【葵】の意味・由来を知って名前に取り入れよう|子供の名づけをお助け!

生まれてくる赤ちゃんのために、素敵な名前をつけてあげたい。それは多くの親御さんが思うことですよね。日本人の名前は響きだけでなく、漢字も重要なポイントです。中でも名前に使われることが多い「葵」には、どんな意味や由来があるのでしょうか?

【葵】の意味・由来を知って名前に取り入れよう|子供の名づけをお助け!のイメージ

目次

  1. 【葵】について
  2. 【葵】に込められる想いとは
  3. 【葵】の組み合わせ名前5選|男の子
  4. 【葵】の組み合わせ名前5選|女の子
  5. 【葵】がつく有名人
  6. 色鮮やかな【葵】を名前に入れよう!

【葵】について

日本人の名前として、男性でも女性でもよく使われることが多いのが「葵」です。漢字一文字で使われることはもちろん、他の漢字と組み合わせて使われることも多いです。今回は「葵」という漢字の意味や由来はもちろん、「葵」を使った名前の魅力についてご覧ください。

読み方

「葵」の読み方は「あおい」「あお」なのが一般的ですが、音読みでは「き」、また人名で使われる場合はこの他に「まもる」が読みとして起用されることもあります。

特に昔は同じ「葵」という名前でも、女の子なら「あおい」、男の子なら「まもる」と読んでいましたが、現在は性別に関係なく、どちらの読みでも使われることが多いです。

また、近年では「葵」という漢字を単体ではなく他の漢字と組み合わせて使うことも多く、その場合「あおい」という読みから少し転じて、「あ」「あい」「い」などの読みでも使われることも多いです。

画数

「葵」の画数は12画です。名前を考える上で、画数はとても重要視されますよね。12画の漢字は、広く様々なことを学ぶことが得意な方が多いです。逆に、1つの物事に集中して取り組む、職人タイプの物事や職業はあまり得意ではない場合も。

マルチタスクに様々なことを行えるビジネスマンなどになってほしい場合は、非常にぴったりな名前だと言えますね。特に漢字一文字で「葵」と名付ける場合はこちらの意味に注目すると同時に、他の漢字と組み合わせる場合は、名前の総画数についても注目してみましょう。

由来

それでは、由来についても見ていきましょう。「葵」は、草冠と「癸」という漢字から成り立っています。この「癸」には「回る」という意味があり、特に植物の「葵」は、太陽の方に向かって回って向きを変えて育っていくところから、この漢字が誕生しました。

植物の「葵」はもちろん、太陽の方に向いて花が咲く夏の定番の花・向日葵(ひまわり)についても、「葵」という漢字が使われていますよね。

意味

「葵」という言葉の意味は、そのまま植物としての「アオイ」を意味することが多いですが、実はその他にも意味が込められています。「回って一定の方向に意図的に向くもの」という漢字の成り立ちから、「葵」には「太陽の向きをはかるためのもの」という意味もあります。

イメージ

葵という言葉を聞いて、まず多くの方がイメージするのが植物、花です。特に葵の花は、徳川家の家紋にも使われているほど厳格で、格の高い花としても知られています。そのイメージから、上品で綺麗な名前というイメージを持つ方が多いです。

なお、葵の花言葉は「大望」「豊かな実り」「高貴」など、豊かで非常に優れたエネルギーを持つ花としても広く知られているので、女の子にはもちろん、男の子の名前としてもぴったりです。

また、葵はその読みの響きのイメージから「あお」、つまり「青色」をイメージする方も多いです。青や緑が似合うような、豊かで知性溢れる素敵な人物になるように、というイメージもあります。

【葵】に込められる想いとは

では、名前として「葵」を使う場合、その漢字にはどのような願いや意味がつけられているのでしょうか?ここで、「葵」という漢字を人名に使う場合に込められた意味について、3つに分けてご紹介していきます。

まっすぐな誠実な心をもって成長してほしい

葵、そして向日葵も、どのように育てても太陽の方に向かって向きを変えて咲く花です。そして、花が咲くときにしっかりと茎がまっすぐに育ち、大輪を咲かせることでも有名ですよね。

