ヴィジュアル系メイク・Vメイクのやり方は?女形・男形別解説!

現在ではちらほら表にヴィジュアル系バンドが進出してきました。そのため、メイクを真似しようとVメイクを研究しているおっかけの人もいるでしょう。普通のメイクとはちょっと違うVメイク。そんなカッコイイヴィジュアル系メイクを女形、男形別でご紹介します!

ヴィジュアル系メイク・Vメイクのやり方は?女形・男形別解説!のイメージ

目次

  1. ヴィジュアル系メイク・Vメイクは普通のメイクと違う
  2. ヴィジュアル系メイクやVメイクは独特でカッコイイ
  3. ヴィジュアル系メイクやVメイクには女形と男形がある
  4. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方①色白命の肌
  5. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方②眉毛は細く鋭く
  6. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方③目は吊り目に
  7. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方④ダブルライン
  8. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方⑤鼻とリップ
  9. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方①たれ目を意識
  10. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方②目の近くに眉毛
  11. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方③ダブルライン
  12. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方④鼻とリップ
  13. ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方⑤チークは少し
  14. ヴィジュアル系メイク・Vメイクに使う道具は?100均でもいい?
  15. 目指すバンドのヴィジュアル系メイクやVメイクを研究する
  16. ヴィジュアル系メイクやVメイクはカラコンは必須?
  17. ナチュラルなヴィジュアル系・Vメイクにしたい!
  18. 一重でもヴィジュアル系・Vメイクはできる?
  19. ヴィジュアル系・Vメイクをしたら髪型と服装に注意
  20. ヴィジュアル系メイク・Vメイクで個性を爆発させよう!

ヴィジュアル系メイク・Vメイクは普通のメイクと違う

あなたはヴィジュアル系と見聞きしてどんなイメージを持ちますか?そのイメージの多くは「怖い」、「ホラー的メイク」、「人とは違う特別な存在」といった考えでしょう。ダークな闇を抱えているように見えるホラー的外見は、ヴィジュアル系やVメイクを知らない人には恐怖の対象になるかもしれません。

顔に施したVメイクもさることながら、身に付けている服装までも独特な香りを放つヴィジュアル系は「ヴィジュアル系バント」という確立した地位を築き、熱狂ファンにはたまらない存在でもあります。どこでライブをやろうとも必ず足を運び、バンドを応援し続けている執念深い人もいます。そんな意味もあって怖い対象だと思われているヴィジュアル系ですが、一目見ただけで他とは全く異なる色のメイク方法だということが伺えるでしょう。

他のメイクにはギャル系や可愛い系、お姉系、ハーフメイクなど様々なタイプのメイクがあります。しかし、ヴィジュアル系メイクの特徴は男性でもまるで女性のような整ったメイクをしていることが多いです。一般的なメイクがお人形ならVメイクはダークなお人形というところでしょうか。

■参考記事:バンギャメイクのやり方はコチラも参照♪

バンギャメイクのやり方!髪型やカラコンは何がいいの?

ヴィジュアル系メイクやVメイクは独特でカッコイイ

ヴィジュアル系の象徴であるVメイクは一言で言うなれば独特です。他のどの枠組みにも当てはまらないタイプでもあるため、余計その存在が際立って見えます。男でありながらも女性のような顔付きで音楽を行っているアーティストもいるので好きな人にはいつまで経っても変わらず好きという人もいるほどです。

世界観が独特なヴィジュアル系のVメイクはパッと見ごちゃごちゃしていてどういう感じでメイクしているのか分かりずらいこともあります。初心者であれば尚更分かりませんが、単純に目の周りを真っ黒にしている訳ではなく、アーティストやVメイクを行っている人たちはその中にも個性を見つけ、その個性を爆発させるが如く全面に溢れだしています。

