センスのいい人の特徴17選!センスのいい人になる方法とは?

センスのいい人って見た目はもちろん、あらゆる事にセンスの良さを感じませんか? 今回はそんな「センスのいい人」についてご紹介いたします♪ あなたも、この記事を読んでセンスのいい人の特徴を知り、センスのいい人の仲間入りを果たしましょう!

センスのいい人の特徴17選!センスのいい人になる方法とは?のイメージ

目次

  1. 皆が感じるセンスのいい人ってどんな人?
  2. センスのいい人になる方法って?
  3. センスのいい人になる方法と特徴①服装がおしゃれ
  4. センスのいい人になる方法と特徴②部屋もおしゃれ
  5. センスのいい人になる方法と特徴③仕事もスマート
  6. センスのいい人になる方法と特徴④プレゼントのチョイスが素敵
  7. センスのいい人になる方法と特徴⑤インテリアなどにもこだわる
  8. センスのいい人になる方法と特徴⑥小物もおしゃれ
  9. センスのいい人になる方法と特徴⑦いい物を持っている
  10. センスのいい人になる方法と特徴⑧こだわりがある
  11. センスのいい人になる方法と特徴⑨自分をよく知っている
  12. センスのいい人になる方法と特徴⑩他人の事もよく見ている
  13. センスのいい人になる方法と特徴⑪会話が上手い
  14. センスのいい人になる方法と特徴⑫言葉選びが抜群
  15. センスのいい人になる方法と特徴⑬バランス感覚が良い
  16. センスのいい人になる方法と特徴⑭ガツガツしない
  17. センスのいい人になる方法と特徴⑮トータルした考え
  18. センスのいい人になる方法と特徴⑯料理上手で店も知っている
  19. センスのいい人になる方法と特徴⑰周りの人もセンスがいい
  20. まとめ

皆が感じるセンスのいい人ってどんな人?

あなたの周りにも、センスの良い人はいませんか?

センスが良い人は、性格や立ち振る舞いも
ステキな人が多いのです。
さらに、見た目と性格にあまりギャップがないのも特徴です。

みんなが感じる「センスの良い人」とは、そんな人ではないでしょうか?

センスがいい人と一緒に居る事で、あなたのセンスも磨かれていくかもしれません。

しかし「センスって、もともと備わった才能みたいなもんじゃないの?」なんて感じている方も多いのかもしれません。
確かに、凄く性格がガサツな人にセンスが良い人は少ないのかもしれません。

でも、ガサツな人でも「センスの良い人になりたい!」と思い、努力する事でセンスの良い人になれるのです。

今回は、そんな「センスの良い人」にフォーカスを当て、センスの良い人の特徴をまとめていきます。

この記事を読むことで、あなたのセンスが磨かれ、良くなるかもしれません。

■参考記事:ファッションセンスを磨く方法、コチラもチェック!

ファッションセンスを磨く方法35選!センスがない人必見!

センスのいい人になる方法って?

センスの良い人になる方法なんてあるの?なんて、事を言われてしまいそうですが、センスの良い人になる方法はちゃんとあるんです。

センスの良い人の行動を意識しながら真似をしていくことで知らず知らずのうちに、センスの良さが身についているかもしれません。

まずは、センスの良い人になるための特徴を知ることから始めましょう。
センスの良い人は、性格も良い人がほとんどです。

嫌味や周りの人に不快感を与えない、その柔らかな性格に、多くの人が良い印象を持つことでしょう。

まずは、「性格のいい人」と「服装がおしゃれな人」、つまり内面と外面を同時に磨いていく事から始めましょう。

センスのいい人になる方法と特徴①服装がおしゃれ

まず、誰もが見て分かるセンスの良さは、服装でしょう。
服装がダサくて、センスの良い人はいません。

また、服装に清潔感が感じられるだけで随分印象も変わります。
まずは、服装や身だしなみを整え、「清潔感ある服装」を心がけていきましょう。

清潔感ある服装を心がけるだけで、モテファッションに見える事もあります。

またその服装に、あなたらしいファッションとちょっぴりトレンドアイテムを取り入れるだけで、あなたの服装はセンス良く見える事でしょう。

ポイントは、服装をトレンドでまとめ過ぎない事です。
全身トレンドでまとめられた服装は、おしゃれやセンスが良い印象でなく、却ってミーハーなイメージを人に与えてしまいます。

あくまでも、あなたの好きな服装を取り入れつつ、トレンドも織り交ぜるようにしていきましょう。

まずは、あなたの服装から見直して行く事をオススメします。

■参考記事:彼氏のファッションセンスがダサい…!どうすればいい?

