友達がいない人の特徴11選!【女・社会人・大学生】

友達がいない人って時々いますが、いったいどうして友達がいなくても平気で生活することができているのでしょうか?!友達がいない人の特徴って気になります。この記事ではそんな気になる友達がいない人の特徴や心理などについて、いろいろと見ていきたいと思います。

友達がいない人の特徴11選!【女・社会人・大学生】のイメージ

目次

  1. 友達がいない人っていますよね
  2. 友達がいない人の特徴とは?
  3. 【友達がいない人の特徴①】不潔
  4. 【友達がいない人の特徴②】自己開示が下手
  5. 【友達がいない人の特徴③】悪口ばかり
  6. 【友達がいない人の特徴④】コンプレックスが強い
  7. 【友達がいない人の特徴⑤】自意識過剰すぎる
  8. 【友達がいない人の特徴⑥】表情がない
  9. 【友達がいない人の特徴⑦】会話下手
  10. 【友達がいない人の特徴⑧】考え方がネガティブ
  11. 【友達がいない人の特徴⑨】共感力が乏しい
  12. 【友達がいない人の特徴⑩】他の人に興味がない
  13. 【友達がいない人の特徴⑪】我がまま
  14. 友達がいないのって寂しい気持ちはないの?
  15. 友達がいない人が友達を作るには?
  16. 【友達がいない人の特徴・作り方①】勇気を出して声を掛ける
  17. 【友達がいない人の特徴・作り方②】一人で居酒屋やバーに行く
  18. 【友達がいない人の特徴・作り方③】ネットでおしゃべりする
  19. 【友達がいない人の特徴・作り方④】外に出る
  20. 友達は作ろうと思えば作れます!!

友達がいない人っていますよね

たくさんの人にとっては、気の置けない、仲の良い友達というのは、毎日生活していく上で、欠かすことができない存在になっていると思います。

家族や、恋人とは違う、友達という存在は、時間があれば、一緒に遊ぶことができる、大切な人ですよね。

困ったときには、お互いに相談に乗ったり、支えあったり、慰めあったりと、助け合うことができるのも、友達の良いところです。

しかし、世間には、友達がいない人もいますよね。

中には、大学生までは友達がたくさんいたのに、社会人になって、結婚して主婦になったら、友達がいなくなってしまった30代の女性も多いと言われています。

でも、中には、社会人になって、結婚して主婦になっても、また新しい世界で、新しい友達の輪を広げていくことができる人もいます。

友達を簡単に作ることができる人と比べたときに、友達がいない人というのは、いったいどんな特徴を持っているものなのでしょうか。

この記事では、友達がいない人の特徴と、友達がいない人が友達を作るためにはどんな行動をしたらいいのか、ということについてお伝えしたいと思います。

友達がいない人の特徴とは?

友達を簡単に作ることができる人がいる一方で、友達がいない人というのも、けっこう多いものですよね。

大学生までは、学生時代の友達が多い人もいますが、社会人になって、結婚して主婦になったりした途端に、友達がいない人になってしまった、30代の女性も多いものです。

また、最近では、大学生でも友達がなかなかできずに、寂しい学生生活を送っている人も増えているといわれています。

友達がいない人には、いったいどんな特徴があるのでしょうか。

ここからは、友達がいない人に見られる特徴や心理について見ていきたいと思います。

【友達がいない人の特徴①】不潔

友達がいない人の特徴の1つ目は、不潔な人が多いということです。

友達ができない不潔な人というのは、いつ洗濯したのか分からないような、小汚い服を平気で着ていたり、肩にフケがいつも落ちていたり、耳や首の後ろに垢がこびりついていたりします。

