自己憐憫な人の心理と克服方法9選!

自分のことを悲劇のお姫様だと思っている人・・・アナタの周りにもいませんか?今回は、そんな「自己憐憫」タイプの特徴や心理を詳しく解説します。もしかしたら、あなたも知らず知らず「自己憐憫」系になっているかも!?克服方法や他人との付き合い方までご紹介します。

自己憐憫な人の心理と克服方法9選!のイメージ

目次

  1. 「自己憐憫」の意味とは?
  2. 「自己憐憫」な人の心理とは?
  3. 「自己憐憫」な人の心理(1)自分に関心を持たれたい
  4. 「自己憐憫」な人の心理(2)自分の評価を気にする
  5. 自己憐憫になって良いことなんて、ゼロです!
  6. 「自己憐憫」克服方法・9選をご紹介
  7. 「自己憐憫」克服方法(1)ポジティブシンキングを身に着ける
  8. 「自己憐憫」克服方法(2)感謝の気持ちを忘れない
  9. 「自己憐憫」克服方法(3)問題解決をすすめる
  10. 「自己憐憫」克服方法(4)特別な待遇を期待しない
  11. 「自己憐憫」克服方法(5)他人に依存しない
  12. 「自己憐憫」克服方法(6)叱責を回避しない
  13. 「自己憐憫」克服方法(7)自己憐憫な人を上手く避ける
  14. 「自己憐憫」克服方法(7)深い関係を持たない
  15. 「自己憐憫」克服方法(8)不幸自慢は受け流す
  16. まとめ:自己憐憫な人は、自分を中心に考えている

「自己憐憫」の意味とは?

「自己憐憫」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?
「自己憐憫」とは、自分自身のことを「かわいそうだ」、「不遇だ」、「不幸だ」と嘆き、不満を漏らしている状態を意味します。
アナタも、落第や失恋、仕事の失敗などをして「どうして自分がこんな目に・・・」と落ち込むことがあるでしょう。自分自身に原因があるときは素直に反省できますが、どう考えても周りの環境が悪い、と感じることもありますよね。

「不満」は、人間誰しも身に覚えのあるものです。しかし、ここで言う「自己憐憫」の意味は、そういった状態が慢性的であり、いつも自分の身を嘆いている人を指します。

「自己憐憫」の意味は、常に「不幸ぶっている」こと

普通の人は、何か嫌なことがあったとき、一時的に「不幸」を感じます。しかし「自己憐憫」の人は、「自分は生まれつき不幸だ」「何をしても上手くいかない」と常に不満気で、多くはその悲しみを他人へアピールします。

こういった人の心理とは、一体どのようなものなのでしょう?
このページでは、「自己憐憫」の特徴や克服方法、そして付き合い方まで詳しく解説します。
自分のことに当てはめても良いですし、「自己憐憫」タイプの人対策として読んでも構いません。まずは「自己憐憫」を理解することから始めましょう。

「自己憐憫」な人の心理とは?

ではまず、自己憐憫の人の特徴や心理について学びましょう。自己憐憫タイプの人は、話すとすぐに分かります。何かと責任を他へ押し付けたがったり、不平不満ばかりを口にしたり・・・
もしかしたら、アナタ自身にも当てはまるものがあるかもしれません。順番にチェックして行きましょう。

「自己憐憫」な人の心理(1)自分に関心を持たれたい

自己憐憫な人の特徴としてまず挙げられるのは、「自分がいかに不幸か」を周りの人にアピールすることです。
アナタも、落ち込んでいる人に対しては、何かと優しくしたり励ましたりするでしょう。自己憐憫の人は、そういった他人の温かい言葉や態度が欲しくて欲しくてたまらないのです。

誰しも愚痴を言いたくなるときはあるでしょう。「嫌なことがあって傷ついたから、なぐさめて欲しい」と思ってはいけない、という意味ではありません。友達や同僚に軽く話してストレスを発散するくらいなら許容範囲です。
しかし、自己憐憫タイプの人は、優しくされたいがために、どんどん話の内容を大袈裟に盛るようになります。周りの人が、自分のことを気にかけなくなることが怖いのです。