そのイメージから、まっすぐで誠実な人に育ってほしい、という意味で名付けられることが多いです。健やかな成長を願う上で、「葵」という漢字はまさにそのイメージにぴったりです。

凛とした芯のある人になってほしい

植物の葵がまっすぐ上に育つように、凛とした、しっかりと芯の通った人に育ってほしいという意味でも、「葵」は人名として使われることが多いです。しっかりと茎が伸びた葵は、花ではあるものの、力強さが感じられますよね。

爽やか・可愛らしい人物になってほしい

性別によって意味が分かれるのが、この漢字からのイメージです。男の子の場合は「あお」という色のイメージや自然豊か、植物をイメージさせる「葵」は爽やかで素敵な男の子に育ってほしいという意味にぴったりです。

一方で、女の子の場合は大きな大輪を咲かせる葵や向日葵の花のイメージから、花のように可愛らしい、多くの方から愛される女の子になってほしいという意味も込めて名付けられています。

【葵】の組み合わせ名前5選|男の子

それでは、ここで「葵」という漢字を使った男の子の名前についてご紹介していきます。

・葵翔(アオト)24画:豊かで大きく羽ばたくような人になってほしい
・陽葵(ハルキ)24画:暖かく、心優しい人になってほしい
・悠葵(ユウキ)23画:いつも優しく穏やかな人になってほしい
・和葵(トモキ)20画:分け隔てなく接することができる優れた人になってほしい
・蒼葵(アオイ)25画:爽やかで落ち着きのある人になってほしい

【葵】の組み合わせ名前5選|女の子

ここで「葵」という漢字を使った女の子の名前についてもご紹介していきます。

・美葵(ミキ)21画:見た目も中身も美しい、優れた人になってほしい
・結葵(ユア)24画:良縁に恵まれた、豊かな人生を送ってほしい
・咲葵(サキ)21画:大輪を咲かせるように優れた人になってほしい
・陽葵(ヒマリ)24画:明るい、心優しい人になってほしい
・葵莉(アイリ)22画:美しい心を持った、華やかで可愛らしい人になってほしい

以上のように、女の子の名前についても様々な種類がありますが、特に近年女の子の名前としてランキング上位に上がることも多いのが「陽葵」です。こちらの漢字は「ひまわり」から転じて名付けられていることも多く夏生まれの女の子にも人気です。

【葵】がつく有名人

以上のように、「葵」という名前は年代に問わず多くの方に人気があります。その漢字は芸能人にも使用している方が多いです。ここで、「葵」という漢字を使った名前を持つ芸能人・有名人についてもご覧ください。

・森川葵(女優)
・葵わかな(女優)
・中村葵(タレント)
・八重樫葵(アナウンサー)
・大津尋葵(俳優)

特に「葵」という漢字は、現在の名付けでは他の漢字と組み合わせることが多いですが、現在成人している芸能人や有名人だと、「葵」という漢字単体で使われることが圧倒的に多いです。ですが、なかには2文字、3文字の人名として使われることも多いですね。

近年名付けランキングでも「葵」は上位にランクインしているので、今後さらに「葵」という漢字が名前に使われている芸能人や有名人はどんどん増えていくかもしれませんね。

色鮮やかな【葵】を名前に入れよう!

今回は「葵」という漢字の意味やその使われ方についてご紹介してきました。「葵」は健やかな健康や明るくまっすぐな人物像を願って名付けられることが多い、人名の定番の漢字です。

また、男の子にも女の子にも使われることが多いのも、「葵」という漢字の大きな特徴ですよね。素敵な意味を持つ「葵」という漢字を、ぜひ生まれてくる赤ちゃんの名前に使う漢字の候補として検討してみてくださいね。

生まれてくる赤ちゃんに素敵な名前をつけてあげたい!

【赤ちゃんの名前】名付けのおすすめアプリランキング!検索も楽々♪
「あおい」の名前の漢字75選|由来や込められた思いは?
【子どもの名前の決め方】素敵な名前を付けるための15の方法!
【莉】の意味・由来を知って名前に取り入れよう|子供の名づけをお助け!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