中には、一見すると、ブランド物のいい洋服を着ていたりする人もいますが、一緒にいると、どこか小汚い不潔な感じが空気として伝わってきます。

やはり、友達として一緒にいるのに、清潔感は大切なものです。

誰でも不潔な感じがする人よりも、清潔な感じがする人と一緒にいつもいたいと思うものですよね。

中には、ダメージジーンズなどを穿いたり、ぼさぼさヘアーにするファッションを楽しんでいる人もいますが、そういった人ほど、中身の清潔感にはこだわっているものです。

毎日ちゃんとお風呂に入って、頭や体を洗って、洗濯をしてきれいにした下着や洋服を身に付けることは大学生や社会人のマナーとしても大切ですよね。

【友達がいない人の特徴②】自己開示が下手

友達がいない人の特徴の2つ目は、自己開示が下手な人が多い、ということです。

特に、社会人や30代で主婦になってから、友達がなくなってしまったと言う、30代の女性の人には、この自己開示が下手な人が多い傾向があるようです。

どんな人でも、相手が自分の心をさらけ出して開示してくれるから、自分も相手に心をさらけ出すことがきるものです。

しかし、自己開示が下手な人というのは、それができないので、相手もどのように心を開いていいのかがわからなくなります。


大学生までは、学校の方が配慮して、クラスの中で自分のことを話しやすい雰囲気を作ってくれたり、部活やサークルなどで、同じ趣味や目的を持つ仲間を作りやすいので、自己開示が下手な人でも友達を作りやすいものです。

しかし、社会人になって、自分の力で友達をつくっていかなければならないようになると、とたんにそれができなくなってしまう人がいるのは事実です。

【友達がいない人の特徴③】悪口ばかり

友達がいない人の特徴の3つ目は、人の悪口ばかり言う人が多いということです。

口を開くと、話す言葉が、人の悪口や噂話ばかりになってしまう人もいますよね。

大学生までは、同じような環境で、同じように育ってきた人が同じ場所に集まりやすいので、人の悪口で盛り上がるという価値観を共有できる人と、友達になりやすかったという点はあるかもしれません。

しかし、社会人になったり、結婚して主婦になって、今までとは違う環境の違う人間関係の中で新しい人間関係を築いていこうとすると、人の悪口ばかり言う人というのは、他の人から嫌がられて敬遠されるものです。

30代40代になって悪口ばかり言っているような人は、人間性も疑われるものです。

また、悪口が好きな人は、自分がいないところでは、自分の悪口もきっと言っているだろうと思われるものです。

友達ができないと嘆いているのならば、自分の言動が、他の人を攻撃する悪口になっていないか反省してみましょう。

【友達がいない人の特徴④】コンプレックスが強い

友達がいない人の特徴の4つ目は、強いコンプレックスを持っている人です。

コンプレックスを強く持っている人というのは、そのコンプレックスを突かれたくないという思いから、自分自身を相手に対してさらけ出して自己開示することがなかなかできません。

また、コンプレックスを突かれてしまった時に、必要以上に防御の態勢に入ったり、攻撃的に出てしまったりすることもあります。


ついうっかり、コンプレックスをついてしまったときに、予想もしないような過剰な反応をされてしまうと、人はあまり深く関わりたくないと思ってしまうものです。

コンプレックスを無くす事はなかなか難しいものですが、コンプレックスを突かれても、友達が欲しいのならば、過剰な反応をしないように努力する事は出来ますよね。

■関連記事:コンプレックスについて知りたい方はこちらもチェック!

学歴コンプレックスを持つ人の特徴と克服方法!