「自己憐憫」な人の心理(2)自分の評価を気にする

実は、自己憐憫タイプの人は「自分が大好き」という特徴があります。自分のことを「不遇だ」と嘆いておきながら、「実は自分はもっとすごい人間なのだ」ということをアピールしたいのです。
自己憐憫な人は、「他人が自分をどう見ているか」、「どれくらい評価されているか」を異常に気にします。世間が、自分を正当な値打ちに見てくれているか、不安で仕方ないのです。

そのため、自己憐憫な人同士が会話をすると「不幸自慢合戦」になります。そのときの心理としては、「アナタよりも私のほうが不幸の順位が上だ」という、マイナス方面の格付けを重視している状態です。「不当な評価を受けているのは私だから、アナタよりも実際は位が上だ」という意味で、不幸を強調するのです。
どちらかが先に折れないかぎり、この争いは意味のないままいつまでも続くことでしょう。

自己憐憫になって良いことなんて、ゼロです!

ここまで「自己憐憫」な人の心理や特徴を解説しました。読んでいて気がめいるほど、嫌~な性格であることを分かって頂けたと思います。
しかし、人間誰しも不平不満はあります。知らず知らずのうちに「自己憐憫予備軍」になっている可能性は、0%ではありません。

「自己憐憫」克服方法・9選をご紹介

ここからは、自己憐憫に陥らないための「克服方法」を9選、ご紹介します。
自分が「かわいそう」だと落ち込んでも、現状はまったく改善されません。ブルーなムードに入る前に、幸せを感じるための一歩を踏み出しましょう。


◆関連記事:本当に自分を責めてしまう人はこちらをチェック

頑張れない自分が嫌!頑張れない時はどうする?頑張れない理由は?

「自己憐憫」克服方法(1)ポジティブシンキングを身に着ける

不幸なことがあっても、すべては良い方向へ考えることができます。不毛な不幸自慢をする自己憐憫タイプを克服するため、物事は常にポジティブに考えるようにしましょう。
マイナスなことをいじいじ考えていても、事態は好転しません。起きてしまった不幸を嘆くよりも、これから先の未来をどうするべきか、それを第一に考えるべきです。

現状を打破するための努力を始めることが、「自己憐憫克服」の第一歩です。

「自己憐憫」克服方法(2)感謝の気持ちを忘れない

自己憐憫の人は、常に自分を不幸に思っているため、他人の優しさや気遣いに気づくことがありません。目の前にある幸せや、他人の親切心に感謝することができない状態です。
そのため、自己憐憫の克服方法として「ありがとう」の気持ちをもつことが挙げられます。相手に感謝する気持ちを忘れれば、正真正銘の不幸な人間になってしまいます。

自分を「不幸だ」と感じる前に、お世話になっている人たちの顔を思い浮かべましょう。いつも挨拶してくれる同僚、遊んでくれる友人、気にかけてくれる両親、親戚・・・。身の回りの人の支えがあってこそ、アナタは普通の暮らしができるのです。そのことを忘れて、自分の不幸ばかりに目を向ければ、いつまでたっても自己憐憫は克服できません。

毎日のちょっとしたことにも、大きな感謝の気持ちを忘れないようにしましょう。今日1日起きたことを振り返れば、他人に助けられたことばかりが思い浮かぶはずです。その人たちそれぞれに「ありがとう」の言葉を送れば、自己憐憫はすぐに克服できます。

「自己憐憫」克服方法(3)問題解決をすすめる

自己憐憫な人は、失敗をしたあとに言い訳をして、不幸な現実から逃げてしまいがちです。その状況を克服するためには、辛いですが、起きてしまった問題と真正面から向き合わなくてはなりません。

自己憐憫な人は、何も行動を起こさず日和見することが最善だと考えるでしょう。しかしそれは大きな間違いです。問題解決のために行動を起こすことが、現状克服の一歩目です。たとえそれでまた失敗したとしても、前進であることに変わりはないのです。

「自己憐憫」克服方法(4)特別な待遇を期待しない

自己憐憫な人ほど、「わたしは特別な存在だ」と思いこむ特徴があります。それはつまり、「特別な待遇を受けたい」という願望の裏返しです。
自己憐憫な人は、理想としている特別待遇を受けられない現実に不満を持ち、そのギャップを「わたしは生まれつき不幸なんだ」と思うことでなぐさめている状態です。

自己憐憫を克服するために、特別待遇を受けたい欲求そのものを否定する必要はありません。現実をしっかり見据える、冷静な客観的姿勢を持つことが必要なのです。


◆関連記事:自分に厳しい人の特徴はこちら

自分に厳しい人の性格の特徴と性格!甘い人との違いとは!

「自己憐憫」克服方法(5)他人に依存しない

依存とは、誰かを頼みとしてもたれかかることです。お互いを思い合う愛情とは、まったく違う意味を持ちます。
自己憐憫の人は、他人を思いやって付き合うのではなく、自分中心の取り巻きを作りたいがために他人と付き合います。依存と愛情の意味を履き違えているのが特徴です。

他人に依存すると、「自分のことを分かってほしい」「もっと優しくしてほしい」という願望ばかりを押し付けるようになります。すべては自分中心で、他人がどう思っているかなんて二の次です。
自己憐憫な人は、自分の都合の良い時だけ不幸ぶって、他人のペースに合わせることをしません。自分の要求を叶えてくれる人としか付き合わないようになります。

自己憐憫を克服するためには、他人に依存せず、愛情をもって支え合う関係を築くことが大切です。

「自己憐憫」克服方法(6)叱責を回避しない

自己憐憫な人が自分を責めるのは、他人から叱られるのが怖いからです。自分で自分を「不幸だ」と嘆いているブルーな人に、追い討ちをかけるように叱る人はなかなかいません。
そのため、「同情を得たい」がために自己憐憫の特徴を身につける人が結構存在します。自己保身の心理によって自己憐憫になる、という意味ですね。

しかし自己憐憫が過ぎると、いったい何を反省しているのか把握せずに、不幸だけを嘆く状態が続くようになります。失敗の原因を追究することもなく、反省を次へ活かそうとする気も感じられません。
「叱られてしまった可愛そうなわたし」を周りにアピールすることに必死で、自分を変えようと努力をしない。これが自己憐憫の人の特徴です。

この特徴を克服するには、他人からの叱責を受け止める広い度量が必要です。それと同時に、より良い自分へ変わろうとする意欲も大切になってきます。

「自己憐憫」克服方法(7)自己憐憫な人を上手く避ける

周りにいる「自己憐憫」タイプの人との付き合い方を考えるのも、克服方法の一つです。
不幸自慢ばかりする人、いつもブルーな雰囲気を漂わせている人・・・そんな人を克服するには、少しコツが要ります。自己憐憫のムードに流されないよう、一定の距離を保った付き合い方を考えましょう。

「自己憐憫」克服方法(7)深い関係を持たない

自己憐憫な人との付き合い方で、まず第一に大切なのは「深く関わらないこと」です。どうしても付き合わなくてはならない状況を除いて、プライベートまでは立ち入らないようにしましょう。
自己憐憫な人と必要以上に親密になると、「この人なら私の不幸をわかってくれる」と思い、どんどん依存してくるようになります。

浅い付き合い方をすれば、自己憐憫ムードに流れることもないはずです。非情なようですが、自分の身を守ることを第一に考えましょう。

「自己憐憫」克服方法(8)不幸自慢は受け流す

自己憐憫な人が持ち込んでくる不幸話は、アナタの同情や関心を貰いたいための方便です。解決方法を探ることを必要とするような、深刻な話はほぼ無いと考えていいでしょう。
自己憐憫な人の大袈裟な不幸話は、軽く受け流して、「かわいそうだね」の一言を言えばOK。「アナタの不満は分かりましたよ」というスタンスを伝えて、相手を満足させるのが、自己憐憫な人の上手な付き合い方です。

まとめ:自己憐憫な人は、自分を中心に考えている

ここまで、自己憐憫な人の特徴や心理、そして克服方法や付き合い方をご紹介しました。
誰しも陥る可能性のある「自己憐憫」。アナタも知らぬ間に不幸モードに落ち込まないよう、メンタルを見直す習慣を身に着けましょう。自己憐憫な人の不平不満に引きずりこまれないよう、自分をしっかりもって毎日を暮らしたいですね。

もっと自分自身について知りたいアナタはこちら

自分が情けないと感じる時の対処法13選!【必見】
自分本位な人の特徴13選!
自分大好きな女の特徴9選!自分大好き人間に要注意!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