「頭が切れる人」の意味と特徴!頭の切れる人になる方法も解説

あなたの周りにいませんか?何かあの人は「頭が切れる人」だなって思うような人。頭が切れる人には、その人なりの考え方や特徴があります。頭が切れるという意味や特徴、どうしたら頭が切れる人になれるのかその方法までを徹底解説致します。

「頭が切れる人」の意味と特徴!頭の切れる人になる方法も解説のイメージ

目次

  1. はじめに
  2. 「頭が切れる人」の意味
  3. 「頭が切れる人」の特徴:仕事ができる
  4. 「頭が切れる人」の特徴:理解力がとにかく速い
  5. 「頭が切れる人」の特徴:物事を噛み砕く力が凄い
  6. 「頭が切れる人」の特徴:動きが機敏
  7. 「頭が切れる人」の特徴:周りの状況を把握している
  8. 「頭が切れる人」の特徴:常に効率の良さを求めている
  9. 「頭が切れる人」の特徴:相手のニーズに応える
  10. 「頭が切れる人」の特徴:独創性がある
  11. 「頭が切れる人」の特徴:目つきが鋭い
  12. 「頭が切れる人」の特徴:真逆の自分もいる
  13. 「頭が切れる人」になる方法:とにかく努力する
  14. 「頭が切れる人」になる方法:人知れず勉強する
  15. 「頭が切れる人」になる方法:レベルの高い人と付き合う
  16. 「頭が切れる人」になる方法:環境を変える
  17. 「頭が切れる人」になる方法:朝食をしっかり食べる
  18. 頭の切れる人のメリット
  19. 頭の切れる人のデメリット
  20. まとめ

はじめに

学校や会社、仲間内で「頭が切れる人」っていますよね。
特に学歴があるとか頭が良いとか、天才肌とかいうわけでもないのに、頭が切れる人…

何となく、見とれてしまったり、あっけにとられてしまったりします。

でもこれって、天性なのでしょうか?
生まれ持った才能なのでしょうか?

あなたは、頭が切れる人になりたいと思ったことはありませんか?

あんな風に、ひとまず何でもこなせるようになったら良いなぁ、とか思ったことありませんか?

このまとめでは、「頭が切れる人」の特徴や考え方、「頭が切れる人」になる方法を徹底解説します。
また、頭が切れる人のメリットやデメリットも紹介していますので、何かのきっかけで参考にしてみてください。

「頭が切れる人」の意味

ではまず、「頭が切れる」という言葉ですが、聞きはするものの一体どういった意味なのかを分解してみたいと思います。


【頭が切れる】
・頭の回転や働きが速い
・処理能力が速い
・考えるスピードが速い
・臨機応変な対応ができる

このように、"速い"という意味が含まれる内容になっています。

最新のパソコンやスマートフォンみたいな感じですね。
とにかく、"速い"というところが特徴的です。

「頭のいい人」の意味と違い

ここで、「頭のいい」もしくは「頭がいい」の意味との違いを解説したいと思います。

「頭のいい人」という表現もちらほら聞きます。

【頭のいい】もしくは【頭がいい】
・処理能力が高い
・知性が高い
・優れている
・優秀な

いかがでしょうか?
先程の【頭が切れる】と違って、【頭のいい】は"高い"というイメージが先行しています。

【頭が切れる】は"速い"
対して
【頭のいい】は"高い"

頭が切れて、尚且つ頭のいい人だったら、処理能力が高くて速い人、になります。

基本的に頭が切れる人は、ある程度頭のいい人が多いです。
処理能力が速い機能を持ち合わせるためには、ある程度の処理能力の高さを有していなければできません。

中身が何もないスマートフォンが処理能力が速いとは、到底言えません。
そんなニュアンスです。

イメージとしては、
処理能力の高さ = 処理能力の速さ → 理想
処理能力の高さ ≦ 処理能力の速さ → 頭が切れる人
処理能力の高さ ≧ 処理能力の速さ → 頭のいい人
となります。

