証明写真でのメイクのコツは?就活で好印象を与える!

就活で必須となる証明写真は好印象を相手に植えつけたいものです。しかし、女性にとって外見の全てを判断されるメイクは難しいもの。メイクのやり方は失敗すると印象が悪くなってしまいますので、証明写真で好印象を与えるメイクのやり方を解説します。

証明写真でのメイクのコツは?就活で好印象を与える!のイメージ

目次

  1. 【はじめに】証明写真のメイクって難しい…!
  2. 黒歴史になるかもしれない証明写真のメイク
  3. 時と場合を見極める!証明写真はそれぞれに違う
  4. 証明写真で好印象を与えるメイク①【就活編】目元
  5. 証明写真で好印象を与えるメイク②【就活編】肌
  6. 証明写真で好印象を与えるメイク③【就活編】リップ
  7. 証明写真で好印象を与えるメイク①【バイト編】目元
  8. 証明写真で好印象を与えるメイク②【バイト編】肌
  9. 証明写真で好印象を与えるメイク③【バイト編】リップ
  10. 証明写真で好印象を与えるメイク①【大学編】目元
  11. 証明写真で好印象を与えるメイク②【大学編】肌
  12. 証明写真で好印象を与えるメイク③【大学編】リップ
  13. 証明写真はメイクだけ?前髪もチェック!
  14. 好印象を感じる証明写真のメイクのコツとは
  15. 【おわりに】証明写真でのメイクはその後の将来を握る

【はじめに】証明写真のメイクって難しい…!

誰しも一度は撮ったことがあろう証明写真。できるだけ綺麗に撮影しようと小さな工夫をしたことがあるという人もいるのではないでしょうか。実物以上に何もかも美し撮ってくれるプリクラよりも高い値段を払うわけですから撮り直しなんて事態にはなりたくないものです。

そのため、薄いメイクでもカラコンを付けて何とか顔を華やかにする人もいますよね。カラコンは女性だけではなく、男性も付ける時代になっていますからオシャレに敏感な人は特にカラコンなしでの証明写真に苦痛を感じるでしょう。

証明写真が活用される場は様々ですよね。バイトの面接に持参する履歴書に貼ったり、就活の際に書類とともに郵送したり…場合によっては大学に進学すると証明写真の提出を求められることだってあります。それだけ我が国日本では何かと証明写真の登場する機会が多いと言えます。

黒歴史になるかもしれない証明写真のメイク

高校を卒業するまでの間バイトするとなると例え映りの悪い証明写真になったとしても辞めればその証明写真付きのプレートなどはしなくて良くなります。バイトの中には首から下げるプレートなどに証明写真が使われることがありますが、長く続けるバイトではない限り黒歴史となる証明写真と一生付き合う必要はありません。

しかし、オシャレに着飾りたい年代の大学生になると学生証などに証明写真が載せられることがあるため、他人に見せるのは少し恥ずかしいですよね。男性は髪型やヒゲの処理に気を付けて証明写真を撮影すれば良いですが、女性は時と場合に合わせてメイク方法が変わってくるので黒歴史にならない証明写真を撮ることに苦戦しています。

女性によってもメイクの仕方は色々ありますが、証明写真を撮る際は誰しも「濃いめになりすぎないように」気を付けることでしょう。しかし、濃いめのメイクと薄めのメイクの境目も何だか曖昧です。公共の場に適したメイクなどは学校で勉強するわけでもありませんから、いくらメイクが女性のマナーだとしてもいきなり用途に合わせたメイクができるはずがありません。

時と場合を見極める!証明写真はそれぞれに違う

バイトや就活、大学などそれぞれに証明写真を使う用途は異なりますよね。会社によっては証明写真を貼りつけた履歴書を郵送し、その中から書類選考を行うところもあります。そのため、証明写真のみを見て美人だと思ってもらいたい人もいるでしょう。顔を目で見て判断されるわけですから、なるべく証明写真のみで好印象を与えられるようになりたいものです。

