徴】③驚くほどの集中力

天才は幼少期から驚くほどの集中力を発揮します。
集中力が天才を作っていると言っても過言ではありません。
その圧倒的な集中力は周囲の人を驚愕させます。

よく、

「一度集中し始めると何も聞こえなくなるみたい」

なんて事を聞くことがあります。
それもそのはず、本当の天才は「本当に聞こえなくなる」のです。
周りが見えないほどの集中力は尋常ではありません。

幼少期、天才と後に言われるような子供が、例えば「アリ」に興味を持つとします。

凡人の子供はある程度すれば飽きて違う事を始めます。
天才の子供は何時間でもアリを観察し続けます。
母親が泣き叫んで癇癪を起す子供をひきずって帰らない限り、その集中力が途切れることはないでしょう。

それほど、一つの事に対する天才の集中力はすさまじく、
「この子どこかおかしいんじゃないかしら?」と思われて幼少期には心理的に傷つくこともあります。

【天才の特徴】④集中力に欠ける

前項の集中力があるのと真逆です。
どういう事かというと、興味のない事に対してはしなければいけない「義務」だとしても集中力を保つことを非常に苦手とする傾向があります。

このため幼少期は学校の授業中に席に座っている事ができず、違う事を始めてしまったり、同じ反復練習などを苦手とするので、

苦手でもしなければいけない事だから、その時間は心理的に嫌でも作業をする凡人と

興味がないから、しなければいけない時間だけどそれが理解できずに逃げてしまう天才とに分けられます。

天才の集中力は自分の興味があるかないかで非常にはっきりと分かれます。
特に何に対して興味があるのかまだ周りからも認められない幼少期は、集中力散漫な子供だと言われる人が多いようです。

アインシュタインに至っては学生時代はかなりの落ちこぼれ。
暗記する事が極端に苦手で、得意な数学以外は全くダメな成績だったようです。
でも偉大な功績を残していますよね。


◆関連記事:頭が悪い人の特徴はこれだ!

頭が悪い女の特徴9選!これは男に嫌われる!

【天才の特徴】⑤ルールに縛られない

天才には独自のルールがあります。
それは往々にして社会の一般的なルールとは相いれません。
当然ですよね、社会のルールは凡人である私たちが生きやすいように決められているのですから。

時に頑固で、一般的に良いとされているものでも、自分の考えと違う事は頑として譲りません。
彼らは食べたいときに食べるし、寝たくなったら寝ます。

1日3食食べるなど、人が決めたルールであって、自分には関係ありません。
このような生活習慣は大人になれば「自分ルール」として確立できますが、幼少期は手のかかる子だと言われ、奇異な行動は「性格悪い」と言われてしまう事もあります。

【天才の特徴】⑥個性的な考え方

天才は感覚が凡人と違うと言いましたが、考え方も個性的です。
そして強い意見を持っています。

例えば一つの問題に対して、Aの答えを与えられると凡人は「なるほどAか」と納得しようとします。

凡人と違い天才は「なぜAでなければいけないのか」という理由を追求しようとします。
そこからまた突拍子もないBという答えを導き出すのです。

凡人の私たちには、Bという回答があった事に驚き、またどうしてBがという答えが導かれたのか顔を見合わせるでしょう。
既成概念の枠にとらわれない考え方ができるのが凡人と天才の違いなのでしょう。

【天才の特徴】⑦誤解されやすい

天才は非常にお喋りが好きです。
なぜなら、知らない事に対する知的好奇心が多いからです。
とにかくよく質問をするし、「なぜだろう?」といつも考えていますから、質問攻めをすることもよくあることです。

そう言ってしまえばコミュニケーション能力に長けているように感じますが、違います。
天才は凡人と違い、空気を読むことが非常に苦手です。

相手が質問されて困っている事なんか意にも介しないので性格悪いと誤解されることも。
性格悪いも何も、自分の今持っている知的好奇心を満足させたい心理、その一心で質問攻めするのです。

また、自分の意見をはっきりと述べるので、凡人の偉い人なんかにとってみれば

「なんて生意気な奴なんだ」
「こいつは性格悪いな」

となってしまうのでしょう。


◆関連記事:頭が悪かったとしても性格は良くいたいですよね

性格が悪い女の特徴を公開!!

