【30代向け】結婚式のお呼ばれドレスを選ぶコツ!大人可愛い!

30代になると結婚式のお呼ばれドレスってどんな物を選ぶのが間違いないのでしょうか?20代の頃と同じようにしていたら、何か変かも?となってしまいます。30代向けに結婚式お呼ばれドレスとそれにまつわる様々な事を詳しく紹介してきますので、参考にしてみてください。

【30代向け】結婚式のお呼ばれドレスを選ぶコツ!大人可愛い!のイメージ

目次

  1. 結婚式の招待状が届きました!
  2. どういった関係の人の結婚式か【コーディネート】
  3. 結婚式お呼ばれドレスのマナー
  4. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:20代前半と同じ物はNG
  5. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:30代を3つに分割する
  6. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:色を選ぶ
  7. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:歳とともに暖色系→寒色系
  8. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:ヒラヒラは歳とともに控えて
  9. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:ヘアは大人可愛いスタイルで
  10. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:できるだけシンプルに
  11. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:本物を取り入れる
  12. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:メイクは大丈夫?
  13. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:ある程度の貫禄が必要
  14. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:黒一色(親族の場合)
  15. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:30代個性的コーディネート
  16. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:パンツスタイルを選ぶなら
  17. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:エレガントな海外ブランド
  18. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:二次会パーティーのみの場合
  19. 【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:毎回買わなくても良いように
  20. あとは祝う気持ちで出席するのみです!

結婚式の招待状が届きました!

結婚式の招待状が届きました!
特別な理由がない限り、結婚式には出席されると思います。

ただ、30代ともなると結婚式の出席回数も増えてきている人が多いはず…
「今月は〇回も結婚式がある」なんて声を聞くこともあります。

特に30代前半での出席回数は多いと聞きます。
30代半ばから30代後半になるにつれて、結婚式をする人が、(年下の)親族であったり部下であったりと、自分の年齢と共に減ってきたりします。

結婚式の招待状が届いたら、結婚式をどこでするのかという場所をまず見ますよね。
たまたま式場が近かったり、遠方だったりと様々です。

場所だけでなく、結婚式場がどんなところかをまずサーチするかと思います。
名の知れたホテルとか、一般でいう結婚式場だったりとか、カジュアルな結婚式ができる式場だったりとか。

それによって、どんなドレスやコーディネートが良いか、まず頭に描くかと思います。

結婚式出席を前提に、今回は結婚式のお呼ばれ(ドレス)コーディネートを30代向けで紹介していきたいと思います。

お呼ばれドレスやコーディネートを選ぶコツだけでなく、結婚式のマナーからヘアスタイルやメイクなど、このまとめひとつで丸ごと分かりやすくお伝えしていきますので、これから結婚式へ出席する予定のある方など、ぜひ参考にしてみてください。

どういった関係の人の結婚式か【コーディネート】

式場がどんなところか、最近ではスマホなどで簡単に調べることができます。
式場に応じて、コーディネートも考えていくとは思いますが、今回は、カジュアルな結婚式を除く一般的な結婚式と言われるお式を前提に、30代向け結婚式お呼ばれドレスやコーディネートを解説していきますね。

親族

30代になって親族の結婚式に出席するという状況から考えて、恐らく年齢もそんなに離れていない親族(親戚やいとこ)だったり、年下の親族の結婚式という場合が考えられます。

結婚式の形も多種多様になってきました。
例えば、親族のみを招待する結婚式だったり、人前結婚式と言って友達を中心に招待する結婚式だったりとか、親族も新郎新婦の友達や上司、同僚全て招待する形だったりとか。

もし、親族のみ招待といった結婚式でしたら、多少の個性を出しても問題ないかもしれませんが、一般的な結婚式と言われれる形でしたら、親族はなるべく目立たないフォーマル感を出したドレスやコーディネートが良いです。
30代向けコーディネートのドレスカラーはネイビー、ベージュ、黒がおすすめです。
また、ヒラヒラした可愛いドレスなどではなく、Aラインのドレスなど、きちっと感が大事になってきます。
親族の場合、和服での出席もフォーマル感が出て良いと思います。

