学生結婚の注意点7つ!大学生で結婚はあり?

学生結婚の注意点7つ!大学生で結婚はあり?

人生のパートナーに出会ったのが、たまたま大学生の時だった…。学生結婚には賛否両論あります。大学生活や就職、学費の支払いに苦労するイメージが強く、まだまだ世間の風当たりが強いのが現実です。今回そんな学生結婚の注意点7つとメリットを5つお話します。

記事の目次

  1. 1.大学生で結婚!学生結婚ってあり?
  2. 2.大学生で結婚!学生結婚は長続きするの?
  3. 3.学生結婚の注意点1【経済的に負担がのしかかる】
  4. 4.学生結婚の注意点2【就職に不利・妊娠で休学になるかも…】
  5. 5.学生結婚の注意点3【友達・知人と環境がちがう】
  6. 6.学生結婚の注意点4【結婚式やハネムーンのお金がない】
  7. 7.学生結婚の注意点5【まわりの偏見がある】
  8. 8.学生結婚の注意点6【自分の時間がなくなる】
  9. 9.学生結婚の注意点7【この人でいいのかしら…】
  10. 10.学生結婚のメリット1【人生設計がしやすい】
  11. 11.学生結婚のメリット2【出産・子育てに余裕がある】
  12. 12.学生結婚のメリット3【一緒に過ごせる時間が長い】
  13. 13.学生結婚のメリット4【学費が免除になるかもしれない】
  14. 14.学生結婚のメリット5【婚期を逃すことがない】
  15. 15.学生結婚すると扶養はどうなる?1【健康保険】
  16. 16.学生結婚すると扶養はどうなる?2【年金】
  17. 17.学生結婚すると扶養はどうなる?3【公的援助】
  18. 18.学生結婚はふたりの決断が大きい!よく考えて!

大学生で結婚!学生結婚ってあり?

新しい友達関係やサークル、そして初めてのひとり暮らしなど、大学生活は何もかもが目新しくて、ドキドキすることの連続です。

学業にアルバイトに、いろいろな経験をして就職をする…というのが大学生活の王道のような気もしますが、中には学生結婚という選択肢を選ぶ人もいます。

学生結婚するということは、ほとんどの場合が無収入です。むしろ親の扶養下にあって、自分で学費や生活費が払えない状態です。社会的に自分たちの足で立っているとは言いがたい状況で、その分まわりの理解が得にくいのも確かです。

そんな一見デメリットしかなさそうな学生結婚ですが、メリットもあります。今回は学生結婚における注意点とメリット、そして最大の壁、生活や扶養についてお伝えしていきます。


■関連記事:とりあえず彼氏がまだいない大学生はこちらをチェック

大学生が彼氏を作る方法11選!これで確実に彼氏ができる! | Lovely[ラブリー]のイメージ
大学生が彼氏を作る方法11選!これで確実に彼氏ができる! | Lovely[ラブリー]
大学生にもなったら、やっぱり彼氏がほしくなりますよね。 でも、彼氏を作るには具体的にはどうしたらいいのか、悩んでいる女子も多いのではないでしょうか。 素敵な彼氏がいたら、ただでさえ楽しいキャンパスライフが最高のものになること間違いなし!でも、自分のことって意外と自分ではわかっていないことも多いですよね。意外なところで彼氏ができるチャンスを逃しているかも? 今回は、彼氏ができなくなってしまうような避けるべきポイントと、彼氏を作るためにできることをたくさんご紹介します!

大学生で結婚!学生結婚は長続きするの?

