「あんな」の名前の漢字111選|由来や込められた思いは?

「あんな」の名前の漢字111選|由来や込められた思いは?

女の子の名前を考える際、「あんな」という呼び名の名前はたいへんに人気があります。外国人の名前「アンナ」とも同じ響きがあるように、世界共通の愛らしい女性の名前といえます。今回は「あんな」の名前の漢字の由来や込められた思いをチェックしてみます。

記事の目次

  1. 1.「あんな」の名前のイメージ
  2. 2.心のきれいなイメージ「杏」を使った名前
  3. 3.穏やかなイメージ「安」を使った名前
  4. 4.誰からも愛されるイメージ「愛」を使った名前
  5. 5.落ち着きのあるイメージ「按」を使った名前
  6. 6.日本人らしい「庵」を使った名前
  7. 7.人を導くイメージ「案」を使った名前
  8. 8.物事を見通すイメージ「明」を使った名前
  9. 9.高貴なイメージを持った「亜」を使った名前
  10. 10.海のイメージが強く打ち出された「塩」を使った名前
  11. 11.澄み切った空をイメージした「晏」を使った名前
  12. 12.清々しいイメージの「蒼」を使った名前
  13. 13.意志の強さをイメージさせる「行」を使った名前
  14. 14.珍しい漢字を使った「あんな」
  15. 15.名前が「あんな」の芸能人
  16. 16.女の子らしい名前なら「あんな」はピッタリ♡

「あんな」の名前のイメージ

みなさんは「あんな」という名前の響きにどのようなイメージをお持ちでしょうか?およそ男性には名付けられることのない名前ですし、女性らしさを代表する名前ではありそうです。

ひとたび「あんな」をカタカナ「アンナ」と記せば、一気に国際的なムードがまとわりますね。その通り、「アンナ」という名前の外国の女性は多く、世界共通の女性に人気のある名前だと思われます。

日本人名としてのアンナは、いつ頃から名付けられるようになったのかはわかりませんが、戦後、急速に外来文化が推し進められるようになり、日本でも我が子に外国人の名前の響きを持つ名前をつけることが流行りました。

そのころから日本でも「アンナ」「あんな」と子供に名付けることが多くなったと考えられます。邦洋問わず、女性の名前として人気なのがこの「あんな」という名前です。

心のきれいなイメージ「杏」を使った名前

出典: https://unsplash.com/photos/aM2nOwA51tc

まずはじめは、「杏」をつかった「あんな」を見ていきましょう。「杏」という漢字からは、甘酸っぱいイメージの「あんず」が思い浮かびますね。「杏」の別名はアプリコット。よくジャムなどで使用される果実で、世界各地で生る果樹の一つです。

「杏」は訓読みで「あんず」となり、これは果樹の「あんず」「からもも」を表していますが、ほかに「銀杏=ぎんなん」という漢字にも使用されており、木の枝に果実をつけている様子から作られた漢字とされています。

「杏」は美しい花を咲かせ、やがてそこへ可愛らしく、そしておいしい実をつけます。この杏のように、女性として美しく育ち、そして外見だけではなく中身も素晴らしい女性になってほしいという願いを込めて、名付けられることが多いようです。

「杏」という漢字を使用した「あんな」の名前には、次のような例があります。すべて「あんな」と読ませる漢字の組み合わせを紹介します。

1.杏/7画
2.杏七/9画:7,2
3.杏心/11画:7.4
4.杏永/12画:7.5
5.杏凪/13画:7,6
6.杏来/14画:7,7
7.杏奈/15画:7,8
8.杏楠/20画:7,13

芸能人や有名人では「杏」という漢字の名前を持った女性が多くいます。E-girlsのメンバーで女優としても活躍する「石井杏奈」さん。楽天東北イーグルスの松井裕樹投手の奥さんとなった女優の「石橋杏奈」さんなど、心のきれいなイメージの「杏」にぴったりな印象の方々ばかりです。

穏やかなイメージ「安」を使った名前

穏やかなイメージを持った「安」を使った名前にはどんな思いが込められているのか見てみましょう。この「安」という漢字からは、「大安」や「平安」、「安らか」といったイメージが思い浮かびますね。

この「安」という漢字は、訓読みでは「やす(い)」「やす(らか)「いずく(んぞ)」などとなり、いずれも安らかなイメージを表現しています。また、漢字の中に「女」が入っている点も、女の子にはふさわしい漢字といえそうです。

漢字の成り立ちに目を向けて見ますと、ウ冠の部分は家の屋根を表しており、その家の中に女性がいるという形象からできているとされています。まさに、家庭に安らぎを与えてくれそうな穏やかなイメージがこの漢字に息づいています。

この漢字には、温和で穏やかな人間になってほしいとの願いが込められています。また安心感のある家庭を築き、安定した人生を送ってもらいたいとの思いも見受けられます。

この「安」という漢字を使った「あんな」読みの名前で人気なのは、次の通りです。

9.安七/8画:6,2
10.安凪/12画:6,6
11.安那/13画:6,7
12.安奈/14画:6,8
13.安和/14画:6,8
14.安南/15画:6,9
15.安夏/16画:6,10
16.安椰/17画:6,11