「頭が切れる人」の特徴:仕事ができる

まず言えるのが、頭が切れる人は仕事ができます。
仕事自体の処理能力が速かったりするのはもちろん、仕事に対しての考え方もレベルの高いところにあるのが特徴的です。

例えば、淡々とその日の仕事を終えて、普通に帰宅してまた明日が来て…
といったルーティンを頭が切れる人はあまり好みません。

考え方としては、その日一日一日が違った事が起こるといった考え方の元、仕事に挑んでいる姿勢もあります。

仕事に対しての考え方が根本的に、やる気があるかどうかといった観点から見ると分かりやすいと思います。
やる気があれば、頭が切れるように工夫するのも当然です。

頭のいい悪いは別として、やる気や仕事に対しての考え方の問題が、仕事ができるかどうかをまず左右するのではないでしょうか。

■関連記事:逆に仕事が遅い人の特徴は?

仕事が遅い人の特徴は?原因と改善策11選!

「頭が切れる人」の特徴:理解力がとにかく速い

頭が切れる人の特徴として、理解力がとにかく速いことです。
ひとつの事を言われると、それを理解し処理をし、+αの事を考えたりもします。

これも、元々の頭のいいという要素がある程度ない事には、理解力を得ることはできません。
理解力を高めるには、やはり色んな経験や知識が必要になってきます。

理解力を速めたい人は、まず様々な事に興味を示してみましょう。
そして、自分で調べてみて、自分なりに理解をしてみるのも理解力を速める方法になると思います。

「頭が切れる人」の特徴:物事を噛み砕く力が凄い

頭が切れる人は、ダラダラと結論がない話題だったり、回りくどく物事を言われたりすることを嫌うという特徴があります。
どうしてかというと、頭が切れる人は、物事を噛み砕く力が凄いので、ダラダラと結論などに向かわない内容に対してイライラしてしまうことがあるからです。

話題の中で結論がちょっとでも見えてくると、それをあっという間に噛み砕いて理解をします。
ですので、他の人よりも少しフライング気味に見られることもありますが、あくまで仕事の場合のみなので、プライベートではそんなことありません。

前項と組み合わせると、ひとつの指示を理解し噛み砕いて、実行する。
機械に何かを要求した時に、それを機械が理解をして、機械での言葉(C言語など)で噛み砕き実行する。
そういったプロセスと同じですね。

「頭が切れる人」の特徴:動きが機敏

基本的に頭が切れる人は仕事ができます。
頭の処理能力が速いということは、頭の回転が速いということにもなります。頭の回転の速さに体がついていかなければ、何の意味もありません。

ですので、頭が切れる人は比較的動きも機敏です。
行動力があるとも言われたりします。

ただ「頭のいい人」はそうでもありません。
机上でだけ頭のいい人は、体がついていくかどうかは関係のない話になります。
テストで良い点を取るのに、機敏さは反映されませんので。

「頭が切れる人」の特徴:周りの状況を把握している

頭が切れる人は自分だけの仕事に没頭するタイプではなく、周りの状況を常に把握している人が多いです。
周りの状況を把握しているからこそ、今他の人に頼み事をして良いか、仕事を振って良いか等、ある意味気遣いをしています。

頭が切れる人は、人よりも少し賢いので抜きん出た存在が為に、一歩引いて見られてしまう傾向がありますが、実は他の人以上に気遣いをしていたり神経を使っていたりします。

頭が切れるからこそ、周りの状況を把握する力も備わっているのでしょう。

「頭が切れる人」の特徴:常に効率の良さを求めている

効率の良さを求めるのを、悪いと捉える人もいます。
ですので、賛否両論があるかと思いますが、頭が切れる人は常に効率の良さを求めているという特徴があります。

ここで、効率の良さを求めることについての誤解などを少し、紐解いていきたいと思います。

仕事において効率の良さを求めることは非効率につながる!?

