恋愛依存症の症状と特徴!原因と克服方法を解説!【要注意】

恋愛をするのは素敵なことですが、恋愛依存症は避けなければなりません。 恋愛依存症になると、本当は楽しいはずの恋愛が辛くて苦しいものになってしまいます。 そこでここでは、恋愛依存症の特徴から、克服法などを紹介したいと思います。

恋愛依存症の症状と特徴!原因と克服方法を解説!【要注意】のイメージ

目次

  1. 恋愛依存症になる人の心理とは?
  2. 恋愛依存症は男性も女性もなる?
  3. 恋愛依存症の症状と特徴①恋人優先
  4. 恋愛依存症の症状と特徴②ネガティブ
  5. 恋愛依存症の症状と特徴③連絡に厳しい
  6. 恋愛依存症の症状と特徴④別れを怖がる
  7. 恋愛依存症の症状と特徴⑤思い込みが激しい
  8. 恋愛依存症の症状と特徴⑥必要とされたい
  9. 恋愛依存症の原因とは?①家庭環境が悪かった
  10. 恋愛依存症の原因とは?②親から干渉された
  11. 恋愛依存症の原因とは?③自分に自信がない
  12. 恋愛依存症の克服方法①自分を認める
  13. 恋愛依存症の克服方法②自立する
  14. 恋愛依存症の克服方法③趣味を作る
  15. 恋愛依存症の克服方法④資格を取る
  16. 恋愛依存症の克服方法⑤友達との時間を作る
  17. 恋愛依存症の克服方法⑥相手の自由を尊重する
  18. 恋愛依存症の人との別れ方とは?①きっぱり別れる
  19. 恋愛依存症の人との別れ方とは?②嫌われる
  20. 恋愛依存症の症状、特徴、原因、克服方法、別れ方【まとめ】

恋愛依存症になる人の心理とは?

恋愛依存症の人の心理ですが、恋愛依存症ではない人には、分からないかもしれません。

恋愛依存症の人は、恋愛をしていても常に不安な心理が付きまとったり、自分を否定してしまう心理が付きまとうと言われています。

これらの心理があることから、相手の行動を全て把握しておきたいという心理までもが生まれ、束縛してしまうこともあるでしょう。

さらに恋愛依存症の人には、「頼られたい」という心理や、「必要とされたい」という心理もあります。

恋愛はしたいし、好きな人と付き合いたいという心理もあるけど、相手がそばにいてくれるほどに不安になったり、いつか別れるのでは?と思って不安になったりもするようです。

思った以上に恋愛依存症の人の心理は複雑なのです。

恋愛依存症は男性も女性もなる?

恋愛依存症は、男性も女性もなると言われています。

ただ、恋愛依存症は、「共依存」と、「回避依存」があり、共依存は女性が、回避依存は男性がなりやすいようです。

共依存は、相手の世話を焼いていたいとか、相手に固執してしまうもので、一般的にいう恋愛依存症なのですが、男性に多い回避依存は、深い関係になるほど、逃げ出したくなったり、幸せを感じるほど耐えられなくなるものです。

回避依存の男性は、いい関係が築けるほど、それが壊れるのが怖いという心理を持っています。

過去に友達に裏切られたことがあるとか、本当に好きになった人との別れが辛かったなど、トラウマを抱えている可能性があるでしょう。

回避依存症の男性には、「二度と同じ思いをしたくない」という心理があるため、親しくなるほど冷たくしてしまったり、自ら別れたりなど、自分を傷つけないような行動をとってしまうのです。

しかし、男性だから回避依存、女性だから共依存だと決まっているわけではなく、男性でも共依存、女性でも回避依存になる人はいるようです。

■参考記事:回避依存症についてはコチラも参照!

回避依存症の男の特徴と接し方!【要チェック】彼は大丈夫?

