100均クランプのおすすめ16選!種類・使い方・DIY実例をご紹介

DIYで役立つクランプを100均でも購入することができます。ダイソーやセリアといった100均ショップで手に入れられるので、ぜひ活用してみましょう。クランプの種類や使い方、DIY実例もご紹介します。参考にしてDIYを楽しみませんか?

100均クランプのおすすめ16選!種類・使い方・DIY実例をご紹介のイメージ

目次

  1. 100均のクランプがDIYに便利!
  2. 100均で購入できるクランプの種類
  3. ダイソークランプのおすすめ10選
  4. セリアクランプのおすすめ3選
  5. その他100均のクランプ3選
  6. 100均クランプの使い方
  7. 100均クランプのDIY実例3選
  8. 100均のクランプは固定以外にも使える!

100均のクランプがDIYに便利!

そもそもクランプとはDIY用の材料を固定するために使用する補助工具。DIYを楽しむのであれば1つは持っておきたいアイテムです。クランプと言えばホームセンターで購入するイメージが強いかもしれませんが、実は100均でも購入することができます。

100均にはリーズナブルで便利なクランプが豊富にそろっています。そんな100均のクランプについて詳しくチェックしていきましょう。

100均で購入できるクランプの種類

クランプと一口に言ってもその種類はさまざま。100均で販売されているクランプも何種類かあります。今回はF型クランプ・C型クランプ・ハサミ型クランプ・バークランプの代表的な4種類についてまとめました。

クランプを上手に使いこなすためには用途に合わせた種類を取り入れることが大切です。どのように使いたいのかも考えながら、100均で購入できるクランプの種類について見ていきましょう。

F型クランプ

F型クランプとは、木材などのDIY用材料を挟んで固定するための補助工具です。固定のほかに締め付けや穴あけなどにも使用されます。

まるでアルファベットの「F」のような形をしていることから、このような名前になりました。場合によってはL型クランプと呼ばれることもあります。

可動式になっているネジを回すことで材料の厚みに合わせて口幅を調整しましょう。口幅を調整できたら、材料を挟みます。再びネジを回して固定をしたら完了。挟む材料を傷つけたくないときは当て木をするのがおすすめです。

C型クランプ

C型クランプはクランプの中でも最もポピュラーな種類と言えるでしょう。アルファベットのCのような形をしているのが特徴。G型クランプやB型クランプと呼ばれることもあります。

F型クランプと同じように、木材などの材料を固定したり締め付けたりといッタ用途で使います。締め付ける力がとても強いため、きちんと材料を固定したいときに最適。ただし材料を傷つける恐れがあるため当て木をすると安心です。

C型クランプの使い方はF型クランプと同様。ネジを緩め、材料の厚さに合わせて口幅を調整します。調整ができたら材料を挟み、ネジを締めましょう。しっかりとネジを締め上げ固定ができたらOKです。

ハサミ型クランプ

ハサミ型クランプはその名前の通り、ハサミのような形をしたクランプのこと。大きな洗濯バサミのような形状をしています。スプリングの圧力によって材料を固定するのが特徴。C型クランプやF型クランプのような固定力はありませんが、一時的に固定をしたいときに最適です。

ネジを回す必要がなく直感的な作業をできるのがハサミ型クランプのポイント。接着剤を塗った材料を仮止めするのにも役立ちます。

ハサミ型クランプを使うときはグリップの部分を握り、口金を広げましょう。材料をはさみグリップを持つ手を緩めればバネの力によって固定されます。

バークランプ

バークランプとはレバーを握って口幅を調整し、作業台に材料を固定する補助工具です。片手でも簡単に材料を固定できるのが魅力。C型クランプやF型クランプのように強力な固定力はありませんが、簡単に材料を固定したいときに役立ちます。

バークランプの使い方は簡単。材料を台の上に置いたらバークランプの下部にあるアゴを使ってはさみます。レバーを複数回握り、上部のアゴを徐々に下げて口幅を調整してください。上下のアゴで材料を挟むまでレバーを握ったら完了です。

