注意力が散漫な原因は病気かも?改善する方法7つ!

注意力が散漫な原因は病気かも?改善する方法7つ!

寝不足などが原因で注意力散漫になってしまうことはありますよね。原因がわかっていてすぐに改善できるのならいいのですが、注意力散漫な状態が続くようなら要注意です!この記事では注意力が散漫になる原因や、注意力散漫を改善する方法についてお伝えします。

記事の目次

  1. 1.注意力が散漫な時は要注意!!
  2. 2.注意力が散漫になるのはどうして?
  3. 3.【注意力散漫になる原因1】ながら作業
  4. 4.【注意力散漫になる原因2】雑音
  5. 5.【注意力散漫になる原因3】部屋が整理されていない
  6. 6.【注意力散漫になる原因4】作業のやり方がわからない
  7. 7.【注意力散漫になる原因5】空腹
  8. 8.【注意力散漫になる原因6】疲れている
  9. 9.【注意力散漫になる原因7】睡眠不足
  10. 10.【注意力散漫になる原因8】ストレス
  11. 11.注意力散漫になるのは病気の可能性も!!
  12. 12.注意力散漫を改善するためには?!
  13. 13.【注意力散漫の改善方法1】こまめに休憩を
  14. 14.【注意力散漫の改善方法2】作業の優先順位を!
  15. 15.【注意力散漫の改善方法3】集中できる環境を!
  16. 16.【注意力散漫の改善方法4】整理整頓をする
  17. 17.【注意力散漫の改善方法5】ラジオ体操を!
  18. 18.【注意力散漫の改善方法6】出来たら褒める
  19. 19.【注意力散漫の改善方法7】作業の進捗チェックリスト
  20. 20.しっかりと対策をして注意力散漫を防ごう!!

この実験では20分作業をしたら10分休憩するを繰り返した場合の方が、1日に運ぶことができた物の数は多かったとのことです。

休憩を入れることで時間の無駄になるような気もしますが、実は集中力を高く持続できることで、1日という単位で考えたら、作業の効率ははるかに上がることを意味していますね!

【注意力散漫の改善方法2】作業の優先順位を!

注意力散漫を鍛える方法や改善方法の2つ目は、作業を始める前に作業の予定をきちんと立てて、仕事の優先順位を付ける、ということです。

そして優先順位が高い作業から始めて、1つの仕事がきちんと終わってから、次の作業へ移るようにしていきます。


注意力が散漫になってしまう人というのは、一度にいろいろな仕事に手を出してしまい、どうしたらいいのか自分でも訳が分からなくなってしまうものです。

作業を始める前に、作業の優先順位をしっかりと付けて、作業の予定を立てる、という習慣をつけることで、いまやっている作業に集中できて、注意散漫になることを防ぐことができるようになります。

【注意力散漫の改善方法3】集中できる環境を!

注意力散漫を鍛える方法や改善方法の3つ目は、気が散らないで仕事に集中できる環境を作る、ということです。

これも注意力を鍛える方法ではありませんが、環境づくりというのは、注意力散漫になりやすい人にはとても大切なことになります。

特に余計な雑音というのは注意力が不足する人にとっては、作業を邪魔する原因を意味しています。

外からの雑音を防ぐことができない場合には、防音カーテンを付けたり、耳栓を使う様にお願いするなど、仕事に集中できる環境づくりをしてあげましょう。

【注意力散漫の改善方法4】整理整頓をする

注意力散漫を鍛える方法や改善方法の4つ目は、仕事場の整理整頓を徹底する、ということです。

整理整頓ができていない仕事場というのは、仕事に必要なモノを常に探し回らなくてはいけなくて、どうしても作業に集中できずに、注意力散漫になってしまいがちになります。

また整理整頓をする習慣を身に付けられるようにしっかりと鍛えることで、仕事部屋の環境づくりへの関心も高まって、仕事の効率も上がる、という意味もあります。

仕事場の整理整頓を徹底することは、注意力不足を防いで、余計な事故やミスを防ぐうえでもとても大切なことです。

【注意力散漫の改善方法5】ラジオ体操を!

注意力散漫を鍛える方法や改善方法の5つ目は、休憩時間にラジオ体操をする、ということです。

ラジオ体操でなくてもいいのですが、とにかく休憩時間には身体を動かした方が意味があります。

休憩時間にただ座ってじっとしているよりも、軽い体操をして、軽く身体を動かすことで、次の仕事の時間の集中力が増して、注意力不足を防ぐことができます。

どうしても仕事をしている時には、同じ姿勢でじっとしていることが多いので、肩や腰が凝ってしまい、全身の血流が悪くなってしまい、脳への血流も減ってしまいます。

ラジオ体操などの軽い体操で、身体を軽くほぐすことで肩や腰のコリをほぐして血流を良くすることで、脳への血流も増えてリフレッシュすることができます。

また運動不足の人にとっては、日ごろの運動不足を解消して身体を鍛えることもできるので、一石二鳥ですよね!!

【注意力散漫の改善方法6】出来たら褒める

注意力散漫を鍛える方法や改善方法の6つ目は、仕事がよく出来たら褒める、というものです。

褒めることと注意力を向上させることに意味があるのかどうかわからない人もいますよね。

実はやる気がなくて仕事に集中できない人には、褒めるというのは大きな意味のあるいい方法なのです。

なかなか仕事に集中できない人の中には、働いている時間だけその場にいれば、決まった時給をもらえる、と思って、仕事に対するやる気が全くない人もたくさんいます。

そんな人には、仕事がよく出来たら褒めてあげることで、やる気を引き出して、仕事に対する集中力を高めることができるのです。

次のページ

【注意力散漫の改善方法7】作業の進捗チェックリスト

Related article /

関連記事

Ranking /

人気の記事

Copyright (C) Lovely