恋愛依存症の症状と特徴①恋人優先

恋愛依存症の症状や特徴として、よく見られるのが、どんなときも恋人優先にしてしまうということです。

何をするにも恋人のことを優先にしてしまうので、自分がやりたいことを後回しにしたり、友達との約束をしなくなったりします。

そのため、だんだんと友達との関係が薄くなってくる人が多いでしょう。

恋愛依存症の人は、友達との関係が薄くなったとしても、「この人さえいればいい」と、恋人に依存してしまう心理があります。

本人は、依存というよりも、「尽くしている」という気になっているかもしれません。

これは女性に多い共依存の人によく見られる心理ですが、このような女性と付き合うと、最初はいいかもしれませんが、男性もだんだんと重くなってきて、付き合っていられなくなるでしょう。

恋愛依存症の症状と特徴②ネガティブ

恋愛依存症の人の症状や特徴には、ネガティブというものがあります。

女性に多い共依存タイプの人も、男性に多い回避依存タイプの人も、どこかネガティブな心理を持っています。

共依存の人は、自分に自信がなく、自分を嫌っている女性が多いので、「どうせ私なんか・・・」とネガティブになるのです。

そして、ネガティブになればなるほど、「こんな私と付き合ってくれるのは彼しかいない」と依存してしまったりなど、どこか被害者ぶったところもあるのです。

男性に多い回避依存の人は、親しくなるほど逃げ出したくなるにも関わらず、心の中では「寂しい」という思いが強烈にあります。

また、自分を見せるのが苦手で、いつも取り繕った自分を演じてしまいます。

どこかで、「本当の自分を見せるのが怖い」というネガティブな心理があるのです。

恋愛依存症の症状と特徴③連絡に厳しい

恋愛依存症の症状や特徴として、連絡にとっても厳しいというものがあります。

これは、女性に多い共依存タイプの人によく出る症状ですが、恋人と離れているときは、ずっと連絡を取り続けておかなければ、落ち着かない状態になります。

少しでも恋人からの連絡がないと、すぐに「浮気しているのでは?」とか、「嫌われたのかな?」と考えてしまい、負のスパイラルに陥ってしまいます。

そのため、「どうして連絡してくれないの?」とか、「何してるの?」などのように、相手を責めてしまうことがあるでしょう。

共依存タイプの恋愛依存症の人と付き合うと、相手は縛られた気分になり、付き合いが楽しくなくなるでしょう。

共依存の人が恋愛をすると、常に相手からの連絡を待っているので、携帯依存症にもなる可能性があるでしょう。

■参考記事:ヤンデレ彼氏は怖い?コチラも参照!

ヤンデレ男子の特徴7つ!彼氏にすると束縛が強くて大変?

