ボンベイ・サファイアの魅力とは?おすすめのカクテルレシピも紹介!

ちょっと背伸びして小洒落たバーに入ってみたものの、お酒の種類が全然わからない!なんて経験はありませんか?そこで今回は「ボンベイ・サファイア」というお酒についてまとめていきます。ボンベイ・サファイアの基本的な知識からおすすめの飲み方までご紹介します。

ボンベイ・サファイアの魅力とは?おすすめのカクテルレシピも紹介!のイメージ

目次

  1. ボンベイ・サファイアの基本情報4つ!
  2. ボンベイ・サファイアのシンプルな飲み方3選!
  3. ボンベイ・サファイアのおすすめカクテルレシピ7選!
  4. おうちで作れるボンベイ・サファイアの簡単カクテルレシピ
  5. ボンベイ・サファイアのお酒以外での使い道3つ!
  6. 困る人も多い?ボンベイサファイアの瓶の開け方
  7. ボンベイ・サファイアの使い方をマスターしよう♡

ボンベイ・サファイアの基本情報4つ!

ボンベイ・サファイアはちょっと小洒落たバーなどには必ずと言っていいほどに置かれているお酒です。それではそんなボンベイ・サファイアとはいったいどのようなお酒なのでしょうか。

そもそもボンベイ・サファイアとはジンという種類のお酒であり、その綺麗な青色の瓶も人気の1つとなっている蒸留酒です。そんなボンベイ・サファイアについての知識や飲み方などと言った様々なことを今回はまとめていきたいと思います。

まずはボンベイ・サファイアについて、その香りや味わい、度数や銘柄などと言った基本的な知識からご紹介していきたいと思います。

①どんな香り?

ボンベイ・サファイアの香りは深く華やかな香りが特徴的です。その香りはボンベイ・サファイアの製造方法に由来しており、ヴェイパー・インフュージョンという独特な製法が用いられています。

一般のジンの製法に比べ、ボンベイ・サファイアは蒸留したスピリッツの蒸気を通過させているので、その独特な華やかな香りを醸し出すことができています。

②どんな味わい?

ボンベイ・サファイアの味わいについては、クリーンで清涼感のある味わいとなっています。一般的なジンのツンとした刺激的な味わいに比べ、柔らかい舌触りで喉越しの良さも人気の秘密となっています。

ドライな印象も少なく、キレのいいボンベイ・サファイアは重厚感があるので、ジンが苦手だという方にも楽しめる味わいとなっています。

③度数は?

ボンベイ・サファイアの度数は47度前後とアルコール強めのお酒となっています。アルコールに弱い人などはソーダやトニックウォーターなどで割ってアルコール度数を弱めて飲むことをおすすめします。

お酒に自信がある方や、お酒そのものを楽しみたいといった飲み方をしたい場合にはロックなどで楽しむのがいいでしょう。

④どんな銘柄がある?

ボンベイ・サファイアはお酒のジャンルとしてはジンというジャンルになります。ジンというジャンルではボンベイ・サファイアの他にもタンカレー、ゴードン、ビーフィーター、プリマス・ジンなどといった様々な銘柄が存在しています。

それぞれをご紹介ていくと、タンカレーはドライな風味が楽しめるジンで、すっきりとした飲み口が特徴的です。淡麗でキレのある味わいが人気のジンとなっています。

ゴードンはアルコール度数が40度、37.5度、43度と分けられており、基本的な味わいや香りは同じですが、アルコール感が苦手な方などでも様々な種類から選ぶことができるジンとなっています。他の人に比べレモン感を抑えたジンとなっています。

ビーフィーターは他の人に比べ酸味の強さやレモンの香りが特徴的なジンです。クリアな感じでまろやかさを感じることができます。40度と47度の2種類のアルコール度数を持っており、アルコール感を楽しむかどうかで、その種類を使い分けましょう。

プリマス・ジンはヨモギの香りと強い薬草感を感じるジンです。しかし、実際の味わいは爽やかな味わいで、香りとはまた違った味わいを楽しむことができます。ご紹介した人の中では1番にレモン感の強いジンといった印象ではないでしょうか。

ボンベイ・サファイアのシンプルな飲み方3選!

