怒らない人の心理と特徴!怒らない人になるには?

怒らない人は、落ち着いた心理で行動しています。冷静でしっかりしていて、大人の態度で何でも解決してくれる安心感があります。頼もしいですよね。怒らない人の特徴としては、集中力と判断力が挙げられます。ただ、それだけではありません。この記事では、怒らない人の特徴について解説していきます。

怒らない人の心理と特徴!怒らない人になるには?のイメージ

目次

  1. 怒らない人と怒る人の違い
  2. 怒らない人の特徴
  3. 怒らないためには?
  4. 怒りをコントロールしよう!

怒らない人と怒る人の違い

怒らない人は、ネガティブな感情を顔に出しません。大きな問題に対して感情的にならず、前向きに解決策を考えています。頼もしいですよね。

その一方で、怒る人は感情的になりやすいといわれています。オーバーヒートするタイプで、カッとなって怒りの渦に巻き込まれやすいです。

怒らない人の特徴から怒りをコントロールするヒントを得ましょう。

怒らない人の特徴

それでは、怒らない人にはどのような特徴があるのでしょうか。

怒らない人に共通する特徴をそれぞれ紹介します。

理解力がある

怒らない人は、人の話をよく聞きます。相手の立場を普段から考え、状況を理解する力があるということです。

仕事や趣味などの幅が広いことも、怒らない人の特徴です。普段から様々なことに関心を示し、それぞれの中身や状況を理解しているため、突発的な不測の事態にも柔軟に対応できるようになるのです。

理解力を高めることが、怒らない人になる第一歩です。

◆関連記事:怒ると言えばクレーマー。どういう心理なのでしょうか?

クレーマーの心理とは?なんで難癖をつけてくるの?

怒りを隠す

怒ることは誰でも経験があるでしょう。怒らない人は、自分自身にある怒りを抑えて心にしまっているのです。

怒りを表面に出さないためには、怒ることを我慢する必要があるでしょう。怒りは心理に浸透して、根強く残ります。

怒ることは防衛機制の一種で一時的には自己防衛になりますが、他人との軋轢を生む原因になりやすいです。怒らない人は、そのような怒った後の危機管理ができているのです。

ストレスを感じない

怒らない人は、無関心なわけではなく怒りをうまく解消しています。怒りを感じないというよりも、ストレスを感じる前にうまくストレスを解消する手段を持っているのです。

ストレスは、物事が自分の思い通りにいかない時に発生します。ストレスを感じない人は、物事が自分の思い通りにいかないことが当たり前だと思っています。

物事がうまくいかないストレスを感じる前に、うまくいかなくて当たり前だと自分に言い聞かせてみましょう。それが、ストレスを感じる前にうまくストレスを解消する第一歩です。

◆関連記事:ストレスは夢にも影響します。悪夢を毎日見てしまう理由はストレス?

夢見が悪い!悪夢を毎日見てしまう?原因・理由はストレス?

人の痛みを知っている

怒らない人は、人の痛みを知っています。自分でも、痛みを経験したことがあるだけでなく、その痛みを他者に与えたくないと考えています。

怒る人は、人の痛みを本当の意味で知らない人です。人の痛みを知っている人は、それがどれほど人を追い詰めるか、ということも知っています。すると、その状況が想定できるようになり、怒らなくなります。

怒る人は、自分が痛みを経験して知っているようなそぶりをみせますが、その痛みを人に経験させようと負の感情で動く場合があります。こういう人は、人の痛みを悪用するケースがありますので近づかないようにしましょう。

