二重人格の人の特徴21選!心理も解説します!

二重人格とはどういったものかご存知ですか? 俗に裏表の顔を持った人を指す言葉ですが、実は多重人格性障害、解離性同一性障害とも呼ばれ、れっきとした精神病の一種でもあるんです。 今回はそんな二重人格の人の特徴や心理状態などについてご紹介します。

二重人格の人の特徴21選!心理も解説します!のイメージ

目次

  1. 二重人格とは?
  2. 二重人格と多重人格の違い
  3. 二重人格など、多重人格になる理由
  4. 二重人格は誰でも経験している?
  5. 【二重人格の人の心理】異性に好かれたい
  6. 【二重人格の人の心理】自分が否定されないように必死
  7. 【二重人格の人の心理】感情的になってしまう
  8. 【二重人格の人の心理】外ではいい顔をしたい
  9. 【二重人格の人の心理】寂しい
  10. 【二重人格の特徴】①異性に依存しやすい
  11. 【二重人格の特徴】②ぶりっこ
  12. 【二重人格の特徴】③弱者に強い
  13. 【二重人格の特徴】④感情の起伏が激しい
  14. 【二重人格の特徴】⑤物や人にあたる
  15. 【二重人格の特徴】⑥顔を使い分けられる
  16. 【二重人格の特徴】⑦臨機応変な対応が難しい
  17. 【二重人格の特徴】⑧身内には心を許している
  18. 【二重人格の特徴】⑨ファッションがコロコロ変わる
  19. 【二重人格の特徴】⑩気力が回復しない
  20. 【二重人格の特徴】⑪注意力散漫
  21. 【二重人格の特徴】⑫頑固者
  22. 【二重人格の特徴】⑬ストレスに弱い
  23. 【解離性同一性障害の特徴】⑭継続できない
  24. 【解離性同一性障害の特徴】⑮朝はいつも憂鬱
  25. 【解離性同一性障害の特徴】⑯空想癖が人よりはるかに強い
  26. 【解離性同一性障害の特徴】⑰幻聴が聞こえる
  27. 【解離性同一性障害の特徴】⑱性別が違う
  28. 【解離性同一性障害の特徴】⑲年齢が違う
  29. 【解離性同一性障害の特徴】⑳複数の人格が交互に出てくる
  30. 【解離性同一性障害の特徴】㉑他の人格の時の記憶がない
  31. 【おわりに】

二重人格とは?

二重人格って日常でも使うことがある言葉ですよね。
人の態度がぱっと人によって変わったり、時間や場所、何かのイベントなどによっていきなり変わってしまう人のことを指す言葉として使われます。
しかし、二重人格という言葉は正式な言葉ではありません。

二重人格とは、もともと人格が二つに分かれてしまうという精神障害のことを揶揄した言葉として使われていましたが、精神障害としての、二重人格の正式な呼ばれ方は、「多重人格性障害」または、「解離性同一性障害」です。

二重人格を持つことで有名なのが、「ジキルとハイド博士」でしょう。
実は二重人格だったという衝撃のオチが今でも名作として語り継がれています。
また、実在の人物でビリー・ミリガンという人もいます。彼は多重人格者で、自分でも自分をコントロールできないせいで犯罪まで犯してしまいました。
多重人格や二重人格という考え方が広まっていなかった当時、このビリー・ミリガンという男の存在はとても大きなニュースになりました。

二重人格と多重人格の違い

二重人格と多重人格とは少し症状が違っています。
どちらも自分と人格が分離してしまうという症状は同じですが、数が違うのです。
二重人格の場合には自分ともう一人の自分が入れ替わり立ち代わり現れ、二つの人格が行き来しますが、多重人格の場合には3つ以上の人格が行き来します。
その人格の数はビリー・ミリガンのように多い人で24人にも上ります。

しかし、二重人格や多重人格という症状はなかなか出るものではありません。
一体二重人格や多重人格になる人は、どのようにしてそうした精神障害になってしまったのでしょうか。

二重人格など、多重人格になる理由

実は二重人格や多重人格の症状が出る原因は明らかにされていません。
精神医学でもとても複雑な問題として長年研究がされていますが、そうした症状を持つ人がそもそも少ないため、なかなか研究が進みにくいようです。

