気配りができる人になるには?気配りできる女性の習慣は?

「○○さんはとても気配りができる女性です」そう聞くだけで素敵な女性を思い浮かべますよね。気配りができる女性は魅力的、もしかして社会人として一番身に着けたいスキルかもしれません。気配りと気遣いの違い、そしてどうすれば気配りができる女性になるのかをまとめました。

気配りができる人になるには?気配りできる女性の習慣は?のイメージ

目次

  1. 【気配り】気配りができる女性に憧れる
  2. 【気配り】気配りとは
  3. 【気配り】気遣いとは
  4. 【気配り】気配りと気遣いの違い
  5. 【気配り】気配り上手になる前に
  6. 【気配り】笑顔
  7. 【気配り】挨拶
  8. 【気配り】周りを見る
  9. 【気配り】気配りができる女性はこうする!
  10. 【気配り】仕事編①仕事がしやすい環境
  11. 【気配り】仕事編②仕事を探す
  12. 【気配り】仕事編③報連相
  13. 【気配り】仕事編④地味な仕事をこなす
  14. 【気配り】仕事編⑤場を和ませる
  15. 【気配り】私生活編①リラックスできる雰囲気作り
  16. 【気配り】私生活編②陰口にのらない
  17. 【気配り】私生活編③人を立てる
  18. 【気配り】気配りとは想像力だ
  19. 【気配り】気配りができない人
  20. 【気配り】気配りができる人は自信がある人

【気配り】気配りができる女性に憧れる

気配りができる女性になりたい。
そんな気持ちを持ったことのある人はたくさんいるのではないでしょうか?
気配りができる女性って素敵ですよね。

気配りができる女性って決して前に出る人ではありません。
むしろ縁の下の力持ちという存在です。
本当に気配りができる女性と言うのは、彼女が何をしているのか気づかないことがほとんど。
気づかれない心配りが大切なのです。

なぜって?
気づかれる心配りは相手を気疲れさせてしまうと思いませんか?
自分に置き換えてみて下さい。
相手が気を使ってあなたのためにいろいろしてくれていると思うと、嬉しい反面「悪いなぁ」という気持ちが出てしまい、

やりにくい
その人がまた気を遣うのかと思うと物を頼みにくい

など案外ネガティブな感情が生まれるものです。
それでは逆効果。
気配りとは呼べませんね。

本当に気配りができる女性は相手に気づかれないもの。
がつがつ前に出ていく人ではありません。
なんとなくその人がいると場が和むし、仕事がはかどる。
そんな存在が本当に「気配りができる女性」です。

そんな気配りができる女性になるには、どんなことに気を付ければよいのでしょうか?


■関連記事:優しい女性の特徴はこちら

優しい女性の特徴は?優しい女性がモテる理由も解説します

【気配り】気配りとは

まず、「気配り」という言葉の意味を考えてみましょう。
気配りとは一体何か?
じっくりと見ていきましょう。

気配りとは周りの人に気づかれないように行動をし、周りの人が心地よく過ごせる環境を作ることだと私は思います。
これはプライベートでも、仕事でもとても大切なこと。

例えば
お客様が来るときに、お客様が使う座布団を前の日から日干ししてお客様に気持ちよく使っていただくこと。
お客様の好物を事前に用意しておくこと。

そんな当たり前のような気持ちが気配りです。

でも気配りができていない人も多いと思いませんか?
目に見える心遣いは結構みんなできるものです。
だって何かいいことをしたら気づいてほしいと思う人が多いから。
あからさまに「私こんなことまであなたのためにやってるんです!」なんて。
それでは親切の押し売りですよね。気配りとは呼べません。


■関連記事:優しい男性の特徴はこちら

優しい彼氏がいい!付き合ってからも優しい男性の9つの特徴とは!

【気配り】気遣いとは

では、気配りと似た言葉の「気遣い」とは何でしょうか?
気配りと、気遣いは実は違います。
気遣いとは書いて字のごとく「気を遣う事」です。

気遣いは目に見えるもの。
気遣いは相手の目の前で気を使い、いろいろと目配り・心配りをします。

その場にいる人に対して気を使い、いろいろと配慮をするのが気遣い。
目に見える配慮だってする必要がありますよね?