よく聞くのが「効率ばかりを求めると逆に非効率になる」です。

仕事において効率を求めてばかりいると非効率になるので、効率的にというよりも最適化しましょうなどといったものを見ることがあります。

普段のことに例えれば、仕事でなくても効率的に物事を進める方が、楽じゃないですか?
労力を使ったり、無駄な体力やお金を使ったりするよりも、最小限の労力や体力、お金で計画通りに進む方が、達成感もあります。

ムダも時と場合によっては、新たな発見になったりしますが、私たちは無意識に効率化を図っています。

効率化を図った結果、これは非効率だったという結果論に過ぎない場合もありますが、それはやってみないと分かりません。
仕事においての効率化は、余った時間をただ持て余すのであれな、それは非効率かもしれませんが、余った時間や余力を、+αの仕事で補えば良いのではないでしょうか。

なので、頭の切れる人は、効率化ばかりを狙った効率的ではなく、そのバランスも考えた上で効率的な仕事をしようとしています。
基本、頭のいい人なので、効率・非効率だとかごちゃごちゃ考えたりはしません。

「頭が切れる人」の特徴:相手のニーズに応える

頭が切れる人は、相手のニーズに応えます。
仕事だったら、誰だって応えると思うかもしれませんよね?

そうではなくて、頭が切れる人は、指示や要望があってから応えるのではなく、先手を取るようにして相手のニーズに応えるのです。

なぜ、そんなことができるのか?

頭が切れる人は基本的に頭のいい人でもあります。
相手の情報をインプットして、噛み砕き理解して、その結果相手のニーズを引き出す能力も高いわけですから、相手の情報を元にどのタイミングで何をしてあげれば良いのかを察知します。

ですので、相手からの要望がなくとも、「今だ」というタイミングを見極めて相手のニーズに応えることができるのです。

ただ、頭が切れる人も人間なので、100発100中ではありません。
比較的普通の人よりも、的中率が高いという意味です。

「頭が切れる人」の特徴:独創性がある

そして、頭が切れる人は独創性があります。
先程の効率の問題ではありませんが、"効率的に"を求めた結果、前例の無い事でもチャレンジしたりします。

よく、前例の有無を気にして独創性を阻止するという場面もあったりします。
でもそれは、言い換えれば芽を摘んでしまっているようなものです。

せっかく組織や仲間の中に頭が切れる人がいるのであれば、その独創性を尊重してあげるのが良いかもしれません。

「頭が切れる人」の特徴:目つきが鋭い

目つきが怖いという意味ではありません。
頭が切れる人は、目つきが鋭い、どちらかというと凛とした目をしています。
一切濁ることがなく、透き通った芯のある目をしているところが特徴的です。

目つきが鋭いというのは、集中力が凄いことの表れでもあります。

信念を持って挑んでいるので、どうしてもプライベートの時とは目つきが変わります。
仕事に対しての考え方が、頭が切れる人は他の人と少し違うのかもしれません。
自分がどうこうよりも、会社がどうこうという大きな視点で捉えているのだと思います。

■関連記事:頭が切れる人(女性)は凛とした人が多いです。こちらも参考にしてみてください。

凛とした女性の特徴7選!

「頭が切れる人」の特徴:真逆の自分もいる

頭が切れる人は、いつでもどこでも頭が切れる人ではありません。
実は真逆の自分がいたりします。

どういうことかというと、仕事では前項のように目つきが鋭かったりするけど、プライベートになると人がまるで変わるという人もいます。
ある意味二重人格ですね。

仕事中は頭のいい、サバサバしたかっこいい雰囲気の方でも、ひとたび仕事から離れると女の子らしい人に変わる人もいます。

また、仕事ではあんなに頭が切れる人なのに、プライベートではどんくさかったり、おっちょこちょいだったりする人も。

オンとオフのスイッチがしっかりしているという意味でも、頭の切れる人ならではなのかもしれません。
パソコンだって、使わない時は電源を切りますよね?
それと同じだと思います。