また、証明写真が活用される場はパスポートなども挙げられます。まだパスポートを作成したことがない人は安易に考えていることもあるかもしれませんが、バイトや大学に提出する証明写真をそのまま使おうと思っても受理されないことがあるので注意しましょう。パスポートで使用される証明写真は前髪が額に数本かかっているだけでも撮り直しが必要になる場合もあります。そのため、パスポートに使う証明写真は前髪をしっかりと留め、本来の目が分からなくなるカラコンも絶対に止めましょう。

証明写真で好印象を与えるメイク①【就活編】目元

人生の大半を占める仕事を探すべく、就活している人は証明写真にも気を抜けないでしょう。数多く面接を受ける人たちの中に特徴を残すことも必要です。しかし、就活は一つの戦いでもあるため、インパクトを与える=濃いめのメイクということは間違ってもしてはいけません。

就活時のメイクは落ち着いた大人の雰囲気を出すことが非常に大切です。そのため、濃いめになりやすい目元は全体的にカラートーンを抑えて施していきましょう。就活のときに行う目元のメイクは、アイシャドウはマットなブラウン色を使い、パールやラメなどが入ったものは使いません。また、ビューラーでしっかりとまつ毛を上げ、マスカラは根元にしっかりと塗り、長さはあまり出さないようにしましょう。

アイラインは液体タイプのものだと濃いめに見えてしまうのでペンシルタイプのものを選び、色はアイシャドウと同じブラウン系の色をまぶたの際ギリギリ辺りまで描いていきます。アイラインを引くときはまつ毛の際と際の隙間を埋めるようにして描いていきましょう。

ちなみにマスカラやアイラインは目の下には描かないようにしましょう。上まぶただけにナチュラルな色味を持たせます。目の下にまでマスカラやアイラインを引いてしまうとメイクが濃いめに見えてしまいます。また、就活時にはカラコンはNGです。面接するときに顔を良く見られるので黒いカラコンだとしても先方から見ると真面目な印象に見えなくなってしまいます。カラコンは遊んでいるときのみのプライベートときっちりと分けましょう。


◆関連記事:前髪はどうするべき?!

就活中の前髪は?女子必見の好印象を与える髪型まとめ!

証明写真で好印象を与えるメイク②【就活編】肌

就活時のメイクはもちろん目元に気を付けたいところですが、肌もしっかりと気を抜かないようにしていきましょう。初めて就活する年代は若いので肌にメイク用品を塗りたくらなくても綺麗に仕上がります。そんなことを意識しながら下地やファンデーションを塗っていきましょう。下地は必ず塗るものではないですが、肌のコンディションが悪いときは下地で綺麗なマット肌に仕上げても問題ありません。

しかし、ファンデーションの重ね塗りは良くありません。分厚く塗ったファンデーションは厚化粧に見られるのでNGです。プレストパウダーのファンデーションで自然な肌の仕上がりを目指しましょう。また、チークも顔色を良く見せる必須アイテムです。チークはあなたの肌色に合わせたもので顔色が良く見えるものを目の下指2本分程度の位置にオンしていきます。

チークの位置は高すぎると幼く見えてしまい、反対に低すぎると老けている印象に見えます。頬の出っ張っている部分にチークを薄く塗り、都度鏡で濃いめになっていないか確認していきましょう。チークを塗る際き気合いが入りすぎておてもやんのようにならないように注意です。

チークの色が分からない場合は、サーモンピンクやオレンジ系の肌馴染みの良いカラーを選んでみましょう。マットで綺麗な肌に馴染むチークは好印象を与える際に重要な武器になります。

また、肌の出っ張っている箇所であるおでこや頬、鼻、唇の上、顎などにハイライトを少しだけ入れても美しい肌の仕上がりになります。証明写真は現物を加工しないので肌が綺麗に見えることを意識しましょう。顔色が良くなれば証明写真も自然と綺麗に清潔感が出ます。