材料を外すときは開放用のレバーを握りましょう。ワンタッチで簡単に開放することができます。

ダイソークランプのおすすめ10選

それでは100均で手に入るクランプをチェックしていきましょう。まずはダイソーでおすすめしたいクランプをご紹介します。

ダイソーにはバリエーション豊かなクランプがそろっているので用途に合わせて選んでみてください。多種多様な中から自分にぴったりのクランプが見つかればDIYに役立てられるはずです。

C型クランプ25mm

ダイソーで購入することができるクランプとして挙げられるのがC型クランプです。ダイソーにはサイズ違いのC型クランプがあり、使い方に合わせて選べるのが嬉しいポイント。25mmのC型クランプはダイソーで販売されている中でも最も小さなサイズです。

小物を固定するのに使うほか、棚に取り付けてインテリアアイテムを吊るすのもおすすめ。アンティーク調に塗装すればおしゃれなフックになりそうです。

C型クランプ50mm

25mmのC型クランプよりもひとまわり大きいのが50mmのC型クランプです。口幅がやや大きく、自転車のタイヤを固定するのにも最適なサイズ感。薄い木材などを固定する補助工具としても使えます。ちょっと大きめのフックとしてリメイクするのも良いかもしれません。

C型クランプ75mm

C型クランプ75mmはダイソーで販売されている中でも最も大きなC型クランプになります。接着や仮止め、固定などさまざまな用途で使えるのが嬉しいポイント。

ダイソーで販売されている他の工具と組み合わせればDIYの幅が広がりそうです。100均の商品ながらも締め付ける力はきちんとあるのでしっかりと材料を固定することができます。

家庭用F型クランプ50mm~200mm

続いてご紹介するのがダイソーの家庭用F型クランプ50mm~200mmです。50mm〜200mmまで口幅を調整することができるので、材料の厚さに合わせやすいのが魅力。

薄い材料から厚い材料までさまざまなものに使えます。DIY初心者の場合はこのように口幅の調整幅が広いF型クランプを1つ持っておくと便利でしょう。固定や圧着などで活用することができます。

クイックバークランプホビー用

ダイソーのクイックバークランプホビー用は片手で簡単に固定をすることができるバークランプです。グリップを握ることで材料を固定できるため工作時の固定や貼り合わせの仮止めに役立つでしょう。最大使用サイズは厚さ100mmとなっています。

ミニスチールクランプ2インチ

ミニスチールクランプ2インチはハサミ型クランプです。洗濯バサミのような感覚で気軽に使えるのが特徴。他のクランプと比べると固定力は劣るので仮止めをするのにおすすめです。10mm以下の材料を仮止めしたり、接着剤をつけた材料を固定したいときに役立ちます。

家庭用スチールクランプ4インチ

家庭用スチールクランプはミニスチールクランプよりも大きめの4インチサイズとなっています。20mmまでの厚さの材料を挟むことができるため、ミニスチールクランプでは役不足と感じている場合に良いでしょう。軽く仮止めをしたいときに活用することができます。

家庭用スチールクランプ6インチ

家庭用スチールクランプには6インチタイプもあります。最大35mmまでの厚さの材料を挟むことができるので、汎用性が高いのが魅力。サイズをいくつかそろえておけば、材料に合わせて使うことができます。

家庭用スチールクランプの6インチタイプを使ってスリングショットを作ったという事例も。ちょっとした遊び道具として作ると楽しいかもしれません。

リーズナブルな価格で手に入る100均クランプだからこそ、このようなリメイクにも気軽に使えるのではないでしょうか。お好みに合わせて活用してみてください。

ホビー用クランプ85mm

ホビー用クランプはF型クランプです。最大85mmの厚さの材料を挟むことができ、細かいものを固定したり接着したいときに役立つでしょう。磁石がついたスタンドを付属しているのが嬉しいポイント。スタンドの溝にクランプを入れ込めば、自立させることができます。

ミニバイスホビー用

ダイソーで販売されているミニバイスホビー用は万力とも呼ばれ、接着剤の仮止めに役立ちます。樹脂製のクランプなので強い固定力はありませんがちょっとした仮止めとして使うのには十分。工作などで小さなものを固定したいときに活用してみてはいかがですか?