ヴィジュアル系メイクやVメイクには女形と男形がある

ヴィジュアル系のVメイクはアーティストの集団などを見たことがある人はご存じの通り、男形と女形とに分けられます。初心者の人はまず男形を選ぶ人も多いでしょう。男形のVメイクをしている人は性別の通りそのまま男らしさを保ったまま最大に男のヴィジュアル系の色を出しています。

しかし、一方で女形のヴィジュアル系であるVメイクは性別が男であるにも関わらず、まるで顔のパーツ全てが整った女性のように見えるのが特徴です。ヴィジュアル系を前面に出したまま行うVメイクは女形を作るには少しコツがいります。

実際にヴィジュアル系バンドの女形を見たときに女性だと勘違いする人もいるほどなので、性別さえも分からなくさせるヴィジュアル系のVメイクマジックには驚くことでしょう。しかし、そんなヴィジュアル系のVメイクはプロでなければできないと考えていませんか?実は初心者でも十分にヴィジュアル系の仲間入りができる基本のメイク法があるので下記からご紹介していきます!

■参考記事:中性的な人ってモテる?

女顔の男の特徴11選!中性的でイケメン?
中性的な女子の特徴13選!【メイク・ファッション・髪型】

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方①色白命の肌

ヴィジュアル系の風貌にするためには色白を前面にしたVメイクを施していく必要があります。Vメイクをしている人たちの肌は皆白く、透き通った人工的な肌質をしていますよね。そのため、コンシーラーなどでクマやシミなどを隠し、フェイスパウダーをしっかりと肌全体に馴染ませていきましょう。

また、色白の肌質にした後はお好みによって目の下にラメなどをつけても構いません。ヴィジュアル系バンドの人は良く目の下にキラキラのラメなどをつけていますよね。マットでまるでお人形さんのような血の気のない仕上がりにしていくのも初心者ができるVメイクのコツです。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方②眉毛は細く鋭く

男形のVメイクは眉毛も特徴的ですよね。真っ直ぐと鋭い角度で伸びる眉毛は男らしさを感じられる部分です。そんな男形の眉毛はなるべく目に近い距離で濃いめの色のアイブロウを使って描いていきます。また、男形のVメイクは眉毛が映えるように肌質を上記した通り血の気のない質感にしていくことが重要です。初心者の人がまず躓くのは眉毛ですから、初心者でもできる眉毛の描き方を覚えていきましょう。

初心者の人にも分かりやすく言うと、男形のVメイクは目に近い位置で目の丸みよりやや上の角度に意識しながら短く描いていきます。また、眉毛が濃い人で目に近い位置で眉毛を描けない場合は肌メイクを行っている過程でコンシーラーをしっかりとつけ、眉毛の存在を消してから描くと仕上がりが綺麗になります。長すぎる眉毛だと顔付きによっては似合わない可能性も出てくるのであなたの顔の作りに合ったVメイクの眉毛を完成させていきましょう。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方③目は吊り目に

ヴィジュアル系メイクは艶のある魅力的な目に惹きつけられます。あのVメイク独特の目は男形であれば吊り目であるからこそ成せるワザでもあるので、目のVメイクはしっかりと熟知していきたいところでしょう。

そんなVメイクに必要な道具は黒やブラウンなどのアイシャドウ、リキッドタイプとペンシルタイプのアイラインなどになります。基本的に使う道具はこの二点なので初心者でもお手持ちのメイク道具で問題なく行えるのではないでしょうか。

Vメイクに必要な道具を準備した後は、まずまぶたのアイホール全体にやや黒めのアイシャドウを全体に乗せていきます。上側が少し薄くなる程度にし、ブラウンのアイシャドウと混ぜてグラデーションにしていくのもカッコ良く見えるでしょう。まぶた全体にアイシャドウを乗せたら、リキッドアイラインを使って上まぶたの際全てを塗りつぶすように隙間を埋めていきます。目のバランスを見ながら目頭の切開ラインを描いてみたり、切開ラインから上まぶたの際を繋げてみる方法も綺麗に見えるやり方です。

