マフラー・ストールの洗濯方法・洗い方!【カシミヤ・アクリル・ウール】

カシミヤ、アクリル、ウールなどのマフラーやストール。寒い季節には手放すことのできないアイテムたちですよね。毎日使いたいけれど、このような素材のマフラーやストールを洗濯するのには不安がいっぱい。今回は、マフラーやストールの洗濯方法をご紹介します!

マフラー・ストールの洗濯方法・洗い方!【カシミヤ・アクリル・ウール】のイメージ

目次

  1. 冬の必需品!マフラーやストールを、自分で洗濯したい!
  2. 暮らしの知恵!マフラー、ストールを洗濯!アクリル素材って?
  3. 暮らしの知恵!マフラー、ストールを洗濯!カシミヤ素材って?
  4. 暮らしの知恵!マフラー、ストールを洗濯!ウール素材って?
  5. 暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯する前にコレを確認!
  6. 暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯する前にコレを用意!
  7. 暮らしの知恵!アクリル素材マフラー、ストールの洗濯や洗い方
  8. 暮らしの知恵!カシミヤ素材マフラー、ストールの洗濯や洗い方
  9. 暮らしの知恵!ウール素材マフラー、ストールの洗濯や洗い方
  10. 暮らしの知恵!マフラーやストールの手洗い洗濯、洗い方!
  11. 暮らしの知恵!マフラーやストールの洗濯機での洗い方!
  12. 暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯したら…干し方も大切
  13. 暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯後、アイロンもしたい
  14. 暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯したら、縮んだ?!
  15. マフラーやストールの洗濯、洗い方のまとめ

冬の必需品!マフラーやストールを、自分で洗濯したい!

だんだんと冬が近づいてきて、気温も低くなってきましたね。そろそろマフラーやストールの使用頻度も高くなり、手放せない季節になってきました。

マフラーやストールと言えば、アクリルやカシミヤ、ウールといった素材のものが主ですよね。

それぞれ異なる特徴を持っていて、そのお手入れや洗濯、洗い方も素材によって様々です。

andalusia_hiromiさんの投稿
23823418 1294702170676102 8269076083739983872 n

使用頻度の高いマフラーやストールだからこそ、アクリルやカシミヤ、ウールの素材のものでも自分で洗濯したいところですよね。

しかし、このような素材の衣類というのは繊細ですので、洗濯や洗い方一つで縮んでしまったり、硬くなってしまったりと生地がダメになってしまうことも。

だけど、使用頻度が高いものは汚れやくすみが気になるのが本心!

こんなときに役立つ、アクリルやカシミヤ、ウールの素材のマフラーやストールを自分で洗濯する方法をご紹介していきたいと思います!

生地の性質などをきちんと理解し、生地ごとに異なる洗濯方法や洗い方の知識を身につけて、マフラーやストールを縮めることなくお家で自分でお手入れしてみましょう!

■参考記事:マフラーの巻き方・ピッティ巻きをチェック!

ピッティ巻きが一番おしゃれなマフラーの巻き方!徹底解説します!

暮らしの知恵!マフラー、ストールを洗濯!アクリル素材って?

では、マフラーやストールによく使われるアクリル、カシミヤ、ウール素材のそれぞれの異なる特徴についてみていきましょう!

まずは、アクリル素材についてです!

アクリル素材というのは化学繊維で出来た素材のことで、天然素材のものに比べて丈夫なのが特徴です。

アクリル素材はシワなどにも強く、縮みにくいことから洗濯機の利用も大丈夫なアクリル素材の商品が多くあります。

ratz3211さんの投稿
15276753 1737535853133830 4304873101197312000 n

また、このアクリル素材は化学繊維でありながら、ウール素材に近いと言われている素材であることも特筆すべき特徴です!

化学繊維でできた素材はアクリル素材以外にも多くありますが、数ある化学繊維のなかでも最もウール素材に近い素材になりますので、万能的で様々な用途に使用される素材なのです。

ですが、アクリル素材は幅広い洗い方の選択肢がある反面、アクリル素材は毛玉が出来やすいことと、静電気が起きやすいという特徴もありますので注意しましょう。

ratz3211さんの投稿
15258558 558823857656683 3588685200055336960 n

暮らしの知恵!マフラー、ストールを洗濯!カシミヤ素材って?

続いては、カシミヤ素材について見ていきましょう!

カシミヤ素材というのはここ数年でよく耳にするようになった素材の名称なのですが、山羊の柔毛を使用して出来た素材のことを言います。

軽くてやわらかい質感の軽く素材は、若干の光沢感というのも兼ね備えていて肌触りも抜群です!