【友達がいない人の特徴⑤】自意識過剰すぎる

友達がいない人の特徴の5つ目は、自意識過剰な人です。

自意識が過剰な人というのは、どんな話題にでも、自分を入り込ませて、「自分が、自分が、」となってしまいますよね。

昔からの友人で、あなたのことをそういう人だとわかってくれている人ならば、あなたの他の良い面も見てくれて、友達付き合いにしてくれるものです。

しかし、社会人になったり、結婚して主婦として今までとは違う地域で生活を始めたりすると、自分の性格をわかってくれている人ばかり付き合えるわけではありません。

30代40代になるとそれなりの落ち着きや人間関係の機微を察する力も持っていて当然だと思われるようになります。

全く新しい人間関係の中で、友達を作っていこうとすると、自分の話ばかり延々とするような自意識過剰な人というのは、他の人から敬遠されがちになってしまうものです。

自分のことを話すことも大切ですが、相手の話も同じ位か、自分の話以上に聞いてあげる態度をとることも友達の輪を広げていきたければ大切なことです。

【友達がいない人の特徴⑥】表情がない

友達がいない人の特徴の6つ目は、あまり表情がない人です。

一緒にいて、話をしているときに、あまり表情の変化が無い人というのも、友達になりたくないと敬遠されてしまうタイプの人になります。

特に女性同士というのは、会話の中で、相手の表情を伺いながら、その変化に合わせて話題を変えていくものです。

それなのに、相手の表情がなかなか読み取れないと、何を考えているのかわからなくて、話をどのように持っていったらいいのか迷うので、あまり話をしたいと思われなくなってしまいます。

普段からポーカーフェイスでいることが、癖になってしまっている人もいるかもしれません。

でも友達を作りたいのに友達ができないと悩んでいる原因が、そのポーカーフェイスにあるかもしれません。

人と一緒にいるときには、できるだけ笑顔を作るように努力をしてみましょう。

【友達がいない人の特徴⑦】会話下手

友達がいない人の特徴の7つ目は、会話が下手だということです。

子供の頃からの、気の置けない仲間内での友達関係ならば、仲間の中に会話下手な人がいても、その人に合わせて話をしてくれるものでしょう。

しかし、社会人になって新しい職場で、結婚して主婦として新しいママ友を、開拓していかなければいけなくなると、やはり言葉というのはとても大切なコミュニケーションツールになります。

そこで言葉を使う会話が苦手だと言うのは、ある意味で、友達を作っていくのに、致命的な欠点となってしまいます。


しかし、話下手なのは仕方がないことですが、友達を作りたければ、それでも頑張って話をすることが大切です。

あなたが一生懸命話をしていれば、あなたの話を聞いてくれる人も出てきます。

また自分が話すよりも、他の人の話を聞いてあげるようにすれば、あなたの話を聞いて欲しいと思う人も来るでしょう。

友達を作りたければ、自分は会話下手だからと、必要以上に引っ込み思案にならないことが大切です。

■関連記事:会話下手を改善したい方はこちらもチェック!

会話が続かない人の特徴9選と会話を続ける方法!

【友達がいない人の特徴⑧】考え方がネガティブ

友達がいない人の特徴の8つ目は、ネガティブな考え方を持っている人です。

ネガティブな考えを持っている人というのは、会話をしていても、会話の内容に出てくる考え方に、ネガティブなものがどんどんとにじみ出てくるものです。

ネガティブな考え方を持つ人の、ネガティブな言葉を聞いていると、多くの人というのは、気が滅入ってしまうものです。

ネガティブな発言ばかり聞いていると、気持ちが落ち込んでしまうために、その人とは話したくないと思って、あまり側に近寄ってもらえなくなってしまいます。

ネガティブな心理というのは、心の健康にもあまり良くありません。

同じ物事にもネガティブな側面もあるが、ポジティブな側面もあります。

社会人や大学生、主婦と言ったもういい年をした大人になったら、物事を両方の側面から見られる視野というのも養いましょう。

【友達がいない人の特徴⑨】共感力が乏しい

友達がいない人の特徴の9つ目は、共感力に乏しい人です。

誰でも、仲良くなって友達になりたいと思う人には、自分の気持ちに共感して欲しいと思うものです。

しかし、世の中には、他の人の気持ちに共感できない人もいるものです。

友達を作りたいと思っても、相手の気持ちに共感するよりも、自分の考えが優先になってしまうという人と話をしていると、自分の考えや話すことも、ことごとく否定されてしまうような気持ちになってしまうものです。

どんな人でも、自分の気持ちを否定されていい気分になる人はいません。

子供の頃ならともかく、大学生や社会人、主婦といったいい大人になったら、自分で人間関係や友達関係も選ぶことができるようになるので、できればその人から離れたいと思うものです。