学生結婚での多くは、子供ができたための出来ちゃった婚が多いと言われています。結婚を意識し考える前に、子供ができ産みたいと望んだための結婚です。

そのため、覚悟や自覚を持つ前に親・夫婦になるということで、ちょっとしたことがきっかけで離婚に発展してしまう可能性が高くなります。

もちろん長い生涯を共にする覚悟や自覚をもって家族として支え合っている、学生結婚カップルもいるので一概には言えません。しかし、昨今の若年層離婚率の割合を見ると、ちょうど学生年齢の19~24歳がもっとも高くなっているという結果が出ています。

学生結婚の注意点1【経済的に負担がのしかかる】

大学に通うとなれば、当然学費やそれに伴う生活費がかかってきます。奨学金をもらっていたり、アルバイトで生活費を稼いでいると、自分ひとりでも大変なはず。

学生は就職して毎月一定額を稼げる会社員というわけではありませんし、社会的身分も保証されていないも同然です。そうすると、お金を稼ぐのはアルバイトやパートが中心になります。

決して高くない賃金で家計を回していくのは現実的にかなり難しく、本来専念すべき学業もおろそかになりがちです。さらに子どもが生まれると、想像もできないくらいのお金が必要になってきます。

おたがいの両親に相談して、扶養家族として養ってもらうようにする、公的援助金を受け取るなど、何らかの対策を練る必要があるでしょう。

学生結婚の注意点2【就職に不利・妊娠で休学になるかも…】

日本の就職活動において、「学生結婚している」という事実は、まだまだデメリットとして捉えられる傾向があります。「学生結婚か!すごいね!」と言われるよりは、「その場の感情で動く人」と見られるくらいのことは覚悟しましょう。

特に女性は、妊娠するとますます就職が不利になります。今現在妊娠していないにしても、結婚しているということは、将来早い段階で妊娠する可能性は十分あります。

せっかく採用して、すぐに妊娠、そして産休をとるなんてことになったら、企業としてはメリットがありません。長い目で見て、採用が難しいと判断されても仕方がないと言えます。

就職でなくても、在学中に妊娠して、休学せざるを得ないこともあります。その間の学費や生活費についても、パートナーや親とよく話し合う必要があるでしょう。


■関連記事:社会人の彼氏って憧れますよね。作り方はこちら!

彼氏が欲しい大学生必見!学生彼氏・社会人彼氏の作り方解説! | Lovely[ラブリー]のイメージ
彼氏が欲しい大学生必見!学生彼氏・社会人彼氏の作り方解説! | Lovely[ラブリー]
彼氏が欲しい!そんなあなたは学生彼氏、社会人彼氏どちらがいいですか? 一見、大学生の間では社会人彼氏の方が人気がありそうですが、どちらも一長一短あるんですよ。 今回は、それぞれの男性の特徴と、大学生が彼氏が欲しいと思ったときにするべきことを紹介しています。

学生結婚の注意点3【友達・知人と環境がちがう】

大学生の本分は学業に専念することです。友達や知人が、サークル活動やアルバイトにと、自由な学生生活を謳歌しているのに対し、自分は生活費を稼いで、学費の支払いに追われて、結婚生活を回していくのに精一杯…。

学生結婚でなくても、結婚するとまず考えるべきことは「家庭」です。必然的に、時間的にも精神的にも余裕がなくなっていきます。大学に行けば、当たり前のように友達に会って、いっしょに楽しい時間を過ごせるはずなのに、家庭中心ではどんどん疎遠になっていくばかり。

学生結婚をするにしても、やはり多少の理想を夢みていた部分もあるはず。現実にあまりにも友達や知人と大学生活の過ごし方が違い過ぎて、愕然としてしまうこともあるでしょう。

学生結婚の注意点4【結婚式やハネムーンのお金がない】

一般的にプロポーズを受けたら、次に考えるのは結婚式やハネムーンです。特にやらなくてもいいものとは言え、愛し合うふたりであれば、愛の形として残したいと考えるのは当然です。ですが、プロポーズはタダでできても、結婚式やハネムーンにはお金がかかります。

しかも、一生に一度のものですし、決してお安い金額ではありません。今はスマ婚やフォトウェディングなど、低価格でできる結婚プランもありますが、いずれにしても、結婚生活に負担がかかることは間違いありません。

両家の援助がもらえるなら話は別ですが、扶養に入らず、ふたりでやっていきたいと願うのであれば、プロポーズはともかく、結婚式やハネムーンは諦める必要があるかもしれません。

次のページ

学生結婚の注意点5【まわりの偏見がある】

関連記事

人気の記事