セリアクランプのおすすめ3選

続いてセリアで販売されているおすすめのクランプをご紹介します。ダイソーほどではありませんが、セリアにもいろいろなタイプのクランプがあるので要チェック。DIYで役立つクランプが多くそろっているので用途に合わせて選んでみてください。

C型クランプ50mm

セリアで販売されているC型クランプは最大50mmの厚さの材料を挟むことができます。100均アイテムですが固定力はしっかりとあるのでDIYで使うのに最適。

レッドとシルバーの2カラーがあるので好みに合わせて選んでみてください。シルバーのC型クランプはシンプルかつスタイリッシュな雰囲気を感じられるのでフックにリメイクするのもおすすめ。

インテリアホースクランプ

セリアのインテリアホースクランプはホースを固定するためのクランプです。輪になった部分をホースに取り付け締め上げることで固定できます。排気ダクトを固定するのにぴったり。

ホースを固定するだけでなく壁面収納にリメイクすることも可能。DIY活用術は後述しているので、ぜひ参考になさってください。

コーナークランプ

木材を直角に固定したいときに役立つのがセリアのコーナークランプです。DIY中に木材が傾くのを防ぎ、理想の形に仕上げることができます。C型クランプやF型クランプでは直角に固定することができないので、セリアでコーナークランプも手に入れておくと便利でしょう。

その他100均のクランプ3選

ダイソーやセリア以外にはキャンドゥやミールといった100均ショップでクランプを手に入れることができます。お近くに店舗がある場合はぜひチェックしてみてはいかがですか?

キャンドゥ:クランプ万力C型50mm

キャンドゥのクランプ万力C型は、50mmの厚さまで挟むことができるC型クランプ。固定力が高く、材料をしっかりと仮止めしたいときに役立ちます。スタイリッシュなブラックカラーなのも魅力。フックなどにリメイクして活用するのもおすすめの方法です。

キャンドゥ:ホビークランプC型40mm

キャンドゥのホビークランプC型は厚さ40mmまで挟めるC型のクランプとなっています。セリアやダイソーのC型クランプ同様に固定力が高く、DIYで活用するのにぴったり。2個入りでコストパフォーマンスに優れているのも嬉しいポイントです。

ミール:C型ミニクランプ

最後にご紹介するのがミールのC型ミニクランプ。ミニサイズのクランプなのでインテリア雑貨にリメイクするのも人気を集めています。小物類を固定したいときにも最適。工夫次第でさまざまな用途で使うことができそうです。

◆関連記事:クランプ以外の便利な100均DIYグッズはこちら!

100均紙やすり・サンドペーパー25選!選び方もチェック

100均クランプの使い方

100均でクランプを手に入れたら用途に合わせて活用していきましょう。100均のクランプはさまざまな方法で使うことができます。まずは基本の使い方からご紹介するので、100均のクランプを使っていろいろなDIYにチャレンジしてみてください。

圧着させる

クランプは接着剤を使って材料を圧着させるときに役立ちます。圧着する場合はC型クランプを使うのがおすすめ。25mm〜75mmくらいのC型クランプであれば小さな材料を接着剤で圧着させやすいので、材料のサイズに合わせてC型クランプの大きさも決めてみてください。

材料に接着剤を塗って貼り合わせ、C型クランプで挟み込んだらOKです。ただしC型クランプは固定力がとても高いので注意が必要。力が強すぎると材料が傷つく恐れがあります。力加減に気をつけて、当て木をするなど工夫をして作業を行ってください。