【天才の特徴】⑧直感

「ひらめき」

これは天才の顔。
いままで誰も考えつかなかった事をやってのけるのが天才ですから、直感が優れていると言ってもおかしくはありません。

学問においても、芸術においても、スポーツにおいても天才は直感的であると言います。
私たち凡人は良くも悪くも既成概念にとらわれすぎていて、新しいアイデアを作り出すことを苦手とします。
凡人は考察し、研究するのは得意でも、天才のように新しいものを作り出すことができません。

でも天才は時に周りの人から馬鹿にされるような突拍子もない事を思いつきます。
発明しかり、抽象芸術しかり。
そしていつも私たち凡人は天才の「新しさ」「奇抜さ」にあきれ顔で、しかし魅了されるのです。

【天才の特徴】⑨片付けが苦手

凡人の私たちはつい、「身の回りが片付いていないと、頭の中の整理もできない」と周りにも片づけを強要します。
それは社会に出て、会社で働くようになると尚顕著になります。
ゆえに、デスク回りが汚い人は嫌な顔をされ、仕事ができないなどと言われるのです。

しかし天才肌の人は違います。
天才肌の人は完璧主義でもあります。
しかし、この完璧主義も心理的には1か0かという極端なもので、完璧でないならどうでもいいと知らん顔。

机の上をいつもいつも整頓することができないから、それなら片付ける意味がない。

とこうなるようです。
これでは性格悪いと嫌な顔されても仕方がないのかも。

でも片付けに時間をかけること自体がもったいない、他にやらなければいけない事は山ほどある!と知らん顔するのも天才ならでは。

だから神経質な天才もいますが、片付けが極端に苦手な天才もいるのです。

【天才の特徴】⑩頑固

頑固というのは時として長所にもなり、短所にもなります。
天才と言われる人たちは、よく頑固、偏屈、性格悪いだとか嫌な顔をされる人がいます。
それは自分が良かれと思ってやっている事に非常に自信を持っているため、他の人の意見を聞く余地がないのです。

信念を持っているといえば聞こえは良いですが、それは自分が没頭している研究課題や、作品以外にも顕れます。

ただし、自分が認めた人との意見交換はキラキラした顔で激しく行い、それによって、自分が間違っていると納得すればとても素直な顔で譲ることができます。
これは自分が興味を持っている事に対しての他からの刺激によるもので、自分の中に心理的矛盾が生じないためでしょう。

私生活のことになると全く話は別。
一旦自分ルールができてしまうと、そのルールを覆すことはどんなに怖い顔をしようが、母親でも恋人でも無理です。
これが「天才は変人」などと言われる原因なのでしょう。

【天才の特徴】⑪柔軟性

物事の既成概念にとらわれない天才は、考え方が非常に柔軟です。
これは頑固と真逆なのですが、知的好奇心が高い彼らにとって、考えを柔軟に保つというのは必須の事。

いつも何かを考え、真理を導き出そうとするときに、考え方が柔軟でなければ新しいアイデアなんて浮かんでくるわけがありません。

彼らの考え方は非常にユニークで柔軟。

凡人芸術家なら、「そんなのは邪道だ!」と違うジャンルの芸術家らヒントを得ようとはしないでしょう。
従来のやり方を守ってその中で芸術を追求します。

天才芸術家はジャンルの枠という概念を理解しません。
だから「邪道」と言われる事にも挑戦、吸収し、自分の芸術をさらに高めるのです。
天才は柔軟であるがゆえにいつも新しいことにチャレンジし、全く違うものを作り出すことに成功する。

頭の柔らかさは天才の人の必須条件なのでしょう。

【天才の特徴】⑫理解してもらえない心の傷

天才は心の傷を抱えている人が少なくありません。
天才は本来とても明るい性格で、探求心が強く、興味のあることには情熱を注いで突き進みます。
しかし、その行動は時に常識を逸しており、天才の心理は周りの人から理解されることがありません。

空気を読むことも苦手なので、意見を言わない方がよい場でもはっきりと自分の考えを言うため、

「性格悪い」
「生意気」
「変わっている」

などのレッテルを貼られます。
これは、天才とは言え心理的な傷を負う事になります。

もともと内向的ではない性格も、このような心の傷が重なってだんだん性格が内向的に、心理的に1人を好むようになっていくことに。
性格悪いわけではないのですが、誤解されやすいところが天才の枷なのかもしれません。

【天才の特徴】⑬理解できない凡人の生活

凡人が天才を理解できないように、天才も凡人を理解できません。
凡人が天才肌の人を見て

「すごいね」
「うわーカッコいい」

なんて軽々しく言う凡人の心理が分からないでしょう。
なぜなら彼らにとっては空気を吸うように、考える事が当たり前だからです。

逆にどうして凡人の人たちは考えないのだろう?
不思議だと思わないのか?
追求したいと思わないのか?

