人に嫌われたくない嫌われ恐怖症を克服する11の方法とは!

人から嫌われたくない…そんな嫌われ恐怖症に悩んでいる人は少なくありません。 でも、本当はそんな嫌われ恐怖症を克服したい気持ちもありますよね。 今回は、人から嫌われたくないと悩む人のために、嫌われ恐怖症を克服する11の方法を紹介させていただきます。

人に嫌われたくない嫌われ恐怖症を克服する11の方法とは!のイメージ

目次

  1. 嫌われたくないという心理は実はみんな持っている
  2. 嫌われたくない症候群を克服するためのステップは?
  3. 嫌われたくない症候群の克服①そうなった理由を考える
  4. 嫌われたくない症候群の克服②自分に自信を持つ
  5. 嫌われたくない症候群の克服③意外と人は自分に興味ない
  6. 嫌われたくない症候群の克服④嫌われても困らない
  7. 嫌われたくない症候群の克服⑤嫌われたら縁なし
  8. 嫌われたくない症候群の克服⑥嫌われない人はいない
  9. 嫌われたくない症候群の克服⑦案外ありのままの方が人気
  10. 嫌われたくない症候群の克服⑧言いなり=人気は間違い
  11. 嫌われたくない症候群の克服⑨嫌われて始まる恋もある
  12. 嫌われたくない症候群の克服⑩自分に置き換える
  13. 嫌われたくない症候群の克服⑪過去は過去として捉える
  14. 相手は自分とそんなに変わらないと捉えるのが吉!
  15. 嫌われたくない症候群から解放されて素直に生きよう♡

嫌われたくないという心理は実はみんな持っている

嫌われたくない症候群、嫌われ恐怖症を患っていると感じている方は、「どうして自分だけこんなに嫌われたくないという気持ちが強いんだろう」「どうして私はみんなみたいにふるまえないんだろう」と悩んでしまいがちですよね。
でも、嫌われたくないという心理は、実はみんな持っているものなのです。
誰だって、嫌われるよりも好かれる方がいいに決まっていますし、ふとした時に「こんなことしたら嫌われるかな」とか、恋愛において「嫌われたくない…」という心理が働くのは、ある意味当然のことなのです。

でも、嫌われたくない症候群は、「症候群」と言うほどですから、単なる嫌われ恐怖症だけで終わらず、私生活にいろいろな影響を及ぼしてきますよね。
嫌われたくない症候群が悪化すると、嫌われ恐怖症だけでなく、他人から笑われているような気がしたり、自分はダメな人間だと思い込んでしまったり…精神疾患を患ってしまうことだって少なくありません。
嫌われたくないという心理はみんな持っていますが、嫌われたくない症候群という名のとおり、嫌われ恐怖症を悪化させてしまうと、いろいろな症状が増えていき、どんどん辛い状況になっていってしまうんですよね。


■関連記事:こんなことをしていたら本当に嫌われてしまいますよ!

しつこい女の特徴と対処法7選!しつこい女は嫌われる!

嫌われたくない症候群を克服するためのステップは?

では、そんな嫌われ恐怖症や嫌われたくない症候群を克服するにはどうすればいいのでしょうか。
実は、嫌われ恐怖症は自分の中の思い込みや、何かのきっかけで嫌われたくないという気持ちが強く出てしまい、その結果視野が狭くなってしまったことで起こることが多くあります。

そういった心理を紐解き、正しい方法で一つずつ改善していくことで、嫌われたくないという気持ちが薄れていき、嫌われ恐怖症の克服が出来ることでしょう。
それでは、嫌われ恐怖症の克服方法を11個紹介しますので、できるところから意識して実践してみてくださいね。

嫌われたくない症候群の克服①そうなった理由を考える

まず、嫌われたくない症候群の克服方法として、どうして自分はこんなにも嫌われたくないという気持ちが強くなってしまったのかを考えてみましょう。
何か過去に人に嫌われて辛い経験があったとか、大恋愛をして、その人を好きになりすぎて、相手から嫌われたくないという気持ちが強くなり、恋愛において嫌われたくないという気持ちが常にあるような状態になってしまったなど、理由がありませんか?

