頭が切れる人の特徴と違い9選!頭が切れるの意味ってそもそも何?

頭が切れる人は、男性としての色気が満載です。仕事もできるため、結婚相手として理想でしょう。しかし、頭が切れる人は見極めるのは難しいものです。いったい、どうすれば良いのでしょうか。そこで今回は、頭が切れる人の特徴を紹介していきたいと思います。

頭が切れる人の特徴と違い9選!頭が切れるの意味ってそもそも何?のイメージ

目次

  1. 【はじめに】頭が切れる人は色気がある
  2. 頭が切れるってどういうこと?
  3. 【頭が切れる人の能力①】分析し盗む能力
  4. 【頭が切れる人の能力②】優先順位を決め組み立てる
  5. 【頭が切れる人の能力③】リスクを想定できる
  6. 【頭が切れる人の能力④】発想し実現する能力
  7. 【頭が切れる人の能力⑤】伝達し理解させる能力
  8. 【頭が切れる人の能力⑥】軸が確立しておりブレない
  9. 【頭が切れる人の能力⑦】まとめて最善策を導く能力
  10. 頭が切れる人を見分ける
  11. 【頭が切れる人の特徴①】整理整頓が上手
  12. 【頭が切れる人の特徴②】遅刻をしない
  13. 【頭が切れる人の特徴③】計画を立てる
  14. 【頭が切れる人の特徴④】同じミスをしない
  15. 【頭が切れる人の特徴⑤】仕事のスピードが速い
  16. 【頭が切れる人の特徴⑥】単純な間違いが少ない
  17. 【頭が切れる人の特徴⑦】人にイジられるのを嫌う
  18. 【頭が切れる人の特徴⑧】問いに対して即答しない
  19. 【頭が切れる人の特徴⑨】常に冷静
  20. 【まとめ】頭が切れる人は多くないけれど…

【はじめに】頭が切れる人は色気がある

頭が切れる人は色気があります。格好良く見えますし、仕事もよくできるので、女性にとっては憧れの人になるのです。

そのような色気を持った人と結婚できれば、それは人生にとって最高の成功となるかもしれません。経済面でも問題はありませんし、頭のいい人は気遣いもできるため、幸せな毎日を過ごすことができるでしょう。

頭がいい人に色気があるのは、男らしさがあるからです。最近は草食系男子が多いですが、頭がいい人はリーダーシップを発揮するのが得意なため、男性特有の色気が体全体からほとばしっています。そのため、女性は最近ではあまりいない、大人の色気を持った男性に魅了されてしまうのです。

頭が切れるってどういうこと?

頭が切れる人は色気がある、という話でしたが、そもそも頭が切れるとはどういうことなのでしょうか。
頭が切れる人には実は二種類の人間がいます。アカデミックスマートとストリートスマートと、呼ばれる人です。

アカデミックスマートとは、学校の勉強ができる人です。つまり学歴がある人、ということになるのですが、残念ながらこのような人に、頭がいい人特有の色気があるとは限りません。この色気は、ストリートスマートが持つ色気なのです。

ストリートスマートとは、学歴はなくても、仕事ができる、というような人です。会社に一人くらいはいるのではないでしょうか。このような男性は色気があり、男性としての魅力があります。実際に職場でも信頼されているでしょう。

では、このストリートスマートの男性、つまり頭がいい男性は、具体的にどのような能力を持っているのでしょうか。色気の正体も解明できるため、しっかりと理解しておきましょう。

【頭が切れる人の能力①】分析し盗む能力

頭が切れる人の能力には、分析し、盗む能力というものがあります。

分析とは、自分がまったく経験のないことのコツを瞬時に見つけ出すということです。頭がいい人は特定の事柄のコツを体験せずに、見るだけで導き出せる能力があります。そしてそれを自分の物にして、やったことがないことでも、すぐにできるようになるのです。