後は様子を見ながら下まぶたにも黒のアイシャドウを薄く乗せてみたり、ペンシルタイプのアイラインで瞳の真ん中下の粘膜にくっきりとした線をプラスしてみても良いでしょう。マスカラは男形の場合つけてもつけなくてもどちらでも良いですが、マスカラやつけまつ毛をつける場合は長さのある細いタイプを選びましょう。よりスマートに男らしい顔付きになれます。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方④ダブルライン

Vメイクの特権とも言えるダブルラインとは、まぶたの二重の線の上に描くラインのことを指します。ダブルラインは正面から見た際に、目のくっきり感を際立たせてくれる重要な工程でもあります。一重の人には特に重要なので、Vメイクをより綺麗に、そしてカッコイイ男形になりたい場合はダブルラインのやり方も覚えていきましょう。

男形のダブルラインのやり方は、まぶた全体に乗せたアイシャドウを邪魔しないように、目尻の部分のアイシャドウと繋がるようにグラデーションをかけつつ濃いめの色のアイシャドウを使っていきます。初心者の人はアイシャドウの筆や細くて細かいチップを使うとやりやすいでしょう。また、ダブルラインを描く場合はまぶた全体に乗せるアイシャドウはダブルラインに使うアイシャドウよりも薄いものにしてください。

ダブルラインよりも濃いアイシャドウをアイホール全体に使ってしまうと、せっかく引いたダブルラインが見えにくくなってしまいます。また、描いたダブルラインが少し濃すぎるかなと感じたら綿棒や綺麗な状態のチップや筆を使って上手にぼかしていきましょう。一重の人は元々の線がないため、より慎重に一重に見えなくする技術が必要です。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【男形】やり方⑤鼻とリップ

Vメイクの中で忘れてはならないパーツである鼻とリップ。ヴィジュアル系のメイクは皆鼻が真っ直ぐと通っていますよね。そんなやじるしのような鼻にするためにはノーズメイクも取り入れていきましょう。ノーズメイクはノーズ用のメイク道具があるので安価な道具を使っても構いません。

ノーズメイクは小鼻の凹凸がある部分から真っ直ぐ上に伸び、そのまま眉頭に繋げるか、上まぶたのアイシャドウの始まりの部分まで伸びるかのどちらかです。眉毛の部分までも目頭の部分までもやり方は同じなのでコツを覚えればそこまで難しい技術ではないでしょう。初めに乗せるパウダーは濃くなりすぎないように注意し、バランスを見ながらぼやけた線になるように仕上げていきます。

また、Vメイクのリップですが、リップメイクにも個々によって大きな違いがあります。黒や紫などのダーク感が感じられる色味で仕上げる人もいますし、赤色を薄く塗ってグロスで輝きを出す人など様々なのでリップはお好みのVメイクをしても構いません。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方①たれ目を意識

男形の次は女形に行ってみましょう。性別が男性の場合は女形のVメイクをするのは少々難易度が高いと感じている人もいますが、女形のVメイクに必要なのは文字通り「女らしさ」なので、鏡を見ながら女形らしい色気を目元から出していけば良いだけです。必要な道具はアイライン、アイシャドウが基本となり、場合によってはマスカラやつけまつ毛などがあるとさらに繊細なVメイクに仕上げられるでしょう。特に一重の人や初心者の人はこだわりたいところでもあります。

男形のVメイクと異なる点は、目の角度です。男形は吊り目であることが多いですが、女形は優しい雰囲気を出したいのでたれ目が基本です。アイシャドウは男形よりも薄めのタイプの色をまぶた全体に乗せていき、ペンシルタイプのアイラインで線を引いていきます。女形らしくバサバサとした目元にしても綺麗に見えるので、下まぶたの目尻側に下まつ毛を描いてより際立たせてみても良いでしょう。たれ目を強くしたいので、上まぶたに引くアイラインは目尻の角度に合わせるか、やや下めに描いていきます。