完璧主義でない

怒らない人は、些細な出来事や失敗で落ち込んだりしません。

怒らない人の特徴は、愛想がよくて楽天家な性格です。人の弱みに付け込んだり、人の失敗をいつまでも指摘したりしません。

いつもポジティブな考え方をしており、完璧な人などいないと理解しています。

無駄な期待をしない

怒らない人は過度な期待や願望を持ちません。

怒らない人は、自分ができるだけのことをして結果を得る一方で、それ以上の対価を望まないのです。無謀でも無関心でもなくて、過ぎた期待をしないということです。

怒らない人は、夢がないわけではありません。現実主義なのです。

他人と比べない

自分は自分で人は人だという心理で、物事を見ているのが怒らない人です。

他人と比べないことで、他人ができて自分ができないこと、自分ができて他人ができないことに対して寛容になれます。相手に要望を押し付けたり、コンプレックスからストレスを感じたりすることもないでしょう。

好き嫌いがない

怒らない人は、人や物事を嫌いません。苦手や不得意を受け入れています。好き嫌いで判断するのではなく、現実を受け止めて前向きに生きていこうとしています。

また、興味がないことに対しては、無関心を貫くことも秘訣のようです。興味がないことに積極的に関わり、自分の貴重な時間を費やすことはしません。すると、自分が本当に関心が持てることに集中し豊かな人生を送ることができるようになります。

そのような行動の結果として、怒りとは距離をおくことができるようになっていくのです。

ただし、嫌いな人とも関わらないといけない瞬間はどうしても出てきますよね。そのときは、好き嫌いという感情は封印して極めてビジネスライクに振る舞うのです。仕事上必要な人として扱い、同じ目標を達成するために事務的に接します。

怒りと無縁な人は、このような切り替えがうまくいっています。好き嫌いで判断するのではなく、達成したいことを達成するために判断しているのです。

◆関連記事:嫌いな人とも上手く付き合いたい人はこちら

嫌いな人・苦手な人との付き合い方や接し方9選!これで楽になる!

怒ったときの代償を考える

「怒ることで自分の大切なものをなくすのではないか」と、怒らない人は考えます。

怒ることは友情にひびを入れたり、家族を傷つけたり、思いがけないような失敗をする結果に繋がります。怒らない人は、怒った時になくすものが大きいと想像します。

好きな人が離れるや大事なものをなくす不安な心理が、怒ることをとどめる大きな要因です。

争いが嫌い

争いは生産的ではないと理解しており、争いを嫌っていることもその特徴です。

怒らない人は、嫌なことを言われてもすぐに水に流したり、はっきりした言い返しをしないで、適当に聞き流します。怒る人は、根に持ちやすいですが、怒らない人は適当に相手をあしらってきれいに忘れるタイプですね。

怒らない人は、争いにエネルギーを使うよりも自らや大切な人にエネルギーを与えられるような、ポジティブな意識で生活しています。

視野が広い

怒らない人は、とても寛大な心で物事を見ているのが特徴です。

視野が狭いと人のことを許せなくなります。反対に視野が広い場合は、あらゆる可能性を感じることができて怒ることよりも効果的なコミュニケーション方法を学ぶことができます。怒らない人の特徴は、思考能力が高いことです。

寛大な心は、視野の広さとともに培われていきます。寛大な心とは、相手の気持ちや状況を想像して、慈しむことです。自分のことだけでなく、相手の立場や状況を察知しなければいけません。

つまり、視野を広げてこそ、相手に優しくできるということです。

視野を広げていくことで、怒りよりも相手の困っていることを自分ごととして感じられるようになり、相手に役立つ行動が取れるようになっていきます。

大きくてしっかりした目的がある

怒らない人は、成し遂げたい目標や目的があります。しっかりした目的や目標は、人を大きく育てます。

目標があるために、人は前進するのでしょう。他人の足を引っ張ったり、マイナスのエネルギーを発することに関心がないのです。非生産的な怒りという感情とは対極の行動をとります。

ただし、大きくてしっかりした目的を実現するのは、簡単なことではありません。気持ちを常に高め、しっかり維持する必要があります。怒らない方法はいくつもありますが、余裕のあるライフスタイルや信頼関係のある人付き合いも大切です。