■関連記事:親族の結婚式の場合のマナー解説!詳しくはこちらを参考にしてみてください。

結婚式の服装(親族)マナー解説!【兄弟・両親・親戚】

同僚・部下

30代にもなると、ちょうど微妙な歳です。
上司の結婚式というケースはあまり無いかもしれません。

同僚や部下の結婚式というケースが殆どになってくるかと思います。


この場合、30代という年齢を加味して、可愛い過ぎず大人っぽすぎずの、ちょうど中間をいく位のコーディネートがおすすめです。
また、とりわけ個性を出し過ぎず、当たり障りのないドレスが良いでしょう。

ただし、職場環境にもよりますので、お勤めの職場の環境も十分鑑みて考慮してください。

友人

友人の結婚式に招待された場合については、親族や職場の人の結婚式に比べて、まだ自分の個性を出せるドレスコーディネートができるかと思います。

但し、年齢は30代です!
20代のキャピキャピ感を前面に出すパーティー仕様のわけにはいきません。
30代という年齢を考えた上で、大人可愛いコーディネートだったり、個性を出したコーディネートを楽しむと良いと思います。


結婚式お呼ばれドレスのマナー

30代向け結婚式お呼ばれドレスやコーディネートを具体的に紹介していく前に、基本的な結婚式ドレスのマナーを簡単に紹介していきたいと思います。

マナーにガチガチに縛られる必要はないとは思いますが、ある程度マナーを知っておいた上で、楽しく結婚式に出席できるといちばん良いかと思います。

白いドレスはNG!

これは有名ですよね。
白いドレスは、新婦のみが着用できるものです。

ちょっと昔の映画になりますが、中谷美紀さん主演の『阪急電車』という映画で、新郎の結婚式にわざと真っ白なドレスで結婚式に出席した姿が、とても印象的です。

新郎が過去あなたとどのような関係の人でも白いドレスはNGです!

"殺生"を連想させる皮ものはNG!

皮製品は"殺生"を連想させます。
本革ファーのコートや、動物を連想させる(ヒョウ柄など)の鞄や靴も避けましょう。
毛皮のコートや羽織り、ヒョウ柄のパンプスなどは二次会パーティーのみでもNGなので、気を付けましょう。

その他のマナー

その他のマナーでいうと、ストッキングは肌色の物を。
また、過度な露出はNGです。
スニーカーなどカジュアルすぎるのも駄目ですよね。

ドレスコードの範囲内で、楽しく大人可愛いコーディネートをしたいものです。

■関連記事:その他の結婚式マナーはこちら!

結婚式には着物で出席!マナーや着こなし解説します!

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:20代前半と同じ物はNG

では早速、30代向け結婚式お呼ばれドレスやコーディネートなど具体的に紹介していきたいと思います。

まずは、20代前半と同じ物を着るのはNGです!
一度は結婚式用としてお呼ばれドレスを購入したかもしれません。
20代前半で初めて結婚式に呼ばれ、その時にお呼ばれドレスを購入し、以後結婚式の度にそれを着回している…なんてことありませんか?

20代の内はまだそれでセーフです。
でも、もうすでに30代…場合によっては"痛い"人になりかねません。

ですので、20代前半時分に来ていた結婚式お呼ばれドレスは、着ないようにしましょう。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:30代を3つに分割する

一言で30代と言っても、この年代は見え方から考え方から価値観から様々な物が変化していきます。
30代だからこれでOKというものがありません。

そこで、30代はだいたい3つ位に分割して考えたら、お呼ばれドレスを選ぶコツのヒントになると思います。

30代前半

大体30歳から32、33歳位までです。

この年代はまだ、20代の若々しさに少し落ち着き感を出せば良い程度です。見た目も、30代ではなくまだまだ20代と間違われることも多い年頃ですので、あまり30代になったオーラを出す必要はありません。