彼氏がダサい!服のセンスのない彼のファッションを変革する方法!

センスのいい人になる方法と特徴②部屋もおしゃれ

服装やファッションにこだわるだけでなく、お部屋も服装やファッションの一部と考えている人も、センスの良い人には多いのです。

賃貸を選ぶセンス、ステキな間取りを考え見つけるセンス、お部屋をセンス良く飾るのが上手いなど、センスの良さも様々です。

「お部屋は自分の顔」と言わんばかりのステキなお部屋で過ごしている事でしょう。
当然の事ですが、お部屋が服やゴミで溢れかえっているなんて事は、ありません。

お部屋がきれいなことで友人を招き入れる機会が多い事や、様々な人がセンスのいい人のお部屋に訪れては、そのお部屋の綺麗さに感動することでしょう。

センスのいい人のお部屋に訪れる多くの人が、お部屋のインテリアなどが素敵なものが多いだけでなく、お部屋のまとめ方やコーディネートなどのセンスの良さにも驚くことでしょう。

このように、センスのいい人のお部屋ももちろんセンスのいい素敵なお部屋をお持ちの方ほとんどですが、センスがいい人と感じていても、お部屋にセンスを感じられない場合、本当にセンスのいい人ではないのかもしれません。

一度、センスのいい人のお部屋もチェックしてみましょう♪

センスのいい人になる方法と特徴③仕事もスマート

センスのいい人は器用な人が多いのも特徴です。
例えば、仕事に対してもストイックな人や、仕事の業務などをスマートにこなす人も多いのです。

また、仕事に対してもプライドのある人や楽しくグラウディングしながらキャリアを積んでいるように見える人など様々です。

しかし、センスのいい人は仕事がスマートにこなす人も多く、めったにミスなどはしない傾向にもあります。

センスのいい人は、仕事や業務をスマートにこなせるだけでなく、人をまとめる力や仕事で部下や後輩を助けたりと、協調性があるのも特徴になります。

そのため、仕事でも昇格が早く人を取りまとめる役職に就いていることも考えられるのです。
センスの良さは、仕事でも生かされているのかもしれませんね。
仕事でも落ち着きのあるどっしりと構えた考え方と、他人の仕事のミスも放っておけない人も多いのです。

そのせいか、仕事でもよく頼られることが多く後輩や部下のしりぬぐいをしていることも...。
しかし、仕事でもあまり愚痴をこぼすこともなく、環境を良くしようと尽力します。

センスのいい人でも、仕事で愚痴が多い人や悪口、人間関係でのトラブルになりやすい人は実はセンスがよくない「うわべだけセンスのいい人」なのかもしれません。

あなたが思うセンスのいい人は、仕事や業務をどのようにこなしますか?
センスの良さを見るのに、仕事の状況は一つの物差しになりそうです。

センスのいい人になる方法と特徴④プレゼントのチョイスが素敵

センスのいい人は、プレゼントを選ぶのにもセンスの良さを感じさせてくれます。
プレゼントは、「もらって嬉しい贈り物」になります。

プレゼントのふたを開けた瞬間に、相手の喜ぶ顔が見たいため相手の好みを徹底的に知ろうと努力します。
プレゼントをもらった相手が嬉しくなるようなものの選び方と、プレゼントのチョイスにもセンスの良さを感じさせて切れる事でしょう。

このようなことからも、センスのいい人はロマンチックな考えの人が多いのかもしれません。


プレゼントを贈るという事は、相手へ自分のセンスの良さを知ってもらえるチャンスに感じている人も多く、プレゼント選びには慎重になるようです。
さらに、プレゼントを贈るときにも、相手の好みを熟知しているだけでなく値段に関係なくプレゼントを選ぶことと見返りを求めないので、純粋にプレゼントを喜んでもらいたい気持ちで、プレゼントを贈りたい相手へプレゼントを渡していることでしょう。