証明写真で好印象を与えるメイク③【就活編】リップ

目元と肌などにメイクをしたら、最後はリップです。就活する人はそこまで力を入れないという人も多いと感じますが、リップメイクも好印象を与えることができる重要な箇所なのでリップクリームを塗っておしまい…ということはないようにしましょう。

就活している人に適しているリップメイクは唇に合わせた色をリップ全体に塗っていくことです。販売されているメイク用品の中には発色の良いものがありますが、そういった濃いメイクになってしまいそうな色はなるべく避けます。また、グロスもテカテカしてしまい、就活には向いていないのでリップのみでメイクを仕上げても良いでしょう。ガサガサの唇で証明写真を撮っても好印象にはならないので清潔感を第一に意識したピンク系やベージュ系のカラーが適しています。

唇の最もぷっくりとしている箇所に口紅を乗せていき、唇の境目までしっかりと筆を使って細かく塗布していきます。あとは唇の上に残った口紅を周りに馴染ませていけば就活生らしい華やかでありつつも清楚なメイクが仕上がります。

証明写真で好印象を与えるメイク①【バイト編】目元

さて、では証明写真をバイトで使う場合のメイクについて触れていきましょう。バイトの面接時に持っていく履歴書に貼る証明写真は案外難しいところです。バイトの職種によっても異なり、居酒屋などのバイトであれば身だしなみはあまり気しないというところもあります。どんな雰囲気のバイト先かによっても違いますが、バイトとは言えやはり証明写真を撮る際のメイクはしっかりしたいものです。

しかし、バイトでもカラコンはなるべくなら避けた方が良いでしょう。もし付けて撮影する場合はサイズの小さい黒いカラコンで裸眼に違和感を感じないカラコンにした方が良いです。

バイトに使う証明写真はそのときに合った目元に仕上げていく必要があります。間違っても付けまつ毛は付けないようにし、派手なカラコンやガッツリと描いたアイラインも厳禁です。バイト先の面接してくれる人はここで長く働いてくれそうか、周囲の人間と溶け込めそうかなどを判断しているため、知的なメイクで目元を飾っていきましょう。就活している人のメイクよりは気を遣う必要はない場合もありますが、目元のメイクは基本的にアイシャドウやマスカラのみが理想です。

バイトに使う証明写真にアイラインを使ってしまうとケバく見えたり、生意気そうに感じることがあるので避けましょう。もしアイラインをどうしても使いたい場合は就活生と同様に薄いタイプのペンシルを使いましょう。バイトの証明写真は上のまつ毛に薄くマスカラを付け、アイシャドウもなるべく目立たないものを。あなたの顔がしっかりと確認できるような目元に仕上げていくことが大切です。


◆関連記事:就活ヘアにも使える!

お団子用ネットの使い方は?シニヨンネットは就活でも使える!

証明写真で好印象を与えるメイク②【バイト編】肌

バイトで使う証明写真の肌もしっかりと整えておきたいものです。しかし、肌環境によっては肌トラブルが出ている人もいるでしょう。その場合は面接を受ける前から肌のお手入れをきちんとしておき、薄付きのメイクでも肌に馴染むようにしておきます。

バイト先の人に好印象を与えるためにはパール入りのファンデーションを使っても良いでしょう。

しかし、もともと肌が綺麗な人はファンデーションのみや下地だけでも構いません。肌全体を見たときに濃いめになりすぎていないかだけ注意すればOKです。しかし、顔色を良く見せるチークはファンデーションの色に合わせて使っていきましょう。自黒の肌の人が明るいピンク系のチークを使っては肌の色やバランスがおかしくなるので元の肌色はどの色なのかしっかりと確認してから使うファンデーションを選んでいきましょう。現在流行しているメイクの中には目の下ギリギリまでチークを入れる方法があります。そのやり方では本来のチークの意味を成していないので普段高めにチークを入れている人は頬の出っ張りに重なるように少し下めにチークを塗布しましょう。