では、次項から「頭が切れる人」になる方法を5つ紹介致します。
特徴を元に、分解しています。ぜひ、チャレンジしてみてください。

「頭が切れる人」になる方法:とにかく努力する

とにかく、今現状を努力してみるという方法です。
できないなりに、一生懸命にやってみてください。

考え方としては、ダルいとか面倒くさいとか、そういった感情をいったん排除します。

努力をすることで、小さな成果でも良いので、その成果を積み重ねていくと、今度は自信になります。
自信という経験値が増えることで、成果へ繋がる情報量が増え、次第に頭が切れる人になっていくはずです。

まずは、曖昧かもしれませんが、ひたすら努力をしてみるという方法です。

「頭が切れる人」になる方法:人知れず勉強する

頭が切れる人は、どこでそんな情報を得てきたの?という場面があったりします。
それはどうしてかというと、人知れず勉強をしているからです。

頭が切れる人になる方法は、人知れず勉強をしてみることです。
この"人知れず"がポイントです。

あからさまに勉強しているアピールは、かえって逆効果になってしまいます。
どういうことかというと、"馬鹿です"アピールをしている意味にもなってしまいます。

人知れず知識を勉強してみてください。

どんなことを勉強すれば良いのか?

頭が切れる人になる方法として、人知れずどんなことを勉強すれば良いのか、具体的に紹介したいと思います。
仕事に関する勉強内容は職種によって分野が違いますので、どんな職種の人でも共通しているおすすめの分野を紹介していきます。

まず、「脳トレ」です。
まずは脳を柔らかくしてあげる必要があります。
頭が切れる人は様々な考え方ができるので、臨機応変な対応ができたりと柔軟性があります。

次に、「計算問題」や「数学」
計算や数学こそまさに結論を導くものです。
数学脳を鍛えることによって、結論を導く力が付いていきます。

そして、「コミュニケーション術」
ひとりきりで仕事をしているわけではありませんので、人と人とのコミュニケーション術を磨くことによって、新たな知識ができたりします。
また、この勉強によって人のニーズを引き出す能力も付いたりするので、おすすめです。

「頭が切れる人」になる方法:レベルの高い人と付き合う

頭が切れる人になる方法として、頭が切れる人達とお付き合いをすることです。
自分が頭が切れる方ではないと考えている人は、自分よりもレベルが高い人と付き合ってみると、良い刺激になります。

頭が切れる人たちの考え方や生き様、ライフスタイルなどをリアルに近くで感じる事ができるので、そういった環境に自分を放り込んでみてください。
SNSなどをきっかけに繋がってみると良いかもしれません。

「頭が切れる人」になる方法:環境を変える

前項と真逆です。

どういうことかというと、元々頭が切れる人が多数いる中で自分は頭が切れる方ではないと凹んでしまうといった場合は、逆に自分よりもレベルの低い人達が集まる環境に身を置くと、今度は自分が頭が切れる方になります。

今の環境よりも一段階、レベルを落としてみるという方法です。

この方法は、失恋した時、自分よりももっと酷い失恋した人を見つけたら、自分を慰めることができるというメカニズムと同じです。

意外にも自分自身が頭の切れる人になれていることを発見できるかもしれません。

「頭が切れる人」になる方法:朝食をしっかり食べる

朝、出勤をし、業務が開始されれば、その業務にジョギングも猛ダッシュもマラソンも関係ありません。
何が言いたいかというと、業務が始まれば皆、すぐに仕事モードに入らなければいけないのです。
徐々に入る…なんて事は許されないのです。

頭が切れる人になるには、朝、ちゃんと脳に糖分を回しておかなければ頭自体が回転してくれません。
朝食を抜くという人もいるかもしれませんが、頭が切れる人になりたいという方は、朝食こそしっかり食べるよう心掛けてみてください。

こんな事で?と思うかもしれませんが、朝食を食べる食べないでは、ぜんぜん変わってきます!