また、ハイライトを眉毛の出っ張っているところや、目頭の部分に乗せてもキュートで大きい目に見えます。基本的な女形Vメイクが終わったら下まつ毛にマスカラを乗せたり、上下つけまつ毛にするなど女形らしさを強調していきます。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方②目の近くに眉毛

女形の眉メイクですが、男形と同様に目に近い位置に施していきましょう。目に近い距離に眉毛を描くことで、よりお人形のような整った顔付きに仕上がります。ただ、男形メイクと異なる点は、鋭い角度で描いていかないことです。角度のある鋭い眉毛は男らしさを強調してしまうので初心者の人は女形らしい丸みのある形で描いていくことを意識しましょう。

そんなに気にすることではないですが、男形の眉毛よりも少し眉毛全体の角度を緩くしていくだけですので、目との距離を見ながら描いていきましょう。目の形に合わせる場合は元々の目の形が丸い人はカーブを緩くします。また、元々の目にあまりカーブがない人は目の形に合わせようとせず、優しいアーチ型の眉毛を描けるようにすれば問題ありません。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方③ダブルライン

男形にもあるように女形のVメイクにもダブルラインを描いていきましょう。男形のダブルラインは比較的濃いめでしっかりとした線で描いていく必要がありますが、女形のダブルラインはぼかしを重視して入れていきます。男形にも必要はダブルラインはもちろん女形にも必要です。一重に見せないそのワザは上達していけば非常にナチュラルに仕上げることもできます。しかし、Vメイクは一重をカバーすることもできるのです。

また、女形は目を大きく見せたいので、ダブルラインを描く位置は高めにすると大きな目に見えます。ぱっちりとした目に仕上げると女形らしい優しい目つきのまま、キュート感を出すことができるのでダブルラインは必須です。女形のダブルラインは一重の人も正面から目を見たときにも分かるように存在感を出していきましょう。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方④鼻とリップ

女形の鼻とリップのVメイクは男形とさほど変わりはありません。ノーズメイクもしっかりと鼻筋が通っているように見せれば女形の綺麗な顔付きに見えます。男形と同様の手順ややり方で問題ありませんが、リップメイクは男形のようにダーク系の色は使わないようにしましょう。

ゴスロリ感やロック感を併用して演出する場合は明暗を落とした色でも良いですが、ヴィジュアル系の女形は優しい雰囲気を演出し、それに加えてセクシーさやキュートさを出したいので赤い色などの発色の良いものを使っていきましょう。選ぶ口紅は赤系をチョイスし、細部まできちんと色が入るようにリップブラシを使って縦、横にスライドさせながら唇に色を入れていきます。

また、最後の仕上げにグロスを唇のぷっくりした部分だけに塗るとより唇の艶が増します。より繊細なメイクに仕上げたい場合はコンシーラーを使って唇の余計な部分を塗りつぶしてみても良いでしょう。

ヴィジュアル系メイク・Vメイク【女形】やり方⑤チークは少し

男形にはローライトは入れてもチークはいらないですが、女形の場合は女性らしさを出すためにチークを少し入れていきましょう。チークを入れる位置は目の下に近づくほど幼く見え、頬の出っ張り部分に乗せれば大人っぽい女性らしさを演出できます。チークを入れる位置によってどんなヴィジュアル系になりたいのか想像して位置の確認を取っていきましょう。

チークの色はパッションピンクなどの薄くても濃くても優しい顔色になる色を選んでいきます。チークを入れる位置の基本は目の下から指二本分ですが、個性を出せるヴィジュアル系メイクではその通りではないので個々によってお好みで入れていきましょう。しかし、女形だからと言っても濃すぎるチークはおてもやんのように見えてしまうのでナチュラルなVメイクの場合は薄い方が合っています。

ヴィジュアル系メイク・Vメイクに使う道具は?100均でもいい?