それでは実際にボンベイ・サファイアにチャレンジしていく上で、ボンベイ・サファイアのシンプルな飲み方をご紹介していきます。

①ロック

まずご紹介する飲み方が「ロック」です。ボンベイ・サファイア自体がクセのないすっきりとした味わいをしているので、ロックグラスに氷を入れてボンベイ・サファイアを注ぐだけというロックでの飲み方を楽しんでみましょう。

氷が徐々に溶けていくことで、時間がたつほどにまろやかな味わいに変化していくことがロックの飲み方の特徴となっています。

②ストレート

次にご紹介する飲み方が「ストレート」です。ストレートという飲み方は、ストレートグラスにそのままボンベイ・サファイアを注ぐため、不純物のないボンベイ・サファイアそのものの香りや味わいをダイレクトに楽しむことができる飲み方です。

ボンベイ・サファイアはアルコール度数が高めなお酒なため、ストレートで飲むとボンベイ・サファイアのアルコール度数をそのまま体感することになります。お酒に弱いという方は注意しましょう。

③お湯割り

次にご紹介する飲み方が「お湯割り」です。お湯割りにすることでボンベイ・サファイアのアルコール度数を抑えるとともによりまろやかな味わいを楽しむことができます。高いアルコール度数とあったかいお湯で体を温めることもできます。

ボンベイ・サファイアのおすすめカクテルレシピ7選!

ボンベイ・サファイアには先にご紹介したシンプルな飲み方以外にも様々なもので割ることで、多様な飲み方を楽しむことができます。それでは実際にお店などでボンベイ・サファイアを楽しむ際におすすめなカクテルのレシピをご紹介していきたいと思います。

①ジントニック

ジントニックはジンを使った最もポピュラーなカクテルの1つです。ジンのすっきりとしたキレのある味わいにトニックウォーターの爽やかさが加わることで甘みのあるすっきりとした飲み口が人気のカクテルです。

ボンベイ・サファイアを使ったカクテルの入門編としてもおすすめなカクテルであり、失敗の少ない無難なカクテルとも言えるでしょう。ライムを絞ることでさらに爽やかな味わいを楽しむことができるでしょう。

【ジントニックのレシピ】
・ボンベイ・サファイア(30ml)
・トニックウォーター(適量)
・カットライム

②マティーニ

次にご紹介するカクテルは「マティーニ」です。マティーニはカクテルの中においても「カクテルの中の傑作」「カクテルの帝王」などと称されるなど、その味わいには高い評価を受けている人気のカクテルです。

映画においても「7年目の浮気」でマリリン・モンローが、「007」ではジェームス・ボンドが飲んでいたりなど、世界的にも人気のカクテルでもあります。

そんなマティーニは少し辛口な味わいが特徴的なカクテルです。辛めのお酒が好きな方にはまず試してもらいたいカクテルです。演出としてオリーブを添えることでも有名なカクテルとなっています。

【マティーニのレシピ】
・ボンベイ・サファイア(4/5)
・ドライベルモット(1/5)
・オリーブ

③ブラッディ・マリー

次にご紹介するのが「ブラッディ・マリー」です。トマトジュースを使用しているため、どろっとした口触りが特徴的なカクテルです。味を塩胡椒で整えているためその味わいは辛めで引き締まった味わいとなっています。食前などにおすすめのカクテルです。

【ブラッディ・マリーのレシピ】
・ボンベイ・サファイア(30ml)
・レモンジュース(20ml)
・トマトジュース(適量)
・塩、胡椒(お好み)

④サファイアコリンズ

次にご紹介するのは「サファイアコリンズ」です。サファイアコリンズはレモンの酸っぱさが爽やかな印象を受ける爽やかなカクテルです。炭酸水で割っているため、すっきりとした飲み口になっているため飲みやすいカクテルとなっています。

シュガーシロップで甘さを調整できますので、お好みで調整してください。夏場や運動後には気持ちのいいカクテルとなっていますので、ぜひ試してみてください。

【サファイアコリンズのレシピ】
・ボンベイ・サファイア(30ml)
・レモンジュース(20ml)
・シュガーシロップ(10〜15ml目安でお好み)
・カットレモン

⑤コスモポリタン

続いてご紹介するカクテルは「コスモポリタン」です。コスモポリタンも比較的有名なカクテルであり、フルーティーな味わいが人気のカクテルとなっています。カクテルグラスを使ったおしゃれなカクテルであり、食後などに楽しむのがオススメとなっています。

【コスモポリタンのレシピ】
・ボンベイ・サファイア(20ml)
・コアントロー(10ml)
・クランベリージュース(20ml)
・ライムジュース(10ml)