恋愛依存症の症状と特徴④別れを怖がる

恋愛依存症の人は、人との別れを極度に怖がるという症状や特徴もあります。

これは、女性に多い共依存の人も、男性に多い回避依存の人も持っている心理です。

共依存の人は、別れが怖いために、相手に固執したり、必要以上に心配になって、ずっと一緒にいないと不安で仕方がないと思っています。

一緒にいない時間があると、「もしかして今、私よりいい人と出会ったりしてないかな?」などのように、いらない心配をしてしまうのです。

それに対し、回避依存の人は、別れが怖いからこれ以上好きになりたくないと思い、相手を突き放してしまいます。

男性で、付き合っていると急に冷たくなって連絡も急になくなる人がいますが、もしかしたら回避依存かもしれません。

もし回避依存なら、別れたくてやっているのではなく、別れが怖くてやっているのです。

ただ、女性に多い共依存とは違って、男性に多い共依存の人は、自分の気持ちを素直に出すことができないので、「別れたくない」という言葉は言うことができないでしょう。

恋愛依存症の症状と特徴⑤思い込みが激しい

恋愛依存症の症状や特徴には、思い込みが激しいというものもあります。

思い込みが激しいというのは、女性に多い共依存タイプにも、男性に多い回避依存タイプにも見られる症状です。

共依存タイプの思い込みは、「絶対に浮気している」とか、「女の子がいる飲み会に行ったら、他の女の子に彼を取られてしまう」といったような、被害者的な思い込みです。

1度思いこむと、決めつけてしまうところがあるので、どんどん妄想が広がってしまい、ありもしない事実で自分を苦しめてしまいます。

一方、回避依存の人の思い込みは、「こうしなきゃいけない」とか、「こうすべきだ」というような思い込みです。

そのため、付き合っているときは、自分が王様だ!とか、相手は自分に従うべきだ!というように、支配しなければならないという思い込みがあるのです。

また、自分はつまらない人間だと思いこむ男性がいるのも、回避依存の特徴で、このタイプの人は、思い込んだら心を開かなくなるでしょう。

共依存も回避依存も、思い込みが激しい部分を治さないと、誰と恋愛しても辛い恋愛を繰り返してしまうでしょう。

恋愛依存症の症状と特徴⑥必要とされたい

恋愛依存症の人は、共依存も回避依存も、結局のところは必要とされたいという心理があります。

人間なら誰でも、他人に必要とされたいですし、認められたいと思うのは普通のことですが、恋愛依存症の人は、ここに敏感になりすぎています。

共依存の人は、必要とされたいから相手にしがみつき、相手のいうままに動いたり、自分の思いどおりに相手を動かしたいという気持ちがあります。

回避依存の人は、必要とされたいからこそ、いつか自分から恋人が離れていくのが怖くて、他にも肉体関係を結ぶ女性を数人作るなどして、保険をかけるところがあります。

そのため、回避依存の人は、かなり浮気っぽいところがあると思われるでしょう。

心の中では、寂しさや、必要とされなくなることへの恐れがあるので、このような行動をとってしまうだけであり、根っからの遊び人というわけではないのが回避依存の人です。

恋愛依存症は、損をすることが多いので、早めに克服したほうがいいですね。

恋愛依存症の原因とは?①家庭環境が悪かった

恋愛依存症になる原因ですが、なんと家庭環境にあると言われています。

共依存の人に多いのですが、小さなころに寂しい思いをしたり、親から相手にされなかった、出来のいい兄弟と比べられて誰からも認めてもらえなかった、必要以上に怒られていたなど、家庭環境が恵まれていなかった人ほど恋愛依存症になるのです。

親からの愛情がなかった分、寂しさを埋められないまま大人になっていたり、我慢してばかりで我が儘を言えないまま大人になっていると、恋人に依存してしまうのです。

そして、恋人からの愛情を絶対誰にも渡したくない!と思い、今までの寂しさを埋めるかのように、恋人に執着するのです。

恋愛依存症になる原因には、心の中にとっても大きな穴が空いていることにあるのです。

恋愛依存症の原因とは?②親から干渉された

恋愛依存症になる原因として、親からの干渉が凄かったというものもあります。

この原因は、共依存にも回避依存にも共通するものですが、共依存の人は、親から厳しくされすぎることで、「期待に応えなければ!」とか、「頑張らなきゃ見捨てられる」という心理が植え付けられています。