様々に推測される中で最も有力な説が、心理的欲求を満たす為の人格を作るという説です。
心理的欲求が抑圧されすぎたことが原因となり、その心理的欲求を満たす為に別人格を自分の中で作り上げるんですね。

例えば、父親に虐待されていた子供がいたとします。その子供は心理的な虐待や身体的な虐待を受けるたびに、強い男になってこの父親をぶんなぐってやりたい。力が強く、粗暴で、何でも壊すような奴になりたいと強く思ったとします。
すると、そうした心理的な強い欲求に従って「強い」「男」「粗暴」「破壊が好き」という人格が自分の中で出来上がるのです。

このように、強い心理的な欲求が満たそうとして、二重人格や多重人格になると考えられています。
特に幼少期の虐待や戦争などの強いトラウマが原因となるという考え方が主流です。
今の自分のままでいたら、環境に適応できずに精神崩壊してしまうと考えた心が、無意識に自分の心理状態を守ろうとして別人格を作り上げるのではないかという考え方もあります。
別の人格は自分の心理状態を守ってくれているんですね。


◆関連記事:人格否定するような言葉を受け続けるのも原因かもしれませんね

人格否定とは?人格否定になる言葉や発言の例と特徴解説!

二重人格は誰でも経験している?

実はこの二重人格や多重人格、精神障害と認めらてはいますが、似たような現象を誰しも経験しています。
例えば、「三度の飯より〇〇が好き」というように、時間や食事を忘れて何かに没頭することが人にはありますよね。こうした時間を忘れて何かをしているということも自分という人格がなくなるということの一つです。
また、ぼーっとしていたり何か考え事をしていて、記憶が飛ぶこともありますよね。
これも自分がなくなっているという点では二重人格や多重人格の症状と似ています。

しかし、これらは二重人格や多重人格とは違って正常な症状です。心理的に以上というわけでもなく、ごく普通の心理的反応症状です。
ただ、二重人格や多重人格になると更に人格が解離しているという症状がはっきりしてきます。

例えば、いるはずのない誰かの気配を感じたり、実在するはずのない友人を自分の中に作り上げてしまったり、自分をどこか遠くから見ているというような症状も出てきます。

そして、この症状がひどくなっていくと記憶が突然ぷつんと途切れていたり、痛みを感じなくなったり、現実と夢の境があいまいになるという症状が出てきます。
そして症状がさらに進行してしまうと、それぞれの人格が完全に分離してそれぞれの考え方や心理を持ち、行動を起こすようになります。
すると、日常生活に支障をきたすようになってしまい、多重人格性障害、または、解離性同一性障害と診断されてしまうのです。

そんな二重人格になっていく人はどのような心理状態になっているのでしょうか。
ここからは、二重人格の人の心理についてご紹介していきます。

【二重人格の人の心理】異性に好かれたい

俗にいう二重人格の人は、同性よりも異性に好かれたいという思いを強く持っています。
というのも、二重人格になる要因の一つが幼少期の虐待などのトラウマ、つまり、愛情不足にあるからです。
誰かと肌を合わせたいという心理的欲求を常に心に抱えている為に異性に好かれたいとよくよく思っています。
同性か異性かによって態度を変えてしまう二重人格の人は異性に好かれたいという考え方なんですね。

【二重人格の人の心理】自分が否定されないように必死

弱い人と強い人で全く態度が違う人もいますよね。
二重人格の人は、後輩と先輩で全く違う顔を持っていたり、店員と彼女で全く違う顔を見せたりします。
こうした人は、自分より立場が弱い人に対して、自分が見下げられないかと言う不安が強い為に横柄な態度をとってしまいます。
一方で、自分より立場が強い人に対しては降格されてしまうのではないか、仲間外れにされてしまうのではないかと言う不安が強い為に下手に出てしまいます。

【二重人格の人の心理】感情的になってしまう

怒りを感じるとかっとなって全く人格が変わったようになってしまう二重人格の人っていますよね。
こうした心理的な欲求が抑えられなくなっていしまうというのも二重人格の症状です。
二重人格者である本人も、自分でなかなか感情が抑えられないことで困っている心理状態かもしれません。