このように、プレゼントは相手を喜ばせるツールとして考えていることからも、相手に喜ばれるプレゼント選びや、プレゼントのチョイスを心がけているのかもしれません。

センスのいい人になる方法と特徴⑤インテリアなどにもこだわる

センスのいい人は、お部屋が素敵なだけでなくよく見るとセンスのいいインテリアを選び、こだわる人も多いのです。
インテリアに詳しい事や、こだわりを見せることろはカッコよく見える姿なのかもしれません。

インテリアも、自分のお部屋を素敵に彩る道具と考えていますので、当然手の抜けないジャンルになります。
北欧のインテリアやインテリアの会社に詳しいだけでなく、インテリアのブランドやデザイナーなどにも詳しい人も多いようですね。

インテリアがおしゃれでセンスのいいものであれば、物件が少々傷んでいてもヴィンテージ感あるテイストに仕上げる事ができたり、古民家を改装し和モダンなインテリアでうまくコーディネートしたり、お部屋やお家が素敵なだけでなく、その人の持っているインテリア一つ一つにセンスの良さを感じることでしょう。

インテリア一つ選ぶにしても、そのセンスの良さを感じるだけでなくインテリアを大切にする姿は、インテリアを愛している気持ちが伝わってくるようです。

センスのいいインテリアを選ぶ事は、そのお部屋に招き入れた人たちが素敵に感じることと招かれて良かったなと喜んでもらえるような事を考え、またそのセンスの良さでインテリアを選んでいることでしょう。

このように、センスのいい人はインテリア選びにもセンスの良さを感じさせるだけでなく、強いこだわりのあるのも特徴です。

■参考記事:無印良品を使ったおしゃれな部屋づくりをチェック!

シンプルな部屋にしたい!無印良品を使ったおしゃれな部屋作り解説!

センスのいい人になる方法と特徴⑥小物もおしゃれ

センスのいい人は、お部屋のインテリアンドにこだわるだけでなく、ファッション小物や小物にも気を遣う所があります。
小物がおしゃれなことで、「センスのいい」ファションをさらに際立てている事と、小物がおしゃれなことでチョイスするセンスがいい」とも思われます。

バックや時計などブランドにこだわるだけでなく、たとえノーブランドでも素敵なデザイン小物をチョイスすることで、「おしゃれな人」や「センスのいい人」と思われることでしょう。
また、そのおしゃれな小物をアピールするのではなくさりげなく身に付け、さらりと相手の視線に触れることで「センスのいい人」と思われることでしょう。

本当にセンスのいい人は、自分からオシャレを見せつけることはしません。
さらりとさりげなく身に付けているため、自分の一部のような感覚でオシャレな小物を身に付けているのかもしれません。

センスのいい人は、このように小物にも気を遣う事ができるオシャレな人なのです。

センスのいい人になる方法と特徴⑦いい物を持っている

いいものを持っていることで、ブランド志向に見られがちですが、全くそうではありません。
センスのいい人が「良いものを持つ」と言うことは、その分「長く使う」と考えている人が多いようです。
センスのいい人は、お金持ちやブランドばかりを愛する人ではなく、良いものを長く使える人なのです。

また、高い買い物をしてもその分自分の愛情を込めて使い、丁寧に大切にすることから、いいものを持っていても持ちが良く、良いものを長く使いたいと考えるセンスの良い人がほとんどなのです。

そのため、センスの良いものを持っていてもよく見るとかなり年期の入った物を持っている事もあります。

おしゃれやセンスの良さは一緒に居る人を和ませたり、センスのいい人と一緒に居ることで素敵な気持ちにさせるのです。
ものを大切に扱う心は、同時に人を大切に扱う心につながるのかもしれませんね。

センスのいい人になる方法と特徴⑧こだわりがある

自分なりのこだわりがあるため、頑固に見えたりすることもあります。

しかし、センスの良い人はそのこだわりを捨てる事はありません。
なぜなら、それはセンスの良い人のポリシーだからです。
また、こだわりは、周りの人に迷惑をかけるようなこだわりではありません。