特別感がするヴィジュアル系メイク。使う道具もしっかりしたものでなければいけないと思っていませんか?実はそんなことは全くなく、安価なメイク道具でもヴィジュアル系メイクを施すことが可能です。どんなに高いメイク道具であっても使い方次第によって全てが左右されるため、例え100円均一のものであっても上手なやり方を行えば満足のいく仕上がりになります。男性は特に女性しかいないメイク道具コーナーに入りづらいということもあるでしょう。

そんなときは100円均一のメイク道具でも構いませんので、必要な道具を一通り購入していきましょう。濃いめに仕上げるか、ナチュラルに仕上げるかによっても必要な道具は異なりますが、コンシーラー、下地、フェイスパウダー、アイシャドウ、アイライン、ノーズシャドウ、口紅、グロス、アイブロウ、チークなどの一通りの道具があれば十分賄えます。

目指すバンドのヴィジュアル系メイクやVメイクを研究する

ヴィジュアル系メイクには本当に様々なスタイルのものがあります。怖い印象を与えるVメイクもあれば、キュートで可愛らしいマスコットのようなVメイクなども存在するので、どのようなVメイクをするのか分からない場合は目標とするヴィジュアル系バンドを作ってみるのも良いでしょう。目標があればVメイクの最終地点まで到達しやすくなりますし、あらゆるVメイクを変に混ぜてゴチャゴチャになる心配もありません。

もちろん元々ヴィジュアル系バンドが好きで、日頃からアーティストの曲を聴いてるという人もいるでしょう。そういった人は実際に自分がVメイクをするときに仕上がりの全体像が掴みやすいですし、やり方も一直線のため、やりやすくなります。Vメイクを研究することはこれからVメイクをしようとしている人にも必要ですし、ヴィジュアル系を元々知っている人が実際に行う際にも必要になってくるものです。

ヴィジュアル系メイクやVメイクはカラコンは必須?

ヴィジュアル系メイクをする際、気になるところはカラコンもそうでしょう。ヴィジュアル系バンドの人たちは皆派手な色のカラコンをつけています。綺麗な発色のカラコンは、目元を黒い色で仕上げている全体を映えるように見せてくれるアイテムでもあります。

しかし、カラコンは長時間つけたり、洗浄方法を誤ると目に重大なトラブルが発生することもあるので、カラコン初心者の人にはツライものもあるでしょう。もちろんカラコンはつけてからメイクすると想像以上の綺麗な仕上がりに見えますが、無理にカラコンを常用する必要はありません。

視力が悪く、元からコンタクトをつけている人であればカラコンも上手に装着できますが、カラコンをまだ一度もつけたことがないという人はやはり初めてのカラコンに非常に手間取ります。カラコンをつけることに夢中になりすぎてVメイクを行えないのであれば本末転倒ですから、カラコンが無理と感じたらそれは必須事項ではないと捉えましょう。

ナチュラルなヴィジュアル系・Vメイクにしたい!

濃い、派手が売りのヴィジュアル系メイクやVメイク。その全てが濃いかと言うと実はそうでもありません。現代のメイクは徐々にナチュラル思考のメイクに仕上げることがミソとなっていますので、Vメイクもそんな時代の流れに乗ってナチュラルに仕上げても構いません。ナチュラルなVメイクも魅力的ですし、本格的なVメイクよりも人からの視線がないのでVメイク初心者の人はまずナチュラルなVメイクに仕上げられるようにしてみても良いかもしれません。

「ナチュラルなVメイク」は難しそうと感じるかもしれませんが、本格的で濃いVメイクは全体を濃くしているだけなので、ナチュラルにするためには単純に使う色彩を薄くすれば良いだけです。例えばアイシャドウの色をグレーやブラウン、女形であれば薄いピンクなどにし、アイラインは引かずにアイシャドウで代用してみたり、リップメイクも輝きを持たせるだけでケバくしないなどのやり方にすればナチュラルなVメイクに仕上げることが可能です。

ナチュラルなVメイクは受け入れられやすい傾向にあるため、まだ本格的なメイクにしたくないという初心者などの人はナチュラルな仕上がりになるようにメイクの練習をしていきましょう。ナチュラルなVメイクであれば、それに合わせてナチュラルなカラコンにしてみたり、若しくはカラコンをしなくても良いのでナチュラルなVメイクは意外にも需要があるやり方と言えるでしょう。

一重でもヴィジュアル系・Vメイクはできる?