このような能力は日頃の習慣によって培われます。物事を観察する習慣がある人です。例えば、テレビでやっていることなどを自分もやってみたいと思い、画面からそのコツを導き出すようにする、というような習慣があると、徐々に分析力が身についていくのです。

また、好奇心が旺盛な人も、様々なことを体験しているため、分析力が高くなります。多くの初体験をしているため、物事を一から理解することに慣れているのです。

【頭が切れる人の能力②】優先順位を決め組み立てる

頭が切れる人の能力として、優先順位を決め、組み立てる、というものもあります。

頭がいい人の色気は、仕事ができるという事実から発せられるというのもあります。しかしこれは、優先順位を決められる、という能力があるからこそ、仕事ができるという結果に繋がっているのです。

仕事が山のようにやってきて、どれから手をつけて良いかわからないというとき、頭のいい人はその中から優先順位の高いものを見極め、順番に処理することができます。仕事ができない人は、とにかくやってきた仕事を順番にこなしていくのですが、それは効率が悪い仕事の方法ですので、結果、全てを処理することができなくなってしまうものです。

頭がいい人の色気の正体は、このような判断力でもあるのです。仕事を手伝ってもらうようなことがあれば、ますますその色気のトリコになってしまうでしょう。しかし、この色気は既婚者の人が持っていることが多いため、女性としては悩みどころです。

【頭が切れる人の能力③】リスクを想定できる

頭が切れる人の能力として、リスクを想定できるというものもあります。

仕事を行う上で、リスクを想定するというのは大事なことです。どんな選択にも必ずリスクがあります。そのリスクをしっかりと把握しておき、回避策を設けることが、仕事の成功に繋がるため、これは仕事ができる人の絶対条件でもあるのです。

頭がいい人は常に物事を俯瞰で見ます。そのため、目の前に利益があっても、その裏を読み取り、リスクについてもしっかりと考えるのです。

リスクの想定は子供の頃に失敗を繰り返してきた人が持つ能力です。何度も失敗をしているため、もしも失敗してしまったらどうしよう、と考える習慣がつくようになります。結果それが大人になって、仕事のための能力として開花していくというわけです。色気がある人は自信家にも思えますが、意外と臆病な一面もあるのです。

【頭が切れる人の能力④】発想し実現する能力

頭が切れる人の能力として、発想し、実現させる能力というものもあります。これはどのような意味なのかというと、他の人が思いつかないアイデアを思いつき、それを実際に形として実現させる能力、という意味です。

頭がいい人は、考えるという癖がついています。そのため、常に物事を考えており、日常生活の些細なことから良質なアイデアを生み出すことができるのです。つまり頭のいい人は、他の人よりもアイデアを発想させるために時間を消費している、ということになります。

これは頭がいい人以外からは、影の努力などと言われますが、頭がいい人の中では意味合いが違います。頭がいい人にとっては、考えることは自然なことなのです。つまり、呼吸と一緒ということです。そのため、頭がいい人は努力などしているつもりはありません。

【頭が切れる人の能力⑤】伝達し理解させる能力

頭が切れる人は、伝達し、他人に理解させることができる能力があります。どのような意味かというと、簡単に言えば頭がいい人は教えるのがうまい、ということです。

頭がいい人は自分が今どのようなことを理解し、何がわかっていない、ということを把握しています。そのため、自分が最初にどのようなことを覚え、どういう順序で覚えていけば理解しやすいのか、ということがわかっているのです。

これが理解できているということは、相手が頭がいい人でなくても、頭がいい人はその人に効率良く物事を教えられるということです。そのため後輩にも慕われますし、部下が育ちます。そして、プレゼン能力などもあるため、お客さんにも信頼されるのです。

【頭が切れる人の能力⑥】軸が確立しておりブレない

頭が切れる人は、軸が確立していて、ブレることがありません。どういう意味かというと、一貫性があるということです。

頭が切れる人は、物事に対する自分なりの考え方というものを持っています。常に物事を考えることで、自分の考え方の地盤を作っていくのです。そして、それを元にして会話をしているため、矛盾が生まれることがありません。なぜなら、頭が切れる人はその場しのぎの会話をしないからです。