但し、いざ年齢が分かると「30代だったの?」と悪い意味で捉えられたら台無しになってしまう可能性も。
30代になったんだという意識も一緒に持っておいた方が良い年齢です。

30代半ば

人によって感覚は違いますが、だいたい33、34歳位から36歳位までです。

この年齢になってくると、恐らく目を通すファッション誌なども変わってくるのではないでしょうか?
また、20代の時に着ていた可愛い服などがだんだん恥ずかしくなってきたり。

20代から30代へと、いちばん自覚が出てくる年齢です。
この年齢からいよいよ30代オーラを出したお呼ばれドレスやブランドを選ぶ方が良いでしょう。

30代後半

だいたい36、37歳位から39歳までが30代後半です。

この年齢になると、40歳がもう目の前に迫っている、でも、いつまでも年齢に抗いたい、若くいたいという気持ちになってきます。
ただ、若くいたい反面、若作りはしたくないという部分も出てきます。

ですので、結婚式お呼ばれドレスも"痛い"人にはなりたくない、でも、若く見えるようなドレスやブランドを選ぶようになります。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:色を選ぶ

まず最初に考えるのが、どんな色のドレスを着ようかなと思うと思います。
パーティードレスも様々なカラーのものがあって、迷ってしまいますよね。

20代前半など、若い内は淡い色の物で可愛い印象に仕上げても様になりました。
例えば、淡いピンク、淡いブルーやグリーンなど、パステルカラーなどを集中的に扱うブランドでも良かったかもしれません。

30代となると、そういったカラーだけでは選ぶ範囲が狭まります。
ですので、もう少しビビットなカラーにも選ぶ範囲を広げてあげる必要があります。
例えば、ブルーやネイビー、レッドなど、20代ではパンチが効きすぎているかな、と思えるカラーでも良いと思います。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:歳とともに暖色系→寒色系

結婚式お呼ばれドレスは、30代前半については、暖色系の目立った色でも良いかもしれません。
どうしてかというと、20代から少しずつ脱皮している感があるので、まだ20代のキャピキャピ要素を少し残しつつ、30代へ移行しているからです。

そして、30代半ばになるに従い、暖色系から寒色系へ少しずつ移行していくのが良いと思います。

例えば、30代半ばではブルーを、そして、30代後半ではネイビーを、といっただんだんと寒色系へとなっていくのが自然かもしれないですね。

但し、30代は後の項にも解説しますが、ある程度の貫禄も必要です。
コーディネート次第によっては暖色系のもので付き通すのも有りだと思います。
大人可愛いブランドやカラーを上手に選ぶのも、30代ならではです!

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:ヒラヒラは歳とともに控えて

ヒラヒラの可愛い服を扱うブランドとか、本当に可愛いですよね。
また、ヒラヒラのドレスも可愛いです。

20代の頃は、ヒラヒラの結婚式お呼ばれドレスで着飾っても「可愛い!」で済んだかもしれませんが、30代になると、場合によっては"痛い"人になります。

ヒラヒラが好きな女子はたくさんいます。けれども、ヒラヒラは歳とともに少しずつ控えた方が良いです。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:ヘアは大人可愛いスタイルで

ドレスやコーディネートだけでなく、結婚式お呼ばれスタイルはヘアスタイルやメイクも全て含めてパーティーコーディネートと言えると思います。

ヘアスタイルも気を抜いてはいけません。

そうは言っても、20代の頃のようなパーティースタイルのヘアはだんだんと恥ずかしくなっていきます。
せっかくドレスが決まっているのに、ヘアひとつで"痛い"人になってしまう場合も。

大人可愛いヘアスタイルで、ドレスとマッチングするように合わせてみてください。
行きつけの美容院などで、予めどんなドレスを着るかを言っておくのも良いと思います。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:できるだけシンプルに