二重人格の人は自分で感情を抑えたくても抑えられないのです。
それは、「ちゃんとして」「しっかりして」と言われてすぐに直る態度ではありません。
そうした感情的になってしまう自分に自分でも困っていることもあるのです。

【二重人格の人の心理】外ではいい顔をしたい

自分の家の中にいる時はとても明るいのに、外へ出て人と話し始めるといきなり物静かな人になるような二重人格の人もいますよね。
そうした二重人格の人は良いように見られたいという考え方が強く、外ではなかなか自分の本心が出せません。
自分の本心を出すと嫌われてしまうのではないかという不安が強いのです。
また、外では常にそうした緊張状態にあるので、家のなかで安心すると狂暴になることもあります。

【二重人格の人の心理】寂しい

二重人格の人は過去に大きなトラウマを抱えていることが多くあります。
幼少期に虐待をされたり、寂しい思いをしていたことに耐えられず、人格が別れてしまうのです。
ですから、二重人格の人は常に寂しいという思いを抱えており、誰かに愛情を注いでほしいと思っています。

【二重人格の特徴】①異性に依存しやすい

寂しいという気持ちを抱えている二重人格の人は異性に依存しやすいという特徴を持っています。
というのも、愛情を受けてこなかった二重人格の人は、言葉や視線といった同性同士のつながりよりも、異性との肉体的な関係の方が愛情を感じることが出来るからです。
ですから、そうした関係になれる異性に愛情を求め、依存し、束縛が酷くなることも多くあります。
周囲からは女たらし、男たらしとも言われてしまい、人間関係がなかなかうまくいかないことも多々あります。

【二重人格の特徴】②ぶりっこ

異性に対して愛情を求め、異性との恋愛関係に安心感を得るため、異性に対する媚びを売ってしまいやすい傾向にあります。
愛情を得る為に異性に対する扱いを習得している場合も多く、モテる人として認識されていることも多いです。
ただし、女性の場合には周囲からは「ぶりっこ」などと呼ばれて敵とみなされてしまうことも…。
また、男性の場合には彼女をとっかえひっかえしている危険な人物としてみなされることもあります。

【二重人格の特徴】③弱者に強い

俗にいう二重人格の人の態度はよく相手の立場に左右されています。
例えば、会社などで先輩や上司には下手にでてご機嫌をとります。
その一方で後輩や自分よりも立場の弱い者たちには強く当たりますよね。
こうした自分でコントロールできるような二重人格の人の態度は裏表の顔と揶揄されたりもします。

【二重人格の特徴】④感情の起伏が激しい

感情の起伏が激しいのも二重人格の人の特徴の一つですね。
例えば、普段は穏やかなのに怒ったらとても手が付けられないほど激高するという特徴や、突然泣き始めるといった特徴を持っています。
自分で感情をコントロールするのが難しい為に、いきなり感情を爆発させてしまうんですね。

【二重人格の特徴】⑤物や人にあたる

怒りが抑えられないとものや人に当たる人も中にはいます。
普段は穏やかでも、いったん気に入らないことがあるとものを投げつけて来たり罵倒して来たり…。
突然怒りのスイッチが入るので周囲も困惑してできるだけ距離を置こうとしてしまいます。

この二重人格を持っている人が結婚などをするとDVや虐待につながってしまうことがあります。
自分でもその態度をとるということが押さえられず、また、酷い場合には記憶にないこともあるので、周囲の人が困っている場合には専門医に診てもらうことが必要です。

【二重人格の特徴】⑥顔を使い分けられる

俗にいう二重人格の人の場合、状況によって自分の顔を使い分けられるという特徴を持っています。
知り合いが来た場合にはいい顔をして、子供が悪いことをした場合には鬼のように怒るといった具合ですね。
こうした状況によって態度を変えるのは、態度を変えることによって相手をコントロールしようという考え方を持っているからです。
異性と同性、年上と年下、身内と他人。それぞれに対する態度を変えることによって、自分の思い通りにしようという考え方なんですね。