⑥サファイアライム

次にご紹介するカクテルは「サファイアライム」です。サファイアライムはボンベイ・サファイアの10種類のボタニカルとライムの香りを楽しむことができる上品なカクテルとなっています。シンプルながらにすっきりした飲み口がクセになるおすすめのカクテルです。

【サファイアライムのレシピ】
・ボンベイ・サファイア(45ml)
・ライムジュース(15ml)
・カットライム

⑦サファイア梅酒

次にご紹介するカクテルは「サファイア梅酒」です。サファイア梅酒は最近になって注目を浴びるようになったカクテルです。ボンベイ・サファイアのアルコール感を味わいながらも梅の香りを楽しむことができると人気のカクテルとなっています。コクのある味わいも人気です。

【サファイア梅酒のレシピ】
・ボンベイ・サファイア(20ml)
・梅酒(20ml)
・梅干し(お好み)

おうちで作れるボンベイ・サファイアの簡単カクテルレシピ

ボンベイ・サファイアは酒屋などでも販売しており、もちろん自分たちで購入することもできます。そこでここでは自宅でも簡単にできるボンベイ・サファイアのカクテルレシピを、実際に自宅でカクテルを作っている方の実例を参考にご紹介していきます。

まずは「ジンリッキー」というカクテルです。作り方はとてもシンプルで、氷を入れたグラスにボンベイ・サファイアを30ml程度入れ、あとは炭酸水を注いで混ぜるだけ。コストもかからず自宅でも簡単にチャレンジできるカクテルです。

次にご紹介するのは、おすすめカクテルとしてもご紹介した「ジントニック」です。カクテルにおいて人気の高いジントニックですが、自宅でも簡単に作ることができます。

作り方はボンベイ・サファイア30mlにトニックウォーターを注ぎ混ぜるだけ。さらにカットライムを絞って添えてみるとお店のような本格的なカクテルがおうちでも楽しむことができます。

続いてご紹介するカクテルは「ジンライム」です。こちらも作り方は非常にシンプルで、ロックグラスにボンベイ・サファイアを45ml程度注ぎ、ライムを絞って添えれば完成。

ちなみにボンベイ・サファイアを冷凍庫で保管しておけば、より味わい深くボンベイ・サファイアを楽しむことができます。

ボンベイ・サファイアのお酒以外での使い道3つ!

お酒は料理に対してもその料理をより上質に仕上げるために使うことがあります。ボンベイ・サファイアにおいてもカクテルだけでなく、料理の場面でも大きな活躍を見せてくれます。

①エビマヨ

エビマヨに使うマヨソースにボンベイ・サファイアを少量(小さじ2杯程度)加えることで、エビマヨの香りと味を引き締めることができます。

②シャーベット

ボンベイ・サファイアの深みのある味わいを活かして、シャーベットにして楽しむのもおすすめです。トロッとした口触りが独特でクセになってしまいますよ。

③ゼリー

ボンベイ・サファイアをゼリーに混ぜて固めると鮮やかな色味のゼリーが完成します。味わいもより一層上品なものに仕上がるので、ぜひ試してみてください。

困る人も多い?ボンベイサファイアの瓶の開け方

ボンベイ・サファイアを実際購入したという場合に以外に困ってしまうのが、ボンベイ・サファイアの瓶の開け方です。ボンベイ・サファイアのキャップはスクリュータイプですが、ミシン目に沿って回してみても、うまく切れずにくるくる回るだけということがあります。

そんな時は、片方の手でミシン目より下部分を掴み固定します。もう片方の手で瓶の下を持ち、キャップは固定したまま瓶を反時計回りに回転させてください。そうするとミシン目に切れ目が入るので、あとはキャップを通常通りに回すと開けることができます。

ボンベイ・サファイアの使い方をマスターしよう♡

お酒として上品な上に、カクテル以外にも様々な活用方法のあるボンベイ・サファイア。ぜひ一度購入してみて、自宅で様々なことに活用してみてはどうでしょうか。

その他お酒に関する記事はこちら

【15選】カロリーが低いお酒!ダイエット中も飲みたい女性にも♡
東京の居酒屋おすすめ30選|大衆・隠れ家・コンセプト別にご紹介
【夢占い】お酒の夢の意味7選!パターン別に深層心理を解説♪
コーラの美味しいカクテル22選!お酒に合う料理やおつまみま紹介!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