中性的な顔立ちの彼等に近づくためには元々の顔のパーツの重要性も感じてしまうところです。ほとんどのヴィジュアル系メイクをしている人たちには二重の線があります。しかし、一重であってもVメイクをすることが可能です。一重だから重たい目になってしまうという人もいるかもしれませんが、一重で初心者でも目をよりはっきり見せることができるメイク法になるのがヴィジュアル系メイクです。

黒やブラウン、ときには紫や赤、ピンクなどを使うVメイクはまぶたの上に非常に濃くするメイクでもあるため、Vメイクを実際に行った後は一重であってもあまり気にならなくなるでしょう。濃いアイライン、アイシャドウ、そして中性的な顔立ちに最も近づけてくれるダブルラインがあれば最強のVメイクに仕上がります。しかし、一重で初心者の人は、二重の線がないことによって一重をどうにかしようとアイプチなども使うことがあるかもしれませんが、目の周りをシックでマットに仕上げるのもヴィジュアル系メイクの特徴ですのであまり後に響きそうな二重加工は止めましょう。

もし一重は嫌という人はアイテープなどのまぶたのお肉が巻き込まれにくいタイプのものを使いましょう。気になる一重部分のまぶたに被さるようにアイテープを貼り、その上からVメイクを施していけば一重でもカッコイイ顔付きに仕上がります。

ヴィジュアル系・Vメイクをしたら髪型と服装に注意

ヴィジュアル系を好んでいる人はプライベートなどでVメイクをする人もいるでしょう。見ているだけで雰囲気のある姿は注目の的です。しかし、Vメイク初心者がばっちりとVメイクを仕上げても服装や髪型に気を遣わなければヴィジュアル系なのか濃いギャル、またはホスト系なのか分からなくなってしまうこともあります。

ホスト系は特にヴィジュアル系と被りがちです。同じ中性的な顔立ちをしていることで良く誤解されてしまうこともあるので注意しましょう。ヴィジュアル系の髪型は見て分かる通り、外ハネを意識しているものが多いです。ウルフカットをストレートにハネさせていることも特徴です。しかし、女形の場合は髪をさらに長くして巻き髪にしていることもあるので男形と女形の髪型をじっくりと観察してからセットしていきましょう。

服装にも気を付け、シンプルになりすぎないようにすることもVメイクが際立つコツと言えます。ダーク系を意識した黒コーデなどもありますが、ポップでメルヘンチックな服装もあるのでお好みのコンセプトを掲げてファッションも楽しんでいきましょう。

ヴィジュアル系メイク・Vメイクで個性を爆発させよう!

ヴィジュアル系の最大の特徴であるVメイクのやり方をご紹介しましたが、いかがだったでしょうか。知らない人にとってはまさに異次元とまで言われる世界観は好きな人にはたまらない世界観です。怖いイメージを持たれそうですが、ナチュラルに仕上げることもできるVメイクは周囲の視線を釘づけにすることでしょう。初心者でも徐々に自分流のVメイクを編みだしてあなたの個性を爆発させてみてくださいね!

いろいろなメイクについてもっと情報を知りたいアナタに!

病みメイクのやり方!アイシャドウのコツは?【病みかわいい】
男装女子はイケメン?髪型・メイク・服装まとめ!
うさぎメイクのやり方!カラコン・チークとアイシャドウでうさぎ目に

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