多くの場合が、何かしら過去にトラウマがあったり、幼少期に自分のありのままの姿を笑われたり、恋愛で何か傷つくことがあったというような理由で、「嫌われたくない」という気持ちが強くなってしまい、嫌われ恐怖症になってしまっています。
自分の過去や恋愛を振り返ってみて、思い当たる節はないか分析してみてください。


■関連記事:同性に嫌われるのってつらいですよね。

女に嫌われる女の特徴とは?こんなタイプの女は嫌われる!

嫌われたくない症候群の克服②自分に自信を持つ

次に、嫌われたくない症候群の克服方法として、「自分に自信を持つ」ということが挙げられます。
嫌われたくないという気持ちが強い人は、自分に自信がない心理が働き、人と接するときに「こんな私だと、嫌われてしまうんじゃないか」「私がこんなだったら、そのうち皆愛想をつかすんじゃないか」という心理に陥ってしまいます。
これが、不自然な人間関係を生み出し、相手もやりにくくなってしまい、悪循環になってしまうのです。

とはいえ、「いきなり自分に自信をもてと言われても…」と思いますよね。
いきなり、何のきっかけもなしに自分に自信を持つというのは難しいことだと思います。
まずは自分磨きをしたり、仕事などで成果を上げるように頑張ってみましょう。
そうすることで、「自分は出来るんだ」という気持ちが芽生えてきますし、「最近きれいになったね、恋愛でもしてるの?」とか、「最近仕事が見違えるくらい出来るようになったね」などと言われると、だんだんと自分に自信がついていき、嫌われたくないという心理が薄れてくるようになります。

嫌われたくない症候群の克服③意外と人は自分に興味ない

嫌われたくない症候群の克服方法として、「意外と人は自分に興味がない」と考えることもおすすめです。
嫌われたくないという心理を強く持っている人は、どうしても周りから注目されているんじゃないか、誰かがこんな私を見て笑うんじゃないかという心理が働いてしまいがちです。
そうなると、仕事においても恋愛においても人から笑われたり嫌われたりするのが怖いという心理が先行して、身動きが取れなくなってしまいます。

人が自分を監視しているような気がする、笑っているような気がするというような心理を抱えたままでは、なかなか自由に過ごすことが出来ず、恋愛もうまくいかなかったり、辛い日々を過ごしてしまいます。
それを体験するために、一度仕事仲間などに聞いてみてください。
何でもいいですが、例えば「10時ごろ、私が仕事中にチョコつまんでたの気づいた?」など。
意外と「え?そうなの?」などという返事をきいて、「あ、案外人って私のこと見ていないんだな」ということを身をもって知ることが出来るはずです。


■関連記事:嫌われる夢ってどんな意味があるんでしょうか?正夢!?

【夢占い】嫌われる夢の意味11選!夢診断の結果が気になる!

嫌われたくない症候群の克服④嫌われても困らない

嫌われたくない症候群の克服方法として、「嫌われても困らない」という気持ちを持つことも大切です。
嫌われたくない症候群の人は、常に「嫌われたくない」という心理を持っています。
でも、実際にその人に嫌われたところであなたは死んでしまいますか?
何か生活上困ることがありますか?それを一度考えてみてください。
恋愛や、親友など特別な人から嫌われたくないというのはまだしも、ただの同じ職場の人だったり、ましてや通りすがりの他人だったり、嫌われても困らない人の方が多いのではないでしょうか。

嫌われたくないという気持ちが強くなると、そればっかりを考えて行動してしまうようになりがちですが、ふと立ち止まって考えてみてください。
「嫌われて、いったい何の損があるのか?」ということを。
案外、人は嫌われたくないという気持ちが強く先行してしまいがちですが、その対象のほとんどが嫌われても困らないような相手ばかりなんですよ。
いい意味で、こういう風に人間関係をドライに受け止めるのも、気持ちが緩和される方法です。