頭の切れる人のメリット

では、頭が切れる人って何か良いことがあるの?って、思いますよね。
頭が切れる人のメリットをいくつか紹介したいと思います。

主に評価

頭の切れる人のメリットは、大きな意味では「評価」です。
評価されます。

頭が切れるから、成果も出る。
成果が出るから、利益が上がる。
結果、昇格したり、昇給したりします。

そして、周りから賞賛される機会が増えます。
頭が切れる人で尚且つ、承認欲求が強い人は評価されることを目的に、一心不乱に努力する傾向があります。

■関連記事:承認欲求が強い人の特徴は?こちらを参考にしてみてください。

褒められたい・認められたい心理が強い人の特徴!【承認欲求】
承認欲求とは?承認欲求が強い人の特徴11選となくす方法!

頭の切れる人のデメリット

では逆に、頭の切れる人のデメリットって何かあるのでしょうか?
メリットがあればデメリットもあります。

失敗した時のリスク

頭が切れる人は独創性を持っている傾向があるので、その分失敗したときのリスクを背負う場合もあります。
ただ、"郷に従え"を好まないタイプの人は、そのリスクを背負ってでも、チャレンジしてみようという精神の持ち主が多いです。

いずれにしても、頭が切れる人の考え方など人よりも抜きん出ているところがあるので、リスクがあった場合の事も予見していると思います。

可愛げがないと見られることも

女性の場合、頭が切れる人は男性から見て、可愛げがないと思われることもあります。

頭が切れるイコール仕事ができる、なので、憧れの対象になることはあっても、モテる女子といったカテゴリーには入らないかもしれません。

本人が可愛げがないと見られていることを把握している場合もあります。

更に上を求められる

頭が切れるから、その分成果も出ます。
成果を出せば出すほど、更にその上を求められることがあります。

そういった意味では、常に成果を出す為に頭をフル回転させておかなければならないので、途中疲れきってしまうことも。
頭が切れる人ほど、思いっきり休む環境を整えることが大事です。

あれっ?て、思った方へ

頭が切れる人のメリットとデメリットを紹介しましたが、デメリットの方が多く感じますよね。
それだったら、頭が切れる人になんかならない方が良いかも、と思ったかもしれません。

「評価」を求めるばかりがメリットではありません。
頭が切れることによって、様々な考え方を持つことができたり、人の気持ちが分かったり、気遣いをする習慣ができたりします。

何をするにもメリット・デメリットって付き物です。
実際頭の切れる人は自分を嘆いたりしていないので、ご安心ください。

まとめ

頭が切れる人の意味から始まり、特徴や考え方、方法などを解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?
もしかして、最後の最後、メリット・デメリットで少し、気持ち的に萎えましたでしょうか?

頭が切れる人は、持ち前の性格なども左右されている部分がありますし、環境によって頭が切れる人、そうでない人になるケースもあります。


頭が切れる人が、常にどこでも頭が切れる人かというと、そうでもなかったり。

ただ、頭の切れる人の共通点として、ひとつのことに対して考え方がぶれないところがあります。
どちらかというと前向きな考え方の人の方が多いです。

考え方ひとつで、頭が切れる人・そうでない人になったりもします。

また、頭が切れる人は基本的に頭のいい人だと述べましたが、頭のいい人は勉強が好きな人が多いです。
例えば、医者になった人に話を聞くと、「私、子どもの時から勉強が好きだったんです」と答えたりします。
好きだから、頭のいい人になっていくのだと思います。

頭が切れるというのも、今やっていることを好きになってみることから始めると、自然と頭が切れる人になれるのかもしれません。
嫌々やるのだけは止めてくださいね!

頭が切れる人・頭のいい人についてもっと知りたいあなたへ!

頭が切れる人の特徴と違い9選!頭が切れるの意味ってそもそも何?
「地頭がいい」の意味とは?地頭がいい人の特徴も解説

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