センスの良い人は周りとの協調性を大切にする人でもありますので、自分自身を磨くことや自分自身の美学にこだわることが多いようです。

異性に対し、自分がどのような人に見えるか、どのような対応することで相手を和ませることができるのかなど様々な角度からセンスの良さを考えていきます。

しかし、自分では相手を大切にしたい気持ちばかり考えていますので、どのようにすればセンスよく見えるかという視点では考えていないようです。

このように、センスのいい人は自分なりのポリシーやこだわりのある人がほとんどなのです。

センスのいい人になる方法と特徴⑨自分をよく知っている

中には、ナルシストのように見えるセンスの良い人もいるかもしれません。
しかし、それは「自分のことをよく知っている」「自分のことをよく調べている人」に多いようです。

センスの良い人の中にも、コンプレックスを抱えている人もたくさんいます。
例えば、コンプレックスをいいように見せたいと考える場合、自分の欠点をうまくリカバリーできる方法を考えていきます。

例えば、顔が面長さんの場合縦に長い印象になりますので髪型をふんわりと丸みのあるパーマをかけてみたり、サイドにボリュームを持たせた柔らかい印象の髪型をします。
また、服装も縦長に見えるストライプなどは避け、ボーダーやふんわりしたデザインの服装を好む傾向にあるようです。

このように、自分のことを良い面も悪い面もよく知ることで、それをうまくリカバリーできる力がある人ほど、センスの良い人に近づいているのかもしれません。

センスのいい人になる方法と特徴⑩他人の事もよく見ている

センスのいい人は、案外他人のこともよく見ています。
人間観察が好きな人も多く、人のことをよく見抜いています。

そのため、人によってうまく扱いを使い分けている人も多いのではないでしょうか?
それは、性格が悪いわけではなくうまく人を使い分けることで、お互いに良い気持ちで過ごそうと考えているのです。

さらに、他人の良いところを真似したいと言う気持ちもあり、センスの良い人は案外真面目な人が多いのです。
良いものは良いと瞬時に判断することもできるため、そのキレの良さは仕事にもつながるのかもしれません。

さらに、そのキレの良さは他人の性格を見抜く力にもつながることもあるため、初対面でも大まかにその人のことを見抜くことができそうです。

このように、センスの良い人は他人のこともよく見ていることから、その人に合わせた対応もできるスマートな人なのです。

センスのいい人になる方法と特徴⑪会話が上手い

センスのいい人は、コミニケーション能力が高いため話が上手い人も多いようです。
さらに、会話がうまいことでビジネスにつながることもあり、仕事をスマートにこなしている人も多いのです。

センスの良い人は、人を見抜く力があるだけでなくその人に合わせた会話がうまいため、一緒にいて心地よく感じる人も多いのではないでしょうか?

また、様々なことを知っているので年齢問わず話を合わせることもできます。
たくさんの知恵があることで、物知りなだけでなくセンスの良い人はあらゆるものに好奇心や興味があるため、調べ物が好きな人も多いようです。

もちろん、社会のことから娯楽、エンターテイメントまで幅広く調べ物をすることで自分の知的財産になっているだけでなく、会話を弾ませる元となっていることも考えられます。

このように、センスの良い人は引き出しの多い人も多く会話がうまく、一緒に話をしていても楽しい人が多いのです。



センスのいい人になる方法と特徴⑫言葉選びが抜群

センスのいい人は、会話が楽しく面白いだけでなく、言葉選びが抜群に良い人が多いのです。
そのため、一言で何を伝えたいかが伝わり相手を傷つけないような言葉も選びます。

また、わかりやすく人に伝えることもうまいため一緒に会話をしている人は心地よく感じることも多いようです。

さらに、言葉選びが抜群なことからLINEなどのやりとりもスタンプを使い、楽しむことができそうです。
このように、センスの良い人は言葉選びにもセンスの良さを発揮し、相手を和ませる素敵な才能を持っている人なのかもしれません。