結婚式スタイルって、だいたいパーティードレスやパーティー仕様のワンピースに、ストールもしくはベール素材の羽織りといった決まった感じになりがちですよね。
でもそれって、20代の若い女子たちも皆同じです。

30代女性が色などが違えども、スタイルが20代と一緒だと何となくコーディネート自体がうるさく感じてしまいます。
マイナスのコーディネートをして、できるだけシンプルに仕上げてあげることが、30代ならではになるところもあります。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:本物を取り入れる

そして、結婚式お呼ばれドレスに欠かせないのが、アクセサリーやハンドバッグです。

例えばアクセサリーですが、若い内はイミテーションのパールネックレスでも良かったかもしれませんが、30代になると、本物を取り入れた方が良いです。
また、本物のアクセサリーの方が、輝きを持続してくれますし、長持ちします。

また、ハンドバッグも20代の内に買っておいたものを使い回しではなく、ちょっと高級なブランドなどで持っておくと良いと思います。
必ずしも結婚式専用でのハンドバッグにする必要はないので、普段でも使えるような物を、いつもより少し高級なブランドで持っておくとモチベーションも上がりますよ。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:メイクは大丈夫?

先程ヘアスタイルについて解説しましたが、メイクも大事です!
行きつけの美容院などでヘア&メイクと両方してくれる場合もありますので、メイクに自信の無い方はやってもらうのも良いと思います。

また、結婚式だからといって、メイクを必ずしもパーティー仕様にする必要はありません。
あまりにも派手派手しいつけまつ毛やカラコンは、30代特に半ば頃から卒業していきましょう。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:ある程度の貫禄が必要

30代になると、年齢とともに新郎新婦が自分より年下といったケースが増えていきます。
また、会社での立場も自分の方が上だったりする場合もあります。

職場関係者の場合、結婚式は仕事半分プライベート半分みたいな感覚で出席はできますが、それでもやはり、ある程度の貫禄が必要だと思います。

また、会社関係者の結婚式じゃなくても、他の出席者から見たときに、ある程度貫禄を感じさせるコーディネートが良いです。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:黒一色(親族の場合)

前項の貫禄に少し似ていますが、貫禄があるという印象を与えるのに親族の場合、逆に黒一色のコーディネートでまとめ上げるのも良いかもしれません。

30代の半ば頃になると、親族の結婚式も年下の場合が多いです。
そういった場合、可愛い感じのブランドやドレスを選ぶと、新郎新婦からしたら親族以外の出席者から見たとき、「あれが〇〇さんの親族?」という目で見られてしまう可能性もあります。

新郎新婦に恥を欠かせない為にも、親族の場合黒一色でかっこよくまとめ上げると、フォーマル感も出ますし、貫禄も出ます。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:30代個性的コーディネート

20代は結婚式お呼ばれドレスは、何となく皆と同じような感じにしておけば間違いない、といったイメージありませんか?
でも30代になると、皆と同じイコール20代の女子たちとも同じとなってしまい、場合によっては"痛い"人になってしまいます。

30代になると、大人としての貫禄もドレスなどで演出したいものです。
ですので、選ぶブランドもちょっと個性的なブランドなどで着飾っても良いと思います。
個性的なパーティーコーディネートで、注目を浴びるのも良いですよ。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:パンツスタイルを選ぶなら

スカートやワンピースは可愛い過ぎてどうも似合わないといった方は、大人な雰囲気を出すパンツスタイルも良いです。

最近ではセットアップが流行っています。
パンツスタイルでしたら、淡いカラーの物でまとめても大人な感じになれるので、良いと思います。

30代のお呼ばれスタイルとして、スーツスタイルも大人な感じがするのでおすすめです。
基本的にリクルートスーツは結婚式のドレスコードとしてNGですが、お呼ばれコーディネートでスーツを選ぶのであれば、光沢感のある素材のものや淡いカラーのもの、ストレッチ素材などが良いかと思います。