たまに上司の中で意味のわからないことを言う上司がいます。昨日と今日では、言ってることが真逆で、意味不明だ、と思うことも多いでしょう。

頭が切れる人が上司だと、このような矛盾は発生しないため、みんなに慕われる上司となります。当然、仕事もできますし、意味がわからない、というようなことは起きないでしょう。まさに、仕事ができる上司の器なのです。

【頭が切れる人の能力⑦】まとめて最善策を導く能力

頭が切れる人は、まとめて最善策を導く能力があります。どういう意味かというと、頭が切れる人はバラバラの情報を総合し、全ての兼ね合いを考え、答えを出せる、ということです。

仕事をしていると、様々な人間の事情により、意味不明な状況が発生することがあります。あっちの部署は右を、別の部署は左を選びたい、というような状況です。しかしこのような状況下では、最終的にどちらかを選ばなければなりません。このような時に、頭が切れる人は互いの部署同士の事情を考え、折衷案を導き出すことができるのです。

このような能力は単純な記憶力もなければできません。習慣として物事を考えていると、自然と記憶力も良くなっていくため、頭が切れる人は習慣で記憶力をも鍛えているのです。

その結果、頭が切れる人は、全ての事情を記憶し、解決できるところから問題を解決し、最終的な全体の方向性に関する答えを導き出せるようになります。

■参考記事:女性だったら姉御肌なリーダーになりたい!コチラも参照

姉御肌の特徴は?意味や恋愛傾向を解説!モテる姉御肌はどんな女性?

頭が切れる人を見分ける

頭が切れる人の意味を紹介していきましたが、その意味を理解しても、見分けられるようになるわけではありません。頭が切れる人が習慣として持っている、常に考えている、という習慣を、外側から見ることはできないため、当然です。

そのため、意味を理解するだけでなく、頭が切れる人を見極めるためには、頭が切れる人の特徴を把握する必要があります。これをしっかりと理解することで、頭が切れる人を見極められるようになるため、頭が切れる上司についていきたいという人や、頭が切れる人と付き合いたいという人は、注目しておきましょう。

頭が切れる人の特徴は様々ありますが、これらは複数が当てはまって、初めて頭が切れる人の特徴となります。その意味をわからず、一つの特徴だけを見て、頭が切れる人だと判断すると、間違った判断に繋がってしまうため、注意しましょう。

頭が切れる人を見極めるためには、見極める側もそれなりに頭を使わなければなりません。簡単ではないため、しっかりと意味を理解し、考えて、頭が切れる人を見つけ出しましょう。

【頭が切れる人の特徴①】整理整頓が上手

頭が切れる人の特徴として、整理整頓が上手いというものがあります。
頭が切れる人は、物事を順番に考えることが上手です。効率の良いことが好きで、完璧主義のようなところがあるため、整理整頓が上手ですし、デスクもきっちりと片付いています。

デスクが片付いていると、資料がどこにあるかということがすぐにわかる為、効率よく仕事を行うことができます。頭が切れる人は、仕事のためになることはきっちりと行うため、デスクもキレイなのです。

ただし、人によっては、仕事に関することは整理整頓するが、それ以外のところは大雑把、という意味不明な人もいます。仕事と関係がないため、そこに対する努力はしないのです。
必ずしも、キレイ好きが頭が切れる人の特徴というわけではないので、注意しておきましょう。

【頭が切れる人の特徴②】遅刻をしない

頭が切れる人の特徴として、遅刻をしない、という特徴もあります。頭が切れる人は、時間にルーズな人が嫌いです。遅刻することで、仕事に大きな影響が出ることを知っているからです。