凡人の心理は理解に苦しむでしょう。

天才の心理は天才しか理解しない。
これはまんざら嘘ではないようです。
また凡人の心理も凡人しか理解しません。

既成概念にとらわれて生活をしている凡人の生活は彼らには全く理解ができないのです。

【天才の特徴】⑭感じている疎外感

理解されないというジレンマは時に強烈な疎外感を生みます。
特に幼少期からずっと

「変わっている子」
「あの子は性格悪いから近寄らない方がいい」

なんて言われ続ければ、疎外感を感じないわけがありません。
この社会からの疎外感は大人になって変わることはなく、鬱を引き起こす原因にもなります。

もともと天才は物事を深く考えていく性格ですから、自分が社会から受け入れられない事実をとことんまで突き詰めようとします。
それが鬱の原因です。

周りに認められた天才なら、「特別な存在」としてチヤホヤされることもあるでしょうが、世の中には世間から評価されない天才もいます。
例えば自殺してしまったゴッホはあまりにも有名です。
彼は生前周りから作品を全く評価されず、生涯売れた絵は1枚きりだったと言われています。

彼の作品を見ると、鬱々とした心理が伝わってきます。
天才が才能を認められなければ、「変人」「狂人」として心理的に更なる疎外感と挫折を味わうのは当たり前の事。
強烈な疎外感は天才だけが感じうる激しい葛藤なのかもしれません。

【天才の特徴】⑮努力

「天才とは1%のひらめきと99%の努力である」
このあまりにも有名なトーマス・エジソンの名言は実は誤解で、本当は

「1%のひらめきがなければ、99%の努力も無駄になる」
というエジソンの言葉が勝手に解釈され、今にいたったようです。

もちろん、ひらめきが来ないのが凡人なのでしょうし、ひらめきがなければいくら努力をしても誰も評価をしてくれないわけです。
ただ、私はやはり天才は努力の天才でもあると考えます。

努力とは他人が決める事。
天才の人は自分が「努力をしている」とは思っていないでしょう。
自分が今情熱を傾けている事に対して最大限の時間を費やす。
そのための凄まじい集中力とエネルギーは凡人には想像もつかないくらいの熱です。

その姿は凡人の私たちから見れば「すごい努力」に見えるかもしれません。
エジソンは1日8時間労働などそんな決まりは何も生み出さないと嫌な顔をし、自分は18時間働くのです。
自分の情熱の向くところに惜しみない時間とエネルギーを費やせるのが天才と言えるのではないでしょうか。

【天才の特徴】⑯開拓者

天才は開拓者である。

というのも、ここが天才と頭の良い人の決定的な違いだからです。
頭の良い人は、もちろん頭が良い、当たり前ですが、でも天才との決定的な違いは今ある情報を元に考え、真理に迫ろうとします。

対して天才は今まで誰も考えつかなかったまさに「ひらめき」で、新分野を開拓します。

今まで誰も考えつかなかったセオリー。
今まで誰も試そうとしなかった方法。

全く何もないところから新しいものを生み出すことができるのが天才なのです。
天才でない、ただの頭の良い人は天才が開拓してくれたところを深く突き詰めていく、そんなはっきりとした違いがあります。

【天才の特徴】⑰非常識

天才は時に非常識な顔を持ちます。
非常識とはあまりいい印象を持ちませんね。
でもこれはある意味仕方がない事なのかもしれません。

興味のない事にはとことん興味を示さない。
これも天才。

興味のある話には大興奮して盛り上がりますが、興味のない話になったとたん、スマホを触る、ぼーっとした顔をする。
こんなことは当たり前です。
一緒に話をしている相手にとってみれば、自分の都合の良いばかり会話に入ってきて本当に「性格悪い」「非常識な人」だと思われる事もあるでしょう。