センスのいい人になる方法と特徴⑬バランス感覚が良い

運動神経や、バランス感覚が良いことから、様々なところにそのバランスの良さが出てきているのでしょう。

運動神経やバランス感覚が良いことで、その人の感じるものやこと、さらに扱い方など人間本来の感覚が備わっているため、多くの人がそのセンスの良さに共感するのです。

さらに、バランス感覚が良いことで一つ一つのものを見て、良いと感じるのではなくもちろん一つ一つのものを見て良いと感じるものを選ぶのですが、最終的にはトータル的に見ていいもの選ぶバランスの良さも兼ね備えています。

このように、センスの良い人は一部だけを見て決めるのではなく、全体を通しバランスの良さや感覚を調整しながら、何事も選択していける人なのです。

センスのいい人になる方法と特徴⑭ガツガツしない

センスの良い人に、ガツガツした人は見た事がありません。
もちろん、不快な思いにさせられたこともありません。

つまり、センスの良い人は協調性がある人のため、ガツガツした人はいないのかもしれません。

見た目はセンスが良いのに、中身がガツガツした人はセンスが良い人ではなく、見た目のセンスがいい人なのかもしれません。
見た目を気にする人は、なかなか中身が備わっていない人も多いのです。
うわべだけのセンスであれば、いずれその化けの皮がはがれてしまう時がやってきます。

本当にセンスの良い人は、相手を大切にする気持ちがある事はもちろん、ガツガツしたところも少なく相手も自分も、心地良い空間を作ることに長けた人なのです。



センスのいい人になる方法と特徴⑮トータルした考え

センスのいい人は、全てを見通す力があります。
そのため、その場しのぎの考えや1つのことに集中した考えではなく、全体を通した考えを持つようにしています。

全体を通した考えをすることで、トータル的に見て良い方向を選びます。
ファッションや、会話など全てにおいてトータル的に見た考えで行動しますので、その場しのぎや一つのことにこだわった考えで行動起こす事はほとんどないのです。

センスの良い人は、このように全体を見通す力や考えがあるため、何をするにも全体や見通しを見ながら考えながら行動していける、非常にバランス感覚の良い人です。



センスのいい人になる方法と特徴⑯料理上手で店も知っている

センスのいい人は、五感が優れているためもちろん味覚も優れています。
さらに、手際の良さも相乗効果となり料理上手な人が多いのも特徴です。

また、料理が上手なだけでなく美味しいお料理のお店も知っています。

センスの良い人と、お食事やデートに誘われたときでも、そのセンスの良さや素敵なレストランなどを紹介されることで、よりそのセンスの良い人を好きになってしまうこともありそうです。

このように、センスのいい人は料理がうまい人だけでなく、おいしいもの食べたい気持ちと相手を喜ばせたい気持ちから、おいしいレストランを知っている人も多いのです。


センスのいい人になる方法と特徴⑰周りの人もセンスがいい

センスのいい人の周りには、当然センスの良い人が集まります。
バランス感覚が良い人たちが集まることで、居心地がさらに良くなり自然と楽な気持ちで過ごすことができるのです。

1つのことにこだわりの強い人や、人と違う見方をしてしまう人であれば、センスの良い人たちと一緒にいることが苦痛に感じてしまうようです。

このように、人と人とのつながりを大切にし、相手の気持ちを思う心の人に共感し感じることで、センスの良い人の周りには、自然とセンスの良い人が集まってくるのかもしれませんね。

まとめ

いかがでしたか?
あなたもセンスのいい人に近づくことができそうですか?
センスのいい人は、周りの人を大切に扱います。

センスのいい人は、暖かく優しい考えや気持ちの人も多いのです。

あなたの周りにいる、センスのいい人やこちらの記事を参考にセンスを磨いていく事で、より素敵な人になっていくことでしょう。
センスのいい人は、バランス感覚に優れた協調性のある素敵な人です。

あなたもセンスのいい人になる事で、生活しやすくなり周りの人と楽しい時間を過ごせるようになるのかもしれませんね。

ファッションについてもっと情報を知りたいアナタに!

赤に合う色11選!色別にファッションコーデを紹介!服選びの参考に!
ワンピース×スニーカーのコーデが可愛い!おしゃれコーデ特集!
パンプスは素足で履くべき?ストッキングを履くのがおすすめ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