そのため、恋人に対しても、頑張らなきゃ振られると思って、頑張りすぎて依存してしまうのです。

回避依存の人は、親からの干渉によって、「これ以上人から指図されたくない」という思いが芽生えてしまいます。

そのため、恋人ができると、「束縛されてしまう」と思い、冷たくしたり、自ら離れていってしまうのです。

幼いときによっぽど窮屈な思いをしたのでしょう。親から受けた厳しすぎる躾がトラウマとなってしまい、大人になってからの恋愛とそのトラウマを重ねてしまうのです。

恋愛依存症の原因とは?③自分に自信がない

恋愛依存症になる原因として、自分に自信がないからというものがあります。

この原因も、共依存、回避依存に当てはまるものです。

共依存の人は、自分に自信がないので、「他の人に恋人を取られてしまう」とか、「恋人との別れがくる」というのを常に思ってしまうのです。

今付き合っているのが自分だとしても、好きになればなるほど自信をなくし、相手を疑う気持ちが出てくるのです。

回避依存の人は、自分に自信がないので、自分のありのままの姿を人に見せたくないと思っています。

本当の自分を見せることで、相手から「そんな人と思っていなかった」と思われるのが怖いのが原因で、自信をなくしているのです。

そして、相手から必要とされなくなることを恐れているのです。

自信がないことが原因で、恋愛が上手くいかなくなるのは、非常にもったいないことですが、恋愛依存症の人は、常に自信がない状態で恋愛をしているのです。

恋愛依存症の克服方法①自分を認める

恋愛依存症を克服するには、まず自分を否定しないことです。自分で自分を認めてあげることで、自分に自信がつくものなのです。

そのためにも、自分を大切にしてください。自分が思っている気持ちや、感じていることを大切にして、自分の心と向き合うようにしましょう。

恋愛をして、不安になることは、カッコ悪いことではありません。

また、幼い頃に愛情不足だったとしても、それは自分の責任ではないので、恥ずかしいことではありません。

これも全部自分なんだということを理解し、自分という存在を認めましょう。

これができれば、いつも心が不安定だったということがなくなって、ずいぶん楽になれるでしょう。

恋愛依存症の克服方法②自立する

恋愛依存症から克服するのに、とても大切なことが自立することです。

恋愛依存症の人は、常に恋人に依存してしまって、1人ではなにもできなくなっている人が多いので、恋人に必要以上に執着してしまうのです。

1人の人間同士として、自立し合うことで始めていい付き合いができるということを覚えておきましょう。

そのためにも、恋人と、いい距離をとってください。

恋人だからといって、常に一緒に行動する必要はありません。自立して、自分の時間を思いっきり楽しんでみましょう。

お互いに自立することで、「今日〇〇したんだよ!」とか、「こんなことがあったよ!」などのように、コミュニケーションを増やすことができます。

最初は不安かもしれませんが、人間か環境に順応できる生き物です。

恋人と本当に別れたくないと思っていたり、本気で恋愛依存症を治したいと思っているなら、自立するように努力してください。

恋愛依存症の克服方法③趣味を作る

自立しようと思っても、どうしても恋人から離れられない人は、趣味を作りましょう。

恋愛依存症の人は、1つのことに没頭できるという長所もあります。

そのため、なにか趣味を作って、趣味に集中する時間をわざと作るのです。

そうすることで、趣味をしている間は、恋人のことを考えなくて済むでしょう。

なにかに夢中になっていると、あっという間に時間が過ぎますし、心を無にすることもできます。

いつの間にか時間が経っていると、しばらく恋人に連絡しなくてもなんとも思わなかったというように、だんだん自立していくことができます。

趣味もできて、自立することもできるなんて、一石二鳥で、恋愛依存症を克服するために、とてもいい方法だと思います。

恋愛依存症の克服方法④資格を取る

恋愛依存症を克服するために、資格を取るのもいいでしょう。

資格を取るための勉強をするなら、恋愛に依存している暇はなくなりますね。

自分を追い込むことで、恋愛から少し離れることを覚えるのです。

資格は、少し難しいものにチャレンジしたほうが、より、恋愛依存症からは抜け出しやすいかもしれません。

また、資格を取ることで、自分の自信にも繋がります。

恋愛依存症の人は、自信がない人が多いので、何か1つでも人より優れたものを持っていたら、それが自信に変わるでしょう。

難しい資格ほど、取得したら、なんだか人生そのものが変われそうな気がしますよね!