例えばバスで席をお年寄りに譲るのは気遣いです。
お客様を呼んでお喋りをしている時に、「寒くないですか?」とエアコンのちょうどよい温度を聞くのも気遣い。
気遣いもとても大切な習慣です。


■関連記事:ちょっとした気遣いのできる男性って素敵ですよね。どんな特徴があるのでしょう。

優しい男性の特徴と恋愛心理5選紹介!【必見】

【気配り】気配りと気遣いの違い

気配りも気遣いもとても大切な習慣です。
両方、育っていく段階で周りの大人の所作を見たり、家庭の躾でだんだんと育っていくもの。

でも気配りと気遣いは違います。
気遣いはちょっとした意識の持ち方でできるようになります。
それは相手を想う思いやり。
人の気持ちを気遣い、何かしてあげる事。


でも気配りはもっと先回りをするので、観察力と想像力が必要になります。
気配りは相手が気持ちよく過ごせるために前もって行う事前準備のようなもの。
当然行動力も必要になってきます。

気配りと気遣い。
両方できるような素敵な大人の女性になるために、気配りができる女性になるためのステップを教えます。

【気配り】気配り上手になる前に

気配り上手になる前に、気配り上手な女性がまず心がけている事があります。
気配り上手な女性は周りの人が気持ちよく過ごせるように目配り・心配りを欠かしません。
と言う事は、周りの人を不快な気分にさせる行動はしないという事ですよね。
気配り上手になる前に、社会人として一番基本の大切なことを再確認しましょう。

いわゆるマナーと呼ばれるものです。
「基本的なマナーなんか知っています」
なんて言わないで。
知っていてもできない人がどれほど多いことか!
気配り上手な女性になるためにもう一度大切なことをおさらいしましょう。

【気配り】笑顔

「笑顔」

気配り上手な女性が大切にしている事。
それは「笑顔」です。



いつもムッツリ、不機嫌な人が気配りできるわけがありませんよね。
ブス―っとしていると周りが「一体どうしたのか」気を使ってしまいます。
それでは気配りどころか、周りを嫌な空気に換えてしまいます。

気配り上手な女性がまず心がけている事、それは「笑顔」
周りの人がリラックスできるような、人間関係が円滑にいくような、そんな笑顔を心がけましょう。
笑顔は相手の心理に訴え、警戒心を解く効果があります。
自分の気分や機嫌に左右されず、常に笑顔を心がける、それが気配りの第一歩です。

【気配り】挨拶

「挨拶」

挨拶は社会人として一番大切なマナーですね。
その挨拶。
ただ声をかけるだけだと思っているなら大間違いです。


きちんとした挨拶をできる大人がどれほど少ないことか。
例えば

「おはようございます」

ボソボソとした声で寝不足丸出しで言っていませんか?
そんな挨拶は素敵な挨拶とは違います。
きちんと相手の目をみて笑顔で「おはようございます」

そんな素敵な挨拶をされるとされた方もついニッコリ。
気配り上手な女性はこのように挨拶一つおろそかにはしません。
きちんと挨拶をすると気持ちの良いものです。
それだけでその人の印象が変わりますし、きちんとした挨拶は周りの雰囲気も和ませる力を持っています。

【気配り】周りを見る

気配りとは目配りです。
つまり気配りとは周りをしっかり見ることが大切。
周りをよく観察すると、例えば小さな気づきでAさんはブラックコーヒー、Bさんは甘いコーヒーが、Cさんはコーヒーが苦手...なんて人の好みまで分かってきます。


こういった観察力は気配りにおいてとても大切。
差し入れをするときに、こういうところを抑えておくと、コーヒーが苦手なCさんがいるのに全員にコーヒーを差し入れすると言うことがなくなります。
これは大きな違いです。
気配りをして全員にコーヒーを買う。
素敵な気配りですよね、感謝です。
でも、Cさんにしてみれば、コーヒーは飲めないんだけど、せっかくの心遣いを無駄にするのもなんだか悪いな...とかえって気を使わせてしまう結果に。

日頃から周りをよく観察しておくことは気配りにおいてとても大切なことです。

【気配り】気配りができる女性はこうする!

それでは気配りができる女性は具体的にどのようなことを心がけているのでしょうか?
目配り・心配り。
気配り上手はよく周りを観察しています。


気配りをするにあたってとても重要なことがあります。
それは

「観察力」
「想像力」
「行動力」

日頃から周りをよく観察して、周りの人の好みや、ニーズを把握する。
そしてあなただったらどうしてほしいか、より仕事がやりやすいように、人間関係が円滑にすすむように、想像力を働かせます。
そして最後、

「こうしたらいいのにな」

ではなく、行動する行動力が求められます。
実際に周りの事に目配り・心配りをして、こうしたら喜ばれるだろうなと言う事を先回りして行動する。
これが気配り上手。
それでは、気配り上手な女性が心がけている事を紹介しましょう。

【気配り】仕事編①仕事がしやすい環境

まずは仕事編から。

気配り上手な女性は仕事の時、仕事がしやすい環境づくりを徹底します。
仕事場での人間関係ってとても大切ですよね。
人間関係が円滑かどうかで作業効率にも違いが生まれます。

仕事をしている人間はある意味チームです。
チームスピリットを共有すると仕事がはかどるもの。
そのためのコミュニケーションは日頃からしっかりと取るようにしましょう。
ただ喋るだけではありません。