「安奈」といえば、日本のロックバンドである甲斐バンドが1979年にリリースしたシングル曲「安奈」を思い出す人もいるかもしれません。男性が歌う歌になるほど、女性としてのイメージが強い名前です。

誰からも愛されるイメージ「愛」を使った名前

「愛」という漢字を使った女の子の名前は、「愛」や「愛子」など、古くからたいへん人気のある名前をいえます。文字通り"LOVE"を体現した名前ですので、愛情にまつわる思いが込められることが多いのが特徴です。

「愛」は音読みで「アイ」ですが、訓読みになりますと、「め(でる)」、「いと(しい)」、「かな(しい)」などと複数の読みがあります。人名読みになりますと、「まな」などの読みが可能です。

「愛」という漢字の意味には、かわいがり、いとおしみ、大事にするという意味が込められています。漢字の成り立ちは、字の中央に「心」という漢字があるところがポイントで、後ろ髪を惹かれる心情というものを表したとされています。

父母親族だけでなく、周りの人からもたくさんの愛情を注がれて育つようにとの願いが込められて名付けられることが多いようです。また、優しさや思いやりのある子に成長してほしいという願いが込められることも多く、心根の優しさを求めて名付けられることが多いです。

この「愛」という漢字を使った「あんな」という読みを可能にする名前の例は、下記の通りです。

17.愛月/17画:13,4
18.愛凪/19画:13,6
19.愛那/20画:13.7
20.杏愛/20画:7,13
21.愛和/21画:13,8
22.愛奈/21画:13,8
23.愛芽/21画:13.8
24.愛椰/24画:13,11

上記のラインナップの中に、「杏」と「愛」を組み合わせた名前があります。心のきれいなイメージをたたえる「杏」に、誰からも愛されるイメージをたたえた「愛」が組み合わさると、麗しい人柄が見えてくるような絶妙な組み合わせといえるでしょう。

落ち着きのあるイメージ「按」を使った名前

落ち着きのあるイメージを持った漢字の「按」を使った「あんな」という名付けには、どのような意味合いが含まれているでしょうか?名前ではあまり見かけることの少ない「按」ですが、こちらの漢字を使って「あんな」という名前を形作ることは可能です。

「按」という漢字の訓読みには、「おさ(える)」、「しら(べる)」、「かんが(える)」というものがあります。人名読みでは「ただし」というものがあり、男の子の名前に使用されるケースも見受けられます。

この「按」という漢字ですが、意味としては手でおさえる、よく調べる、よく考えるといった、沈着で理知的なイメージを漂わせています。「按」という漢字が使われる他の言葉には、「按摩(あんま)」や、「按配(あんばい)」などがあります。

この漢字を使って名付ける場合には、語感や読みの響きだけではない、はっきりとしたイメージや願いがあってつけられることが多いようです。

「按」という漢字を使用して「あんな」と読ませる女の子の名前には、次のような例があります。

25.按七/11画:9,2
26.按凪/15画:9,6
27.按名/15画:9,6
28.按南/16画:9,7
29.按奈/17画:9.8
30.按奏/18画:9,9
31.按夏/19画:9.10
32.按渚/20画:9,11

「按七」といえば、落語の演題で同名のものがあり、こちらは読みは「按七(あんしち)」です。主人公である按摩の七兵衛を略したところから題名がついているわけです。もちろんこちらの「按七」は男ですが。閑話休題。

日本人らしい「庵」を使った名前

「庵」と書いて「あん」と読むこの漢字は、どこか日本情緒をたたえたイメージがあります。「あんな」と名付けるに当たって漢字を求める場合、日本人らしさを強調するのであれば、この「庵」という感じはぴったりでしょう。

こちらの「庵」は、訓読みになると「いおり」となります。今ではほとんど見かけることがありませんが、草葺の小さな家のことを「庵=いおり」といいました。つまりこの言葉は古い建築用語でもあります。

和風で趣のある言葉で、日本人の情緒を忘れずに育ってほしいという願いを込めて名付けられることが多いようです。漢字のイメージから和の心意気を映し出すにはぴったりの漢字だと考えられます。

そうした伝統的な雰囲気を持ったこの漢字に託して、文化や芸術などの素養を伸ばしてほしいという思いがある場合は、選ぶ価値の高い漢字といってもいいでしょう。

この「庵」という漢字をつかった「あんな」読みの組み合わせは、次の通りです。

33.庵七:13画:11,2
34.庵凪:17画:11.6
35.庵成:17画:11,6
36.庵那:18画:11,7
37.庵奈:19画:11,8
38.庵南:20画:11,9
39.庵夏:21画:11,10
40.庵梨:22画:11,11

「庵」という漢字がつく人の名前を思い浮かべると、すぐに「沢庵和尚」が浮かびます。こちらも女性ではなく男性ではありますが。音読みの「アン」で名前を作るのもいいですが、「いおり」という訓読みでも女性の名前としてはぴったりですね。

人を導くイメージ「案」を使った名前

次のページ

物事を見通すイメージ「明」を使った名前

関連記事

人気の記事