フレンドリー

怒らない人は、すぐに仲良くなれるほど心が広くてフレンドリーなことが特徴です。

人と人のコミュニケーションがうまく取れ、趣味も多くて色々な話に興味を持ちます。様々な話題を楽しめる人は、人物的にも魅力的ですよね。多くの人が集まることも納得できます。

困った人の悩みや問題も聞いてくれるような、聞き上手なことも怒らない人の特徴です。怒らない人は、人を助けようとする精神もあります。フレンドリーさは、怒りだけでなく相手の悲しみも救うことができます。

こだわりが全くない

怒らない人は、相手の意見に合わせることができます。多くの思考とアイデアが豊富にあるので、こだわりを持たないで行動できます。

怒りに対しても自分の気持ちや考え方次第で、怒りをなくすこともできるのです。思考回路が豊かに働き、こだわりを捨てることができる人は怒らない人といえます。

忍耐力がある

怒らない人は、我慢強くて忍耐力があります。

怒りたくても、理性で怒りを表面に出さずに怒らないようにコントロールします。怒らない人は、自分の気持ちを抑えて我慢できる人です。

我慢ができる人というのは、我慢した先の未来を見据えられる人です。そして、突発的に襲いかかる怒りという感情を抑え込む癖ができているのです。

些細なことは気にしない

怒らない人は、些細なことは気にしません。些細なことを気にしすぎるとストレスにもなりますが、些細なことを「誤差」として流す寛容さがあればストレスもたまりません。

そういった心の余裕が怒りを鎮めることに一役買っているのでしょう。

怒らないためには?

怒らない人の特徴を説明しました。次に、怒らないためにはどんな手段があるのか、それぞれ紹介していきます。

怒りをコントロール

怒りを感じたとき、どうして怒りを感じたのかを逐一反省し、自分自身の怒りポイントを分析します。まずはその分析に基づき、怒りを感じるまでの行動を見直しましょう。

また、怒りポイントが来たときに怒りがくることを察知し、怒りの感情が起こっているときはしばらく安静にしましょう。怒りのピークは約6秒とも言われていますので、そのわずかな間、我慢するようにしましょう。

「思い通りに事が運ばなかった」というのはよくある怒りの原因ですが、一緒に居る相手に期待しすぎないことも、怒らない方法のひとつです。

気分を落ち着かせる

怒らない方法で、ストップシンキングという方法があります。

自分が怒っていると感じた時に、思考をやめて無心になることです。無関心とは違って、思考をとめる方法です。

怒ると、怒りの理由や欲求、思いなどが脳を駆け巡ります。つまり、思考をストップさせて怒りの欲求を落ち着かせるということです。このストップシンキングを行うと効果的です。

気分を落ち着かせるためには、このストップシンキングを意識して、運動をしてみるとさらに有効ですよ。

運動は、体を一定のリズムで動かしていきますので、思考が体を動かすことにシフトしていきます。すると、感情が思考から徐々に離れていきます。気分も落ち着いていきますよ。

楽しい思い出や出来事を思い出すこと

誰かや何かに対して怒りたくなる時に、一緒に過ごした楽しかった時間を思い出すようにします。

怒るときに、いい思い出を思い出せば怒る気がなくなるでしょう。怒らない人は、嫌な思い出よりも素敵な思い出を大切に覚えているのです。

怒りをコントロールしよう!

怒らない人の特徴や心理は、本当にたくさんありますよね。

怒らない人は、様々な特徴や手段を駆使して過ごしていますが、大事なことは優しさを持って人と接しているということです。人の気持ちを理解する友人や恋人がいるなら、同じように理解しあって怒らない関係を保ってくださいね。

怒らないで過ごすと、幸運が迷い込んでくるかもしれませんね。

怒られる夢、怒る夢を見たアナタはこちらもチェック

【夢占い】怒られる夢の意味13選!怒る夢は逆にどんな意味?
怒られる夢の意味とは?【夢占い】先生・上司・親など!
【夢占い】怒る夢の意味17選!

関連するまとめ

人気の記事
人気のあるまとめランキング
新着一覧
最近公開されたまとめ