すぐに他の人の否定をしたくなる人は、否定する言葉を話す前に、いったいどういう気持ちでその人がその言葉を語ったのか、その背景を一呼吸おいて考えてみるように努力してみませんか。

【友達がいない人の特徴⑩】他の人に興味がない

友達がいない人の特徴の10個目は、他の人に興味がない人です。

ある意味で、友達がいない人と言うよりは、友達を必要としていない人ということが出来るかもしれません。

いつも誰かと一緒にいないといられない人から見ると、考えられない心理かもしれませんが、世の中には、一定数、他の人に興味がなくて、友達も必要ないという人がいます。

こういった人は、他の人たちから見ると寂しい人に見えますが、社会人や大学生、主婦でも、自分の時間を自分の力で楽しむことができる人です。

他の人から干渉されることをこういった人の心理は好まないので、寂しい人に見えても、無理矢理、友達の輪に引きずり込むようなことはやめておきましょう。

【友達がいない人の特徴⑪】我がまま

友達がいない人の特徴の11個目は、わがままな人です。

自分勝手でわがままな人と、一緒にいたいと思う人はいませんよね。

人の気持ちを考えることができずに、自分の主張ばかりを通そうとする態度というのは、他の人から見てあまり気持ちがいいものではありません。

子供ならともかく、大学生や社会人、主婦になってまで自分のわがままが通って当たり前だと思っているようなら、友達もできなくて当然です。

自分の考えや意見を全く受け入れてもらえずに、いつもその人のわがままばかり聞かなくてはいけないような状況では、どうしてもその人との友達を続けていくのに、心理的にストレスが溜まって嫌になってしまうものです。

自分はいつも一生懸命なのに、なぜか友達が離れていく、という人は、自分が一生懸命だと思っている態度というのが、実はわがままな態度になっていなかったか、ちょっと立ち止まって反省してみましょう。

友達がいないのって寂しい気持ちはないの?

ここまで、友達がいない人の特徴について見てきました。

ここで気になるのは、友達がいない人というのは、寂しい気持ちは無いのか、ということです。

やはり、人間というのは、集団行動をとりたがる生き物なので、家族や恋人以外に、友達という集団に所属していないと、心理的に不安になるものですよね。

友達がいない人の中には、どうやら友達を必要としないで、寂しい気持ちを心理的に持たずに済む人もいるようですが、ほとんどの人はそうではなさそうです。

本当は寂しい気持ちを持ちながらも、成人した大学生や社会人主婦とは思えないような、子供っぽい言動が原因で友達を作ることができなくなっている人がほとんどです。

本当は寂しい気持ちがあるけれども、友達をなかなか作ることができない、友達がいない人の実態というのはこんなところのようです。

友達がいない人が友達を作るには?

それでは、ここまで見てきたような、友達がいない人というのは、友達を作ることができないのでしょうか。

いろいろと見ていくと、そういうわけでもなさそうです。

なかなか心理的にも友達を作ることが難しい性格の人や、30代の女性、結婚して知り合いがいない土地へ引っ越した主婦の人も、ちょっと見方を変えたり、行動をしてみたりすると、友達を作ることができるのです。

それでは、大学生や社会人だけではなく、30代の女性や主婦の寂しい人でも友達を作ることができる方法をここからご紹介します。

【友達がいない人の特徴・作り方①】勇気を出して声を掛ける

友達がいない人が友達を作るための方法の1つ目は、思い切って勇気を出して声をかけてみることです。

特に、まわりの友達がみんな結婚してしまって、遊んでくれる友達がいなくなってしまって寂しい30代の女性とか、主婦になって環境が変わったために、友達がいなくなってしまって寂しい思いをしている女性とかは、思い切って声をかけてみることが大切です。