コミュニケーションをとるために仕事の合間にお茶を入れるのも心配りです。


「お疲れ様です。お茶をどうぞ」
この一言でコミュニケーションのきっかけになりますよね。
こういった日頃の一つ一つのアプローチで心理的にも仕事のしやすい環境が整っていくのです。

また、仕事のしやすい環境と言えば、備品が常に補充されていることなどもあげられます。
地味なことですが、とても大切なことです。

「あ!コピー用紙が切れてる!」
これだけで作業効率は悪くなり、コピーしようとした人は不機嫌になります。
用紙切れなどに気を使い、補充や購入など、先を読んで準備する人が社内にいるととても助かります。
これぞ気配り。

【気配り】仕事編②仕事を探す

指示待ち行動は気配りと真逆の行動です。
いつも周りを見て、仕事を探す事も気配りの一つ。
そのためには職場でいつも目配りをすること。
何をやっていいか分からない、する事がないからボーっとしている、それは違います。
仕事はいくらでもやろうと思えばあるものです。

自分の仕事が終わったのなら、周りの人の仕事を手伝うことだって心配りです。


人の代わりに書類の整理をするのも心配り。
次の作業がしやすいように、書類の整理や、資料集めをしておくのも心配り。
先を見越して今やるべきことをする、この行動力が大切なのです。

【気配り】仕事編③報連相

仕事の基本は「報連相」とはよく言ったものです。
ネットが普及した今、SNSやチャットで仕事の伝達が当たり前。
だからといって報連相をおろそかにしてよいわけではありません。

仕事をしていてよく思う事は、報告や連絡がしっかりと回っていないことがよくあると言う事実。
例えば上司に報告しても、横のつながりには連絡が回っていなかったり。
横には報告がいっているのに、上司には連絡が入っていなかったり。
こんな経験ありませんか?
これは、

自分はちゃんと報告しているのだから、あとの連絡までは自分の責任ではない

というような他人任せの行動が原因です。
違いますよね。
1人の人に報告したのなら、伏せておかなければいけない場合を除いて、全体に情報が共有できるよう心配りをするべきです。



連絡が行き届いていないけど、私のせいじゃないし、だれか代わりにやってくれるでしょ。
そんな心理。胸に手を当てて考えてみましょう。

こんな心理は気配り行動とは全く違います。
報告したミスを他の人が繰り返さないように、社員に徹底連絡する、それくらいの心配りが大切なのです。

【気配り】仕事編④地味な仕事をこなす

仕事をきちんとこなしてくれる人は信頼がおけます。
気配り上手な人は、周りの人が仕事をきちんとこなせるように目配り・心配りをかかしません。

新入社員が困っていないか。
そんなところに目配りするのも、仕事をスムーズに行うコツですよね。
何をしていいのか分からない...そんな新入社員がいたとして、みんな自分の仕事が忙しければ新入社員にかまっている暇なんてありません。
新入社員は当然教育係がついていますが、それでも新入社員が困ることはよくあることです。


そんな時、目配りのできる先輩は困っている新入社員にすぐ声をかけます。
しかも周りに分からないようにそっと。
ここが心配りですよね。
そして新入社員に仕事を割り振ります。

新しい環境に馴染むには仕事をこなしていくのが一番だと分かっている心配りの上手な女性は、新入社員にできる仕事を割り振っていきます。
それが思いやりだと分かっているからです。

また、プレゼンの用意をしている同僚がいるとしたら、空いている時間に資料を集めておいて同僚の机の上に置いておくことも目配り・心配りです。
こういう誰もが積極的にしようとしない地味な仕事をしてくれる人がいることで、作業効率が上がっていくのですね。

【気配り】仕事編⑤場を和ませる

全体的に目配りができている人は、場を和ませるスキルにも長けています。
仕事が忙しくてみんながカリカリしている時に、お茶やコーヒーをさり気なく持っていく。
そんなことも、日頃から目配りをしているおかげで気づくことができます。

目配りができる女性は、疲れている人をすぐに察知。
「疲れてるみたいだから、ちょっと休憩してきたら?」
そんな一言をかけることもできます。

目配りが行き届いている女性はその場を和ませる能力がありますよね。
とても大切なことです。

【気配り】私生活編①リラックスできる雰囲気作り

仕事での気配りを見てきました。
それではプライベートではどのような目配り・心配りをするとよいのでしょう?