また、このカシミヤというのは寒さの厳しい山岳に生息している山羊であることから、そのカシミヤから採れる毛は保温性に優れているのです。

寒い冬には欠かせない、身も心も温まるような素材ですね。

ですが、このカシミヤの羊毛は1頭から採れる量が比較的少なく、その分高価なものとして扱われていることから、カシミヤ素材の商品は若干値段が高くなっているのも特徴ですね。

このことから、カシミヤ素材は「繊維の宝石」とまで呼ばれているのです。

暮らしの知恵!マフラー、ストールを洗濯!ウール素材って?

続いて、ウール素材についてもご紹介していきたいと思います!

ウールといのは、実に様々な衣料品に幅広く使用されており、日常でもよく耳にする素材の名称ですよね。

ウールというのは羊毛のことを指していて、現在出回っているウール素材を使った商品の多くは、主にオーストラリア産やニュージーランド産の羊毛が使われています。

kiito30さんの投稿
23824656 385579861872662 5434158434406629376 n

ウール素材には羊毛以外にも、獣毛というものもあり、その素材にはアルパカやアンゴラといったものがあります。

先ほどご紹介したカシミヤも、この獣毛も種類の1つです。

このウール素材の特筆すべき特徴は、寒い冬場には暖かく、暑い夏場には涼しくしてくれるという効果があることです!

また、吸湿性に優れていて、色落ちや型崩れなどもしにくい素材だと言われています。

addkitchenさんの投稿
23823815 1955248791464940 7601130234519224320 n

暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯する前にコレを確認!

では各素材の持つ特徴について理解できたところで、続いてこれらのアクリル、カシミヤ、ウール素材のマフラーやストールを洗濯する前に確認しておくべきことについてご紹介します!

このような素材の衣類を洗濯する際にまず確認してほしいのが、洗濯表示です。

洗濯表示のマークとして、洗濯機マークや手洗いマークのあるものにつては、基本的に水洗いが大丈夫なものになっています。

しかし、アクリルやカシミヤ、ウールなどは水洗いをすると生地が硬くなってしまい、ふわふわ感が失われてしまう可能性がありますから、たとえ洗濯機マークや手洗いマークがついていたとしても念のためにぬるま湯で洗うことをオススメします。

また、色落ちチェックも事前に行っておくことをオススメします。

色落ちチェックは、マフラーやストールに洗剤を垂らし、数分後にティッシュなどで洗剤を拭き取るだけの簡単な作業です。

ここでもしティッシュに色がついていたら、そのマフラーやストールは自分で洗うと色落ちや、色移りしてしまう可能性がありますので、クリーニングに行って専門の人の洗い方に任せるのがベターです。

使用頻度の高いものですので、出来るだけ長く使えるように心がけましょうね。

omlhrastnikさんの投稿
17494545 1458462850892480 825038873686966272 n

■参考記事:キャップの洗い方って?コチラも併せてチェック!

キャップの洗い方は?帽子が型崩れしない洗濯方法を教えます!

暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯する前にコレを用意!

実際にアクリルやカシミヤ、ウールの素材のマフラーやストールを洗濯するとなった時に、必要になってくるものや環境を事前に整えておきましょう!

これらの素材を洗濯するのに必要なものは、まずは中性のおしゃれ着洗剤です。

これは、使用頻度が高いデリケートな素材の洋服を自分で洗濯したり、洗濯機にかける際には必ず必要になってきます。

あとは、手洗いで洗濯する際に必要になってくる大きめの洗面器や桶も用意しておく必要がありますね。

しかし、もしこのような洗面器や桶などが無い場合は、洗面所に栓をしてそこへ水を張れば代用できますので大丈夫!

その場合は洗面所を綺麗に磨いておきましょう。せっかく洗濯しても、洗面所の汚れや水垢などがマフラーやストールに付着してしまえば逆効果になってしまいますので注意して下さいね。

更に、特に手洗いでマフラーやストールを洗濯する場合、直接洗剤が手に触れますので、肌が弱い人はゴム手袋などを用意しておくと安心ですね。


omlhrastnikさんの投稿
19379825 228951974290374 6332331203756032000 n

暮らしの知恵!アクリル素材マフラー、ストールの洗濯や洗い方

では、実際にアクリル素材のマフラーやストールを自分で洗濯してみましょう!