声をかけてみる事は、心理的に難しいと感じる人もたくさんいることでしょう。

しかし、何事も心理的なバリヤーを乗り越えて、勇気を出して行動してみないことには、先に進むことができません。

特に、環境が大きく変わることが多い、30代の女性は、寂しいとか言っているのなら、勇気を出して周りの人に声をかけてみることがとても大切です。

【友達がいない人の特徴・作り方②】一人で居酒屋やバーに行く

友達がいない人が友達を作るための方法の2つ目は、思い切って1人で居酒屋やバーに行ってみるということです。

カフェでひとりでお茶やコーヒーを飲んでいても、なかなか声がかけづらいものですが、居酒屋やバーで1人でお酒を飲んでいる人には、割と声をかけやすいものですよね。

特に、寂しい思いをしている、大学生や社会人の30代の女性が、ひとりでお酒を飲んでいたら、必ず誰か声をかけてくれる人がでしょう。

なかなか1人ではお酒を飲みに行くのも勇気がいることですが、心理的に寂しい思いをしているのならば、ここで勇気を出して、 1人居酒屋や1人バーに挑戦してみてはいかがでしょうか。

【友達がいない人の特徴・作り方③】ネットでおしゃべりする

友達がいない人が友達を作るための方法の3つ目は、ネット上でのおしゃべりを楽しむというものです。

なかなかリアルな世界で友達を作りにくい人でも、ネットでは、なぜか別人格が出てきて、饒舌に話せるようになる、という人もたくさんいますよね。

そういう人は、リアルの世界で寂しい思いを続けることには見切りをつけて、ネットの世界で活躍するように考え方をシフトしてみたらいかがでしょうか。

インターネットの世界では、掲示板や、SNSのコミュニティーなどで、同じ趣味や時間を持った人と友達になることができます。

大学生のためのコミュニティーとか30代の主婦の女性のためのコミュニティーでは、生活に役立つ情報も交換できますよね。

心理的にリアルな世界でもコミュニケーションがなかなかうまくいかないと感じている人は、友達作りを、ネット上にシフトするというのもひとつの選択肢ですよ。

【友達がいない人の特徴・作り方④】外に出る

友達がいない人が友達を作るための方法の4つ目は、寂しいなどと嘆いている暇があったら、さっさと外に出て出会いを探すことです。

友達がいないと嘆いている大学生や主婦の多くは、家に閉じこもって、他の人との出会いのチャンスを探そうとしていない人が多くいます。

心理的な自分の殻に閉じこもって、寂しいと嘆いていても、決して友達を作る事は出来ません。

ネット上での友達作りに抵抗があって、リアルな世界で友達が欲しいと思うのであれば、とにかく勇気を出して友達を探すために外に出てみましょう。

心理的な抵抗感を振り払って思い切って外に出てみることが1番大切です。

友達は作ろうと思えば作れます!!

友達がいない人が、友達がほしいと思って、なんとかしなくてはいけないと思っても、なかなか心理的なバリアが強くて、行動するのが難しいことがありますよね。

特に30代の女性などは、学生時代の友達と離れてしまったら、新しい友達を30代から作るというのは、社交的と言われる女性でもなかなか心理的に難しいものです。

しかし、30代だろうと、女性だろうと、大学生であろうと、友達が欲しいと思って、外に出て、他の人と会話を頑張ってするようにすれば、必ず友達を作ることができます。

友達が欲しいと思うのならば、必要なものは勇気だけです。

また、世の中には、友達を必要としていない人もいるのも事実です。

そういった人は、自分なりのルールや心理的な価値観を作って生きているものです。

それはそれで、尊重して無理やり友達の輪の中に引きずり込むようなことはしないように気を付けましょう!!

女性でも男性でも、20代でも30代でも40代でも、何歳でも、人それぞれの価値観を尊重することも大切です。

友達関係で悩んでいるあなたへ!こちらもチェック!

友達ができない理由って?友達ができない人の特徴と友達の作り方解説
友達が欲しい!友達を作る10の方法とは?
友達付き合いがめんどくさいと思う10の瞬間!対処法も解説!
友達がうざい時の対処法13選!うざい友達の特徴って?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