会話以外でも、みんなでの食事中に急に席を立ったり、とにかくいわゆる「マナー」などとは無縁な所があります。

【天才の特徴】⑱固い意志

固い意志は天才の大きな特徴でしょう。
特に、一つの事を考え始めたら自分の中で答えが見つかるまでやめない固い意志は天才ならでは。
そのかっこたる意思があるからこそ成し遂げることができるのかもしれません。

天才肌の人は往々にして周りの人から

「努力もせずに人にはできないような結果を残す」

といった誤解を受ける事があります。
しかし天才肌の人は凡人とはスケールの違う努力をしているのです。
一つの事を突き詰めるときのその固い意志は、誰もが「無理だろう」と思う事にも果敢に挑戦し、達成するまで辞める事はありません。

凡人はある程度努力をすれば、「妥協」という言葉が顔を見せるもの。
しかし天才に「妥協」という概念は存在しません。
それは何日も、何週間も、何年も...
その固い意志で周りの人があきれ顔をする程、妥協をしません。

それが天才が天才である所以なのかもしれません。

【天才の特徴】⑲理解者が必要

天才に必要な物。

それは「理解者」です。
理解者がいてこそ、天才が天才になれると言ってもよいのかもしれません。

今までいろいろと天才の特徴を述べてきましたが、お気づきの通り、周りからちょっと浮いてしまう、心理的に誤解を受けやすいという特徴が幼少のころから顕著に表れます。

ゆえに、天才がその才能と能力を発揮するためには天才を理解し、サポートする周りの理解が絶対条件。
幼少期から変わった子供で、時に母親からも

「どうしてうちの子はこんなに変わっているのかしら」

と個性を認められず、厳しく躾られることも少なくはありません。
でもサポートシステムがなければ天才も才能を開花させることはできず、理解されず、社会からはじかれることになってしまいます。
天才に自殺が多いのも、理解者が少ないからと言えなくもないでしょう。

【天才の特徴】⑳天才と天才肌は違う

天才と天才肌は違う。

私たちは、天才と天才肌をよく混同して考えがちですが、天才と天才肌は全く違います。
天才肌の「肌」はいうなれば「っぽい」という事。

天才肌の人は確かに、才能あふれる人です。
でも天才肌の人は天才とは違います。
誤解を恐れずいうのであれば、「器用」といってもいいのかもしれません。

天才肌の人はサラっとなんでもこなすイメージでしょうか。
天才の人は、意外とサラっとなんでもこなすことはありません。
天才肌の人は、幼少期に変わった子だと思われることはなく、天才と反対に「学校のエース」的な存在になります。

このように天才と天才肌は全く違うのです。

【天才の特徴】㉑天才は天才のみが理解する

天才は天才ののみが理解する。
前項で述べた「理解者」は天才の才能を理解する人の事。

しかし本当に天才の事を理解できるのは、まさに天才のみ。


周りの人からすれば、時に

「空気を読めない人」
「性格悪い」
「人を馬鹿にしている」

など誤解されがちな天才。

そのために人口の数%にしか満たないIQの高い天才のみが会員になれる、交流する場があります。
メンサ(Mensa)という組織はまさに、時に性格悪いと社会から孤立してしまいがちな天才の交流の場所。
天才は天才と一緒にいるときだけ、本当に理解され、受け入れられると感じるようです。

【天才の特徴】天才は偏差値ではない

ここまで天才について語ってきましたが、お分かりいただけた通り、天才とはただ「学問ができる人」ではありません。

開拓者であり
人並外れた集中力であり
突拍子もないアイデアであり...

凡人は天才に憧れますが、天才は天才がゆえに悩み、時に辛い幼少期を過ごします。
天才は偏差値では測れない。

天才は、周りが引いてしまうほどのエネルギーを持って自分の興味がある分野に取り組む人の事を言うのではないでしょうか?

性格を良くしたい人はこちらをチェック!

熱しやすく冷めやすい人の性格・恋愛傾向・特徴!治し方は?
性格を変える方法9選!人生が良くなる!【性格を変えたい人必見】
メンタル弱い人の特徴13選!仕事や恋愛で上手くいくには?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