家具のリメイクに

家具のリメイクをする際にはハサミ型クランプを使うのがおすすめです。C型クランプやF型クランプは締め付ける力が強いのが魅力ですが、材料を傷つける可能性があるのが難点。大切な家具のリメイク中に傷つけてしまったら大変です。

そのような心配がなく使えるのがハサミ型クランプです。ハサミ型クランプはグリップを握って簡単に材料を仮止めできるのに加え、適度な圧力なので材料を傷つける心配がありません。

本棚やタンス、机など家具をリメイクしたいときはハサミ型クランプを使って材料を仮止めし、作業を行うとスムーズ。好みのデザインになるように材料を組み合わせハサミ型クランプで仮止めすればイメージがわきやすくなります。

固定する

DIYで材料同士を固定したいときにはF型クランプやC型クランプが役立ちます。F型クランプやC型クランプは締め付ける力が強いので、材料同士を固定したい場合に最適。C型クランプは細かな部分を固定したいときにおすすめです。

F型クランプはC型クランプよりも口幅が広いので長い材料を固定するのにも良いでしょう。DIY初心者ならF型クランプを準備しておけばいろいろな面で役立ちます。材料や用途に合わせてクランプのタイプを決めて活用してみてください。

100均クランプのDIY実例3選

100均のクランプはDIYを気軽に楽しみたいときに強い味方になってくれます。使い方を工夫することでさまざまな活用ができるため、ぜひチャレンジしてみませんか?

100均のクランプを使ったDIY実例集をご紹介します。おしゃれなインテリアをDIYしたり、収納を作ったり、好みの方法で100均のクランプを役立ててみてください。

インテリアアイテムを吊るす

C型クランプの固定力を活用してインテリアアイテムを吊るして楽しんでみませんか?クランプを梁に取り付け、ペンダントライトのコードを引っ掛け長さを調整するための道具として使ってみましょう。さまざまな長さのペンダントライトを取り付ければ、おしゃれ感が増します。

クランプを棚板に取り付けて、インテリアアイテムを吊るすのもおすすめ。観葉植物やドライフラワー、時計などを吊るしてインテリアのアクセントにするのもおすすめ。クランプの固定力があれば重量があるインテリアアイテムでも吊るしやすくなります。

ハンガー掛けにピッタリ

クランプはハンガー掛けとしても使えます。ヴィンテージ風フックを作りたいときにぴったり。まずは木材に塗料を塗ってアンティーク感を出していきます。C型クランプをビス止めして固定したら簡単なフックの出来上がり。

壁にかけておけばオリジナルのハンガー掛けになります。お好みでステンシルシートの装飾を加えるのも素敵。補助工具としてだけでなく、おしゃれなインテリアとしても100均のC型クランプは活躍してくれます。

おしゃれな壁面収納

ホースクランプを使って壁面収納を作るのもおすすめ。ホースクランプとは、ネジを使わずにホースを固定するために使用するアイテムです。セリアなどで手に入ります。そんなホースクランプを棚に取り付け、ガラス瓶を固定すれば壁面収納の出来上がり。

ホースを固定する部分でガラス瓶の口を固定しているのがポイント。カトラリーを収納するほか、フェイクグリーンを飾っても素敵です。スペースが狭いキッチンでもこのようにクランプを活用することで収納場所が増えます。

もちろんキッチンだけでなくリビングやダイニングの壁面収納で使うのも良いでしょう。ちょっとした小物を収納するのに役立ちそうです。

100均のクランプは固定以外にも使える!

100均のクランプはおしゃれなフックや壁面収納にリメイクできるのが嬉しいポイント。固定以外でも使うことができるので、ぜひ気軽に取り入れてみてはいかがですか?

100均の便利グッズはこちらもチェック!

100均のドリル・ドリルビットおすすめ20選♡使い方やDIY実例
100均の注射器・スポイトのおすすめ15選|便利な活用例やテクも!
100均のゴム板&ゴムシートおすすめ10選!活用法もご紹介

関連するまとめ

関連するキーワード

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