【二重人格の特徴】⑦臨機応変な対応が難しい

二重人格の人は突然の変化に対応するのが難しいという問題を抱えていることもあります。
例えば突然仕事でトラブルが起こった時などには上手く対応できません。また、そうしたトラブルが起こるとパニックになってしまうこともあります。
それは幼少期などに経験したトラウマなどがフラッシュバックしてくるためです。
二重人格の人は環境の変化やちょっとしたトラブルなどで態度が明らかにおかしくなったり、パニックになってしまうことがあります。

【二重人格の特徴】⑧身内には心を許している

二重人格の人は身内には心を許している人が大半です。
特に外に対する警戒心が強く、八方美人になっていることもあります。
外の活動でのストレスがたまりやすく、家の中ではわがままを言ったり横柄な態度をとったりということもあります。

【二重人格の特徴】⑨ファッションがコロコロ変わる

二重人格の人は人格がの考え方がばらばらのため、服装の趣味が一定しません。
ガーリーなファッションで来ていたかと思えば突然ロックテイストの服装になっていたり、カジュアルかと思えばいきなりボーイッシュな服装をしていたりします。

【二重人格の特徴】⑩気力が回復しない

二重人格とは精神病の一種です。人格がコロコロと変わり、記憶が突然無くなり、その間に人に迷惑をかけ、突然職や家がなくなっていることもあります。
そうした精神的なダメージを受け続けているため、気力がなかなか回復しません。

【二重人格の特徴】⑪注意力散漫

二重人格とは、考え方が全く違う二人が一つの身体を取り合っているようなものです。
ですから、一つの人格がこれをしようと思っても、他の人格がそれを許さず、別のことをしていることもあります。
ですから、周囲からは何か一つのことに集中して取り組めない人として見られてしまいます。

【二重人格の特徴】⑫頑固者

二重人格の人は、しばしばハッキリと自分の考え方を持っている人格を形成します。
というのも、自分の意見を言えないという抑圧された体験により人格が生み出されることがあるからです。
自分の考え方をはっきり口にできないという感情を発散させる為に生まれた別人格なんですね。

【二重人格の特徴】⑬ストレスに弱い

もともと、別の人格が出てきてしまうのは多くの耐えられないようなストレスを幼少期から心身に受けていたためです。
そうした本当の自分の人格を守ろうと他の人格を作り出し、その人格に自分のストレスのすべてを受け止めてもらっています。
もう一人の自分にストレスを受けてもらうことで自分のストレスを分散させ、自分を守っているんですね。

しかし、その別の人格は自分を守ろうとする人格なので、自分へのストレスに対して強い態度をとって来たり時には暴力をふるうなどの態度をとることもあります。
また、その別の人格に自分を守ってもらっている間に本当の自分の人格は休めるのかと言うとそうではありません。

ストレスがいっぱいですぐにストレスに負け、辛い思いを強く受けてしまいます。


◆関連記事:よく悪夢を見る人はストレスが原因かも?

夢見が悪い!悪夢を毎日見てしまう?原因・理由はストレス?

【解離性同一性障害の特徴】⑭継続できない

二重人格とは人格が二つあるということ。
ある一つの人格が習い事を始めたいと思ってももう一つの人格がそれを否定することもあります。
ですから、習い事や趣味など、継続することが困難です。
人格が変わると態度も考え方も全く違うので周囲の人もそれに戸惑い、気がついた時にはもう一つの人格が大変失礼な態度をとってしまい、やめさせられていたなんてことまであります。

【解離性同一性障害の特徴】⑮朝はいつも憂鬱

二重人格とは、気分が一喜一憂してまるで人格が二つあるかのような躁うつ病とも似ている部分があります。
また、二重人格の人が社会生活に疲れて実際にうつ病を発症してしまうこともあります。
そうした場合には前向きな考え方ができず、特に朝には気分が憂鬱になり外に出ることが出来なくなってしまうという症状が現れます。酷い時にはベッドから出ることも出来ません。