証明写真で好印象を与えるメイク③【バイト編】リップ

次はバイト編のリップです。バイトで使う証明写真のリップは清潔感があり、知性を感じられるリップメイクに仕上げていきましょう。バイトでのリップはリップクリームのみを用いても問題ありませんが、リップクリームに少し色が付いている保湿タイプのものを選ぶと唇が綺麗に見えるでしょう。

口紅でしっかりと色を付けたい人もいるかもしれませんが、濃いめに仕上げるとナチュラルに仕上げた目元や肌が負けてしまいます。違和感を感じる顔付きになってしまうため、リップメイクも元の唇に少し色味を付けた程度のものが理想です。コツは口紅を付ける際、縦ジワが気にならないように隙間を埋めるイメージで塗っていきましょう。縦ジワを口紅で埋めることによって若々しい好印象を与えることができます。

証明写真で好印象を与えるメイク①【大学編】目元

次は大学時に使う証明写真のメイクです。大学に合格すると証明写真の提出を求められることがあり、卒業するまで使われることになります。そのため、長い期間使う証明写真はメイクの流行り廃りが感じられない顔に仕上げていく必要があるでしょう。カラコンも使いたいところですが、証明写真はいつどこで誰に見られるか分かりませんから、現代に合ったメイクよりも定番のメイクに仕上げた方が賢明です。

そんな大学の証明写真にできる目元のメイクは薄すぎず、濃いめであることも避けましょう。ブルーやピンク、ブラックなどのアイシャドウの色や、色付きのマスカラなどは御法度です。目元に使うメイク用品は全て定番のカラーで揃え、顔全体を見たときに浮いている箇所がないようにしていきましょう。

アイシャドウであればブラウン系。パールやラメは少し含まれていても構いません。また、グラデーションをかけたまぶたで少し華やかにしてもOKです。マスカラは黒かブラウンなどの落ち着いた色のものをまつ毛にしっかりと塗るのがコツで、内側と外側のまつ毛にも全体的にしっかりと塗布していきます。アイラインもリキッドタイプのものではなく、ペンシルタイプのアイラインで上まぶたの際全体に描いていくのが清潔感を出すコツです。また、さらにナチュラルに目元にインパクトを持たせたい場合のコツは、上まぶたの裏の粘膜にもアイラインを引くとキュッと引き締まった目元に仕上げることができます。目元に入れるハイライトは流行り廃りがあるのでキラキラと目元が輝くようなものは避けた方が良いでしょう。

証明写真で好印象を与えるメイク②【大学編】肌

大学生になる際、必要なのは肌のメイクも肝心です。知的な表情に見せるためには肌の美しさも意識していきましょう。大学時に使う証明写真は透明感を感じられる肌に仕上げていきます。大学生にもなると肌質はそれぞれ別れ、脂性肌や乾燥肌、混合肌などに分けられます。生活環境によって肌質が敏感肌になることもあるので、下地やファンデーションを塗る前は肌に合ったスキンケアを行うことがより綺麗な肌に見せるコツです。また、メイクする前にも化粧水や乳液などの基礎化粧は忘れずに行いたいものです。

スキンケアをしっかりと終えた肌には用途に合わせて下地を塗っていきましょう。毛穴の開きが目立っている人は毛穴をカバーできる下地を選ぶと良いですね。顔全体の毛穴の開きなどをカバーし、ファンデーションで綺麗に仕上げれば好印象の顔付きに見せることができます。
また、大学生に合ったチークですが、こちらもバイトや就活生と同様にピンクやオレンジ系のものを選んで塗っていくと良いでしょう。顔色が良くなることを第一に考え、コツは濃いめになりすぎないように注意します。

証明写真で好印象を与えるメイク③【大学編】リップ

次は大学時の証明写真に適したリップメイクです。こちらも流行り廃りのないメイクに仕上げたいので、赤や黒などの常識的ではない色は避けましょう。ピンクやオレンジ、ベージュなどのチークの色に合わせた色を選び、リップブラシを使って丁寧に塗っていきます。

リップの色とチークの色、そしてアイシャドウの色を同じか近い色に合わせることでナチュラルでシンプルな清楚感を感じる顔に仕上がります。反対の色を組み合わせたメイクもありますが、難易度も高く、メイクが濃いめになってしまうのでなるべく顔全体が同じ色彩になるようにした方がナチュラルに見えるコツです。

また、テカテカしすぎないグロスを付けても良いでしょう。清潔感のある目元や肌であればグロスを付けてもシンプルに仕上げることができます。

証明写真はメイクだけ?前髪もチェック!

