懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!

懇親会の司会必見!挨拶の例文や進行の仕方解説!

仕事の後の懇親会で司会や挨拶を頼まれること、ありませんか?司会者として、たくさんの同僚や上司のまえで、挨拶をするのは、流れが分からずかなりのプレッシャーになります。そこで、懇親会で使える挨拶や進行の仕方や流れを、例文と一緒に紹介します!

記事の目次

  1. 1.【懇親会で司会や挨拶】司会を頼まれたらどうする?
  2. 2.【懇親会で司会や挨拶】進行の仕方で仕事が評価される!?
  3. 3.【懇親会で司会や挨拶】自己紹介は短めに
  4. 4.【懇親会で司会や挨拶】挨拶ではしっかり趣旨説明をしよう
  5. 5.【懇親会で司会や挨拶】交流を作ることも司会者の仕事
  6. 6.【懇親会で司会や挨拶】乾杯までのいい流れを作ろう!
  7. 7.【懇親会の司会や挨拶の例文①】自己紹介の方法
  8. 8.【懇親会の司会や挨拶の例文②】開会の挨拶
  9. 9.【懇親会の司会や挨拶の例文③】乾杯の音頭
  10. 10.【懇親会の司会や挨拶の例文④】新メンバーや功労者の紹介
  11. 11.【懇親会の司会や挨拶の例文⑤】余興の進行の仕方
  12. 12.【懇親会の司会や挨拶の例文⑥】閉会の挨拶
  13. 13.【懇親会の司会や挨拶の例文⑦】手締め
  14. 14.【懇親会の司会や挨拶の例文⑧】二次会などの案内
  15. 15.【まとめ】社内の雰囲気を良くする懇親会を!

【懇親会で司会や挨拶】司会を頼まれたらどうする?

仕事のひとつとして、会社の懇親会の司会を頼まれること、ありませんか?
司会をすると言っても、友達などの内輪の飲み会とは違います。

自己紹介はどうする?どのような進行の仕方がいいのか、流れをどうすればいいのか、心配になる人も多いはず。

そのため、事前に、挨拶や乾杯などの流れを、マニュアルで確認することが大切!

懇親会は、会社の雰囲気を良くしたり、新しいメンバーと交流する場を作ったり、
会社のイベントのひとつとして、とても大切にしているところもあります。

懇親会の司会と言っても、会社の仕事のひとつでもあるので、
ここでしっかりと司会をすることで、仕事に対する評価が上がることも少なくありません。

難しい!そんな気持ちになりますが、懇親会の司会で抑えるべきポイントをおさえればOK。
マニュアルをおさえることで、仕事のいろいろな場面で役に立つかもしれませんね。

【懇親会で司会や挨拶】進行の仕方で仕事が評価される!?

懇親会の司会は、挨拶、自己紹介、乾杯、閉会までの一連の流れがあります。
上手にその流れを作れる人は、仕事もできる場合が多いんです。

懇親会の参加者はいろいろな立場の人がいます。
そこで、どうどうと、司会ができる人は、度胸があると受け取られます。

また、そのような雰囲気で、進行の仕方が上手い人は、プロジェクトのとりまとめが上手、
臨機応変に対応できる、コミュニケーション力がある、そう受け取られるんです。


だから、単なる会社の飲み会の司会とはちょっと違うのが、
懇親会で司会をするときの特徴。

自己紹介の仕方次第で、あなたの会社のメンバーとしての印象もぐっと変わります。
基本の流れをマニュアルでおさえながら、自分らしさを加えるのも、
司会をするうえで効果的かもしれません。

【懇親会で司会や挨拶】自己紹介は短めに

司会者は、懇親会の進行をする立場ですが、
自己紹介で出しゃばりすぎてしまうのはNG。自己紹介のマニュアルを確認!

司会者の自己紹介は、挨拶をする上司などをたてるのが大切。
自己紹介は、できるだけ簡単にまとめるようにしましょう。

例文「手短に自己紹介させていただきます」と入れることで、
短くする気持ちがあると参加者に伝わり、好感が持たれるんです。



そして、自分の名前を、参加者に伝え、自己紹介とします。
例文「本日、司会を務めさせていただく、〇〇です」

そして、気持ちを伝えましょう。
例文「不慣れなこともあると思いますが、一生懸命、務めさせていただきます」と、
完ぺきではないかもしれないが、がんばるという心構えを表現するのがいいですね。

最後に、「よろしてお願いします」と明るく伝え、次に進みましょう。
この3つを、マニュアルでおわえれば、自己紹介は十分であると思います。

【懇親会で司会や挨拶】挨拶ではしっかり趣旨説明をしよう

懇親会は、気軽な飲み会とは違います。

新メンバーを紹介したり、プロジェクトの成功を祝ったり、
上司と部下の交流の場となったり、会社の雰囲気づくりの一環であることがほとんど。

そこで、マニュアルを確認!

例文「お忙しい時期ではございますが、〇〇という趣旨で懇親会を開催するに至りました」と、挨拶をするときに、懇親会の趣旨説明を入れて、進行の仕方を考えましょう。

趣旨説明は、会社の方針の一部でもあるので、好き勝手なことを言えるわけではありません。
ある程度、マニュアル化して話した方が安全です。

でも、司会をするなら、自分なりの味つけをしたいもの。
完全にマニュアル化するのではなく、オリジナリティも大切にするのがポイント。

懇親会マニュアルに沿いながら、会社の社風やメンバーの仕事にあわせて、
自分の言葉を入れてみるのもいいですね。

次のページ

【懇親会で司会や挨拶】交流を作ることも司会者の仕事

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely