地元に帰りたい!転職して地元で仕事するメリット・デメリットは?

地元に帰りたい!転職して地元で仕事するメリット・デメリットは?

今、Uターン転職して地元に帰りたいと願う人たちが増えています。でも地元で転職して仕事するのは、いいことばかりではありません。今回、転職して地元で仕事するメリット・デメリットについてお話します。地元に帰りたいと思っているなら、一度じっくり考えてみましょう。

記事の目次

  1. 1.地元に帰りたい…Uターンで転職して仕事するには理由がある!
  2. 2.地元に帰りたい…Uターン転職の実際は?
  3. 3.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するメリット1
  4. 4.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するメリット2
  5. 5.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するメリット3
  6. 6.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するメリット4
  7. 7.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するメリット5
  8. 8.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するメリット6
  9. 9.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット1
  10. 10.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット2
  11. 11.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット3
  12. 12.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット4
  13. 13.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット5
  14. 14.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するポイント1
  15. 15.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するポイント2
  16. 16.地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するポイント3
  17. 17.Uターン転職で地元に帰りたいのなら、入念な下準備を!

【給料が安い・年収が下がる】

Uターン転職のデメリットその1は、給料が安い・年収が下がるということです。

生活水準は、当然ながら都会の方が高いです。まったく同じ職種・仕事内容だとしても、地元に戻った途端、年収が100~200万下がるなんてことはザラです。

手取り給与が月10万円ほどで働く正社員も多くいます。10万円が言い過ぎだとしても、総支給額13~15万で求人募集している企業はたくさんあるのが実情です。

もし給料が安いことに不満を抱いても、一度生活水準を下げてしまうと、都会の生活に戻るのは難しくなります。

生活していく上で、給与の問題は実に大きな問題です。結婚して子供がいればなおさらです。年収が下がっても地元に戻る価値や理由があるか、じっくり考える必要があるでしょう。

地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット2

【仕事が見つかりにくい】

Uターン転職のデメリットその2は、仕事が見つかりにくいことです。

当然のことながら、地方では求人数が減ってしまいます。やはり求人募集の全体数が多い方が、条件や年収のいい仕事に就きやすくなります。

今、政府や地方自治体が地方創生を謳っているので、地元でも少しずつですが求人数が増えてきています。

ただ、それが自分の希望する職種である確率は、依然として低いですし、やはり都会に比べて選択肢が狭まるのは事実です。

収入が少ないながらも、安定した職場環境で働くことを第一とするならともかく、こだわりの職種があるのなら、地元にその仕事があるか、きちんと確認しておく必要があるでしょう。

地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット3

【車社会である】

Uターン転職のデメリットその3は、移動手段として車が必須であることです。

都会から離れた地方は、たとえ政令指定都市であっても、車が必要であるケースがあります。駅まで徒歩40分も珍しくなく、近所のスーパーに買い物に行くにも車を使うのがザラです。

一家に車一台どころか、結婚して子供がいるなら、二台保有していることも少なくありません。

せせこましいながらも、家の近所にコンビニやスーパーがあったり、電車を降りてすぐ便利な施設がある都会に慣れていると、交通の便の不便さが身にしみいるでしょう。

いつの間にか身についた、都会の交通網と同じ感覚で住み始めると、毎日の職場と自宅の移動だけで幻滅してしまうでしょう。

地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット4

【地域特有の行事・慣習に慣れなければならない】

Uターン転職のデメリットその4は、地域特有の行事・慣習に慣れなければならないことです。

特に若者だと、この地元べったりの行事・慣習が理由で、都会の生活に憧れたという人は多いのではないでしょうか?

地元の行事・慣習になじめないと、生活していくのは甚大なストレスになります。なにせ、人間関係の濃さが地元の魅力でもあるのですから…。

結婚して子供ができても、なおさらその結びつきは強くなります。地元の行事・慣習になじむことは、地元に骨をうずめるためには必須事項と言えます。

いろいろな経験や結婚・子育てを経て、40歳を過ぎて地元に戻ると、自分が落ち着いた分、地元に密着しやすい傾向があるようです。

地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するデメリット5

【技術が活かせないことがある】

Uターン転職のデメリットその1は、技術が活かせないことがあることです。

特に、都会でIT企業やシステム関連企業で活躍していた場合、やはり都会の方が最先端技術が集まりやすいので、地元では培った技術が活かせないことがあります。

地元の企業の仕事内容は限られていることが多く、地域によっては、特定の産業しか発展していないこともあります。

どんなすごい技術を持っていようと、自分が地元の職種に合わせて職を探すしか方法がありません。

もし自分の技術を活かすことが第一条件であるなら、地元にその技術を活かせる職種や仕事があるかチェックするのは必須です。

地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するポイント1

通話料無料・24時間相談できる「恋ラボ」

・通話料無料!
・キャンセル料一切なし!
・初回限定1,000円オフクーポンあり!

恋ラボはexcite(エキサイト)が運営する恋のカウンセリング専門サービスです。

恋ラボの魅力は相談にかかる費用の安さ。通常、電話相談は通話料+相談料がかかり、約10分電話しただけでも3000~5000円ほどかかってしまいます。

ですが、恋ラボの運営元exciteが提供する「エキサイト通話アプリ」を利用すれば通話料無料で相談可能です。

また、初回のみ使える1,000円クーポンを利用すれば恋愛カウンセラーのプロのアドバイスが受けられます。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談


また、電話相談が苦手な方に向け、チャットやメールでの相談もできるのも恋ラボの特徴です。

料金表(税込)

電話相談 110円~/1分
チャット相談 110円~/1分
メール相談 1,100円~/1通

・友達には相談しづらい悩み
・相談しても思うようなアドバイスを周囲からはもらえず一人で悩んでいる

そんなときは恋ラボの経験豊富な恋愛のカウンセラーに相談してみましょう。

>>1,000円オフクーポンをゲットして恋ラボに相談



次のページ

地元に帰りたい…Uターン転職して地元で仕事するポイント2

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事
Copyright (C) Lovely