証明写真に大切なのはメイクだけではありません。撮影したときに映るのは首から上全てですので当然髪型も映ることになります。サイドやバックはまとめ髪にしてさっぱり感を出せば良いですが、悩んでしまうのは前髪でしょう。眉毛の少し上辺りが良いのかそれとも長さのある前髪を横に流すのかは現在の前髪の状況によっても異なります。

しかし、前髪が長い人は証明写真のためにいちいち前髪カットを行わなければいけないのかと思いますよね。ですが、前髪が長い人も短い人もカットしたり長くする努力をする必要はありません。証明写真を撮るときに最も重要なコツは、先ほどから触れている通り「清潔感」ですから、前髪もメイクに合わせて清潔感を感じられる形や長さにまとめれば良いのです。

そんな前髪を上手にまとめるコツは、長い前髪の人は横に長し、サイドの髪に隠れるようにピンで留める。そして前髪が短い人はアホ毛などが目立たないようにしっかりとセットしてから撮るなどのそんな小さな工夫で構いません。また、前髪がサイドの髪と同様に長すぎる人は後ろで一つにまとめておでこを出したポニーテールなどにしてもOKです。おでこを前面に出すのも眉までしっかりと顔が見えるので好印象を感じやすいです。

しかし、最も厄介なのは前髪が眉毛よりも遥かに上の位置でカットしてしまっている人です。奇抜なファッションをしている人は特にやりがちな前髪ですが、そんな短すぎる前髪にはピンなどで上に持っていき、周りの髪も前髪に馴染むようにまとめてしまいましょう。コツを掴めば短すぎる前髪でもポニーテールのようにすることができます。

好印象を感じる証明写真のメイクのコツとは

好印象に映る証明写真のメイクのコツはバイトも就活も大学も関係なく眉毛です。それぞれに微妙なメイクの違いがあれど、どれも眉毛に施すメイクだけはきちんと行うことが大切です。眉毛は知性を感じる部分であり、顔の印象がどのパーツよりもはっきりと分かれる部分でもあります。何もメイクしていない眉毛ではだらしなく見えたり、薄く細い眉毛も目つきが悪く見えてしまったりということがあります。

どんなにメイクをナチュラルに仕上げても眉毛がしっかりと描かれていなければ台無しになってしまうため、コツはやや太く目で見たときにしっかりと確認できるような眉毛を描いていきましょう。眉毛が今現在細い人は目の位置を確認しながら太く描き、長すぎる眉毛にならないようにすることも大切です。

また、吊り上がった眉毛や困り顔に見える垂れ下がった眉毛の角度も印象を悪くしてしまいます。好印象を与える眉毛の角度は平行からやや上めの角度です。これらのことに意識して眉毛を描いていけば全体のメイクは証明写真に適した顔付きになることでしょう。

【おわりに】証明写真でのメイクはその後の将来を握る

証明写真を撮影する際のメイクについてお伝えしました。女性のマナーであるメイクは社会に出る前から始まっています。しかし、詳しいことを習うわけではないため、全て自分で覚え、身に付けなくてはなりません。「人と違ったらどうしよう」と感じる面もあるかもしれませんが、一人一人顔付きが違うということはメイクのやり方も若干違ってきますので、用途に合わせたメイクのやり方を覚えて好印象を狙っていきましょう!

もっと就活について知りたい方はこちら

他己紹介のコツ!面白い質問例もご紹介!就活や新人研修で役立つ
高学歴ニートの特徴7つ!原因は?再就職は可能なの?
対人恐怖症に向いている仕事5選!おすすめの就職先はこれ!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