普段なかなか着る機会のないブランド物のスーツを、この機会に手に入れるのも良いですよね。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:エレガントな海外ブランド

海外のお呼ばれドレスなどをネットで検索してみると、エレガントな物が多いです。

店頭で販売しているお呼ばれドレスやパーティードレスって、どうしても似たり寄ったりな感じがしますよね。
30代になったんだし、少しエレガントさを出したい、人と違う感じになりたい、大人な雰囲気を出したいといった人には、海外のエレガントなデザインを多数扱っているブランドがおすすめです。

例えば、BUYMAなどの通販サイトは海外ブランドを多数扱っています。
興味のある方は、検索してみてください。

特に、パーティードレスはかなりエレガントです。
但し、海外ブランドはサイズが日本と違いますので、購入される際はしっかり確認をする方が良いです。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:二次会パーティーのみの場合

今までは挙式や披露宴を前提として、結婚式お呼ばれドレスやコーディネートを解説していきましたが、例えば、二次会パーティーのみに招待されていた場合は、どのようなコーディネートが良いのでしょうか。

二次会のみとなると、結婚式ほどドレスコードを気にしなくても良いですが、白いドレスであったり、皮製品の物でまとめあげていたり、カジュアルになり過ぎたりと、基本的なマナーだけ気を付ければ良いです。

但し、年齢は30代です!
二次会のみといっても、自分の知らない人が参加してる場合が殆どです。

30代という年代を忘れずに、大人可愛いスタイルに仕上げて、参加をするようにしてください。
二次会のパーティーコーディネートは、結婚式ほど悩まなくても良いと思うので、どんな服装にするか楽しくブランドやカラーなどを選ぶと面白いですよ。

【30代向け】結婚式お呼ばれドレス:毎回買わなくても良いように

結婚式って、そんなにびっくりするほど回数があるわけではありませんよね。
1ヶ月に2回も結婚式があるという場合もあれば、1年間に2回のみとか全く無かったりとか。

でもその度に、パーティードレスを買い替えていたりすると、着ないドレスがどんどん溜まっていってしまいます。
30代になったからこそ、着回しを考えてみるのもひとつの手です。

大人なコーディネートができる歳の入り口が30代です。
どんなカラーを選ぶのか、どんなデザインを選ぶのか、それによって普段着としても着まわせたり、アクセサリーも普段使いができたりします。

大人ならではの、賢いドレス選びで毎回買わなくても良いようにしていきましょう。

あとは祝う気持ちで出席するのみです!

さて、ここまでで準備万端です!あとは新郎新婦を祝う気持ちで出席するのみです!

もし、あなたがまだ独身で彼氏募集中でしたら、この結婚式やパーティーで出会いがあるチャンスにもなります。
どんな人に見られていて、どんな出会いがあるかも分からないのが、結婚式であったりパーティーであったりします。

もしかしたら、大人なあなたを見て、憧れを抱いてくれる人が出てくるかもしれません。
そういった意味で、結婚式は特に気合いを入れて出席するのが良いと思います。

20代の時は、何となく友達とワイワイした感じで出席していた…という思い出がある方も多いのではないでしょうか?
30代になると、同級生の結婚式もだんだんと減ってきたり、友達も状況的に出席が難しかったりと、疎遠になっていく場合もあります。
そんな時、ひとり出席する姿が大人な雰囲気を醸し出していると、更にかっこいいですよね。



可愛いだけでは済まされない、そんな年齢が30代です。
祝う気持ちと共に、30代ならではのコーディネートを楽しんでいただきたいと思います。

そして、素敵な結婚式だったと、心地良い気持ちで式を後にしてほしいです。

もっと結婚式について知りたいあなたへ!

【40代向け】結婚式のドレス・服装解説!お呼ばれさんにおすすめ!
結婚式の余興ダンスランキング!簡単で女子におすすめなのはこれ!
結婚式に出会いはある?友人の結婚式・二次会で出会う方法5選!
結婚式におすすめの曲・BGM!洋楽まとめ

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