【解離性同一性障害の特徴】⑯空想癖が人よりはるかに強い

空想というのは誰でもしますよね。
もし空が飛べたら。もし何でも話せるような友達が居れば。何でも受け止めてくれる恋人が居れば…。
こうした空想壁が強いという傾向は想像力の強い子供であれば誰しも持っていますよね。
架空の友人を作ってみたり、目で見たり触れたりすることはできないけれど、想像のなかで一緒に遊んでみたり。
健常な子供であればこうした症状は幼少期頃には消えています。

しかし、二重人格の人の症状は少し違います。
空想で作り上げた人物の声が実際に聞こえたり、目で見ることが出来たり、一緒に遊ぶことまで出来ます。
また、こうした架空の友達は幼少期の頃に消えずにずっと残り、思春期まで続くこともあります。
現実との区別がつかないので友人関係に亀裂が入ったり、社会に適応できずになかなか生活が送りにくいということもあります。


◆関連記事:妄想癖の治し方はこちら

妄想癖は病気?治し方は?原因・症状・心理など徹底解説!

【解離性同一性障害の特徴】⑰幻聴が聞こえる

空想壁が人よりはるかに強い二重人格の人は、別人格の声が聞こえることもあります。
いきなりどこからともなく声が聞こえますがどこからその声がしているのかもわからず、非常に混乱します。
それは周囲には聞こえておらず、自分の作り出した空想であることがほとんどです。
空想で作りだした人格が不完全な場合には声だけ聞こえるという幻聴の症状が現れるということもあるんですね。

【解離性同一性障害の特徴】⑱性別が違う

二重人格とは、全く違う別人格を自分の中に作り上げてその人格が実際に全面に出てきてしまうことを言います。
そのため、実際とは性別が違う人格が自分の体を乗っ取ることもあります。
そうした人格は言葉遣いや仕草も変わることが多く、まるで別人です。
服装の趣味や考え方も全く違うため、男性なら女装をしたり、女性ならいきなり男性のような言葉遣いをすることもあります。

【解離性同一性障害の特徴】⑲年齢が違う

二重人格は何も自分と違う性格というだけではありません。
性別も考え方も、年齢ですらも違う場合があります。
自分より低い年齢の人格がはもちろん、自分より年上の人格を作りだすことも可能です。
ですから、年齢の低い人格が突然現れて小さな子供のような言葉遣いをすることもありますし、若者がお爺さんやおばあさんのような言葉遣い、態度をとることもあります。

【解離性同一性障害の特徴】⑳複数の人格が交互に出てくる

二重人格とは二つの人格を持っていること、多重人格とは複数の人格を持っているということでした。
そして、解離性同一性障害という病気になると、そうした人格は自分でコントロールして出すことが出来ません。
二重人格の場合には別の人格と本当の人格とが交互に現れ、人生をめちゃくちゃにしていきます。
多重人格の場合には本当の人格はほとんど出てこず、別人格がずっと身体を乗っ取っていることもあります。

【解離性同一性障害の特徴】㉑他の人格の時の記憶がない

完全に自分と他の人格とが分離してしまった場合には他の人格になっている時の自分の記憶がありません。
また、いつ別の人格が現れるのかということも予測できないため、買い物の途中にいきなり記憶がなくなって数日たってから気が付き、お金がすべて使われてしまっていたり、仕事中にいきなり記憶がなくなって仕事が無くなっていたりもします。
これらはすべて自分とは別の人格がしているもので、本人にはその記憶がありません。
考え方や態度も違うので、普段のその人を知る人からは驚かれたり心配されたりもします。

【おわりに】

以上「二重人格の人の特徴21選!心理も解説します!」でした。
二重人格になってしまう人の心理や特徴などについてご紹介しました。
二重人格とはどういった特徴か、また、病気なのかお分かりいただけたでしょうか。
なかなか希少な症状ですが、発症している日本人も中にはいます。
困っている人が少なくなるためにも、二重人格を直す研究がより進められるといいですね。

もっといろんな性格について知りたいアナタはこちらもチェック

多趣味な人の性格や特徴!多趣味な人はお金がない?
小心者の性格と特徴!克服方法11選も!
根に持つタイプの人の心理・性格!根に持つ人への対策も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