結婚相手を顔で決めるべきじゃない7つの重要な理由を公開!

結婚相手を顔で決めるべきじゃない7つの重要な理由を公開!

顔が好みの人と結婚ってちょっと憧れますよね。
結婚相手がイケメン男性!なんてことはちょっとした自慢にもなると思います。
でも、結婚相手を顔で選ぶのはなかなか危険を伴います。
今回は、結婚相手を顔で決めるべきじゃない重要な理由を紹介していきます。

記事の目次

  1. 1.結婚と恋愛はまったく違うもの
  2. 2.結婚相手は顔で選ばない方がいい?!
  3. 3.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由①ときめかなくなる
  4. 4.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由②老いには勝てない
  5. 5.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由③短所を見落とす
  6. 6.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由④優先順位は変わる
  7. 7.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由⑤何十年と連れ添う
  8. 8.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由⑥すぐ離婚は難しい
  9. 9.結婚相手は顔で選ばない方がいい理由⑦不倫される心配
  10. 10.結婚相手を顔で選ぶと失敗してしまうパターンが…
  11. 11.結婚相手の顔より、本当に大切なものって?!
  12. 12.結婚相手の顔より大切なもの①価値観の一致
  13. 13.結婚相手の顔より大切なもの②尊敬しあえるかどうか
  14. 14.結婚相手の顔より大切なもの③思い遣りをもてるかどうか
  15. 15.顔にこだわらず、自分にあった結婚相手を見つけよう♡

結婚と恋愛はまったく違うもの

まず始めに、結婚と恋愛は全く違うものです。
若いときの燃え上がるような恋愛を結婚に求めているのであれば、それは大きな間違いです。
まずは、そこから考え方を変えましょう。

基本的に、恋愛は「今」が楽しければいいという考えでも成り立ちますが、結婚は「将来」がどうなるかということが常に付きまといます。
結婚したら当たり前のようにしている子作り、マイホームなども、将来的な資金、生活イベントを考えて選ぶ必要があります。
将来を常に考えなければいけない結婚生活では、その都度、慎重に選ぶ必要がある壁にぶつかります。
その時に、お互いに協力し合えなければ結婚生活は成り立たないのです。

結婚相手は顔で選ばない方がいい?!

では、結婚相手は顔で選ばない方がいい?というのはどうなのでしょうか。
答えとしては、「結婚相手は顔で選ばない方がいい」です。
その理由はこれから順を追って説明していきます。

ここで言う「顔で選ばない方がいい」というのは、「顔がタイプの人と結婚してはいけない」という意味ではなく、「顔がかっこいいから結婚する」という選ぶ方法は危険だという意味です。
顔がタイプだったとしても、ほかに結婚を決意する要素がきちんとあるのであれば、大丈夫でしょう。
今回は、結婚相手を顔で選ぶということをしたばかりに失敗した…となりがちな理由を紹介していきます。

■関連記事:こちらもチェック!

彼女にブスをどうして選ぶ?美人よりもブス好みなイケメンの秘密! | Lovely[ラブリー]のイメージ
彼女にブスをどうして選ぶ?美人よりもブス好みなイケメンの秘密! | Lovely[ラブリー]
逆美女と野獣カップルって見かけたことありませんか?イケメンなのに彼女にブスを連れてる男。つい「え?」って見ちゃうけど、いつも思うのは「なぜイケメンがブスの彼女連れてるの?」です。ブスには希望の星だけど、イケメンがわざわざ美人じゃない彼女を選ぶのはなぜでしょう。

結婚相手は顔で選ばない方がいい理由①ときめかなくなる

結婚相手を顔で選ぶ場合、もし本当にそれで結婚できても、最初は恋愛の最初のころのようにときめき、ウキウキの新婚生活を楽しんでいるという心理の特徴があります。
この時点では、誰もが「顔がかっこいい人と結婚してよかった♡」などと、この後に来るデメリットに気が付いていない特徴も。

でも、結婚って、相手の顔を毎日見るんですよね。
寝ても覚めても、結婚相手は一緒に住んでいるわけですから顔を合わせることになります。
それが、恋愛とは違う、結婚です。
例えケンカ中であっても同じ家なので帰る場所も一緒ですし、寝る場所も同じという人が多いでしょう。
そうなると、どんなにカッコイイ顔の旦那様であっても、ときめきは次第になくなってきます。
長く続いても、半年くらいではないでしょうか。
「かっこいい♡」という心理から、色々と不満はあっても許せていた、という場合、そのときめきが無くなったら、次は二人はどうなるのでしょうか?
顔だけで結婚相手を選ぶということは、このようなデメリットがあるのです。

結婚相手は顔で選ばない方がいい理由②老いには勝てない

恋愛したてのころや、結婚したての若いころはとてもハンサムで、かっこいい旦那様かもしれません。
でも、人間は誰しも、老いには勝てません。
イケメンの男性全てが、年をとってもイケメンダンディな男性になると思いますか?
中には、若いときのイケメンな雰囲気や特徴はそのままに、綺麗に年を重ねていく人もいますが、大半の人間がそのまま老いていきます。

結婚相手が、結婚生活数十年の間に老いて、イケメンの影もなくなったときでも、あなたは旦那様を愛し、尽くすことが出来ますか?
たいてい、結婚相手を顔で選ぶ女性は、「今」しか見えていないことが多い特徴があります。
その心理では、前述のとおり、「恋愛」であって「結婚」には適した心理とは言えません。
男性で、必死にアンチエイジングしている方も珍しいですし、そのまま老いて、イケメンでなくなってしまった旦那様を見て、あなたは何を思うのでしょうか。

結婚相手は顔で選ばない方がいい理由③短所を見落とす

目の前にイケメンが現れたら、「かっこいい♡付き合いたい♡」などと気持ちが浮かれますよね。
それは当然の心理です。
また、そのイケメンと付き合うことが出来た♡となると、さらにヒートアップする、それも当然の心理です。
そして、順調に結婚までことが運んだら、最初のうちは、幸せ絶好調の中にいることでしょう。
その幸せを感じるのも、当然の心理なので決して悪いことではありません。
誰もが、同じ境遇になったときに抱く心理だと思います。

次のページ

結婚相手は顔で選ばない方がいい理由④優先順位は変わる

関連記事

人気の記事