• lovely
膝サポーターおすすめランキング21選!付け方やデメリットも紹介!

膝サポーターおすすめランキング21選!付け方やデメリットも紹介!

階段の昇り降りなどの日常生活からハードなスポーツまで、膝の痛みに悩んでいる方の支えになってくれる膝サポーター。どれを買えば良いかわからないという方のために、今回は膝サポーターおすすめランキング21選をご紹介します!子供の膝の怪我防止に使える商品も♪

記事の目次

  1. 1.膝サポーターの選び方
  2. 2.膝サポーターの付け方は?
  3. 3.膝サポーターのデメリットは?
  4. 4.膝サポーターのおすすめランキングTOP21!
  5. 5.おすすめの膝サポーターを使ってみよう!

膝サポーターの選び方

膝サポーターを買う時に、どれを選べば良いのかわからず迷った経験はありませんか?見た目が似ているので、違いがわかりづらいですよね。

自分に合った膝サポーターを使うことで、より快適に使用することが出来ます。膝サポーターを強い味方にしましょう。

今回は選び方や付け方も合わせて、膝サポーターおすすめランキング21選をご紹介します!

①タイプで選ぶ

歩いたり走ったりと、膝を動かした時に痛いという方には支柱がついているタイプのサポーターがおすすめです。気温の変化で痛むという方には、保温をしてくれるタイプのサポーターもあります。

圧力を変えることが出来るベルトタイプのサポーターもありますが、つけるのが面倒という方にはそのまま履けるタイプのサポーターが楽に着脱可能です。

②症状で選ぶ

膝サポーターは、膝が痛い時に使うものですが、痛みの種類も人それぞれです。症状にあった膝サポーターを選びましょう。

膝のお皿がズレて痛い時には膝のお皿を保護してくれるもの、膝の横ブレが気になる時には膝の横ブレを防止してくれるもの、前十字靭帯を怪我している時は前方向に膝がブレないものが合っています。

膝サポーターの付け方は?

膝サポーターをつける時に気をつけるポイントとしては、膝の部分に穴が空いているサポーターは、その穴と膝のお皿の位置が合うようにする必要があります。

付ける前には、まずは膝の汗を拭きます。上下前後の正しい位置を確かめながら、膝裏にサポーターを当て、ファスナーなどで固定します。最後に膝を伸ばして、サポーターのたるみを引っ張り綺麗にしましょう。

膝サポーターのデメリットは?

膝サポーターは痛みの軽減にとても役に立つものですが、楽になってもつけ続けていると、関節を支える筋肉がつくのを妨げてしまいます。楽になってきたなと感じたら、少しずつつける時間を減らすなどの調節をしていくことが必要です。

アレルギーがある方は、肌がサポーターの素材に反応してしまうことがあります。直接肌にサポーターが当たるタイプのものは使わないようにしましょう。

膝サポーターのおすすめランキングTOP21!

膝サポーターのおすすめランキング第21位:Cyfie 子供用 膝サポーター


膝サポーター 子供用 Cyfie 膝パッド ひざ当て 怪我防止 2枚セット 軽量 通気性 伸縮性 運動会 ダンス スポーツ トレーニング 自転車練習

膝サポーターのおすすめランキング第21位は、「Cyfie 子供用 膝サポーター」です。

「Cyfie 子供用 膝サポーター」は、子供がつけるサポーターのため、可愛いキャラクターの絵が書いてあります。子供も喜んでつけてくれそうですね♪

いつも膝に怪我をしてしまうという活発なお子さんの場合、これをつけておくことで、怪我の予防になります。子供が繰り返し膝を怪我するので困っているという方におすすめです。

膝サポーターのおすすめランキング第20位:マイケア 不思議なひざサポーター

膝サポーターのおすすめランキング第20位は、「マイケア 不思議なひざサポーター」です。

「マイケア 不思議なひざサポーター」は、薄いためズボンの下などに履くことが出来ます。締めつけもなく、つけていて楽ですが、立つなどの膝の動きで感じる痛みを軽減してくれます。

つけ方はスッと足を通すだけなので、お年寄りの方でも簡単につけることができます。スパイラルボーン加工やストッパー型立体編みでしっかり守ってくれ、つけていて負担にならないまさに不思議なサポーターです。

次のページ

膝サポーターのおすすめランキング第19位:Lixinsunbu 膝サポーター 中等圧迫力

関連記事

人気の記事

Copyright (C) Lovely