嫌われたくない症候群の克服⑤嫌われたら縁なし

嫌われたくない症候群の克服方法ととして、「嫌われたら嫌われたとき、縁なしだったんだな」と考えるという方法もあります。
人間だれしも、人生の中で出会った人みんなとうまく付き合い、一生関係を続けていくわけではありませんよね。
縁がない人、縁が強くある人というのはそれぞれ一定数います。
恋愛においても同じこと、好きになって付き合っても、長く続く相手とそうでない相手がいるのは、恋愛において当然のことです。

ありのままの自分を見て、嫌われてしまったなら、それは残念なことではありますが100%あなたが悪いというわけではありません。
一人の人に嫌われたら周りの人間全員に嫌われるわけでもありません。
嫌われたらどうしよう…と考えるかもしれませんが、嫌われても縁なしだったんだな、くらいに捉える方法が気持ちを楽にする方法です。

嫌われたくない症候群の克服⑥嫌われない人はいない

嫌われたくない症候群の克服方法として次に、「嫌われない人はいない」という風に考えるのも大切です。
どんなに素晴らしい人でも、人間的にいい人でも、絶対に誰かからは嫌われています。
良い人でも、妬みを持つ人などは必ず存在しますし、そういった妬みの感情を持つ人からは必ず嫌われています。
つまり、どんな風に接しても、あなたがどんな態度をとってもどんな努力をしても絶対に誰かには嫌われるんです。

それは、あなたに限ったことではありません。
世界中の人みんな、絶対誰かに嫌われています。
だから、そんなに強く「嫌われたくない」と考えて苦しまなくてもいいのです。
絶対に誰か知らに嫌われるような世の中に生きていながら「嫌われたくない」とそれに抵抗するように生きるから苦しくなるんですよ。

嫌われたくない症候群の克服⑦案外ありのままの方が人気

嫌われたくない症候群の克服方法として、「案外ありのままの方が人気」というパターンもあります。
人からどう思われるか心配で、自分の本音を言い出せなかったり、自分のキャラを存分に発揮できないでおとなしくしている毎日を過ごしている人でも、ある日何かのきっかけで自分のキャラを一気に解放したとたん、人気者になれたという例も多くあります。

人は、その人その人に個性があるから一緒に居て楽しいわけで、相手の言葉に同調するばかりの人間といても楽しくないですよね。
だからこそ、自分は自分という気持ちをもって、素の自分をさらけ出す方が人気者になれるパターンというのは非常に多いんです。

嫌われたくない症候群の克服⑧言いなり=人気は間違い

よく、嫌われたくないから彼氏の言いなりになってしまう、とか、会社で嫌われたくないからどんなに疲れていても、お誘いを断れない…などの悩みも聞きます。
でも、誘っている相手も、恋愛している相手も、あなたに言いなりになってほしいなんて全く思っていません。
ましてや、言いなりになることで逆に「自分がないな」と思われてしまい、好いてもらえない可能性の方が高くあります。

何でもかんでも、人の言いなりになって、嫌われないように、角が立たないようにと過ごしている方が意外と「あのひと何を言っても同調しかないよね」と思われてしまい、面白みのない人間になってしまいます。
嫌われたくない症候群の人の多くが、人に嫌われたくなくてつい同調してしまう、同意ばかりしてしまうという特徴がありますが、案外それは嫌われたくないという心理とは裏腹に、人から相手にされなくなってしまうような要因にもなりかねないのです。

嫌われたくない症候群の克服⑨嫌われて始まる恋もある

嫌われたくない症候群の人は、恋愛においても、どんなに優しい相手であっても、嫌われたくないという気持ちが強すぎて、なかなかうまく会話が出来なかったりすることも多いですよね。
でも、意外と「最初は嫌いだったけど、話をして中身を知ったら好きになった」というようなカップルも多いほど、嫌われて始まる恋愛もあるんですよ。

恋愛において、「なんかあのひと嫌い」と思う感情は、裏を返せば好きで気になって仕方がないという場合もあります。
嫌い=無関心では居られないということなので、興味があって仕方がないという風にもとらえることが出来るわけです。
このことからもわかるように、ありのままの自分を出して嫌われることを恐れる必要は全くないんです。

嫌われたくない症候群の克服⑩自分に置き換える

嫌われたくない症候群の人は、「こんなこと言ったら嫌われるかな」とか「こんなことしたら嫌われるかな」という心理が強く出てしまい、なかなか行動や言動に表わせられない人が多くいます。
でも、逆に自分がそれと同じことをされたと考えてみてください。
自分に置き換えて考えてみると、相手が何をしたら嫌いになるのか、何をしても嫌いにはならないのかというのがつかみやすくなります。

一見簡単なようにも思えますが、嫌われたくない症候群の人は、どうしても「嫌われたくない」という気持ちが強いせいで、こういった当然のことを忘れてしまいがちです。
相手の立場になって、自分ならどう感じるかということを意識して行動していればそれは相手に必ず伝わりますから、「思いやりのある人だな」と思ってもらえるわけです。
そんな思いやりのある人を嫌いになる人なんてなかなか居ませんよ。

嫌われたくない症候群の克服⑪過去は過去として捉える

小学校の時に、~をしたら笑われた、中学校で~をしていたら嫌われてしまった、などと言ったトラウマがあって、嫌われたくない症候群になってしまった人も少なくないと思います。
でも、いつまでもそれにとらわれてしまっては、あなたの人生がもったいないと思いませんか?

小学校、中学校、高校は特に、心の発達が非常に未熟で、誰かを笑ったり、誰かを嫌われ者にして楽しむということが存在します。
でも、大人になっていくにつれて少しずつ減っていきますよね。
また、大人になって職場などでもいじめがあるケースもありますが、その時は自分も大人ですから、幼少期に比べると、それなりに対処が出来ると思います。
過去は過去だ、あの時は相手も私もそういう年齢だったんだということを考えるだけでも、過去を受け入れることが出来るようになりますよ。

相手は自分とそんなに変わらないと捉えるのが吉!

いかがでしたか?
嫌われ恐怖症の人は、どうしても過去の記憶やトラウマなどから、人を信じられず「こんなことを言ったら嫌われるのかもしれない」などと言った感覚に陥ってしまいがちです。
でも、冷静に考えてみてください。
あなたが他人に同じことを言われたとして、それだけで相手を嫌いになりますか?

つまり、相手の「こいつ嫌いだ」と思うような感覚は、自分とさほど変わらないと考えておくのが吉です。
自分が「こんなこと言われたら嫌いになる」と思われることは言わないように注意が必要ですし、逆に「苦言であったとしても、それくらいで嫌いにはならない」というものであれば言葉を選びながら伝えればいいのです。
相手もあなたと同じように、「それくらいで嫌いにはならない」と思うはずです。

嫌われたくない症候群から解放されて素直に生きよう♡

嫌われ恐怖症や嫌われたくない症候群になってしまうと、負のループが押し寄せてきてどんどん悪循環になっていきますよね。
それに心がとららわれてしまっている間は、とてもつらい気持ちになってしまうと思います。
まずは今回紹介した克服方法を試してみてください。
きっと、気持ちが軽くなるはずです。

自分の中の少しの歯車が元の正しい位置に戻ることで、嫌われたくないという気持ちが弱まり、だんだん素の自分を出せるようになっていけるはずです。
あまり思い詰めず、ゆっくりと克服していきましょう。

人に好かれたい人はこちらもチェック!

人に好かれる方法11選!好かれる人の特徴とは?
愛されキャラの特徴11個!男女問わず好かれる!
好きな人に好かれたい!好きな人に好かれる方法11選!【女子必見】

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