習慣のように遅刻をする人がたまにいますが、このような習慣を持つ人は、頭が切れる人に嫌われてしまいます。遅刻だけではなく、時間を守らないという習慣もNGです。頭が切れる人にとっては、理解できない人種ですので、気に入られたい女性は、このような習慣を見せないようにしましょう。

ただ、頭が切れる人は考え過ぎるがあまり、時間を忘れてしまうこともあります。そのせいで、会議に遅れたり、ということもあるため、必ずしも時間を守るというわけではありません。あくまで、やる気の無さや、まあいいか、という考えや習慣で遅刻をしないということですので、間違えないようにしましょう。

■参考記事:遅刻・ドタキャンしてしまいそう!そんな時はコチラ

ドタキャンの言い訳・理由10選!これはバレなくて便利!

【頭が切れる人の特徴③】計画を立てる

頭が切れる人は、計画を立てる、という特徴があります。

仕事を行う上で、計画を立てることは重要なことです。物事を処理していく順番を考えることで、効率良く仕事ができるようになります。

また、計画を立てることで、何がどこまで終わっているのか、把握しやすくなるものです。全体の総量が見え、どの段階まで終わっているのかがわかることで、急いで仕事をするという決断もできるため、大切なことなのです。

さらに、計画を立てれば、他の人間にも情報が共有できます。自分のことだけではなく、全体の仕事の効率を上げることにも繋がるため、頭が切れる人は、必ず計画を立ててから行動するというわけです。

このような習慣を持っていることで、仕事だけではなく、様々な物事がうまくいくようになります。旅行などもその一つです。そのため、自分自身も計画を立てる習慣を持つということを意識し、そのような習慣を持っている人を、頭が切れる人と判断するようにしましょう。

【頭が切れる人の特徴④】同じミスをしない

頭が切れる人の特徴として、同じミスをしない、という特徴もあります。つまり、頭が切れる人は、しっかりと学ぶ、ということです。たとえ間違いを犯してしまっても、その問題点を洗い出し、二度と間違いを犯さないようにします。そのため、同じ間違いを犯すことがありません。

頭が切れる人はこのように修正を行いますが、そうではない人は、そもそも反省すらしないことが多いです。そのような習慣がない、という理由もありますが、単純に間違いをそこまで大きな事柄だと捉えていないのでしょう。

また、反省をしても、その問題点や原因が間違いである場合もあります。つまり、反省のポイントがずれているのです。結果、同じ間違いを犯してしまいます。

反省というのは、頭がいい人でないと、正しく反省できないものです。そのため、同じ間違いをするかしないか、ということが、頭が切れる人とそうでない人の違いとして、顕著に表面化します。覚えておきましょう。

【頭が切れる人の特徴⑤】仕事のスピードが速い

頭が切れる人の特徴としては、仕事のスピードが早いという特徴もあります。これは効率が良いということや、計画を立てる、ということから生まれる結果です。しかしそれ以外にも、集中力がある、という特徴から生まれる結果でもあります。

頭が切れる人は、計画を立てて仕事を始めるため、開始から終了までのヴィジョンが見えています。そのため、今やっている仕事を何時までに終わらせなければ、全ての仕事が終わらない、という危機感があるのです。

危機感は人間のモチベーションにもなる感情です。そのため、頭が切れる人はこのような時、とんでもない集中力を発揮し、仕事をすぐに終わらせることができます。

集中しようと思っても、人はなかなか集中できないものです。それができる人は、集中しなければ自分にとってマイナスになる、という感情を持てる人ですので、結果、仕事のスピードも早くなるのです。

【頭が切れる人の特徴⑥】単純な間違いが少ない

頭が切れる人は、単純な間違いが少ないです。単純な間違いとは、例えば勉強で言ったら、答えを導き出すための、途中の掛け算を間違ってしまった、というようなものです。

人間は誰でも間違いを犯します。普段、普通にやっていることでも、たまにミスをしてしまったりするものなのです。しかし仕事上では、そのような間違いがとんでもない大きな間違いになってしまうこともあります。そのため、人間誰もが間違いを犯すからといって、間違えられるものではありません。