アクリル素材のマフラーやストールは、基本的に洗濯機で洗濯しても大丈夫なものが多いですが、念のために洗濯表示を見ながら洗濯機が大丈夫がどうかを確認し、それから洗濯機を使いましょう。

アクリル素材のマフラーやストールを洗濯機で洗濯する際には、洗濯機の設定で手洗いモード、もしくはソフトモードにしてから洗濯機をスタートさせましょう。

いくら洗濯機が大丈夫だという洗濯表示があったとしても、あまり強い水圧で洗濯機を回してしまうと硬くなってしまう原因になります。

また、洗濯機によっては時短モードなどが搭載されているものもあるかもしれませんが、それも避けた方がベターです。

アクリル素材のマフラーやストールには柔軟剤の使用が可能ですので、洗濯機で洗濯する際もしっかり柔軟剤まで仕上げて下さいね。

暮らしの知恵!カシミヤ素材マフラー、ストールの洗濯や洗い方

続いて、カシミヤ素材のマフラーやストールの洗濯の仕方をマスターしましょう!

カシミヤ素材は扱いが難しいのですが、使用頻度の高いマフラーやストールは毎回クリーニングには出せませんので、自分で洗えると便利ですね。

カシミヤ素材の洗濯は、基本的に手洗いで洗濯します。

toto.caeloさんの投稿
23498912 1609742069083127 4718546101831991296 n

手洗いで洗濯する際に使用する水の温度は、30度以下の水温で行うのが一般的です。しかし、だからといってあまり低すぎる温度で洗濯すると生地が硬くなってしまう可能性もありますので、ぬるま湯くらいの温度がオススメです。

水を張った洗面器や桶、栓をした洗面所などに中性のおしゃれ着洗剤を溶かし、15分から30分ほど漬け置きします。

優しくすすいだら水を変え、柔軟剤を入れてふんわり仕上げましょう。

カシミヤ素材は非常にデリケートですから、脱水は洗濯機ではなくタオルで挟んで水分を吸い取るのがベターです。

toto.caeloさんの投稿
20181412 1921945854760106 1581374131952156672 n

暮らしの知恵!ウール素材マフラー、ストールの洗濯や洗い方

続いて、ウール素材のマフラーやストールの洗濯の仕方です!

ウール素材もカシミヤ素材同様、洗濯機ではなく手洗いするのが一般的ですね。

ウール素材の洗濯の仕方は、基本的にはカシミヤ素材とほぼ同じですので、カシミヤ素材のマフラーやストールの洗い方を参考にしながら進めていって大丈夫です。

toto.caeloさんの投稿
23967652 1998360590382374 7717731840622067712 n

ウール素材の場合は、ドライマーク専用の洗剤を使用するのがベターだと言われています!

日常生活のなかで、使用頻度の高いものにウール素材のものは数多くある事でしょう。ですので、そういった使用頻度の高いものをいつでも自分で洗濯出来るように、ドライマーク専用洗剤というのも家に置いておくと便利ですね。

また、ウール素材の衣料品の中には水洗いOKの洗濯表示のものもありますが、水洗いOKなものでも基本的にはぬるま湯で洗濯しましょう。

toto.caeloさんの投稿
23733941 148962095858352 713736690291703808 n

暮らしの知恵!マフラーやストールの手洗い洗濯、洗い方!

ではここで、このようなデリケートな素材のものを手洗いで洗濯する際の方法について、もう少し詳しく触れていきましょう。

特にウール素材やカシミヤ素材などの天然素材の衣料品を自分で手洗いで洗濯する際には、水を張った洗面器などにおしゃれ着洗剤を溶かすのでが、このおしゃれ着洗剤を溶かす作業は丁寧に行って下さい。

ここで洗剤が均等に溶かされていないと、仕上がりにムラができたり、すすぎ残しの原因などにもなってしまいます。

o_kvitkaさんの投稿
12523524 1107505585960737 1929175860 n

洗剤を溶いた水にマフラーやストールを入れる際は、たたんで入れるようにします。この時、汚れが目立つ部分が外側にくるようにたたみましょう!

1回の洗濯で洗うのは多くても3つまでがベターですが、出来れば1つずつ丁寧に洗濯しましょう。

手洗いは、擦り合わせるのではなく軽く押し込むようなイメージで洗い、すすぎましょう。

このような天然素材の衣料品の洗濯頻度は、1シーズンに1回、もしくは2回が平均的な回数です。

toto.caeloさんの投稿
23667894 2041043562839638 14066589125050368 n

暮らしの知恵!マフラーやストールの洗濯機での洗い方!

手洗いに続いて、次はアクリル素材などの洗濯機で洗うことの出来る素材のマフラーやストールの洗い方です!

アクリル素材は洗濯機対応のものが多いのですが、アクリル素材だからとなんでも洗濯機に入れるのではなく、洗濯表示はきちんと確認するようにしましょう!