恋愛依存症の克服方法⑤友達との時間を作る

恋愛依存症の人は、友人との時間をあまり作りたがらないのですが、克服するためにも、久しぶりに友人と過ごしてみましょう。

友人と過ごす時間は、とても穏やかで笑顔でいることが多いでしょう。

そして、友人が支えてくれていることや、友人との時間も大切だということを思い出すことができると思います。

自分が友人と過ごすことで、楽しいと思えたら、恋人にもそんな時間を過ごしてほしいと思うでしょう。

そして、恋人を縛り付けないためにも、わざと友人と予定を組んで、恋人を解放させてあげる時間を作るといいでしょう。

なんだか恋人と距離ができるように感じるかもしれませんが、これは非常にいい距離です。

恐れずに一歩踏み出してください。

恋愛依存症の克服方法⑥相手の自由を尊重する

恋愛依存症を克服するのに大切なのは、相手の自由を尊重することです。

恋愛依存症の人の中には、「こんなに尽くしているのに、どうして分かってくれないの?」というように、自分を守って相手を責める人がいますが、相手も1人の人間です。

ある程度の自由があってこそ、恋愛というのはうまくいくものです。

恋愛依存症の人は、相手を見ているようで、実は自分の心を優先にしているので、相手の自由を尊重して、本当の意味で相手を見れるようになりましょう。

これができたら、恋人にとって居心地のいい相手になりますし、そうなれたら、自由にさせていても必ず恋人はあなたの元へ帰ってくるでしょう。

恋愛依存症の人との別れ方とは?①きっぱり別れる

恋愛依存症の人と付き合っていると、だんだん重くなってきて、愛情も冷めてくるでしょう。

しかし、どうやって別れたらいいのか、その別れ方に悩む人は多いと思います。

恋愛依存症の人は、「あなたがいないと生きていけない」とか、「別れるなら死ぬ」と思いこむ人もいるので、ますます別れ方が分からなくなるでしょう。

恋愛依存症の人と別れるときは、同情したりしてはいけません。1番いい別れ方は、きっぱりと別れる別れ方です。

どれだけ別れたくないとすがられても、別れる!ときっぱりした態度を取ってください。

少しでも優しさや隙を見せると、そこに入り込まれるので、別れる以外の選択肢はない!と、きっぱりした別れ方をしましょう。

可哀相だと思うかもしれませんが、別れたいと思っているのに、優しさを見せるほうが可哀想です。

きっぱりした別れ方をしてあげるのが、恋愛依存症の人に対する優しさだと思ってください。

恋愛依存症の人との別れ方とは?②嫌われる

恋愛依存症の人との別れ方には、わざと嫌われるという別れ方もあります。

わざと嫌われるように仕向けて、相手から「もう嫌だ」と思ってもらうのです。

恋愛依存症の人は、思い通りにならなかったら、投げ出すところがあるので、思い通りにならないという態度をとりましょう。

ただ、嫌われるようにしても、「私が頑張るから!」と、粘るタイプもいます。

その場合の別れ方は、やはりきっぱりと「もう無理だ」と伝えることです。

そして、二度と会うことはないとか、友達にもならないなどのように、接点を一切なくす別れ方をしてください。

固執されたら、ストーカーのように離れなくなってしまい、あなたが大変な思いをする羽目になります。

恋愛依存症の症状、特徴、原因、克服方法、別れ方【まとめ】

恋愛依存症の症状、特徴、原因、克服方法、別れ方などについて、紹介しましたが、いかがでしたでしょうか?

恋愛依存症の症状や特徴ですが、

(1)恋人優先にする
(2)ネガティブ
(3)連絡に厳しい
(4)別れを怖がる
(5)思い込みが激しい
(6)必要とされたい

などです。

そして、恋愛依存症になる原因ですが、

(1)家庭環境に問題があった
(2)親から干渉されすぎた
(3)自分に自信がない

などです。

小さな頃から自分が置かれた環境が原因で恋愛依存症になった場合、克服することってできるのかな?と思いませんか?

既に、心には不安とか、寂しいという心理が染みついているので、克服は難しそうですよね。

しかし、恋愛依存症を克服するには、

(1)自分を認める
(2)自立する
(3)趣味を作る
(4)資格の勉強をする
(5)友人との時間を作る
(6)相手の自由を尊重する

など、方法はたくさんあります。

もし、自分の付き合っている女性、男性が恋愛依存症なので、耐えられないけど、別れ方が分からないという人は、

(1)きっぱり別れる
(2)嫌われる

という別れ方をしてください。同情は一切なしです。

恋愛依存症は、不安や頼られたい、寂しいなどの心理があり、恋愛をして、相手を好きになればなるほど、その心理が大きくなってしまうようですね。

恋愛は絶対に自立していたほうが楽しいですし、恋愛依存症を克服したら、もっといい恋愛ができますよ!

もっと依存について知りたいアナタへ!

依存心が強い人の特徴とは?どう接すればいいの?【依存体質】
依存体質の特徴とは?原因と改善方法11選!治し方を知ろう
彼女依存症の男性の特徴9選!対処法も教えます!【必見】
彼氏に依存しちゃう女性の特徴!依存をやめる方法とは?

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