頭が切れる人は、自分がどれだけ仕事ができても、間違いを犯してしまうことがあるということを知っています。そのため、必ず何かを終えたときには、慎重に見直しを行うのです。

結果、途中で間違いに気付き、修正することができます。つまり頭が切れる人は、単純な間違いをしないということではなく、単純な間違いをしないための対策をしているのです。

【頭が切れる人の特徴⑦】人にイジられるのを嫌う

頭が切れる人の特徴としては、人にイジられるのを嫌う、という特徴もあります。
少しこれは面倒な特徴ですが、頭が切れる人は能力が高く、そのことを自分でも自覚しているため、プライドが高い傾向があります。

そしてさらに、自分以外の人間は、自分よりも能力が下だ、という思いも、どこかに持っています。悪い言い方をすると、自分以外の人間を見下しているのです。

そのため、頭が切れる人が他の人にイジられることになると、自分よりも下の人間にイジられたと思うため、怒ってしまったり、不機嫌になってしまったりするのです。

頭が切れる人も、良いところばかりではありません。なかには、少し面倒くさいところや、短所もあります。とはいえ、頭が切れることに間違いはないので、このような地雷だけは踏まないようにして、良い付き合いをしていきましょう。

【頭が切れる人の特徴⑧】問いに対して即答しない

頭が切れる人の特徴としては、問いに対して即答しない、という特徴もあります。これは、何か質問をしたときや、仕事のことで相談をした時に、頭が切れる人はすぐに答えを出さず、いったん考える、ということです。

頭が切れる人も万能というわけではないので、何かを判断する時には、少し考える時間が必要です。そこで適当な答えをすぐ出さないからこそ、頭が切れる人は正しい答えを導き出せるのです。そのため、回答に時間を要することが多々ありますし、返事が後日になることもあります。

逆にすぐに即答するような人は、ほとんど何も考えないで答えを出しているため、たまたま正解することはあっても、間違えることも多いです。頭が切れる人とは違い、先を読む能力がないため、後輩にも信用されなくなってしまいます。

質問をしたとき、真剣に回答を考えてくれる人は頭が切れる人ですので、信頼して良いでしょう。見極めるために、あえて質問してみる、というのも良い方法ですので、便利に使ってください。

【頭が切れる人の特徴⑨】常に冷静

頭が切れる人の特徴としては、常に冷静という特徴もあります。

人は感情的になると、正常に物事を判断できません。自分の感情が先走ってしまい、目の前にあることや、今起こったことを、次々に口に出していくからです。つまり、頭が切れる人にとって、感情は邪魔なもの、ということになります。

頭が切れる人に感情がないということではありませんが、普通の人に比べて、頭が切れる人は冷静です。そうやって自分の感情を静めることが、自分にとっての最善の環境であることを本能的にわかっているのでしょう。その結果、少し冷たいと思われてしまうこともあります。

とはいえ、頭が切れる人は本当に冷たい人間ではありません。周りのことも気遣いますので、冷たいように見えて、本当は優しい、という性格の持ち主なのです。そのため、このような条件に当てはまる人がいたら、頭が切れる人の候補として、観察してみましょう。

【まとめ】頭が切れる人は多くないけれど…

頭が切れる人はそう何人もいるものではありません。それを考えれば、頭が切れる人は取り合いになってしまうということです。多くの女性が頭が切れる人に振り向いてもらうためにアプローチを行うため、付き合いたい人は早めにアプローチするようにしましょう。

もっと頭が切れる人について知りたいアナタへ!

「デキる男」の特徴11選!仕事も恋愛もできる男になるには!
仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】
冷たい人の心理・特徴9選!好きだからこそ冷たくする人も?
モテる職業ランキング!【男女別でモテる職業がわかる】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