それは友達といるとき、お客様が来るときに、リラックスできるように目配りをすることが大切。
例えばお茶を用意するのは当たり前。
相手がリラックスできる雰囲気づくりを心がけましょう。

私生活での目配り・心配りはある種「おもてなし」でもあります。
お客様が来るときに、お客様の好きな花を家に飾る。
そんなさりげない些細なことも目配りが行き届いているからこそ。

自分がお客様だったらどんなことをされると嬉しいだろう?
お客様の心理になって考える。

そうやって想像力を働かせることで、相手の心理を理解し、リラックスさせることができるのです。

【気配り】私生活編②陰口にのらない

気配り上手な人は、決して影口に参加しません。
友達がある人の悪口を言いだしたとします。
便乗してあなたまでその友達の悪口を言い始めるのは、気配り上手な人とは呼べません。


気配り上手な人は陰口に乗らずに、上手に会話を違う話題にそらします。
悪口を言えば、その人からだけでなく、周りの人からもあなたの評価が下がってしまいますよね。
そもそも気配りは周りの人が気持ちよく過ごせるように配慮する事。
悪口を言うような心理攻撃をすることとは全く違います。

【気配り】私生活編③人を立てる

気配りとは人を立てることでもあります。
決して自分が「褒められたい!」という心理でやっているわけではないところが、一番の違いかもしれません。

日頃の会話でも、自分が自分がと前に出るのではなく、聞き役に回る。
相手をさりげなく褒める。

そんな気配りができる人は素敵です。


例えば
「○○さんがこれしてくれたの?ありがとう助かるわ」
なんて知り合いに言われたとします。
人を立てるには

「いいえ、✕✕さんのおかげでいつも楽しませてもらってるのだからこれくらい、気にしないでください」

こんな風に自分が褒められている時も、人を立てる。
そんな気遣いがいいですね。
常に周りにいる人の事を気遣って、会話をする。
そんな心配りができる女性は素敵です。

【気配り】気配りとは想像力だ

気配りとは想像力です。
今相手が何を求めているのかを想像して動く。
気配りとはそんな行動の事を言うのだと思います。

想像力を働かせるには、社会経験が必要となります。
経験をつみながら、いろいろな状況で相手が何を欲しているのか頭の中で想像しシミュレーションする。
これが気配りの基本中の基本と言えるでしょう。


想像力が働かない人は、気配りをしようとしてもどこかトンチンカンだったり、間違いの気配りをしてしまいます。
時にお節介にもなってしまう気配りは、本当の気配りとは違いますよね。

経験をつみ、相手の状況、立場を想像をする。
これが気配りの原点です。

【気配り】気配りができない人

では気配りの出来ない人とはどんな人でしょう?
気配りとは相手の立場や心理状況を想像して、先回りの行動をする人だと言いました。
気配りができない人は違います。

とにかく想像力が足りない。
そして自分の事で心理的に手一杯なのか、周りが見えていない人が多いような気がします。
自分の事で手一杯だから、相手が何を欲しているのか分からない。
分からないどころか、想像しようともしない。

また、初めから
「私気配りができないのよねー」
なんて、言い放つ人もいます。


なぜでしょう?
周りに気配りしてくれる人がいると、
「自分はしなくても、あの人がやってくれる」
なんて思って自分では行動しないからそうなるのです。
人に興味がないのかもしれません。

自分は好きなことがしたい。
そして人に気を遣うのは嫌だ。

そんな自己中心的な心理の持ち主には、気配りができなくても仕方がないのかもしれませんね。

また、自分が手柄を取りたい。
褒められたい。
という欲求の強い人は得てして気配りができないようです。
こういうタイプの人は、自分が褒められたい一心で確かに相手の心理状況を想像し、先回りして行動します。
でも。

「これ。○○さんのために私がやっておきました!」

なんて押し売りのようなセリフを言うので、気配り上手な印象は残念ながら持たれません。
気配りとはあくまで影のサポートだと思う事。
そこが大きな違いです。

【気配り】気配りができる人は自信がある人

気配りとは、相手を思いやる気持ちを指します。
気配りができる人は、つまり心理的に余裕があり、自分に自信がある人ではないでしょうか?

自分に心理的自信があるから、他人に立場を脅かされるなんて思わずにさりげない行動ができます。
自分に心理的余裕があるから、手柄をたてようとも、褒められたいとも思わずに、人の心理を先読みして気を配ることができる。


気配りとは今の自分に心理的に満足している人が行うことができる特権なのかもしれません。
それなら、さりげない気配りができるようになるためには、自分を振り返ってみる必要がありますよね。
自分の事をよく見て、自分のいいところをまず自分が見つけてあげる。
そして自分をほめてあげる。

そうすることで、心理的に余裕が生まれ、周りに目配りする余裕も生まれるのです。
自分に自信がない人は、自分を認めてあげることが大切です。

自信が生まれれば、気配りができる素敵な女性に生まれ変わることも難しくはないはずです。

あなたも今日から優しい人、できる人になりませんか?

本当に優しい人の7つの特徴!本当に優しいのはこんな人!
優しい顔になれちゃうメイクテク!優しい顔になりたい人必見!
仕事ができる人の特徴!できない人との違いって?【23選】

関連するまとめ

新着一覧
最近公開されたまとめ