まずは、マフラーやストールをネットに入れます。このネットに入れる際に、ネットのサイズに注意して下さい。

大きすぎてもいけませんし、小さいと十分に汚れが落ちないことがあります。

o_kvitkaさんの投稿
14583357 1245543298827878 212055446075211776 n

また、ネットに入れるマフラーやストールは、汚れている面を外側にし、フリンジなどが付いている場合はフリンジが内側にくるように畳んで入れましょう。

アクリル素材の洗い方でもご紹介した通り、洗濯機は手洗いモードもしくはソフトモードで。

そして時短コースなどには設定しないように注意して下さいね!

暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯したら…干し方も大切

アクリル、カシミヤ、ウールなどの素材のマフラーやストールを洗濯し終えたら、干し方にも気を使いましょう!

せっかくここまで丁寧に洗濯をしても、この干し方を間違えてしまうと傷んでしまう原因や、型崩れしてしまう原因となってしまいますので注意して下さいね。

今回のような素材のマフラーやストールは、基本的に陰干しをします。

日光に当てた方が早く乾きそうなのですが、そうすると生地が傷んでしまいやすくなるのですね。

とくに、ウールやカシミヤといった天然素材のものは、生地に含まれたタンパク質がに日光の熱によって変質してしまう可能性もありますので必ず陰干しをしましょう。

そして、干す時には平干しがオススメ。もし平干しするスペースを確保できない場合は、ハンガーを2本使ってM字型になるように干せばOKです。

通常の洗濯物のように2つ折りの状態で干すと、先端に溜まった水分の重みで型崩れしてしまう可能性がありますので、注意しましょう。

暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯後、アイロンもしたい

洗濯が終わって乾いたアクリル、カシミヤ、ウール素材などのマフラーやストールは、綺麗に仕上がったらアイロンがけまで行いたいですよね。

使用頻度の高いマフラーやストールは、洗濯の仕上げにアイロンがけをして毛並みを整え、いつまでも綺麗に保ちましょう♪

このような素材のマフラーやストールをアイロンがけする際には、ハンガーなどに吊るしたままの状態で行います。

使用するアイロンは、スチーム機能が備わっているものを用意して下さいね。

ハンガーに吊るしたマフラーやストールに、アイロンが直接触れないようスチームを当てます。

毛並みにそってアイロンを動かすイメージで行うと良いですね!

フリンジの部分もアイロンがけしたい場合は、フリンジ部分のみアイロン台などにのせて、こちらも直接アイロンが触れないようにスチームだけを当てます。

仕上げに、手で更に毛並みを整えたら、マフラーやストールのアイロンがけも完了です!

暮らしの知恵!マフラーやストールを洗濯したら、縮んだ?!

アクリルやカシミヤ、ウールなどの素材のマフラーやストールを自分で洗濯していると、気をつけてはいたのだけれど洗濯が終わったら縮んでしまっていた!

なんてことも、もしかしたらあるかもしれませんね。

なかなか洗濯する頻度も少ないものですから、最初のうちは失敗も付き物でしょう。

しかし!家にあるもので縮んでしまったマフラーやストールをもとの大きさに戻せる方法がありますので、ぜひ覚えておきましょう!

縮んだマフラーやストールをもとの大きさにもどすのに必要なものは、髪に使うトリートメントです。

しかしどのトリートメントでも良いというわけではなく、「アモジメチコン」という成分の入ったものを使用します。

このトリートメントを、手洗い洗濯のときの要領で水に溶かし、30分ほど縮んだマフラーやストールを浸します。

そして脱水をし、干して乾かしましょう!

これで元のサイズまでマフラーやストールを戻すことができます。ですが、サイズ感はもどっても、手触りや質感までは元に戻せない可能性が高いですので、そこはあらかじめ承知の上で行なって下さいね。

マフラーやストールの洗濯、洗い方のまとめ

いかがでしたでしょうか?

なかなか洗濯の頻度の少ないマフラーやストールですが、毎日使うものはやっぱり自分でお手入れできるのが一番。

アクリル、カシミヤ、ウールのそれぞれの洗濯の仕方をマスターして、あなたも是非、お家でマフラーやストールを綺麗に洗濯してみて下さいね♪

omlhrastnikさんの投稿
19765197 313559655735344 4822263922738331648 n

暮らしに役立つこと、もっと情報を知りたいアナタに!

ミニマリストの断捨離術!持たない暮らしの方法まとめ!【スッキリ】
部屋の片付けのやる気を出す方法11選!
栓抜きの代用品9つ!栓抜きない場合に代わりになる!【簡単】
炊飯器置き場所はどこがベスト?注意すべきこととは?

関連するまとめ

beniko
beniko
はじめまして。

人気の記事

人気のあるまとめランキング

新着一覧

最近公開されたまとめ